おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

【海外旅行好き必見!】海外でも役立つクレジットカード付帯保険のお得な知識

海外旅行へ行く親子

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

クレジットカードには旅行保険ショッピング保険などの付帯保険が付いていることが多く、クレジットカードを持つ大きなメリットとなっています。

海外旅行では旅行会社から掛け捨て旅行保険の加入を勧められることが多いのですが、クレジットカードの保険で済ますことができれば、追加負担も不要です。

そのようなクレジットカードの付帯保険が気になっている方であれば

  • クレジットカードの付帯保険が知りたい
  • クレジットカードによる付帯保険の違いが知りたい
  • クレジットカードの付帯保険の種類が知りたい
  • クレジットカードの付帯保険で最も使われるものが知りたい
  • 海外で役立つ付帯保険が知りたい
  • 付帯保険の比較がしたい
  • 付帯保険の合算の可否が知りたい

といったことを思われるのではないでしょうか。

この記事を最後まで読んでいただくことで、クレジットカードの付帯保険の概要や役立つ場面を知り、自分に合ったカードを比較する際の参考にすることができます。

また実際にトラブルに遭った時にもしっかりと保険を活用することができるようになります。

菊地崇仁
監修者

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

クレジットカードでポイントを貯めている人も多いでしょう。
クレジットカードの魅力はポイントだけでなく付帯サービスも充実している点です。

クレジットカードの付帯サービスとして有名なのは旅行保険や空港ラウンジなどでしょう。
旅行保険は国内旅行と海外旅行でそれぞれ異なり、どちらかしか付帯しない、どちらも付帯しない、どちらも付帯するなど様々です。

海外旅行傷害保険の場合は疾病治療、傷害治療、賠償責任、救援者費用、携行品損害などを確認しておきましょう。
これらが低く設定されているカードがほとんどで、保有カードの補償額を合算して1,000万円程度になるのが理想です。
なお、利用付帯と自動付帯を組会わせるには、旅費の支払いを利用付帯のクレジットカードで支払う必要があります

クレジットカードの保険を活かし、不足分だけをカバーする「クレカプラス」と言うサービスがあります。
別途AIU等の保険に加入するともったいないと思うような人は、既にある自分のクレジットカードの補償に上乗せする形で利用できて便利です。

この記事を執筆・監修している専門家
  • 菊地崇仁
  • 監修者 菊地崇仁
    クレジットカード専門家

    約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

    詳細はこちら

クレジットカードにはこんな付帯保険がある

クレジットカードを拡大した写真

クレジットカードの付帯保険のうち最も利用頻度の高い代表的なものには以下があります。

付帯保険の種類によってすべてのカードに付帯するものから、限られたカードに付帯するものもあります。

それぞれの付帯保険の詳しい内容と、どのようなカードに付帯するのかについて説明します。

紛失・盗難保険

クレジットカードには様々な種類の保険がありますが、すべてのカードに紛失・盗難保険が付帯しています。

以下の様な場合、所定の手続きを行い不正利用が認められれば、不正利用額の負担が免除されます。

  • カードを失くして拾った人に不正利用された
  • スリにあってカードも一緒に盗まれ不正利用された
  • カード情報が流出し不正利用された

たとえば楽天カードのカード盗難保険の場合、カードの紛失・盗難を楽天カードへ連絡した日から、60日前にさかのぼり補償されます。

紛失以降に不正使用された被害額を、保険会社の判断に基づいて楽天カードが負担してくれます。

カード会社によってはさかのぼって保証される期間が30日であったり、期間が異なる場合があるので注意してくださいね。

不正利用に関しては、下記の記事も参考にしてみてください。

海外で被害にあった場合

  • パスポートコピー
  • 現地警察届出(ポリスレポート)コピー
  • 現地不届出理由書(ポリスレポート取得前に帰国した場合)

万が一、海外でカードの不正利用にあった場合、まずはカード会社と警察へ連絡を忘れずに行いましょう。

不正利用の被害が、保険でカバーされるということを覚えておいてください。

ショッピング保険

ショッピングをする女性

クレジットカードの種類によっては、ショッピング保険が付帯されているものもあります。

クレジットカードで購入した商品が盗難にあったり不注意で破損してしまった場合、ショッピング保険で補償されます。

冒頭でお伝えした「紛失・盗難保険」は「クレジットカード」が無くなってしまったときに適用されますが、この「ショッピング保険」は「購入した商品」に対して適用されます。

JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)と三井住友カードに付帯するショッピングガード保険のポイントを、比較してみましょう。

JCB一般カード 三井住友
カード
海外 100万円限度 100万円限度
国内 なし 100万円限度※条件付
自己負担額 10,000円 3,000円
補償対象期間 購入日から90日間 購入日および
購入日の翌日から90日間

※三井住友カードの海外ショッピング、または国内でのリボ払い3回以上の分割払い利用が条件となります。

上記に挙げた2枚の代表的な一般カードのショッピング保険では、いずれも自己負担額が定められています。
また、自己負担額だけでなく補償対象期間などにも違いがあります。

なお下記のようなものはどちらのカードにおいても補償対象外となります。

  • 船舶・航空機・自動車・原動機付自転車・自転車・ハングライダー・サーフボード・セーリングボード
  • 義歯・義肢・コンタクトレンズ
  • 動物及び植物
  • 現金・手形・小切手など
  • 携帯電話
  • 食料品

所有中のカードや検討中のカードの補償内容については、しっかりとチェックしておきましょう。

航空便遅延保険

航空便遅延保険が付帯されているクレジットカードでは搭乗便や搭乗予定便の遅延や欠航、さらには手荷物の配達遅延や紛失などで発生した費用が補償されます。

悪天候によって欠航や遅延などのアクシデントに見舞われることが多い航空機は、追加負担が発生しがちです。

航空機を良く利用される方にとっては、航空遅延保険の付帯はメリットとなるのです。

JCBゴールド会員の場合

補償内容 保険金額 保険金支払条件
乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
2万円限度 遅延した航空便の実際の到着時刻から4時間以内に
代替便を利用できなかった場合
出航遅延費用等保険金
(食事代)
2万円限度 出航予定時刻から4時間以内に
代替便を利用できなかった場合
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度 到着後6時間以内に手荷物が届かなかった場合で、
到着後48時間以内に購入した場合
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
4万円限度 到着後48時間以内に手荷物が届かなかった場合を紛失とみなし、
到着後96時間以内に購入した場合

ちなみに航空便遅延保険は比較的ハイグレードなサービスで、一般カードには付帯されません。

航空便遅延保険の付帯されやすい、ゴールドカードに興味のある方には以下の記事もおすすめです。

このようにクレジットカードには紛失盗難はもちろん、旅行やショッピングなど幅広い付帯保険のラインナップがあります。

次の章では付帯保険の注意点について確認しましょう。

海外旅行保険

海外旅行の準備とカード

海外旅行保険は海外旅行中の様々なリスクに対応できるように、いくつもの種類の保険がセットになっています。

参考としてエポスカードの海外旅行保険の補償内容をチェックしてみましょう。

保険の種類 保険金額
傷害死亡・後遺障害 最高500万円
傷害治療費用 200万円(1事故の限度額)
疾病治療費用 270万円(1疾病の限度額)
賠償責任(免責なし) 2,000万円(1事故の限度額)
救援者費用 100万円(1旅行・保険期間中の限度額)
携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

※エポスカード会員本人のみ適用

以上の補償内容が、カード発行日の翌日以降に日本を出発した旅行に適用されます。1旅行につき最長90日間となっています。

紛失・盗難保険は全てのカードに付帯されていますが、海外旅行保険の場合は付帯されていないクレジットカードもあります。

海外旅行に良く行く人は、海外旅行保険が付帯されているカードを選びましょう。

自動付帯か、利用付帯かを確認

旅行保険にはクレジットカードで旅行代金を支払っていなくても補償される「自動付帯」と、旅行代金を該当のカードで支払った場合に補償される「利用付帯」があります。

いざ保険を適用しようと思ったときに、「利用付帯であるのを知らずに別の方法で支払ってしまって、補償を受けられない」ということもあるので事前に確認しておきましょう。

利用付帯は、空港までの電車やタクシー代での利用でも適用されることが多いようです。

海外での医療費は高額になることが多い

海外旅行中や海外出張中などに万が一病気やケガで現地の医療機関を利用すると、高額な医療費を請求されることが多くなっています。

海外では日本の健康保険はその場では適用されず、帰国後の申請で海外療養費として払戻しを受けなければなりません。

さらに海外では思いのほか高額な医療費負担を強いられるリスクがあります。数日程度の入院でも100万円単位での医療費が請求されることは珍しくありません。

傷害保険は合算ができる

クレジットカードに付帯する傷害保険は、傷害死亡・後遺障害の保険金額を除き他社カードの傷害保険と合算することができます。

たとえば三井住友カードのでは以下のように取り扱われます。

傷害死亡・後遺障害 保険金額は合算されず、各カード会社のうち最も高い保険金額が支払われる
家族会員 複数の同種保険に加入している場合、カードの自動、利用付帯の条件によらず、各保険の補償金額に応じて保険金が支払われる

海外での医療費は高額になることが多いこと、傷害保険は合算できることを考えて、複数のカードを準備するか、掛け捨て保険への加入がおすすめです。

国内旅行では補償内容が変わることがある

海外旅行保険と国内旅行保険がセットで付帯するカードも多いですが、海外と国内では補償内容が異なります。

一例としてJCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)の補償内容を比較してみましょう。

国内旅行傷害保険 海外旅行傷害保険
死亡後遺障害 最高3,000万円 最高3,000万円
治療費用 なし 1回につき100万円限度
賠償責任 なし 1回につき2,000万円限度
携行品損害 なし 1旅行中20万円限度

このようにJCBの一般カードでは、補償内容が海外と国内でかなり差があることがわかります。

国内旅行では保険で補償されないものが多くなりますので、自分のカードでは何が補償されているのか確認しましょう。

一般海外旅行保険とクレジットカード付帯保険の違い

クレジットカード付帯保険も気になるけれど、旅行に行くなら一般海外旅行保険の方が良いでは、と思う方もいるのではないでしょうか。
ここでは、その2つの違いを紹介いたします。

例えば、アジアに1週間ほど旅行に行ったとし、比較的安い保険料で加入できる損保ジャパン日本興亜と、年会費無料で海外保険が自動付帯されるエポスカードを比較してみましょう。

損保ジャパン日本興亜 エポスカード
保険料 3,150円 -
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高500万円
疾病死亡 1,000万円 -
治療・救援費用 最高1,000万円 100万円
賠償責任 1億円 2,000万円
携行品損害 30万円 20万円

上記の表より、それぞれの違いがおわかりいただけるかと思います

クレジットカード付帯保険よりも一般海外旅行保険の方が頼りになると思いますが、クレジットカード付帯保険の使用方法を知ってから考えてみても良いかと思います。

そんなあなたに、次にクレジットカード付帯保険の使用方法についてご紹介します。

実は知らない人が多い!クレジットカード付帯保険の使用方法

クレジットカードを複数持っている方も多いと思いますが、実は、クレジットカード付帯保険は合算できます

下記の注意点さえ把握しておけば、よりお得に使用することができます。

  • 傷害死亡・後遺障害は高い金額の方が採用される
  • その他の項目は全て合算できる

例えば、先ほど例で用いたエポスカードと付帯保険が充実している三井住友カードの2枚を持っているとすると、付帯保険を下記のように合算することができます。

エポスカード 三井住友カード
傷害死亡・後遺障害 最高500万円 最高2,000万円
疾病治療費用 270万円 50万円
治療・救援費用 100万円 100万円
賠償責任 2,000万円 2,000万円
携行品損害 20万円 15万円

この場合、傷害死亡・後遺障害は高い金額の方が採用されるので最高2,000万円の付帯を使用することができます。

その他は合算されるので、治療・救援費用は200万円になるなど、2枚持っている方が断然お得なことがわかります。

2枚までではなく複数枚でも合算できるので、持っていれば持っているほどお得になります。

他にも、クレジットカード付帯保険で家族の保険もカバーすることができます
詳しくは次の章でご紹介します。

家族の保険はクレジットカード付帯保険で解決

家族で海外旅行によく行く方や、国際結婚のため少なくとも年に1回以上は海外に行く必要がある方も中にはいるのではないでしょうか。

一般海外旅行保険だと、家族分の保険料が必要となるので結構な額を払わなければいけないかと思います。

その不安を解消するために、ここではクレジットカード付帯保険と家族の保険の関係性についてご紹介します。

とってもお得な「家族特約」とは

クレジットカードの付帯保険で家族の保険をカバーすることを「家族特約」と呼びます。

自分がカードを持っているだけで、家族(配偶者・子供・親)も海外旅行傷害保険を受けられる、非常にお得な特典です。

「家族」の範囲はカードによって異なります。基本的には「生計を共にする」というのが条件で、扶養になっていれば問題ありません

「家族特約」と「家族カード」は別物

家族特約と家族カードは、一見似たようなイメージがありますが実際は全くの別物です。
それぞれの違いについて下記にまとめました。

家族特約
  • 新たなカード発行がない
  • カードが1枚あるだけで、その家族もカバーできる付帯保険がある
  • 18歳未満の子供がいる家族には必須
家族カード
  • 新たにカード発行する必要がある
    ※年会費がかかる場合もある
  • カード持ち主と同じ海外旅行保険補償額がもらえることが多い
  • 発行できるのは18歳以上

カードによっては配偶者が家族特約の対象に含まれていないものもあります。
それでも海外旅行保険を使用したい場合は、家族カードを作ることをおすすめします。

また、18歳未満の子供がいる場合は家族カードを発行することができないので、子供の海外旅行保険を無料にしたい場合は家族特約を使わなければいけません

ここは気を付けて!付帯保険の注意点

注意アラートイメージ

付帯保険の注意点には次のようなものがあります。

それぞれの内容について詳しく説明します。

自動付帯と利用付帯の違い

先ほども少し触れましたが、クレジットカードの保険には自動付帯のものと利用付帯のものがあります。

自動付帯 利用付帯
適用条件 無条件で適用 旅行代金のカード払い等が条件
年会費 有料のことが多い 無料のことが多い
補償期間 60日~90日間程度(延長なし) 60日~90日程度(延長可能な場合あり)

利用付帯についてはツアー代金の支払いが条件となっていることも多いため、ツアーを利用せずに世界を旅するような方は自動付帯の方がおすすめです。

自動付帯では現地利用による期間延長ができないため、60日~90日以上海外に滞在される方は、現地利用で期間延長が可能な利用付帯のカードを選ぶのが良いでしょう。

ただし利用付帯では条件を満たしていないと保険が適用されませんので、事前にしっかりとチェックして適用条件を満たす必要があります。

その他補償の対象になる条件を確認しておく

上記に挙げた付帯保険の他にも、自動車ロードサービスなどのカード独自の保険が付帯されるケースがありますが、補償条件は確認する必要があります。

クレジットカード契約時に保険が付帯しているから安心と油断していると、いざというときに補償条件を満たしていないために補償を得られないケースも出てきてしまうのです。

例えば、海外で購入した商品が破損してしまい、いつのまにか購入日からの補償対象期間が過ぎてしまっていたため、「ショッピング保険の補償対象外となってしまった」ということが起こり得ます。

JCBカードでショッピング保険の補償を受けるためには、購入日から90日以内の条件の他に、JCBカードで購入した際の売上表(お客様控え)が必要です。

このような補償条件は一つでも条件から外れてしまいますと補償が得られなくなってしまいますので、しっかりと条件を把握しておく必要があります。

ここまで自動付帯や利用付帯の違い、そして付帯保険の補償条件の注意点について解説してきました。

次の章ではこちらの記事全般の内容を踏まえたうえでのおすすめカードをご紹介します。

付帯保険で選ぶならおすすめのクレジットカード

カードを持つ女性達

クレジットカード選びには様々な目線が存在しますが、付帯保険を重視して選ぶのも良い方法の一つでしょう。

こちらでは付帯保険で優れた面を持つ3つのおすすめクレジットカードを紹介します。

年会費無料で自動付帯:エポスカード

年会費が無料であるのに海外旅行保険が自動付帯で魅力的なのが、エポスカードVISAです。

エポスカードVISAの補償内容は以下となります。

  • 国内旅行保険:なし
  • ショッピング保険:なし
  • 盗難紛失保証期間:61日間
  • 海外旅行保険:傷害死亡・後遺障害 最高500万円
    携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

また、エポスゴールドカードは通常年会費が5,000円ですが、インビテーションにてゴールドカードを発行された場合は年会費永年無料で以下の保険が自動付帯されます。

  • 国内旅行保険:なし
  • ショッピング保険:なし
  • 盗難紛失保証期間:61日間
  • 海外旅行保険:傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円
    携行品損害(免責3,000円) 20万円(1旅行・保険期間中の限度額)

年会費無料のクレジットカードでは海外旅行保険が付帯されないことも多く、付帯される場合でも利用付帯の場合が多いです。

補償内容は疾病や携行品損害を重視した内容で、フルカバーとまではいきませんが必要最低限の補償が付帯しています。

年会費無料なので海外旅行時にサブカードとして持っておくと、海外保険を合算することができるのでおすすめです。

三井住友カード

三井住友カードは、付帯保険が充実しているのが特徴です。

  • 年会費:1,375円(税込)(インターネット入会で初年度無料、翌年以降は条件付き無料)
  • 海外旅行保険:利用付帯 最高2,000万円
  • ショッピング保険:100万円
  • 盗難紛失保証期間:90日間

その補償内容は海外旅行時のメインカードとしても十分なものですし、VISAブランドは海外での使い勝手が良いという意味でも海外旅行や出張との相性も良いカードと言えるでしょう。

国内においても知名度とステータスを兼ね備えた三井住友カードは誰にでもおすすめできる優秀なカードです。

JCB一般カード(JCB ORIGINAL SERIES)

JCBの一般カードの中でもこちらのJCB ORIGINAL SERIEでは、三井住友カードをもしのぐ充実の付帯保険が特徴となっています。

  • 年会費:1,375円(税込)(インターネット入会で初年度無料、翌年以降は条件により無料)
  • 海外旅行保険:最高3,000万円(旅行前に所定の条件を満たした場合)
  • 国内旅行保険:最高3,000万円(旅行前に所定の条件を満たした場合)
  • ショッピング保険:海外100万円
  • 盗難紛失保証期間:90日間

JCB ORIGINAL SERIESというのは、JCBが直接発行するプロパーカードで、充実の補償内容は国内で大きなシェアをもつJCBならではの補償が特徴です。

タイアップカードによるサービスも確かに魅力ですが、プロパーカードの持つ付帯保険の充実ぶりにも注目してみたいところです。

特定のホテルを利用する人向けクレジットカード3選

ここでは、世界二大ホテルと言われる、「スターウッド」と「ヒルトン」系列のホテル利用者必見のカードを紹介します。

スターウッド系列のホテル利用者必見!SPGアメックス

スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード、通称・SPGアメックスは、旅行が好きな人にとって特に便利でお得なトラベル系カードです。

年会費は34,100円(税込)です。

外資ホテルグループ「スターウッド」の系列ホテルで利用すると、特典として様々なVIP待遇を受けることが出来ます。

スターウッド プリファードゲスト アメリカン・エキスプレス・カード

3.53
年会費

初年度: 34,100円(税込)

2年目以降: 34,100円(税込)

ポイント還元率

1~3%

発行スピード

2週間程度

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Suica(スイカ) Pasmo(パスモ) 楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 【入会特典】条件クリアで60,000ポイント!
  • 毎年の継続更新時に無料宿泊特典がもらえる!
  • 系列ホテル内のカード利用で15%オフ&ポイント10%還元
【期間限定】新規入会&ご利用で最大60,000ポイントプレゼント! 申し込みはこちら

主要スペック

付帯条件 自動付帯
※一部利用付帯
家族カード 17,050円(税込)
利用可能枠 最高500万円
主な特徴
  • 入会者にはMarriott Bonvoyのゴールド会員資格が自動付与
  • 年会費更新で毎年無料宿泊特典プレゼント

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害  最高1億円
※自動付帯は5,000万円
傷害治療費用  1事故につき最高300万円
疾病治療費用 1事故につき最高300万円
携行品補償  1旅行につき最高50万円
※1年に1000万円まで
賠償責任  1事故につき最高4,000万円
救援者費用  1旅行につき最高400万円

ヒルトン系列のホテル利用者必見!ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

2021年3月9日、6年振りにアメリカン・エキスプレス・カードから新登場したクレジットカードです。

年会費は16,500円(税込)です。

ヒルトン系列のホテル優待を受けることのできる、ヒルトン系列のホテル利用者には見逃せない1枚です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

年会費

初年度: 16,500円(税込)

2年目以降: 16,500円(税込)

ポイント還元率

公式サイト参照

発行スピード

2週間程度

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Suica(スイカ) 楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • ご入会でヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスをご提供!
  • カードご利用&ご継続で1泊宿泊プレゼント!
  • 最短60秒審査がオンライン上で可能!
新規入会で最大54,000ポイントが獲得可能 申し込みはこちら

主要スペック

付帯条件 利用付帯
家族カード 6,600円(税込)
※ただし1枚目は無料
利用可能枠 公式サイト参照
主な特徴
  • 入会者にはヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスが自動付与
  • カード利用&継続で1泊分の宿泊特典プレゼント

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害  最高6,000万円
傷害治療費用  1事故につき最高100万円
疾病治療費用 1事故につき最高100万円
携行品補償  1旅行につき最高30万円
※1年に100万円まで
賠償責任  1事故につき最高3,000万円
救援者費用  1旅行につき最高200万円

ヒルトン系列愛用者にはグレードアップした1枚も!ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードのスペックを、さらにグレードアップしたクレジットカードです。

年会費は66,000円(税込)です。

ヒルトン系列のホテルでよりお得な優待を受けることができ、年会費無料になる家族カードの枚数が増えるといったメリットも魅力的です。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カード

年会費

初年度: 66,000円(税込)

2年目以降: 66,000円(税込)

ポイント還元率

公式サイト参照

発行スピード

2週間程度

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Suica(スイカ) 楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • ご入会でヒルトン・オナーズ・ゴールドステータスをご提供!
  • カードご利用&ご継続で1泊宿泊プレゼント!
  • 最短60秒審査がオンライン上で可能!
新規入会で最大146,000ポイントが獲得可能 申し込みはこちら

主要スペック

付帯条件 利用付帯
家族カード 13,200円(税込)
※ただし3枚目までは無料
利用可能枠 公式サイト参照
主な特徴
  • 合計200万円以上の利用(1月から12月の1年間中)でヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータスを提供
  • カード利用&継続で最大2泊分の宿泊特典プレゼント

海外旅行保険の内容

傷害死亡・後遺障害  最高1億円
傷害治療費用  1事故につき最高300万円
疾病治療費用 1事故につき最高300万円
携行品補償  1旅行につき最高50万円
※1年に100万円まで
賠償責任  1事故につき最高4,000万円
救援者費用  1旅行につき最高400万円

以上、おすすめのクレジットカードを紹介しました。

まとめ

「クレジットカードの付帯保険を比較してみよう!海外でも役立つ付帯保険にまつわる全知識」を最後までお読みいただきましてありがとうございます。

最後にもう一度記事の内容を振り返っておきましょう。

  • クレジットカードで最も使われる付帯保険には紛失・盗難保険、海外旅行保険がある
  • 付帯保険には自動付帯と利用付帯がある
  • 補償対象や適用条件は確認しておく必要がある。
  • 海外で役立つ付帯保険は海外旅行保険
  • 傷害死亡・後遺障害以外海外旅行傷害保険は合算できる。
  • 国内旅行保険と海外旅行保険では補償内容が異なる場合がある。
  • ショッピング保険は補償対象期間が決まっている。
  • 航空便遅延保険はゴールドカード以上に付帯されることが多い。

これらを理解していただくことで、クレジットカードの付帯保険がどんな時に役に立つのかがおわかりいただけたと思います。

実際にトラブルに遭った際にもしっかり保険を活用して、安心できるカードライフを送ってくださいね。

菊地崇仁
菊地崇仁

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ