おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

三井住友カードとテーブルチェックがレストラン向けスマホ決済サービス「TableCheck Pay」を開始!

レストラン スマホ 外国人
# ニュース

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

クレジットカードの専門家、菊地崇仁さんがクレジットカードの”気になるニュース”や”知っておくべき情報”をコラム形式でお届けします。 今回は、三井住友カードとテーブルチェックがお話です。

三井住友カードとテーブルチェックは、2018年12月10日(月)より、飲食店・レストラン特化型スマホ決済サービス「TableCheck Pay(テーブルチェックペイ)」の提供を開始した。

TableCheck Payは、利用者がレストラン予約にクレジットカード情報を登録することで、店舗で現金やクレジットカードを用意すること無く、サインレスでスマートな会計ができる。

さらに、既存のスマホ決済で一般的な「QRコード決済」以外にも、SMSやメールで通知を受け取り、リンク先ページから決済できる「メール決済」の利用が可能だ。

導入時は、三井住友カード プラチナ・ゴールド会員を対象にしており、利用者は、食事後に飲食店が通知するSMSやメールまたはQRコードで代金を確認し、承認してから決済となる。サインレスで決済が完了し、決済の待ち時間が従来よりも大幅に減る。

なお、テーブルチェックは、2019年1月より、「TableCheck Pay」および「キャンセルプロテクション」のカード決済手数料を3.9%から3.19%に引き下げることも発表。既にテーブルチェックが提供する「TableCheck Pay」「キャンセルプロテクション」を導入している店舗は、順次適用予定となっている。

三井住友カードとテーブルチェック、飲食店向けスマホ決済サービス「TableCheck Pay」を開始 から引用

以下の記事も参考にしてみてください。

監修者紹介/クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者 クレジットカード専門家 菊地菊地崇仁

三児の父であり家計のやりくりをすべて担当。ポイントのみならず、クレジットカードや保険なども守備範囲で、近年は投資にも挑戦している。 57枚のクレジットカードを保有し、約120万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ