おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

Amazon Payの使い方とメリットを徹底解説!ポイントが貯まるおすすめクレジットカード3選

パソコンの上に乗ったゴールドカードとスマホ
# 電子マネー

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

Amazonなどのネットショッピングは大変便利ですが、注文のたびに住所やクレジットカードの情報を入力するのが面倒ですよね。

そんなときに役立つのが「Amazon Pay」です。
「Amazon」という名前が付いていますが、Amazon以外のECサイトや実店舗での支払いにも使えます。

ただ、Amazon Payのメリットや使い方に不安や疑問がある方や、「そもそもAmazon Payって何?」という方も多いと思います。

そこで今回の記事では、主に下記について解説します。

この記事ではこのような内容を紹介!

  • Amazon Payの具体的なメリット
  • Amazon Payの正しい使い方
  • Amazon Payの安全性

Amazon Payの利用に適したおすすめのクレジットカードも紹介しますので、Amazon Payに興味がある方は、ぜひ参考にしてくださいね。 

Amazon Payとは

Amazon Payとは、Amazonアカウントに登録された情報を使って、手軽に支払いができるサービスです。

Amazonアカウントを持っていれば誰でも利用できます。

ログイン機能と決済機能を兼ね備えているのが最大の特徴で、ECサイトだけではなく、Amazon Payに対応している実店舗でも使えます。

次の章では、Amazon Payの具体的なメリットを紹介します。

Amazon Payの主なメリット

この章では、Amazon Payの主なメリットを紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

決済がスピーディー

住所などの個人情報やクレジットカードの情報をAmazonアカウントに登録しておけば、Amazon Pay対応店舗での手軽な支払いが実現します。

通常のオンラインショッピングでは、個々のサイトで会員登録やパスワードの入力などが必要です。

クレジットカードの情報もその都度入力しなければいけません。

しかし、Amazon Payを使えば、情報入力の手間が大幅に省けます。

さまざまなシーンでスピーディーな決済をしたい方にとっては、最適なサービスと言えるでしょう。

高い安全性

Amazonは、世界最先端のセキュリティ技術で個人情報を保護しています。

また、クレジットカードの情報は利用店舗に渡らず、Amazonによって管理されます。

セキュリティ面や個人情報の扱いに疑念を抱いている方でも、Amazon Payなら安心して使えるはずです。

ポイントが貯まる

Amazon Payの利用額に応じて、クレジットカード会社のポイントが貯まります

Amazonの支払いで還元率がアップするカードもあるので、Amazonの利用頻度が高い方はチェックしてみてください。

ただし、貯まるのはあくまでもカード会社のポイントです。

各店舗のポイントが貯まるわけではないので注意しましょう。

次の章では、Amazon Payの具体的な利用方法を紹介します。

Amazon Payの利用方法 

この章では、Amazon Payの利用方法をわかりやすく解説していきます。

Amazonアカウントを持っていない方は、アカウントの登録からはじめましょう。

Amazonアカウントを所有していてクレジットカードの情報を登録している方は、すぐにでもAmazon Payを使うことができます。

Amazonアカウントの作成方法は下記のとおりです。

    • Amazon公式サイトからアカウント作成ページへ移動
    • 名前やメールアドレスなどの入力
    • アカウント作成完了 

なお、Amazon会員は無料会員のほかに、有料の「Amazon prime会員」もありますが、有料、無料を問わずAmazon Payを利用できます。

オンラインショップで使う

Amazon Payをオンラインショップで使う場合は、下記の手順に従ってください。

STEP1 支払い方法の選択でAmazon Payを選ぶ
STEP2 ログインする
STEP3 内容を確認して注文を確定する
STEP4 支払い完了

各オンラインショップの支払いにAmazonアカウントの情報を使えるので、住所やクレジットカードの情報を入力する手間が省けます。

Amazon Payが使える主なオンラインショップは下記です。

ファッション
三越・伊勢丹オンラインストア
Paul Smith
4℃
食品・飲料
成城石井
DEAN & DELUCA
特選松阪牛やまと
デジタルコンテンツ
フジテレビオンデマンド
まんが王国
ホビー
プレミアムバンダイ
トイザらス・ベビーザらス
家電
コジマネット
サンワダイレクト
ミュージック
ソニーミュージックショップ
コロムビアミュージックショップ
その他サービス
劇団四季
るるぶトラベル国内旅行予約

 多彩なジャンルの店舗が提携しているので、Amazon Payを活用する機会は予想以上に多くなるはずです。

実店舗で使う

店舗での支払いには「Amazonショッピングアプリ」を使います。

支払い手順は下記のとおりです。

STEP1 アプリログイン後、「プログラムと特典」から「すべてを見る」を選ぶ
STEP2 「Amazon Pay」を選びQRコードを表示させる
STEP3 支払い時にQRコードを提示する
STEP4 支払い完了

実店舗でもカード情報などを入力する必要がないので、スピーディーな決済が実現します。

なお、支払いに対応している店舗は個別店舗単位で増えているため、サービス提供サイトなどで調べておくと便利です。

次の章では、Amazon Payを利用するうえで知っておきたいポイントを紹介します。

Amazon Payの利用で知っておきたいこと

この章では、Amazon Payの利用に際して知っておきたいポイントを紹介します。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

エラー発生時の対処法

Amazon Payの支払いでエラーが発生した場合は、下記のような原因が考えられます。

  • Amazonアカウントを作成していない
  • アカウントにクレジットカードの情報を登録していない
  • 登録したクレジットカードが使えない

Amazon Payを利用するためには「Amazonアカウントを所有」し、「アカウントにクレジットカードの情報を登録している」必要があります。

利用できない場合は、改めてAmazonアカウントの確認をしてください。

登録しているカードの番号や有効期限が間違っていないか、カードの有効期限が切れていないかなどもチェックしてみましょう。

使うクレジットカードの変更方法

Amazon Payに使うクレジットカードは、Amazonアカウント作成後でも簡単に変更できます。クレジットカードの変更手順は下記のとおりです。

STEP1 Amazon Pay公式サイトにログインして「アカウント設定」を選ぶ
STEP2 「クレジットカード情報を編集・削除する」から、編集したいカードを選ぶ
STEP3 カード情報を変更する
STEP4 「確定」を押して変更完了

編集では有効期限や名前、請求情報を変えられます。

その他の情報を変える場合には、クレジットカードを削除したうえで、新たな情報を追加してください。

領収書が欲しい場合

Amazon Payの領収書は、Amazonではなく利用したオンラインショップで発行手続きをします。

領収書発行の流れは店舗によって異なりますが、各店舗の「マイページ」などからダウンロードする方法が一般的です。

なお、実店舗でAmazon Payを使った場合は、レシートを領収書として使用できます。
もちろん、通常の領収書を発行してもらうことも可能です。

次の章では、Amazon Payの利用に適しているおすすめのクレジットカードを4枚ご紹介します。

Amazon Payの利用におすすめのクレジットカード3選

この章では、Amazon Payの利用に適したおすすめのクレジットカードを3枚ご紹介します。

ポイント還元率の高さや貯めたポイントの交換先など、Amazon Payをフル活用できるクレジットカードを厳選しました。

Amazon Payの利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

JCB CARD W

通常還元率は1.0%ですが、Amazonで利用すれば還元率が2.0%にアップします。
貯めたポイントは「1ポイント=3.5円」としてAmazonで使えるため、ポイントをザクザク貯めたい方なら所有しておきたい1枚です。

永年無料の年会費も見逃せません。

なお、貯めたポイントはAmazonでの利用だけではなく、「JCBギフトカード」や「東京ディズニーリゾートのパークチケット」などに交換することもできます。

これはJCBならではのメリットと言えるでしょう。

Amazonの利用頻度が高くて、国際ブランドにJCBを選びたいという方は、ぜひカードの作成を検討してみてください。

Orico Card THE POINT

通常還元率1.0%ですが、Amazonでの利用で2.0%にアップする嬉しいカードです。

なお、入会後半年間通常還元率が2.0%になるので、Amazonの利用3.0%の高還元率になります。

貯めたポイントは500ポイントからAmazonギフト券やiTunes、LINEなどのギフトコードに変えられます。

1,000ポイント以上なら、EdyやWAONといった他社ポイントやマイルへの移行も可能です。

年会費は永年無料、ETCカードと家族カードの年会費も無料です。

Amazon Mastercard/Amazon Prime Mastercard

Amazon Mastercard クラシック/ゴールドがリニューアルしたクレジットカードです。

2種類紹介していますが、異なる点は券面デザインです。
プライム会員か非プライム会員かで異なります。

通常ポイント還元率は1.0%ですが、Amazon利用でAmazonプライム非会員で1.5%、Amazonプライム会員なら2.0%になるお得なカードです。
貯めたポイントは1ポイントから利用できます。

以下の表に旧カードとの違いをまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  Amazon Mastercard/
Amazon Prime Mastercard

※新サービス
Amazon Mastercardクラシック
※旧サービス
Amazon Mastercardゴールド
※旧サービス
年会費
(税込)
年会費無料 初年度無料
2年目以降1,375円
※前年1回以上利用で無料
11,000円
ETCカード
(税込)
年会費無料 初年度無料
2年目以降550円
※前年度に1回以上ETC利用で無料
年会費無料
Amazonポイント還元率 Amazonでの買い物:
プライム会員2%、
プライム会員以外1.5%
コンビニでの買い物:1.5%
上記以外での利用:1%
Amazonでの買い物:
プライム会員2%
プライム会員以外1.5%
コンビニでの買い物:1%
上記以外での利用:1%
Amazonでの買い物:
プライム会員2.5%
プライム会員以外1.5%
コンビニでの買い物:1.5%
上記以外での利用:1%
決済手段 Apple Pay
Google Pay
Apple Pay
Google Pay
Apple Pay
Google Pay
Visaタッチ決済
Mastercardコンタクトレス決済
旅行傷害保険 最高2,000万円の海外旅行傷害保険 なし 国内外で最高5,000万円の旅行傷害保険
※2022年11月1日より新サービスの内容に変更
ショッピング補償 年間200万円まで 年間100万円まで 年間300万円まで
※2022年11月1日より新サービスの内容に変更
空港ラウンジサービス なし なし あり
※2022年11月1日より新サービスの内容に変更

まとめ

今回の記事では、Amazon Payのメリットや利用方法、また、Amazon Payがお得に使えるおすすめクレジットカードをご紹介しました。

改めて記事の内容を整理してみます。

今記事のポイント

  1. Amazon Payには、スピーディーな決済や高い安全性などのメリットがある
  2. Amazon PayはAmazon 以外のオンラインショップや実店舗でも使える
  3. クレジットカードを上手に選べば、高い還元率が実現する

今回ご紹介したAmazon Payの使い方とクレジットカードの選び方を参考にしながら、Amazon Payをフル活用してくださいね。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ