おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

楽天証券が楽天カードでの投資信託の積立ができるサービスを発表!

ノートパソコン、キャッシュカード

クレジットカードの専門家、菊地崇仁さんがクレジットカードの”気になるニュース”や”知っておくべき情報”をコラム形式でお届けします。 今回は、楽天証券が2018年10月27日(土)より楽天カードでの投資信託の積立ができるサービスを開始することを発表したお話です。

楽天証券は、2018年10月27日(土)より楽天カードでの投資信託の積立ができるサービスを開始すると発表した。

楽天カードでの投資信託買付時には100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント貯まる。楽天カードによるクレジット払い引落の場合は、100円以上1円単位で、月額上限が5万円だ。

投信積立時に獲得した楽天スーパーポイントは、楽天証券で投資信託の通常購入に利用できるほか、9月30日(日)開始予定の「ポイント投資」積立サービスも利用可能だ。

なお、「楽天カードクレジット決済」を引落方法に選択し、ポイント利用設定を行うことで、投信積立で貯まったポイントをそのまま積立代金に充当することも可能となる。

対象口座は特定口座、一般口座、NISA口座、つみたてNISA口座。ジュニアNISAや未成年口座、法人口座での積立設定は対象外だ。

楽天証券、楽天カードでの投資信託積立ができるサービスを開始 買付時に楽天スーパーポイントも貯まる から引用
楽天カードを使って投資信託の積立ができる!
一つのカードでこのように横断的にサービスを利用できるのは、ユーザーにとっては楽で便利で良いですね!

編集部T

そうですね。多くなればなるほど便利ではありますが、その分管理が複雑になったり、なくした時のリスクが大きくなったりしますので、そこは注意が必要ですね。

編集部S

以下の記事も参考にしてみてください。

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者 クレジットカード専門家 菊地菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ