おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

エポスのETCカードのメリットとデメリットを整理して解説

車を運転する女性

エポスカードの追加カードとして発行されているのが「エポスETCカード」です。

「エポスカードはお得」だと聞くものの、エポスETCカードにはどのようなメリットがあるのか、ご存じない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

エポスカードのETCのメリットとデメリットが知り、自分が選ぶべきETCカードなのかどうか知りたいと思いませんか?

今回はエポス発行のETCカードの概要、入手までにかかる期間、メリットやデメリットなどを詳しく解説します。

これでエポスカードのETCに入会しようか迷っている人が、エポスETCカードのメリットやデメリットを知り、自分が入会するべきかどうかの判断ができるようになります。

エポスETCカードの概要

ETCカード

まず初めに、エポスETCカードの概要をご紹介します。これでエポスETCカードがどのようなカードなのかが分かるようになります。

エポスETCカードはエポスカードに付帯するETCカード

エポスカードに付帯するETCカードのことを「エポスETCカード」といいます。

あくまでもエポスカードに付帯する「追加カード」として発行するため、エポスETCカード単独で持つことはできません。

エポスETCカードを持つ場合は、エポスカードの入会が必要となります。

エポスETCカードはエポスカードと一緒に支払請求される

エポスETCカードで支払ったETC通行料金は、エポスカードと一緒に支払請求されます。

ETC通行料金の支払いは1回払いで決済されますが、後から分割払いやリボ払いにすることも可能です。

ポイントについての詳しい解説は、後述する「エポスポイントが貯まる」でご確認いただけます。

年会費無料

エポスETCカードの年会費は無料です。

ETCカードの年会費をかけずにお得にポイントを貯めたい人にぴったりの1枚です。

紐づけするエポスクレジットカードも年会費無料の「エポスカードVisa」を選べば、年会費を一切かけずにETCカードを持つことができるようになります。

申し込める枚数

エポスETCカードは、エポスカード1枚につき1枚まで申し込むことができます。

ETCカードに紐づけされるエポスカードも1人1枚しか作ることができないため、エポスETCカードだけでなくエポスカードも複数枚申し込むことはできません。

他のETCカードであれば、本会員カードが1枚あれば家族全員分の家族カードと、家族カード1枚ごとにETCカードを発行できるものもあります。

どうしても複数枚のETCカードが必要ということであれば、他のETCカードを検討することをおすすめします。

ETCカード発行にかかる日数

エポスETCカードの発行までにかかる日数は約2週間です。

登録されている住所へ送付されるため、入会したときに登録した住所と現住所が違う場合は、住所変更手続きをしてからエポスETCカードを申し込むようにしましょう。

ここまでエポスETCカードの概要についてお伝えしました。続いて、エポスETCカードのメリットをご紹介します。

エポスETCカードのメリット

車の周りで話す若者たち

エポスETCカードには、

  • 年会費無料
  • エポスポイントが貯まる

という2つのメリットがあります。それぞれのメリットを詳しく解説します。

年会費無料

エポスETCカードは、年会費無料で持つことのできるメリットがあります。

さらに、紐づけされるエポスクレジットカードに年会費無料のエポスカードVisaを選べば、維持費負担0円で2枚のカードを持つことができます。

ただし、エポスゴールドカードとエポスプラチナカードを選んだ場合は以下の年会費がかかります。

  • エポスゴールドカード年会費:5,000円
  • エポスプラチナカード年会費:30,000円

エポスゴールドカードについては、以下の方法で年会費を無料にすることも可能です。

  • 年間50万円以上の利用で翌年度以降の年会費が無料になる
  • インビテーションでエポスゴールドカードに切り替えた場合は入会初年度から年会費永年無料

ゴールドカードならではのお得な特典を無料で受けることができます。ETC通行料金でお得にポイントを貯めたい人はエポスゴールドカードの検討をおすすめします。

エポスポイントが貯まる

エポスETCカードで支払ったETC通行料金で、エポスポイントが貯まるメリットがあります。

エポスETCカードがあれば、通行料金200円ごとにエポスポイント1ポイントを貯めることができます。

ここまでエポスカードのメリットについてお伝えしました。年会費無料なのにETC通行料金でお得にポイントが貯められるので、持っているだけで損をすることはありません。

続いて、エポスETCカードを作る前に知っておきたいデメリットを確認しておきましょう。

エポスETCカードのデメリット

困った顔でカードを見る女性

エポスETCカードには、

  • 家族カードがない
  • 利用で貯まるポイントに有効期限がある

という2つのデメリットがありますが、これらのデメリットを回避する方法もあります。

エポスETCカードのデメリットと回避方法を知れば、納得した上で申し込めるようになります。

家族カードがない

エポスカードには家族カードがないというデメリットがあります。

また、エポスカードには以下のような特徴があります。

  • エポスETCカードはエポスクレジットカード1枚につき1枚のみ発行
  • エポスクレジットカードは1人につき1枚のみ発行

そのため、本会員カード1枚で複数枚のETCカードを持つことができないのです。

もし家族全員分のETCカードが必要であれば、家族1人1人がエポスクレジットカードの本会員にならなければなりません。

しかし、ETC車載器が搭載されている車が1台しかないということであれば、エポスETCカードは1枚でも十分対応可能です。

ETCカードを複数枚持つ必要がないという人なら、エポスETCカードのデメリットは大きな問題とはならないでしょう。

利用で貯まるポイントに有効期限がある

エポスETCカードの利用で貯まるポイントには有効期限があります。エポスポイントの有効期限は、ポイント加算日から2年間です。

ただし、3か月以内に有効期限を迎えるポイントを持っている場合は、有効期限延長をすることができます。

有効期限延長をした場合は、持っているすべてのポイントが申し込みから2年後に延長されます。

また、エポスゴールドカードとプラチナカードならエポスポイントが無期限になる特典があります。

そしてエポスポイントにはもう1つ、ほとんどの交換アイテムが500ポイント以上にならないと使うことができないというデメリットがあります。

そのため、エポスポイントの有効期限延長やエポスゴールドカードとプラチナカードを賢く使えばエポスETCカードで貯めたポイントを無駄なく使い切ることができるようになるのです。

ここまでエポスETCカードのデメリットとして「家族カードがない」「利用で貯まるポイントに有効期限がある」という2つをご紹介しました。

ここまでお伝えしてきたエポスETCカードのメリットとデメリットを踏まえて、最後に「エポスETCカードはこんな人におすすめ」をご紹介します。

これで自分が作るべきカードなのかを判断しやすくなります。

エポスETCカードはこんな人におすすめ

車の中からカードを見せる女性

エポスETCカードは、

  • マルイを良く利用する人
  • 年間50万円以上をカード利用する人

におすすめします。

おすすめする理由をお読みいただき、エポスETCカードをお得に使いましょう!

マルイを良く利用する人

エポスETCカードはマルイを良く利用する人におすすめのカードです。

なぜなら、エポスETCカードに紐づけするエポスクレジットカードには以下のようなお得な特典があるからです。

  • マルイやモディでエポスポイントが貯まる
  • 年に4回開催される「マルコとマルオの7日間」で10%OFF特典が受けられる
  • 貯めたエポスポイントはマルイやマルイ公式通販サイトでポイント支払いができる

マルイを良く利用する人なら、他社のETCカードよりも年会費無料のエポスETCカードが断然お得です。

年間50万円以上をカード利用する人

年間50万円以上をカード利用する人も、エポスETCカードがおすすめです。

なぜなら、年間50万円以上カード利用する人ならエポスゴールドカードを翌年から永年無料で使うことができるからです。

そしてエポスゴールドカードがあれば、

  • エポスポイントの有効期限が無期限になる
  • 選べるポイントアップショップでETC通行料金をポイント3倍にできる
  • 年間50万円以上利用で2,500ポイントプレゼント
  • 国内線と国際線の空港ラウンジを無料で利用できる
  • 海外旅行傷害保険(最高補償額1,000万円)が自動付帯される

という、さらにお得な特典を受けることができます。

エポスゴールドカードの年会費を永年無料にするためには、

  1. 初年度は年会費5,000円を支払ってエポスゴールドカードに新規入会し、入会初年度に50万円以上のカード利用をして2年目以降の年会費を確実に無料にする
  2. 年会費無料のエポスカードVisaを使い続け、エポスカードからインビテーションが届くのを待つ

という2つの方法があります。

1の方法なら、入会初年度に年会費5,000円を支払うことになりますが、年間50万円以上の利用で2年目以降の年会費を確実に無料にすることができます。

2の方法はエポスカードからインビテーションが届くのを待たなければなりません。

インビテーションが届くまでは上記のゴールドカード特典を受けられないため、ポイントをお得に貯められる機会を逃すことになります

インビテーションが届く基準は「年会費無料のエポスカードVisaを1年間で50万円以上利用する」と言われていますが、インビテーションを発行するかどうかはあくまでもカード会社が判断するものです。

入会初年度からエポスETCカードでポイント3倍のお得な特典を受けたい場合は、1の「年会費5,000円を支払ってエポスゴールドカードに入会する」方法をおすすめします。

まとめ

エポスETCカードについて、最後にもう一度おさらいしましょう。

▼ エポスETCカードの概要

  • エポスETCカードはエポスクレジットカードに紐づけて使うことのできるカードである
  • エポスETCカードが手元に届くまで2週間かかる

▼ エポスETCカードのメリット

  • エポスETCカードは年会費無料
  • エポスETCカードを利用するとエポスポイント(200円で1ポイント)が貯まる

▼ エポスETCカードのデメリット

  • エポスETCカードは1人1枚までしか作れない
  • エポスポイントには2年間の有効期限がある

エポスETCカードは1人1枚しか作れないというデメリットがありますが、家族全員で1枚のETCカードを使える環境であれば特に問題ありません。

またエポスポイントの有効期限は「有効期限延長手続き」や「エポスゴールドカードやエポスプラチナカードへの切り替え」で無期限にすることが可能です。

これでエポスETCカードに入会しようか迷っている人が、エポスETCカードのメリットやデメリットを知り、自分が入会するべきかを判断できるようになります。

特に、年間50万円以上カード利用する人やマルイを良く利用する人におすすめです。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカード絞り込み検索

こだわりを選択

詳細を選択

カードの種類
年会費
国際ブランド
ポイント還元率
ポイント交換先
対応電子マネー
発行スピード
利用限度額
付帯保険

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ