おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

JCBプラチナ会員限定!コンシェルジュサービスの概要と利用条件を解説

黒いクレジットカードとゴールドのクレジットカードクレジットカード

JCBのプラチナカードの会員になると「プラチナ・コンシェルジュデスク」と呼ばれるサービスを利用できます。

会員のさまざまな相談に専属スタッフが対応するサービスですが、今後ぜひ利用してみたい、利用するにはどうすれば良いのかなど考えている方もいるのではないでしょうか。

当記事では、JCBプラチナカード会員限定のプラチナ・コンシェルジュデスクについて以下の内容をお伝えします。

くれじい

記事を通して、JCBプラチナカードに付帯するコンシェルジュサービスについて理解できるようになるでしょう。

また、利用するために必要なJCBプラチナカードの概要もまとめています。

JCBプラチナカード会員限定のコンシェルジュサービスとは?

黒とゴールドのクレジットカード

プラチナ・コンシェルジュデスクは、JCBプラチナカード会員限定のコンシェルジュサービスです。

主な特徴は以下の通りで、ゴールドや一般ランクの会員の方は利用できません。

最初に、さまざまなシーンで役立つコンシェルジュサービスの知識を得ておきましょう。

本会員カードの年会費のみで利用可能なサービス

JCBプラチナカード会員が利用できるプラチナ・コンシェルジュデスクなので、利用料金は支払う年会費にすべて含まれます

相談や手配依頼をする際の料金は一切発生しないため、費用や回数を気にすることなく利用できるでしょう。

ただし、エンターテイメント系、航空券、ホテルなどの予約手配を依頼した場合、その際に発生するチケット代にアクティビティ代、交通費に宿泊費用などは自分で支払わないとなりません。

専属スタッフが24時間365日対応

プラチナ・コンシェルジュデスクでは専属スタッフが24時間365日、会員の相談や問い合わせに対応しています。

プライベートで秘書がつくような感覚でサービスを利用できると思って良いでしょう。

しかし、相談や問い合わせは主にどんなことがあるのか、一体どんな利用ができるのかわからない方もいるかもしれません。

そこで、プラチナ・コンシェルジュデスクの実際の利用例を以下でご紹介します。

  • 人気のあるレストランや国内・海外のホテル予約
  • コンサートや舞台のチケット予約
  • 航空券・列車・レンタカーの予約
  • パッケージツアーの提案、オプショナルツアーの予約
  • 海外で起きたトラブルのサポート
  • プレゼントの相談に手配

自分で手配するのは面倒だし、そもそもどうして良いかわからない場合、または自分は忙しいのでお任せできる場所があればすべて依頼したいと考える方に役立つでしょう。

プラチナ・コンシェルジュデスクはJCBプラチナカード会員だけが利用できて、さらに手間のかかる作業も一任することが可能です。

しかし、利用するにはJCBプラチナカード会員に申し込みをおこない、審査に通過しないとなりません。

次にJCBプラチナカードの基本情報をお伝えしますので、プラチナ・コンシェルジュデスク以外の特徴や特典などもチェックしてみてください。

JCBプラチナカードの基本情報

トレーに乗せたクレジットカードを持ってくるスタッフ

プラチナ・コンシェルジュデスクを利用するにはJCBプラチナカードの会員になる必要があるため、こちらではカードの基本情報をお伝えします。

プラチナランクのカードなことから年会費設定は高めですが、一体どのような特徴があるのでしょうか。

年会費は27,500円(税込)

JCBプラチナカードの年会費は27,500円(税込)となり、発行手数料などの費用はかかりません

たしかにこの金額だけ見ると高額に感じるかもしれませんが、この後に紹介するすべての特典が支払う年会費に含まれます。

また、家族カードの年会費は1名無料、2人目からは1名あたり3,300円(税込)が必要です。

ETCカードも年会費無料ですが、本会員カード・家族カード1枚に対し1枚のみの発行と決まっています。

コンシェルジュサービス以外にも充実度の高い特典4選

いずれもプラチナカードならではの手厚い特典なので、これらを上手に活用すれば年会費の元は取りやすくなるでしょう。

プライオリティ・パス

世界の空港ラウンジが利用できるサービスの「プライオリティ・パス」が付帯します。

148の国に地域、600を超える都市にある約1,300ヵ所以上の空港ラウンジ利用可能で、海外旅行や出張前で飛行機を利用する際の待ち時間が快適になるでしょう。

搭乗する航空会社やクラスは関係なく利用できますし、料金も年会費に含まれているので安心です。

利用方法は各ラウンジの受付にて、プライオリティ・パス会員カードと当日の搭乗券もしくは航空券を提示し、同伴者は2,200円(税込)を支払えば利用できます。

ソフトドリンクやアルコールをはじめ、軽食の用意があったり、無料Wi-Fi接続サービスにスマートフォンやパソコンなどの充電設備、シャワールームや会議室が設置されていたりします。

グルメ・ベネフィット

「グルメ・ベネフィット」では、首都圏をはじめとするJCBが厳選した有名レストランの所定コース料理を2名以上で予約すると、1名分の料金が無料になります。

プライベートな会食はもちろん、ビジネスの接待でも活躍できるサービスで、場合によっては年会費以上の恩恵を受けられるでしょう。

JCBプレミアムステイプラン

「JCBプレミアムステイプラン」では、全国の上質で人気の高いホテル・旅館にお値打ち価格で宿泊できたり、JCB会員限定のサービスが受けられたりする特典です。

なお、JCBプレミアムステイプランの対象ホテル・旅館は、全国に80ヶ所以上あり、会員限定サービスも施設によって異なるものの、以下のようになります。

  • レイトチェックアウト
  • 朝食サービス
  • ラウンジスペースの利用
  • フィットネスの利用

利用することで、プライベートな旅行やビジネスでの滞在がお得になるでしょう。

JCB Lounge京都

JR京都駅構内にあるJCBプラチナ会員専用のラウンジ「JCB Lounge 京都」を利用可能で、フリードリンクサービスや手荷物を預かりのサービスなどが便利です。

荷物を預けて京都観光に出掛けても良いですし、新幹線の待ち時間調整に利用しても良いでしょう。

ラウンジは年中無休10:00~18:00までオープンしていて、受付で本人名義のJCBプラチナカードの提示が必要です。

また、同伴者1名も利用できます。

万が一のときも安心できる保険付帯

JCBプラチナカードに旅行傷害保険やショッピングカード保険が付帯しています。

国内外に旅行や出張などで出掛けた際に万が一のトラブルが起きても、手厚い補償を受けることができるでしょう。

旅行傷害保険(国内・海外)

JCBプラチナカードの旅行傷害保険は国内と海外で違いがあるものの、カードの利用有無関係なく補償されます。

【海外旅行傷害保険】
種類 補償内容
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療費用 1回の事故あたり1,000万円限度
疾病治療費用 1回の病気あたり1,000万円限度
賠償責任 1回の事故あたり1億円限度
携行品損害 1旅行中につき100万円限度、
保険期間中は100万円限度
(自己負担:1事故あたり3,000円)
救援者費用 1回の事故あたり200万円限度
補償対象旅行期間 日本出国日より3ヶ月間
【国内旅行傷害保険】
種類 補償内容
死亡・後遺障害 最高1億円
入院日額 5,000円
(事故日より180日限度)
手術保険金 入院日額×倍率(10倍、20倍、40倍)となり、
1事故あたり1回限度
通院日額 2,000円
(事故日より180日以内90日限度)

そのほかに、国内・海外ともに航空機遅延保険も付帯します。

乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)、出航遅延費用等保険金(食事代)、寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)で2万円限度の補償、寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)として4万円限度の補償がされます。

ショッピングガード保険

JCBプラチナカードでは国内、海外関係なく最高500万円のショッピングガード保険が付帯。

カードで購入した品物が破損や盗難などを理由に損害が発生した場合購入日から90日間まで補償対象です。

ただし、1事故あたり3,000円の自己負担が必要で、一部の商品・配送中の事故については補償対象外となります。

チェック必須!新規入会キャンペーンがお得

JCBプラチナカードは新規入会キャンペーンの充実度が高く、詳しくは以下のようになっています。

現在JCBプラチナのお得なキャンペーン実施中!
  • 新規入会限定&MyJCBアプリログイン+利用(※)で最大10,000円分キャッシュバック!
    (※期日までに10,000円以上のカード利用を1回以上された方対象)
    キャンペーン期間:9月30日(木)まで
  • 家族カード入会で最大4,000円分JCBギフトカードプレゼント!
    入会申し込み期間:9月30日(木)まで
    参加登録期間:5月6日(木)~10月31日(日)
  • お友達紹介で紹介した方最大5,000円相当(1,000ポイント)&紹介された方最大1,000円相当(200ポイント)のポイントプレゼント!
    (※JCBプレモカード Oki Dokiチャージに交換した場合)
    キャンペーン期間:9月30日(木)まで
  • 全国のコンビニエンスストアでApple Pay・Google Payを利用すると20%キャッシュバック
    (※上限1,000円)
    キャンペーン期間:5月31日(月)まで
  • スマリボ同時登録&利用で最大6,000円分キャッシュバック
    キャンペーン期間:9月30日(木)まで
  • JCBオリジナルシリーズ限定!スマリボ手数料実質0円
    キャンペーン期間:9月30日(木)まで
  • キャッシングサービス枠50万円設定+キャッシングリボ払いで最大3,200円分キャッシュバック!
    キャンペーン期間:9月30日(木)まで
  • 新規入会時だけの特典なものの、期間内にJCBプラチナカードを積極的に利用すればそれだけでお得になるでしょう。

    ポイントが効率良く貯まる機会も多い

    JCBプラチナカードは通常利用以外にも、以下のようにポイントを獲得できる機会が多いです。

    • 優待店(JCB ORIGINAL SERIESパートナー)で利用するとOki Dokiボーナスポイントが貯まる
    • 海外で利用するとOki Dokiポイント2倍
    • 年間で一定金額以上利用すると翌年度のOki Dokiポイントが60~70%アップ

    JCBプラチナカードは一律の利用限度額は決まっていませんが、良好な利用実績のある方でしたら設定金額も高いでしょう。

    利用方法次第では大量ポイントの獲得も可能で、後でさまざまな使い道に役立てることができます

    最後にJCBプラチナコンシェルジュサービスを利用するために必要な、カード取得の方法についてお伝えします。

    一般カードなどと違い、どなたでも入手可能なクレジットカードではありませんが、条件に当てはまる方はぜひ申し込みを検討してみてください。

    JCBプラチナコンシェルジュサービスを利用するための方法

    ブラックカードを指さし微笑むビジネスマン

    プラチナ・コンシェルジュデスクを利用するために必要なのが、いくつかのポイントをクリアしないとならないことです。

    誰でも申し込みができるわけでなく取得難易度も高めの傾向にあるので、まずは自分が入手できる状況なのかをチェックしておきましょう。

    審査に通過することが絶対条件

    プラチナ・コンシェルジュデスクはJCBプラチナカードの付帯サービスなため、まずは申し込み手続きをおこなって審査に通過する必要があります。

    なお、JCBプラチナカードの公式サイトにも記載がありますが、「25歳以上で本人に安定収入があること」という申し込み条件があります。

    そのため、仕事をしていない学生や主婦などJCBプラチナカードに申し込みをすることができません

    インビテーション不要で申し込める

    JCBプラチナカードはインビテーション不要なので、自分の入手したいタイミングで申し込みができます

    プラチナカードの中には、カード会社からのインビテーションが届かないと申し込みができないものがあります。

    ただ、たしかに最近は申し込み制のプラチナカードも増えてはいるものの、すべてのプラチナカードで共通するわけではありません。

    インビテーション制のプラチナカードの場合ワンランク下のゴールドカードなどで良好な利用実績を築く必要があるので、取得までに長い時間がかかる可能性もあります。

    その点、JCBプラチナカードは申し込み制なので審査に通過することですぐ取得が叶います。

    支払い能力と信用力がなければ審査に通過しない

    自分の都合の良いタイミングで申し込み可能なJCBプラチナカードですが、カード会社のおこなう審査に通過することが取得の絶対条件です。

    審査で何を見られるのかは公表されていませんが、一般的に以下の2点が重視される傾向にあります。

    1. 支払い能力
    2. 信用力

    年会費をはじめ毎月の利用料金を支払える能力はあるのかお金を貸しても確実に返してもらえる信用力があるのか審査通過の大きなポイントです。

    たとえば、他社に多くの借金がある、これまでに借金トラブルを起こしているなどの方ですと、支払い能力や信用力を満たしていないことになるでしょう。

    そして、カード会社がJCBプラチナカードを発行することに少しでも不安があれば、そのときは審査落ちという結果になってしまいます。

    ゴールドカードで実績を築くのがスムーズ

    すでにJCBの発行するプロパーゴールドカードを持っている方でしたら、利用実績を築くことでJCBプラチナカードへのランクアップが叶いやすいです。

    具体的にどのくらい利用すればインビテーションが届いてランクアップが見えてくるのかは公表されていません。

    しかし、これまでにインビテーションを受け取った方の傾向によると以下のポイントが対象条件となっています。

    • ゴールドカードを積極的に利用している
    • 毎月決められた日に返済をしっかりとおこなっている
    • 他社クレジットカードやローンの残高が多くない

    とにかく、ゴールドカードをたくさん使って忘れずに返済をする、借金の残高や件数が極端に多くなければランクアップの可能性が見えてくるでしょう。

    まとめ

    JCBのプラチナカードの会員限定のサービスである、プラチナ・コンシェルジュデスクについてお伝えしました。

    最後に記事の要点を振り返っていきましょう。

    • JCBのプラチナカード会員でないと利用できない
    • JCBのプラチナカードの年会費は27,500円(税込)と高額
    • プラチナカードならではの手厚いサービス付帯と補償
    • JCBのプラチナカードの取得難易度は高めで誰でも手に入るカードではない

    まずはJCBプラチナカードの取得を目指すことが求められます。

    年齢や収入などに制限がありますが、支払い能力と信用力があることが審査で認められれば取得は可能です。

    くれじい

    ぜひJCBプラチナカードに申し込みをして、カードが発行されたらさまざまなシーンでプラチナ・コンシェルジュデスクを利用してみてください。

    編集者:ナビナビクレジットカード編集部
    ナビナビクレジットカード編集部

    「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

    そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

    クレジットカードを探す
    あなたにぴったりの1枚が見つかる!

    クレジットカードランキング
    (自社ページアクセス・申込・口コミ調査
    調査期間:2020年12月)

    全ての人気ランキングはこちら

    ページトップ