おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

Apple Payで手軽に支払い!使えるカードや使い方も紹介

端末にかざしApple Payで決済する様子

街のお店やネットで買い物をするときに、Apple Payで支払えるお店は増えつつあります。

しかし、クレジットカードで支払うのと何が違うのか、よくわからない人も多いでしょう。

iPhoneやApple Watchなどのアップル製品を使っているなら、Apple Payを使うことでどんなメリットがあるのか、知りたいとお思いではありませんか。

この記事では、Apple Payについて解説していきます。

くれじい

記事を読むことでApple Payについて理解して、自分の使っているクレジットカードやポイントカードが活用できるようになります。

Apple Payとは

Apple Payとは

iPhoneやApple WatchなどのApple製デバイスで使えるキャッシュレス決済。
walletアプリを利用し設定を行うことで使用可能です。

この章では、Apple Payの概要を紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

Apple Payに設定できるカード

Apple Payに設定できる支払方法としてはクレジットカードが一般的です。

しかし、それ以外の支払方法も設定できるようになりつつあります。

  • クレジットカード
  • 交通系電子マネー
  • ポイントカード
  • Payアプリ

おすすめのクレジットカードやデビットカード

Apple Payにおけるごく一般的な使い方は、クレジットカードをwalletアプリへ追加する方法です。

また、みずほ「Smart Debit」など一部のデビットカードもApple Payへ追加して使用できます。

Apple Payを通じて国内でクレジットカード払いをする場合、iDまたはQUICPayでの支払いとなることが多いです。

ここからはApple Payで使うのにおすすめのクレジットカードを紹介します。

Apple Payで使うのにおすすめのクレジットカード
JCB CARD W

JCB CARD Wは、JCBが発行する年会費無料のクレジットカードで、常にポイントが2倍以上貯まるのが特徴です。

39歳以下の若年層を対象にしていますが、一度つくるとずっと持ち続けられます。

Apple Payに設定すると、QUICPayの加盟店またはJCBコンタクトレス対応端末が設置されているお店で使用でき、国内外問わず使用可能。

39歳以下ポイントが貯まりやすいカードを求めている人に、とくにおすすめのカードです。

三井住友カード

三井住友カードは、カード会社の三井住友カードが発行する一般カードです。

Apple Payに設定すると、iDが使える店で使用できます。国際ブランドはVISA・Mastercardのどちらかから選択可能。
Mastercardを選ぶとMastercardコンタクトレスマークのあるお店でも使え、国内外で使用できます。

年会費 インターネットからの申し込みで初年度無料
2年目以降1,250円(税別)
※WEB明細の利用で500円(税別)割引
家族カード年会費 1人目:年会費無料
2人目:400円(税別)

主要コンビニエンスストアで使うとポイント+2%還元などの特典もあり、コンビニエンスストアでよく買い物する人にメリットが大きいです。

アメリカン・エキスプレス・カード

アメリカン・エキスプレス・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行する一般カードです。

QUICPay対応のお店かコンタクトレス決済対応のお店で使えるので、国内外で使用できます。

年会費 12,000円(税別)
家族カード年会費 6,000円(税別)

利用代金100円につき1ポイントがつくためポイントが貯まりやすいほか、空港ラウンジを同伴者1名も一緒に使えるなど、付帯サービスが充実しています。

年会費をかけてもサービスを重視したい人におすすめです。

交通系電子マネー

Apple Payには、交通系電子マネーも追加できます。

オートチャージにも対応しており、一般的な交通系電子マネーと同じように使用可能。追加できる交通系電子マ

  • PASMO
  • Suica

交通系電子マネーをApple Payに設定しておくことで、iPhoneやApple Watchがあれば改札をスムーズに通れるようになりますので、電車に乗る機会があるなら設定しておくと便利です。

一部のポイントカード

walletアプリにポイントカードを追加しておくことで、ポイント加算にも対応できます。

Apple Payで支払うことを伝えたうえでwalletアプリ内のクレジットカードなどで支払うと、同時にポイント獲得も可能。

対応しているポイントカードは下記の通りです。

  • Pontaカード
  • dポイント

レジでプラスチックのカードを提示したり、バーコードを表示させたりする手間がかからず、買い物にかかる時間が少なくて済みます。

Payアプリも徐々に使えるようになっている

これまではPayアプリはApple Payに設定できませんでしたが、LINE Payが使えるようになりました

LINE Payで使うには、Visa LINE PayプリペイドカードをApple Payに設定することが必要です。

Visa LINE Payプリペイドカードとは、LINE上で発行でき、すぐに使える年会費無料のバーチャルプリペイドカードで、walletアプリに簡単に追加できます。

これまではApple Payに追加できなかったPayアプリも、このように徐々に追加できるようになりつつあります。

Apple Payを使える店

Apple Payを使える店は、下記の表示がある店です。

  • コンタクトレス決済
  • Apple Pay
  • iD
  • QUICPay
  • Suica
  • PASMO

設定している支払方法によって使用できる店が異なる点に注意して使い分けましょう。

Apple Payの使い方

iD、QUICPayなどの表示があるお店でApple Payを使う場合は、以下の手順です。

STEP.1

walletアプリを起動
※起動方法は機種によって異なりますが、ホームボタンまたはサイドボタンをダブルクリックすれば起動可能です。

.
STEP.2

起動して使いたいカードを選択したら、端末に乗せる
iPhoneの場合はカメラ周辺を読み取らせるのがポイントとなります。

.
STEP.3

決済音が鳴ったら、決済完了

.

現金やクレジットカード払いに比べて支払時の手間がかからず、支払をさっと済ませられます

この章では、Apple Payの概要を紹介してきました。

次の章ではApple Payの設定方法を紹介していきます。

Apple Payの設定方法

iPhoneやiPad、MacBookなどへApple Payを設定する場合、walletアプリを使用します。

Apple Watchも設定はiPhoneで行うので、まずはiPhoneへの設定方法をマスターしましょう。

この章では、Apple Payの設定方法を紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

クレジットカードやLINE Payの場合

iPhoneのApple Payにクレジットカード情報を追加する場合、下記の手順で行います。

STEP.1

walletアプリを開いて「+」をタップする

.
STEP.2

画面の案内に従ってカード情報を入力する
(カードのスキャンで大部分は入力可能)

.
STEP.3

「次へ」をタップ

.
STEP.4

カード発行元による確認

.
STEP.5

不足している情報の入力

.
STEP.6

「次へ」をタップ

.

カード発行元によっては、カードをwalletに追加するために専用アプリのダウンロードが必要な場合もあります。

とくに難しい操作は必要なく、数分で設定可能です。

交通系電子マネーの場合

交通系電子マネーをApple Payに追加する場合、新規発行するか手持ちのカードを追加するかの2種類の方法があります。

追加方法は下記の通りです。

STEP.1

walletアプリで「+」を押し、「続ける」を押す

.
STEP.2

SuicaまたはPASMOを選択

.
STEP.3

交通系電子マネーを新規作成する場合は金額を入力して「追加」を押し、
チャージ方法など必要な情報を入力する

.
STEP.4

既存の交通系電子マネーを追加する場合は「お手持ちの交通系ICカードを追加」を押し、カード番号や生年月日などを入力し、画面の手順に従ってカード情報を追加する

.

既存の交通系電子マネーを追加したら、手元のプラスチックカードは使えなくなります

設定が終わると、交通機関の代金支払店頭の買い物で使えるようになります。

ポイントカードの場合

ポイントカードをApple Payに追加する場合、2種類の方法があります。

追加方法はポイントの公式アプリから設定するか、公式サイトから設定するかです。

ポイントカードをwalletに追加したら支払方法を「Apple Payで」と伝えて、タッチ決済を行ってください。

支払時にポイントカードを別々に提示せずともポイントが付与されます。

Apple Watchへの設定

Apple WatchでApple Payを使いたい場合、iPhoneで設定を行います。

STEP.1

Apple Watchアプリを開いて、
「マイウォッチ」と「walletとApple Pay」をタップ

.
STEP.2

ほかのAppleデバイスに追加しているカード情報を使う場合
→追加するカードの横の「追加」をタップして、必要情報を入力

それ以外のカード情報を追加したい場合
→「カードを追加」をタップし、画面の表示に従って入力

.

カード会社によっては、追加手順が必要になる場合があるので、その際は指示に従って入力していくと設定が完了します。

この章では、Apple Payの設定方法を紹介してきました。

次の章では、Apple Payを使うメリットを紹介していきます。

Apple Payを使う5つのメリット

Apple Payには支払いが素早くできる点などメリットが多いです。

この章では、Apple Payを使うメリットを紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

ペイアプリやポイントカードを別々に出さずに済む

Apple Payで支払いすると、walletアプリに設定されているポイントカードに自動的にポイント加算されます。

設定していない場合は、わざわざポイントカードを出さなければならず、少し面倒です。

手続き方法は支払時に「Apple Payで」と伝えるだけなので簡単にできます。

ただし、「iDで」や「QUICPayで」など他の支払方法を伝えるとポイント加算されないので注意してください。

支払いが素早くできる

現金やクレジットカードで支払う場合、お金やクレジットカードを出したり、暗証番号を入力したりなど、以外と手間がかかります。

Apple Payならあらかじめwalletアプリに登録した情報を呼び出すだけなので、すぐに支払可能です。

操作方法は手元のiPhoneやApple Watchのボタンをダブルクリックするだけ。
急いでいるときや改札などでもさっと支払えるので、買い物に手間取らなくて済みます。

カード情報を相手に知らせずに決済できる

一般的なクレジットカードはカード番号やセキュリティコードなどが表面に記載されています。

お店で提示したりネットショップに入力したりする場合に、カード情報を見られてしまうリスクは避けられません

Apple Payならクレジットカード番号は表示されておらず、カード番号などを盗まれる心配はありません

カード情報が盗まれるリスクを避けながら支払える点が、Apple Payを使うメリットです。

持ち運ぶカードが少なく済む

プライベート用と仕事用など、複数枚のクレジットカードを使い分けている場合、複数のカードを持ち歩かなければなりません。
万が一落としてしまった場合のリスクを考えると心配です。

Apple Payに複数のクレジットカードを登録しておくと、iPhoneで複数枚のクレジットカード情報を持ち歩けます

万が一落としてしまった場合も、暗証番号や生体認証で保護されており、不正使用のリスクも少ないです。

ネット決済がスムーズ

Apple Payはコンビニエンスストアなどの実店舗だけでなく、ネット決済でも使えるショップが増えています。
利用することで毎回カード情報を入力せずとも買い物が可能です。

例えば、Yahoo!ショッピングやスターバックスの公式アプリなどが、Apple Payで支払えます。

カード情報を入力する手間がかからないだけでなく、カード情報不正使用のリスクも少ないので、セキュリティ面でも安心です。

この章では、Apple Payを使うメリットを紹介してきました。

次の章では、あらかじめ押さえておきたいデメリットを紹介していきます。

Apple Payを使う3つのデメリット

Apple Payにはいくつかデメリットもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

この章では、Apple Payを使うデメリットを紹介していきます。

 詳しく見ていきましょう。

対応していない電子マネーも多い

Apple Payを使うとクレジットカード払いが簡単にできる一方、使う人が増えているPayアプリの多くは対応していません。

また、Payアプリ以外でも対応していない電子マネーは多いです。

例えばPayPayなどのPayアプリや、楽天Edyなどの電子マネー対応していません

電子マネーをメインで使っている場合には、Apple Payでは使えない可能性が高いので、注意してください。

使えない店もある

Apple Payを支払時に使うには、お店に非接触型決済に対応したPOS端末があることが必須です。

対応端末がないお店では、Apple Payは使えません。

使えるお店には、店頭やレジに「Apple Pay」「iD」「QUICPay」などの表示があります。

小規模なお店など使えない店もありますので、店頭の表示で確認してください。

電池切れだと使えない

Apple Payはwalletアプリを起動して使う支払方法なので、アプリの立ち上げが必須です。

電池切れの場合アプリを立ち上げられないので、Apple Payは使えません。

例えば電車に乗っている間に電池切れになってしまうと、改札ですぐには起動できず大変です。

カードタイプと違って電池残量に左右されてしまうので、電池切れにならないよう注意しましょう。

この章では、Apple Payを使うデメリットを紹介してきました。
使うときには注意してください。

まとめ

Apple Payは、iPhoneやApple Watchなどのアップル製品で使える支払方法です。

あらかじめクレジットカード情報やポイントカード情報などを登録しておくことで、支払いやポイント加算などに使用できます。

Apple Payでの支払いには、スムーズに支払える点やカード情報が漏洩しにくい点など、メリットは多いです。

しかし、対応していない店があることや、非対応の電子マネーがある点などには注意して使いましょう。

くれじい

手軽にクレジットカード払いをするためにも、毎日の買い物にぜひApple Payを活用してください。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ