おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

デビットカードはネットショッピングにも優秀!注意点を抑えて有効活用を

ネットショッピングをする女性イメージ
# デビットカード

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

「ネットショッピングでデビットカードは利用できる?」

デビットカードしか持っていない方は、インターネットで買い物をする際、まずはこの疑問が思い浮かぶでしょう。

しかし、悩む必要は一切ありません。
デビットカードもクレジットカードと同様に使えます。

この記事では、ネットショッピングにおけるデビットカード利用の基本的な知識だけでなく、メリットデメリットも取り上げます。

あまり知られていない意外な長所や注意すべき点も触れますので、よりデビットカードを理解して買い物を楽しんで頂けるのではないでしょうか。

後半ではおススメのデビットカードも紹介しますので、ついでに自身のデビットカードを見直す機会としても役立ててみててください。

なびすけ
なびすけ

菊地崇仁
監修者

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

ブランドデビットの場合は、VisaMastercardJCBのロゴが掲載されていれば、オンラインショッピングでも利用できます
3Dセキュアに対応しているデビットカードも多く、ほぼクレジットカードと同じように使えます

特に便利なのは、利用時に口座から即時引落になる点です。
海外サイトなどでも利用でき、クレジットカードのように後日レートが確定という事ではないため、日本円でいくら買ったかをすぐに確認できて便利です。

以前は0.5%以下の還元率カードが多かったですが、最近は1%還元のカードも出てくるなど、便利でお得に使えるようになりました。

ただし、クレジットカードに比べると還元率が高いカードは少なくなり、特典もクレジットカードの方が多くなります。

例えば、楽天カードの場合楽天市場SPU対象(合計3%)になりますが、楽天銀行デビットカードの場合SPUの対象外(合計2%還元)となり、やはりクレジットカードの方が条件が良い場合がほとんどです。

デビットカードはネットショッピングで利用できる

「デビットカードはインターネットショッピングで利用できないのでは?」
と考える方も少なくないようですが、結論は冒頭の通り、利用可能です。

「デビットカードはセキュリティ面が弱い」ということもないですので、安心してお買い物を楽しみましょう。

ただし、一部のデビットカードはオンラインでは利用できないので注意が必要です。

セキュリティ面はクレジットカードと同等

インターネットショッピングでデビットカードやクレジットカードを利用する際に、気になる点はセキュリティ面でしょう。

「不正にクレジットカード番号やセキュリティコードを抜き取られないか」、「購入後に無事商品は届くのだろうか」という不安が発生しやすいのは、インターネットショッピングならではの話です。

「被害発生率ゼロ」は不可能ですが、限りなくゼロにすることは可能ですので、自分が被害な合わないように、ショッピングサイトを訪れた時には以下の点はチェックするようにしましょう。

  1. 連絡先や何かあったときの相談先が記載されているか
  2. SSL/TLSなどの情報暗号化技術が導入されていて、情報の安全性が保たれているか
  3. クレジットカードを利用する際、カード番号や有効期限だけでなく、セキュリティコードやID・パスワードの入力などの「追加本人認証」を求める慎重なサイトであるか
SSL/TLSについて

インターネット上で情報を暗号化して送受信し、データの傍受やなりすましによる情報漏えいを防ぐセキュリティ技術です。
SSLに対応しているサイトはアドレスに「https://」と表示され、保護されたページを表示するとブラウザの下部等に鍵マークが表示されます。

上記はクレジットカードもデビットカードも共通のチェック項目ですが、「このサイトは怪しいかも…」と少しでも感じた際は購入に進まないことも重要です。

また、近年は、注文直前に本人認証を求める(本人認証サービス)サイトも増えているので、その有無で信頼性を判断するのも一つでしょう。

本人認証サービスは当然デビットカードにも導入されているため、セキュリティの強度はクレジットカードと同等と考えて問題ありません。

ただし、本人認証はカード毎にそれぞれ事前に設定する必要がある点は覚えておきましょう。

まだ手続きを済ましていない場合は、自身が所有するカードに合わせて、事前に手続きを済ませることをおススメします。

  • Mastercard ID Check™
  • Visa Secure
  • J/Secure™

J-Debit以外は利用可能

冒頭で「デビットカードはインターネットショッピングで利用できる」と述べましたが、唯一の例外があります。

それは、J-Debitです。

J-Debitは日本電子決済推進機構が普及させているもので、手持ちのキャッシュカードがそのままデビットカードとなる便利なものですが、こちらはオンライン利用はほとんどできません

基本的には実店舗向けもので、加盟店も限られています。

ネットショッピングを利用する際は、J-Debit以外を用意しましょう。

デビットカードをネットショッピングで使う方法

では、ここから実際に使う際の話に移ります。

基本的な手順はショッピングサイト、カードを問わず、共通ですので、流れさえ覚えてしまえば問題ありません。  

方法はクレジットカードと同じ

利用方法はデビットカードもクレジットカードと同じです。
大きく分けて、以下の2つの方法があります。

  1. 購入するたびにカード情報を登録して決済する
  2. サイトにカード情報を登録して決済時に選択する

よりシンプルな前者は、どのカードを使うかが都度わかりやすいので、初心者はこちらの方法が良いでしょう。

基本的に、手元のデビットカードの番号、名義、有効期限(+セキュリティーコード)を入力する流れは、どのショッピングサイトを使っても変わりません。

初めてそのサイトを利用する際、初めてそのデビットカードを利用する際などは、前述の本人認証サービスへ移ることがありますが、ここは本人認証サービスの手続きをした際に登録したパスワードを入力するだけで完了します。

なお、過去に本人認証サービスを行っているデビットカードを用いて決済した場合は、本人認証のパスワード入力を省略されることもあります。  

不安な方は利用明細の確認を

一連の流れは簡単のように感じると思いますが、実際に購入できたかどうかはやはり心配なものでしょう。

そのような方は、受注確認のメールが来ていないかを確認してみてください。

ネットショッピングの場合は、そのサイトに登録したメールアドレスへ注文確認のメールが届くことがほとんどですので、その内容で確認できます。

また、デビットカードの場合は、即時引き落としになりますので、利用明細の情報もすぐに取得が可能です。

引き落とし先の口座をWebやアプリなどからチェックする手もあります。

デビットカードをネットショッピングで利用する4つのメリット

デビットカードがネットショッピングで利用できる点を理解した後は、そのメリットを考えてみましょう。

はたして、デビットカードをネットショッピングで利用する際のメリットはどこにあるのでしょうか。

筆者が考える代表的なメリットは以下の4つです。

詳しく見ていきましょう。  

手数料などが不要

ネットショッピングにて代金をデビットカード(クレジットカード含む)以外で支払う場合、代表的な方法は以下になりますが、いずれも手数料が発生します。

  1. 銀行振り込み
  2. 代引き

また、クレジットカードに次いで利用率の高いコンビニ決済も、利用先のサイトによっては手数料は購入者負担となります。

その点、デビットカード(クレジットカード含む)は、手数料がかからないため、数十円から数百円はお得と言えます。  

即座の引き落としで管理が簡単

デビットカードは銀行口座から即時引き落としされるため、「いつ、いくら使ったか」の管理が容易です。

そのため、現金派の方でも比較的ストレスなく導入できるでしょう。  

高校生から利用できる

デビットカードは銀行口座の開設が主条件であるため、クレジットカードと異なり、学生でも持てるものも多く用意されています。

近年は未成年のネットショッピング利用率も高くなり、トラブルに巻き込まれる事例も増加の一途です。

その一つの対策として、ネットショッピング用の口座とデビッドカードを一つ決め、親と子供で管理していく方法を取り入れるのも一つかもしれません。  

与信枠に悩まされることはない

繰り返しになりますが、デビッドカードは銀行口座からの即時引き落としなので、クレジットカードには存在する与信枠(利用限度額)というものがありません

クレジットカード決済を行う場合、枠の都合で購入できないケースもありますが、デビッドカードでは銀行口座にお金がある限り、購入できます。

そのため、ある面では、クレジットカードよりもデビットカードのほうが使い勝手が良いように感じるかもしれません。

デビットカードをネットショッピングで利用する3つのデメリット

メリット面の次はデメリット面に話題を変えます。

クレジットカードと比較するとデビットカードはお手軽さがあり、ネットショッピングでも便利ですが、いくつか注意しなくてはならない点があるのも事実です。

以下の3項目は念頭に置くようにしましょう。

ポイント還元率が低い

ほとんどのデビットカードにポイント還元は付いており、中にはキャッシュバック方式かポイントバック方式のいずれかを選択できるものもあります。

ですが、クレジットカードと比較すると、還元率自体が高いものは多くありません。

基本的には「0.2%~0.5%」と考えておくのが良いでしょう。  

分割払い、リボ払い、ボーナス払いはナシ

クレジットカードであれば、分割払い、リボ払い、ボーナス払いを使うことができますが、デビットカードにはこのようなシステムはありません。

「手持ちのお金の範囲までしか購入できない」とうことをプラスに考えることもできますが、その一方で「高級テレビが安売りされていたので購入しよう。

でも、支払いは7月のボーナス払いで…」というような資金計画は立てられません。

当然、「今は口座にお金がないが、次の給料で支払えるので購入しよう」という後払いの感覚も捨てる必要があります。

デビットカードは、「家計に安定感をもたらす反面、口座の残高次第では買い時を逃すことがある」と覚えておきましょう。  

予約購入、抽選購入、キャンセルは注意

ネットショッピングでは発売日前のものを予約購入することもあると思いますが、その場合も注意が必要です。

予約購入の場合、発売日まで商品が届くことを待つことになりますが、その間にカード会社が与信枠を何度か確認することがあります。

その際、デビットカードは与信枠がないため、一時的に口座から引き落としがされ、その後、口座に返金という手続きを繰り返します。

基本的に返金はすぐに行われますが、時には返金までに時間を要することもあるため、一時的に口座からお金がなくなるケースは起こり得ます。

口座引き落とし履歴の画面

これは抽選販売も同様で、抽選に落選しても抽選時に引き落としがされることがほとんどです。

また、時には購入後にキャンセルするようなケースもあるでしょう。

デビットカードがキャンセルできないわけではありませんが、デビットカードは購入と同時に引き落としされてしまうため、決済自体がキャンセルされることはなく、後に口座に返金されることが通常です。

カード会社によっては、返金までに1-2か月を要することもあるため、特に高額商品をキャンセルした際は覚悟が必要かもしれません。

このようなことから一部サイトなどでは、デビットカードの利用を控えるように促すケースも見られますので、デビットカード利用時の注意点が書かれているところはしっかり読むようにしましょう。

こんな方はネットショッピングはデビットカードの利用がGood

さて、ネットショッピングにおけるデビットカード利用をテーマにして、メリットやデメリットも解説しました。

ここで、筆者がデビットカードをおススメしたい方を簡単にまとめます。

デビットカードをおススメしたい方
  • クレジットカードの使い過ぎが怖い
  • 自分が使った金額をすぐに知りたい
  • 様々な事情でクレジットカードが作れない

上記のいずれかに当てはまる方はデビットカードを検討してみてください。

デビットカードが一枚あるだけで、ネットショッピングの便利さは飛躍的にレベルアップするはずです。

逆に、

デビットカードをおススメできない方
  • クレジットカードの管理に不安がない
  • 後払いにしたい
  • ポイント還元率を重視したい

という方はデビットカードではなくクレジットカードのほうがおススメです。  

ネットショッピングにもおススメのデビットカード4選

では、最後にいくつかデビットカードを紹介したいと思います。

特徴を簡潔に整理したので、どのデビットカードを発行するか悩んでいる方は判断材料として活用してください。

いずれも年会費無料で備えあって損はないものですので、迷った時に選んでも後悔することはないはずです。

Sony Bank Wallet

「DESIGN AWARD 2017」にも輝いたデザイン性が目を引くデビットカードで、ソニー銀行の口座開設ができる方はどなたでも持つことができます。

ただし、ソニー銀行の口座開設条件は以下の通りですが、Sony Bank Walletは満15歳以上からしか発行することができません。

Sony Bank Walletはいくつかユニークな特徴を持っていますが、キャッシュバック率が最大で0.5%から2.0%まで上昇するステージ制を用いている点です。

  • ステージなし:0.5%
  • シルバー:1.0%
  • ゴールド:1.5%
  • プラチナ:2.0%

プラチナランクまで目指す難易度は高いですが、ソニー銀行で外貨預金や投資信託を行っている方などは視野にも入るでしょう。

Sony Bank WALLET

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

還元率

0.5~2.0%

発行手数料

国際ブランド VISA
注目ポイント
  • いつものお買い物で最大2%キャッシュバック!
  • 専用アプリで支出管理ができる

PayPay銀行 Visaデビットカード

「PayPay銀行 Visaデビットカード」は口座開設後にWebからご自身でカード番号を最大4枚まで発行でき、お店によって使い分けられることも特徴です。使わないときはカード番号を停止できるのでネットで安心して利用できます。

審査不要でWebから口座開設をお申込みなら最短5日でカードが届くのすぐにカードが欲しい方にもおすすめのデビッドカードです。

PayPay銀行 Visaデビットカード

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.2%

発行スピード

5営業日

国際ブランド VISA
電子マネー Visa Touch(ビザタッチ)
注目ポイント
  • キャッシュバックによる還元!
  • 15歳以上から申請可能
  • Visaタッチ搭載!

GMOあおぞらネット銀行デビット

「GMOあおぞらネット銀行デビット」は、新規発行手数料、年会費0円のVisaデビット付キャッシュカードです。
GMOおあおぞらネット銀行の口座開設された15歳以上のお客さまが対で審査もないのでどなたでも作りやすいデビッドカードです。

還元率はご利用状況によって優遇されるカスタマーステージにより0.6%~最大1.2%がキャッシュバック還元されます。
ポイントによる還元に比べ、交換などの手間が無いことも特徴です。
また、「Visaタッチ決済」にも対応しているので、タッチするだけでお支払いできるので非常に便利です!

GMOあおぞらネット銀行デビット

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.6%~1.2%

発行スピード

約2週間

国際ブランド VISA
電子マネー Visa Touch(ビザタッチ)
注目ポイント
  • ご利用額の最大1.2%をキャシュバック!
  • 発行手数料無料、年会費無料!
  • Visaのタッチ決済に対応

イオン銀行キャッシュ+デビット

「イオン銀行キャッシュ+デビット」は、年会費無料で発行手数料も無料、満15歳以上の方ならどなたでも発行しやすいデビットカードです。

ポイント還元率は0.5%でイオングループ対象店舗では1.0%の還元率で利用できるのも特徴です。
さらに電子マネーWAON対応のお店ならオートチャージ利用でイオングループ以外のお店でも1.0%の還元率になるため、デビットカードの中では高還元率と言えるカードでネットショッピングだけではなく、普段のお買い物にもおすすめです。

イオン銀行キャッシュ+デビット

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.5%~1.0%

発行スピード

約2週間

国際ブランド JCB
電子マネー WAON(ワオン)
注目ポイント
  • お客さま感謝デーはお買物が5%OFF!
  • イオンシネマがいつでも300円割引

新井智美
監修者

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

まず、ネットショッピングで利用できるデビットカードは、海外でも使えるVisaデビットネJCBデビットなどの「国際ブランドデビットカード」に限られることを覚えておきましょう。

ネットショッピングでデビットカードを使う際には、国内だけでなく海外のショッピングサイトでも同様に使うことができるので、利用の幅はかなり拡がるといえます。

もしも海外のショッピングサイトでの利用頻度が高いのであれば、Sony Bank WALLETを使うとよいでしょう。
Sony Bank WALLET なら円預金だけでなく米ドルやユーロなど10通貨の外貨預金残高でショッピングが可能なため、為替手数料が上乗せされたレートが適用される心配もありません。
貯めておいた米ドル預金やユーロ預金の残高で、そのままアメリカやヨーロッパのサイトでショッピングができるため、為替手数料がかからないばかりか、為替レートを気にする必要もないことから非常におすすめです。

また、クレジットカードでネットショッピングを行った際にはポイントが付くことが一般的ですが、そのポイントには有効期限があったり、使用用途に制約があったりと、いざ使ってみると意外に使い勝手が悪いと感じる点があるものです。

その点、デビットカードは利用金額に応じたキャッシュバックが主流のため、分かりやすい現金還元方法を好まれる方は是非デビットカードを検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

ここまで読めば、ネットショッピングでデビットカードを利用することに不安はないはずです。

不要不急の外出を避けたいコロナ禍は、必然的にネットショッピングの利用機会が増えがちになりますが、デビットカードのメリットやデメリットを理解して、楽しみましょう。

くれじい
くれじい

デビットカードは構造が非常にシンプルなので、老若男女問わず、キャッシュレス生活の入門にも打ってつけです。

監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁
監修者:クレジットカード専門家 菊地崇仁

約80枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美
監修者:トータルマネーコンサルタント 新井智美

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ