おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

キャッシュレス決済でお財布をすっきりと!ミニマリストにおすすめのクレジットカード3選

シンプルな部屋でパソコンを膝に乗せるキャッシュレスでミニマリストな女性

「持たない暮らし」を目指すミニマリストにとっては、お財布もまた、すっきりさせたいもののひとつ。

できるだけ現金を持たず、お財布の中身は必要最低限だけにしたいと日々試行錯誤しているという人も多いかもしれません。

お財布の中身を減らしたいなら、キャッシュレスサービスの恩恵を受けるべき。

ここでは、キャッシュレス生活のメリットやデメリット、ミニマリストにおすすめのキャッシュレスサービスとぜひ使ってもらいたいクレジットカードなどを紹介しています。

ミニマリストになりたいという人、よりミニマルな生活をしたいという人は、この記事を参考にキャッシュレス生活を始めてみましょう。

なびすけ

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁 監修者

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

最近では○○ペイだけでなく、クレジットカードでのタッチ決済などもスマホで利用する事ができ、さらに交通系ICカードも利用できるため、スマホ1台で生活することもできてしまいます。

コンビニや交通はモバイルSuicaモバイルPASMOを利用し、従来は現金しか利用できなかった店舗でもPayPayなどが利用できるようになっているため、よほどのことが無い限りスマホさえあれば生活できるはずです。

ミニマリストがキャッシュレス生活をする5つのメリット

クレジットカード決済をする黒い服を着た笑顔の女性

ミニマリストというのは、「持たない暮らし」を目指し、日々実践している人のこと。

ミニマリストは、身の回りにあって当然と思われているもの本当に必要なものなのか自分にとってどのような存在なのかを突き詰め、持たない暮らしの快適さを追求しています。

通常、現金は持っていて当然と思われていますが、テクノロジーが進む現在、必ずしも必要なものではありません。

むしろ、お金を持たない「キャッシュレス生活」をすることで、さまざまなメリットがあります。

ここでは、キャッシュレス生活の5つのメリットについて、わかりやすく解説していきましょう。

小銭を持たなくてすみ、お財布もカバンもすっきりする

キャッシュレス生活の最大のメリットは、お財布の中身が軽くなるということ。

お財布が重くなる原因「小銭」のお世話になる機会がほとんどなくなり、小銭という金属の塊から解放されるので、物理的な負担もぐっと軽減します。じゃらじゃら音も鳴りません。

お財布という、外出する際の必需品が軽くなることで、ストレスも一気に軽くなるはず。カバンの中もすっきり感じます。

キャッシュレス化をさらに進めれば、お財布自体を持たずにすむかもしれません。

スマホひとつ持てば、ちょっとした外出ならOK。スマホケースにカード1枚でだいたい事足りるでしょう。

レジでの待ち時間を短縮でき、時間を節約できる

レジでお札や小銭をやり取りする時間はけっこう長いもの。

毎日の買い物で、レジでの待ち時間はわずか2分ほどに過ぎませんが、塵も積もれば山となる」の言葉通り、1日1度が1年で365分。1年で6時間5分もの時間を費やしているのです。

キャッシュレスなら小銭をじゃらじゃら出す必要がなくなり、支払いがスムーズに。レジでの待ち時間を半分程度節約でき、年間で3時間ほど浮く計算になります。

レジでの支払いをキャッシュレスにするだけで、待ち時間のストレスがなくなると同時に、時間の有効活用が可能になるのです。

ポイントが自然に貯まり、お得を実感できる

キャッシュレス生活のメリットをより実感できるもののひとつが、買い物で自然にポイントを貯められるということ。

現金での買い物は、店舗ごとのポイントカード以外、キャッシュバックやポイントなどのお得感がありません。

しかしキャッシュレスなら、支払った金額何%かを還元されたりポイントが貯まったりと、利用するたびにお得を実感できるのです。

そのためには、ただ普段の支払いを現金でなくキャッシュレスで支払うだけ。

現金よりも手間がかからず、支払った分のいくばくかがキャッシュバックされたりポイントが貯まったりするのですから、利用しない手はありません。

現金を下ろしたり持ち歩いたりする必要がなく、リスクを軽減できる

キャッシュレス生活で大幅に変わるのは、ATMに並んで現金を下ろす必要がなくなること。

さらに、現金を持ち歩かずに済むので、盗難・紛失といったリスクが軽減できるということです。

現金を使っていると、気がつけば手持ちがなくなっていたということもしばしば。

そのたびに、コンビニや銀行のATMでお金を下ろせば手数料がかかりますし、列に並ばねばならない可能性もあります。

こうなると、お金も時間も無駄。 こうした無駄を省けるというのはうれしいポイントです。

また、キャッシュレス生活を進めれば、スマホのカバーにクレジットカード1枚を入れておけばすむかもしれません。

スマホは頻繁に触るもの。常に意識している人が多いだけに、お財布と比べて紛失するリスクが低いといえます。

また、万が一落としてしまったときにも、Webなどで場所を特定できる可能性があります。

使った金額が一目でわかり、家計管理がしやすい

キャッシュレスにすると、スマホ上で使った金額を簡単に確認でき、家計管理がしやすいのも大きなメリットです。

現金を使っては下ろし、使っては下ろしを繰り返していると、合計でどのくらい使ったのかが分かりにくくなります。

また、レシートを見ながら記録につけるといった手間もかかります。

しかし、キャッシュレスなら、どこでどれだけ使ったかが1円単位でわかり、自分で改めて記録する必要がありません。

また、家計管理に特化したアプリなどを使えば、いくつかの銀行やキャッシュレスサービスと連携させることができるので、自動的に家計簿ができあがるというわけです。

ここで見てきたように、キャッシュレス生活にはさまざまなメリットがあります。

その一方で、現金を持ち歩かないことによるデメリットも。

次の項目では、キャッシュレス生活で気をつけておくべきポイントを解説していきましょう。

キャッシュレス生活で気をつけておくべき2つのポイント

机の上のコーヒーとスマホと財布からお金を出す手

ミニマリストにとって、キャッシュレス生活は大きなメリットをもたらすもの。

現金を持ち歩くストレス、荷物が増えるストレスが減るだけでなく、時間やお金の節約にもつながります。

その一方で、現金を持ち歩かないことが不便に感じられるシーンがないともいえません。

ここでは、キャッシュレス生活で気をつけておくべきポイントとして以下の2点を挙げ、解説していきます。

支払いは現金だけというお店も多い

現在、キャッシュレスはかなりのスピードで発展を遂げています。

いくつかのキャッシュレス方法を導入している店舗も少なくありません。

しかしその一方で、現金だけしか使えないという店舗が多いのも事実です。

これは、キャッシュレスを導入することで、店舗側が手数料をとられるから。

手数料を払うだけのメリットが感じられないとしてキャッシュレスを導入していない店舗では、現金でしか支払うことができないわけです。

また、病院の大多数はキャッシュレスに対応していません。

対応している場合も、〇万円以上といった制限があることがほとんど。

こういった場合に備えるためスマホカバーに1万円札を忍ばせておくという手がありますが、現金しか使えないお店を使わないという選択肢もあります。

そもそも、病院など現金を使うのがわかっているときに現金を持っていけばいいだけのこと。

現金で支払わねばならない場面を意識しておくようにしましょう。

割り勘をしたいときに少し面倒

キャッシュレス生活で不便な点は、割り勘がしにくいということ。

食事や飲み会などの席で、同僚や上司などが先に会計を済ませてしまった場合は、どうしても現金が必要になってしまいます。

しかし、割り勘する場面があると事前にわかっているなら事前に現金を用意すれば大丈夫。また、自分が率先して会計をすませるという手もあります。

さらに、割り勘機能のあるキャッシュレスサービスを利用することもできるでしょう。

割り勘でどうしても現金が必要で、事前にわからなかったという場面は、年に何回あるかないかのこと。

そのために、キャッシュレスをあきらめる必要はないのです。

キャッシュレス生活で気をつけるべきポイントがわかったところで、実際にどのようなキャッシュレス決済を使うべきなのかを考えていきましょう。

次の項目では、ミニマリストにおすすめのキャッシュレス決済を紹介しています。

ミニマリストにおすすめしたい3つのキャッシュレス決済

スマホのQRコード決済

お財布とバックをなるべく軽くしたいミニマリストにおすすめのキャッシュレス決済は、以下の3通り。

いくつもあるキャッシュレス決済の中で、実際に使いやすいものお得感があるもの選び抜くことも、ミニマリストには必なこと

自分にとってより使いやすいものを選ぶ力が大切なのです。

  1. 使いやすくてメリットが多いクレジットカード決済
  2. プリペイド方式のキャッシュレス決済アプリ
  3. 予備用として持っておきたい交通系ICカード

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁 監修者

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

個人的なおすすめは、クレカをスマホケースに1枚+紙幣1枚、ビューカードモバイルSuicaに登録し、Suicaが利用できる店舗ではSuica
現金しか利用できなかったような小規模店舗で利用するためにPayPayといった組み合わせです。
この組み合わせを利用すればスマホ1台あれば全国各地で生活することができるでしょう。

ビューカードからSuicaチャージで1.5%ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーの場合は、電話料金をクレカ払いにして「まとめて支払い」でチャージすればクレカのポイントも貯められます。

使いやすくてメリットが多いクレジットカード決済

数あるキャッシュレス決済の中で、導入店舗数が多く使いやすいものの筆頭がクレジットカードです。

コンビニなどでも気軽に使うことができ、低額決済でも全く問題ありません。

日本独自のキャッシュレス決済ではないので、海外でも利用でき、万能感すらあります。

ポイントが貯まる、クレジットカードならではの特典がある、さまざまな補償がつくこともあるなど、メリットは多数。

ただし、気をつけなければならないのが、使ってからお金を支払うまで一定の時間差があるということ。

自分がどのくらい使ったのかを把握せず、高額な買い物をしてしまうといった人には不向きです。

また、暗証番号やサインが必要になる場合もあり、レジでの待ち時間が他のキャッシュレス決済に比べると少々長くなる可能性もあります。

プリペイド方式のキャッシュレス決済アプリ

〇〇Payといった名前で知られる決済アプリは、事前にチャージするプリペイド方式のものがほとんど。

後払い方式のクレジットカードなどとは異なり、使える額以上に使ってしまっていたという事態に陥りにくいのが特徴です。

プリペイド方式のキャッシュレス決済アプリを選ぶ場合は、店舗普及率に注目すること。

ポイント還元率だけを見ていると、使える店舗が少なくて苦労する可能性があります。

現在、〇〇Pay系のアプリの中でもっとも普及しているのは、PayPayです。

まずは主流のPayPayを普段使いにしてポイントを貯め、予備のアプリも登録しておけば、困ることはないでしょう。

予備用として持っておきたい交通系ICカード

電車やバスを使う人なら、Suicaをはじめとする交通系ICカードを持っているもの。

クレジットカードやキャッシュレス決済アプリに比べるとチャージに少々手がかかることもあり、メインでは使いにくいのが実際ですが、予備として持っておくのがおすすめです。

交通系ICカードしか使えない店舗などでの利用に備えて、5,000円ほどチャージしておけば十分です。

この項目では、クレジットカード、プリペイド方式のキャッシュレス決済アプリ、交通系ICカードについて、それぞれの特徴を紹介しました。

いずれにもメリット、デメリットがありますが、ミニマリストにぜひ試してもらいたいのは、クレジットカードの2枚持ち。

次の項目で、その理由についてお話ししましょう。

キャッシュレス決済ならクレジットカードの2枚持ちがおすすめな理由

クレジットカードを持ちパソコンを女性の後ろ姿

先の項目で、いくつかのキャッシュレス決済について紹介しましたが、ミニマリストにおすすめなのは、クレジットカードの2枚持ちです。

ミニマリストなら、最低限の1枚でもいいのではと思いがちですが、2枚持っておくこと以下に挙げるようなメリットがあります

ここでは、2枚のクレジットカードをいかに活用し、すっきりしたお財布を保つのかについて解説しましょう。

クレジットカードの明細が家計簿代わりになる

ミニマリストの理想とするのは、すっきりした生活です。

余計なものを持たないのと同様、余計な手間を必要としない生活を目指すなら、家計管理もそうありたいもの。

家計簿をつけるのにいくつかのカードの明細をあれやこれやと調べたりするのは非常に手間です。

放っておいても家計簿がつけられる仕組みを作るために必要なのが、2枚のクレジットカード。

毎月決まって出ていくお金(固定費)と、毎月使う額が変わるお金(変動費)とでクレジットカードを使い分ければ、明細を見るだけで何にいくら払ったのかを確認でき、ストレスがありません

2枚のカード明細を家計簿代わりにして、手間をかけず、毎月の支出額をきちんと管理しましょう。

何かのときのリスクヘッジになる

クレジットカードを持っているのに、使えなくなる場面を経験したことはありませんか。

買い物したいお店で自分のクレジットカードの国際ブランドが使えないこともあるでしょうし、不正利用が判明してカードが停止されるということもあるはず。

こういうとき、クレジットカードが1枚しかないと、にっちもさっちもいきません。

しかし、国際ブランドが異なるクレジットカードを2枚持っていれば、こうしたリスクに備えることができます

2枚のクレジットカードのブランドをVISAとマスターカードにしておけばたいていのお店でクレジットカードを利用できますし、たとえ1枚が利用できない状況に陥っても1枚は手許にあることに。

万が一の場合に備えるという意味でも、クレジットカードの2枚持ちがおすすめなのです。

では、数多いクレジットカードの中からどのように2枚を厳選すればよいのでしょうか。

次の項目では、ミニマリストにぜひ使ってもらいたいクレジットカードをいくつか紹介し、その特徴を解説しています。

ぜひ参考にしてください。

ミニマリストにぜひ使ってもらいたいクレジットカード3選

4枚のクレジットカードと葉

キャッシュレス生活を始めるなら、自分の生活に即していて、よりお得感があるクレジットカードを選ぶべき。

ポイントが貯めやすい年会費が無料で使い勝手がいい還元率が高くてポイントの利用範囲が広いなどなど、クレジットカードを選ぶ際にチェックすべき点がいくつかあります。

ここでは、現金から解放されたい、より使いやすいクレジットカードを知りたいという方に向けて、ぜひ使っていただきたいおすすめクレジットカードを3つ紹介します。

ポイントが貯めやすく使える範囲が広い「楽天カード」

ポイントが貯めやすく、貯めたポイントの使い道が広いということでおすすめなのが、楽天カードです。

楽天カードは、年会費が無料。街中での買い物でのポイント還元率は基本1%ですが、楽天市場などではサービスへの加入状況に応じてポイントがプラスされますし、ポイント還元祭などが毎月のように開催されているため、日用品を購入するだけでもかなりのポイントが貯まります。

また貯まったポイントを楽天グループのさまざまなサービスで利用できるため、使い道が非常に広いのが大きなメリット。

ポイントを使って投資をしたり、宝くじを買ったりといったことまで可能です。

年会費無料でポイントが最大25倍の「ライフカード」

ライフカードは、年会費で無料でありながら、ポイントを貯めやすいというのが特徴。

年間の利用額に応じてポイントの還元率が上昇し、年に200万以上使えば次年度のポイントは2倍になります。

主要電子マネーへのチャージでもポイントがつくため、ポイントの2重どりも可能。

貯まったポイントの有効期限は最大5年で、Amazonギフト券などにも交換できるなど、使い勝手がよいのもうれしいポイントです。

誕生日月にはポイントが3倍になる、ポイントモール経由で最大25倍になるなど、独自のサービスをしっかりチェックしてお得に利用しましょう。

ポイントをカードの支払額に充当できる「Delight JACCS CARD(旧:REXカード)」

REXカードは年会費無料で高還元率だったのですが、新規発行を終了しています。

2020年11月からカード名称が「Delight JACCS CARD」に変わり、ポイント還元率も1.25%から1.0%になりました。

しかし、会員限定のオンラインショッピングモールJACCSモール」を利用して買い物をすれば、ポイント還元率が1.5%以上に。

貯めたポイントはカードの支払額に充てることができたり、投資に利用できたりもするので、ポイントの使い道に困るということがありません。

年会費無料にもかかわらず、全国の宇佐美直営サービスステーションでの割引サービスや、最高2,000万円の国内外の旅行傷害保険などの優待特典もあるため、2枚目のクレジットカードとして持っておくのにもおすすめです。

まとめ

ミニマリストにとってキャッシュレス決済は、非常に魅力的。

お財布が軽くすっきりするだけでなく、家計管理の手間が省けたり、使い勝手のよいポイントを貯められたりと、そのメリットはさまざまです。

もちろん、キャッシュレスにすることで気をつけるべきポイントなどもありますが、それを上回るメリットを得ることができるはず。

ここでは、キャッシュレス生活にぴったりの決済方法をいくつか紹介しました。

くれじい

その中でも、クレジットカードは使い勝手のよさではピカイチ。

所持するコストがかからず、ポイント還元率が高いカードを厳選し、かしこく活用してください。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ