おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

クレジットカード会社のブランドと発行会社の違いを解説!カード会社一覧

クレジットカードを見せ合う人たち

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

クレジットカードの会社と言うと、VISAマスターカードJCBなどの国際ブランドを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。

しかし、一般的にクレジットカード会社というと、ライフカードエポスカードといったクレジットカード発行会社加盟店管理会社も含まれます。

このように一口に「クレジットカード会社」と言っても、さまざまな業務形態の会社が関わっています。

この記事を読んでいるあなたは、各業態ごとの役割を詳しく知りたいと思いませんか?

クレジットカード会社ごとの特徴や違いを把握して自分に最適の1枚に出会いたいとは思いませんか?

今回の記事では、クレジットカード会社の各業態の役割や、どの会社を選ぶのがおすすめなのかも合わせてお伝えしていきます。

これからクレジットカードを申込みたい人、もうすでにクレジットカード持っている人、どちらにとっても参考になるはずですので、ぜひ最後まで読んでください。

クレジットカードの会社には3つの種類がある

クレジッとカードを3枚持つ女性

一般的にクレジットカード会社と呼ばれている会社には、大きく分けて下記の3つの種類の会社があります。

  • 国際ブランド
  • クレジットカード発行会社
  • 加盟店管理会社

それぞれの会社の特色や役割の違いについて、詳しく見ていきましょう。

国際ブランド

VISAやマスターカード、JCBといった世界的に決済機能を提供しているブランドのことを国際ブランドといいます。

国際ブランドステッカー

現在、国際ブランドとして認められているのは、以下の7つです。

  • VISA
  • MasterCard
  • American Express
  • JCB
  • Diners
  • Discover
  • 銀聯

上記は、7大国際ブランドと呼ばれています。以前は、VISA、MasterCard、American Express、JCB、Dinersの5つで5大国際ブランドと呼ばれていました。

近年のシェア率の拡大や発行枚数の増加などを考慮してDiscover、銀聯(ぎんれん)を加えた7大国際ブランドと呼ばれるのが一般的になってきています。

国際ブランドの役割

国際ブランドの役割は、決済機能を世界中に提供することです。

楽天カードの楽天や、イオンカードのイオンなどクレジットカードを発行している各会社が、国内中や世界中に決済機能網を張り巡らせるのは大変なことです。

そのため、世界中に決済機能を持っている会社から決済システムを借りるのです。この決済機能を世界中に持っている会社が国際ブランドというわけです。

  • 決済機能を持っている:国際ブランド
  • 決済機能を国際ブランドから借りている:クレジットカード発行会社(イシュア)

上記のことがいえます。

クレジットカード発行会社

実際にクレジットカードを発行する会社のことをイシュアと呼びます。日本国内のイシュアの一例は以下の通りです。

  • 三菱UFJニコス
  • クレディセゾン
  • イオンカード
  • 楽天カード
  • ジャックスカード
  • オリコカード

それでは次にイシュアの役割について見ていきましょう。

イシュアの役割

イシュアの役割を一言で言えば「会員管理」です。

利用ごとにポイントや特典をつけたり、海外旅行保険や国内旅行保険、ショッピング保険といった各種保険を用意するのもイシュアの仕事です。

また、入会手続きや審査も基本的にはイシュアが行います。

クレジットカード発行会社ランキング一覧

クレジットカード発行会社の規模や取扱高は、どのようになっているでしょうか。

クレジットカード発行会社各社の営業集積、経常利益、取扱高を以下の表で紹介します。

会社名 営業収益 経常利益 取扱高
イオンフィナンシャルサービス ※3 3,596億円 593億円 4兆8,919億円
クレディセゾン ※1 2,920億円 570億円 8兆119億円
三菱UFJニコス ※3 2,701億円 -174億円 9兆6,398億円
JCB ※3 2,692億円 262億円 25兆5,001億円
三井住友カード ※1 2,234億円 346億円 12兆627億円
オリエントコーポレーション ※1 2,136億円 335億円 1兆8,545億円
セディナ ※1 1,521億円 71億円 3兆7,472億円
楽天カード ※2 377億円 72億円 1兆3,906億円

※1 2017年3月期決算
※2 2016年12月決算
※3 2015年度決算

クレジットカードを介して買い物されたものを「取扱額」となるので、膨大な金額になりますね。

加盟店管理会社

クレジットカード会社と呼ばれる会社の中にはもうひとつ、加盟店管理会社があります。

加盟店管理会社は「アクワイアラ」と呼ばれています。主な業務としてクレジットカードの加盟店の新規開拓や既存加盟店を管理しています。

海外では分業化されているのが普通ですが、日本ではイシュアがアクワイアラを兼ねているケースも多いです。

アクワイアラの役割

アクワイアラは、クレジットカード加盟店とイシュアをつなぐ代理店のような存在です。

加盟店から売上データを受け取り、そのデータをイシュアに渡します。そして売り上げ代金をイシュアから徴収し、それを加盟店に受け渡します。

また、アクワイアラは加盟店が支払うカード手数料の一部を収益元としているため、新規加盟店の開拓も重要な仕事になります。

信販会社との違い

クレジットカード会社と似た業態に信販会社があります。クレジットカード会社と信販会社の主な違いは以下の通りです。

  • クレジットカード会社はクレジットカードのみを取り扱っているのに対して、信販会社はクレジットカード以外にもあらゆる商品の信用販売も行なっている
  • クレジットカードの収益の源泉は加盟店からの販売手数料なのに対して、信販会社は消費者からの金利手数料で収益をあげている

この章では、クレジットカードにまつわる各社の業態の違いやその役割といった点を中心にお話ししてきました。

クレジットカード会社の仕組みが大体分かったのではないでしょうか。

次に、クレジットカード会社が違うことによって起こるさまざまな違いをお伝えしていきます。

クレジットカード会社による違い

カードを見せる女性

クレジットカード会社は数え切れないほど数多くあり、各社それぞれに特徴があり、会社が違うことによってさまざまな違いが生じます。

この章で具体的に見ていきましょう。

国際ブランドの会社が違うと起こること

国際ブランドが違うと決済できる店舗の数が違います。

「JCBブランドのクレジットカードを使おうとしたけど、VISAかマスターカードしか使えないと言われてしまった」という経験をしたことがある人もいるのではないでしょうか。

特に気を付けなければならないのが「JCBカードしか持っていない」という場合です。JCBもれっきとした国際ブランドですが、海外では使えないケースもあります

JCBブランドしか持っていないという人は、海外に行く前にVISAブランドかMasterCardブランドのクレジットカードを1枚サブカードとして作っておくと安心です。

クレジットカード発行会社の違いによって起こること

次にクレジットカード発行会社が違うことによって起こることを紹介します。

大きく分けると以下の2点に注意が必要です
  • 締め日と支払日が違う
  • ポイントや特典などのサービスが違う

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

締め日と支払い日が違う

クレジットカード発行会社が違うと締め日や支払日が異なってきます。

カード発行会社によっては、月末締め翌月末払いというところもあれば、15日締め翌月5日払いというところもあります。

クレジットカードを複数枚所持していて、使い分けているという人は特に注意してください。

ポイントや特典などのサービスが違う

クレジットカード発行会社が異なれば、当然、会社ごとに決められているポイント制度、特典や優待内容などが違ってきます。

特に注意したいのがポイント還元率です。

ポイント還元率が0.5%(1,000円の利用で5円相当のポイント付与)というクレジットカードもあれば、ポイント還元率が2%(1,000円の利用で20円相当のポイント付与)を超えるものもあります。

ポイント還元率が0.5%のカードと2.0%のカードでは、数十万円、数百万円使った場合、数万円分の差がついてしまいます。

ポイントを重視する人はポイント還元率に注目してクレジットカードを選ぶことをおすすめします。

加盟店管理会社の違いによって起こること

私たち消費者には直接の関わりは少ないですが、加盟店管理会社によっても違いがあります。

主なものは、加盟店から加盟店管理会社に支払う手数料や条件が違うということです。

加盟店側の手数料や条件が違う

加盟店管理会社が違うと、加盟店側が支払う手数料や各種条件が異なります。

飲食店などでは、管理会社への手数料が割高な場合、価格に上乗せされる可能性があります

ここまで、クレジットカードのブランド、イシュア、アクワイアラが異なった場合に起こることをお伝えしてきました。

監修者

菊地 崇仁/ クレジットカード専門家

一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

クレジットカードで混乱するのが国際ブランドと発行会社の違いではないでしょうか。例えば、VisaやMastercardと言う名称は多くの方が知っていると思います。

ただし、Visaが発行しているクレジットカードというのはなく、三井住友カードのVisa楽天カードのMastercardなど、必ず発行会社があるわけです。

一方、JCBやアメックスはカードも発行しているため、JCBが発行するJCBアメリカン・エキスプレスが発行するアメックスも存在します。

カードを落とした、家族カードを追加したい、カードの特典を知りたい、と言うような場合はカード裏面に書かれている発行会社に連絡し、カード表面に書かれている国際ブランドは、使える店を探すのに利用すると覚えていると良いでしょう。

以前は国際ブランドのついていないクレジットカード(ハウスカード)もありましたが、最近は減ってきていますので、この辺りは考えなくても良いです。

次の章では、大手クレジットカード発行会社ごとにおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

定番の大手クレジットカード会社発行おすすめクレジットカード3選

うつ伏せでカードを見せる女性

この章では大手クレジットカード会社が発行しているクレジットカードの中で、筆者おすすめのクレジットカードをお伝えしていきます。

それぞれ、以下から詳しく解説していきます。

三井住友カード ナンバーレス

三井住友カード ナンバーレスは2021年2月1日新登場したクレジットカードです。
名前の通り、「券面にカード番号が記載されていない」という点が特徴的なカードです。

年会費は永年無料で、基本ポイント還元率は0.5%です。
0.5%と平均的ではありますが、コンビニ(※)やマクドナルドでは最大5%にまでUPすることもあり、ポイントをザクザク貯めたい方にとっては魅力的な1枚です。
(※)セブン-イレブン・ファミリーマート・ローソンが対象

また、即番発行に対応しているため、最短5分で利用可能です。
カード番号のみを先に入手することができ、カード本体が手元にない状態でも、

  • ネットショッピングの利用
  • 電子マネーを介しての利用

が可能になります。

ただし、即番発行をするための条件として、以下2点には注意しましょう。

  • 必ず9:00~19:30の間に申込を行うこと
  • 申込者の年齢が満20歳以上であること

JCB 一般カード

JCBは、日本が世界に誇る国際ブランドとして知られています。

世界中の加盟店で使うことができますが、日本国内の加盟店数はNo.1で、日本では一番使いやすいクレジットカードです。

同じ国際ブランドでもVISAやMasterCardは、自社でクレジットカードを発行せず決済機能のみを提供していますが、JCBは自社でもクレジットカードを発行しています。

数あるJCBブランドのカードの中でもっとも基本的なカードが「JCB一般カード」です。国内・海外ともに最高3,000万円の旅行傷害保険の利用付帯と海外の買い物に対して最高100万円のショッピングガード保険が自動付帯されています。

また、ETC、QUICPay、家族カードを追加機能としてつけることもできます。

なお、年会費は1,375円(税込)ですが、インターネット入会で初年度年会費無料、次年度以降も以下の条件を満たせば年会費は無料になります。

  • MyJチェック(利用明細の電子メール化)の登録
  • 年間50万円(税込)以上のショッピングの利用
    ※年会費お振替月の前々月19日までに「MyJチェック」のご登録が必要
    ※12月16日~翌年12月15日のショッピングご利用合計金額

39歳以下の方であれば、以下の「JCB CARD W」が年会費無料&ポイント高還元でお得です。

三菱UFJカード VIASOカード

三菱UFJニコスは、日本屈指のメガバンク「三菱UFJ銀行」のグループ企業で、日本最大級の規模を誇るクレジットカード会社です。

三菱UFJニコスは個人向け、法人向け合わせて100種類以上のクレジットカードを発行していますが、もっともスタンダードで初心者向けなのがここで紹介する「三菱UFJカード VIASOカード」です。

このカードには最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯されています。

この保険は病気やケガなどの治療費はもちろん、カメラや携帯電話などの携行品が破損した場合にも補償されます。

注意点は、海外旅行傷害保険が適用されるには、事前に海外旅行代金を三菱UFJカード VIASOカードで支払っていることが条件ということです。

また、年会費無料、最短翌営業日発行という敷居の低さも魅力のひとつです。なお、このカードの国際ブランドはMasterCardです。

まとめ

今回の記事では、クレジットカードにまつわる会社に焦点をあてて、国際ブランド、クレジットカード会社、加盟店管理会社それぞれの役割を解説してきました。

各業態の役割を知ることを通してクレジットカードの仕組みがより深く理解していただけたのではないでしょうか。

加えて、クレジットカード会社、特に国際ブランドとクレジットカード発行会社が違うことによって、さまざまな違いが生まれることもお分かりいただけたと思います。

この記事を参考に、ぜひ自分にとって一番最適なクレジットカードに出会ってください。

菊地崇仁
菊地崇仁

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ