おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

個人事業主が個人名義でのクレジットカードを使用することのメリットとは

パソコン クレジットカード

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

個人が使用するクレジットカードを一般用クレジットカードと呼び、この際のカードの名義は個人名となります。一方、法人企業が使用するクレジットカードを法人カードと呼びますが、この際のクレジットの名義は個人名か法人名のどちらか一つを選ぶことが可能です。

では、個人事業主はどちらのカードを利用し、どちらの名義を使用することになるのか?という疑問が浮かんでくると思います。実は個人事業主の場合は個人・法人どちらのクレジットカードも利用可能です。

ただ、両方の名義が使用可能な場合「法人名義、個人名義どちらを利用するのが良いの?」と迷ってしまう人もいるでしょう。結論から言うと、個人名義を利用することをおすすめします。

今回は、個人事業主が個人名義を選択することのメリットとデメリット、また個人事業主がスムーズにクレジットカードの審査に通過するためのコツや注意点についてご紹介します。

個人事業主のクレジットカード名義2種類を解説

個人事業主が使用するクレジットカードは、名義を個人名、または法人名のどちらを使用するか選ぶことができます。

理由は、個人事業主という自らが事業を行うという特性上、会社の収入と個人の収入が明確に分かれていないことが多いため、個人名でも法人名でもどちらに指定しても良い、といった考え方です。

ここでは、個人名義と法人名義にすることの特徴と、各名義にすることのメリットデメリットについて詳しくご紹介します。

個人名義の特徴や個人名義を選択することのメリットデメリット

まずは、個人事業主がビジネスカードの名義を個人名義にすることの、メリットとデメリットについてご紹介します。

個人名義の特徴

クレジットカードの裏面には署名欄があり、個人名義の場合は所有者の個人名での署名となります。

個人事業主が法人カードを作成する場合の名義人も、その法人に属している個人名が適切です。また、追加カードを発行する場合も、個人名義のカードの発行となります。

名義の変更等も行うことは可能です。ただし一般カードよりも手続きが多く、簡単に変更はできませんので、最初の名義決定は慎重に行う方が良いでしょう。

個人名義のメリット

カードの種類により異なりますが、カードの名義を個人名義にした場合、口座の名義も法人名ではなく個人名に設定しなければいけないケースが多いです。

個人名義のカードで個人名義の口座を利用する場合かつ、事業の経費がそこまで多額でない場合は、経理周りの管理が非常に楽になります。収入や支出を一つの口座で管理できるため公私の財産が分散されない、というメリットがあり、収入と支出が明確となることから管理が非常に楽になります。

個人名義のデメリット

個人事業主が公私の収入と支出をそれぞれ分けたいと考える場合には、口座を法人名義で作成して管理する方が得策です。しかし、カードを個人名義にしている場合、法人名義ので口座を作成できない場合も中にはありますので注意が必要です。

個人名義で且つ、個人名義の口座で公私の収支を管理している場合、会社の経費と個人的に使用するお金が混同されるため、会社としての資金計画が立てにくくなる、といったデメリットがあります。

法人名義の特徴や法人名義を選択することのメリット

ここまで個人名義にすることのメリットについてご紹介しました。次は法人名義にすることの特徴やメリットについて詳しくご紹介していきます。

法人名義の特徴

まずはクレジットカードを法人名義にするという意味合いですが、券面に法人名のみで刻印することはできません。ただ、カードの種類にもよりますが、カードの名義はあくまで個人名で、法人名や屋号の刻印を追加できるカードが存在します。ここで、より詳しくご説明していきます。

法人名や屋号の刻印について

カードの中には法人名や屋号の刻印を入れられるカードもあります。カードの種類によっては、入れられるものと入れられないもの、また入れられても別途料金がかかるものなどがありますので確認が必要です。

法人名の刻印を入れても、裏面の署名は個人名を記入するため、サインは法人名ではなく個人名で行う必要があります。

名義変更は可能

名義変更を行うことは可能ですが、一般カードと比較すると法人のクレジットカードの方が手続きが多く、時間もかかります

名義変更を行う場合はまず、電話かウェブサイトで名義変更に伴う書類「変更届」を取り寄せます。必要事項を全て記入し、返送すると変更手続きを行うことができます。なお、名義の変更手続きは、法人名義でも個人名義でも対応は同じです。

カードの領収書は個人でも法人名義でもOK

法人のクレジットカードで支払いを行った際に領収書をもらう場合の宛名は、個人名義でも法人名義のカードであっても、どちらの名前でも特に問題はありません。しかし、会社によっては領収書名が法人名のみ、など決められている場合もありますので社内確認は必要です。

個人事業主の場合は、個人用のクレジットカードを利用して決済している人も中にはいるかもしれません。その場合、個人名で領収書をもらうのが一般的です。

法人名義のメリット

個人事業主で法人名の刻印を入れていると、法人名義の口座を作成する場合に問題なくスムーズに口座開設を行うことができる点がメリットです。個人事業主で個人名のみのクレジットカードを利用している場合、銀行によっては法人名義の口座が開設できない可能性もあるからです。

取引先への請求や支払いを行うときなど、取引先の経理担当が内容を把握しやすかったり、個人名より法人名の方が会社対会社としての信頼度が高くなる可能性もあるため、法人名義の口座をスムーズに開設することは、会社としてのメリットにも繋がります。

法人名義のデメリット

事業経費を1つにまとめて管理したい場合、法人名義のカードと個人カードの両方を分けて管理するのがめんどうになるという点がデメリットとしてあげられます。しかし、基本的には分けて管理したほうがわかりやすいとされているため、大きなデメリットとはならないでしょう。

新井智美
監修者

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

個人事業主でも個人名義のクレジットカードを利用することへの問題はありません
何故なら、個人事業主は自営業であることから、収入は全て売り上げに直結し、かつ、プライベート収入と事業収入の区別が明確でないことが大きな理由となっています。

もちろん、事業用とプライベート用にクレジットカードを分けておくと、経費精算の処理が楽になるというメリットはありますが。
事業で使用する割合とプライベートで利用する割合を自分できちんと設定して確定申告を行えばいいので、最終的にはどちらを利用するかは、クレジットカードの利用頻度により判断することをおすすめします。

ただ、従業員に個人名義のカードを渡すのはリスクが高いことから、従業員もクレジットカード利用をする可能性があるのであれば、法人カードを作っておく方がよいでしょう。

ここまで個人事業主のクレジットカード名義2種類について解説いたしました。しかし名義について知っていてもカードを持つことができなければ活用はできません。そこで次のセクションでは個人事業主がクレジットカードの審査に通過するためのコツについて解説いたします。

個人事業主がクレジットカードの審査に通過するためのコツ

個人事業主の場合、クレジットカードの審査に通りにくいと聞いたことがあるかもしれませんが事実、通過しにくいと言われています。理由は、個人事業主の場合、法人から雇用されるよりも収入面の安定性を証明することが難しいためです。

しかし、クレジットカード入会時に記入する申込書の書き方を注意することで、審査に通りやすくすることもできます。ここでは、個人事業主がクレジットカードの審査に通りやすくするためのコツ、以下3つご説明します。

個人事業主がクレジットカードの審査に通りやすくするためのコツ
  • 申し込みは自営業を選択し屋号を記入
  • 年収は税込みで記入
  • キャッシング枠の希望をしないこと

申し込みの際は自営業を選択し屋号を記入

クレジットカードの申し込みを行う場合には、まず申込書欄に必要事項の記入が必要です。しかし記入方法によっては、審査に通過しずらくなるので注意が必要です。

まず、個人事業主の場合は、2つの職業選択欄があります。自由業か、自営業か、です。自由業というのは、何らかの専門的なスキルを活かした仕事のことを指します。例えば、web上で株の生計を立てているような株トレーダーや、タレント業、医者や弁護士なども含まれます。

一方で自営業は、自身の力で経営を行う仕事を指します。開業届を出し、他企業と取引を持ち自業で経営までの仕事を行うことを一般的には自営業と言います。

クレジットカードでの申し込みの際は、これらのどちらを選択するかと言うと、「自営業を選びましょう。自由業と自営業で比較すると、自営業の方がカードの返済能力が高いとみなされるためです。

また、それぞれの定義の違いはお伝えしましたが、現時点では「自営業」という名称は自称での呼び名となるため、自由業に近い職業の方でも「自営業」を選択をしても特には法律的にも問題はありません。

年収は税込みで記入

申込書に記載する年収額は税込で記入すると、クレジットカードの審査に通りやすくなるといったポイントもあります。

クレジットカード会社が、審査をする際に見るポイントは、支払い金額の返済能力があるかないかです。年収額が低ければ低いほど、安定性が低いとみなされ、返済能力が低いと思われてしまいます。年収の記載は、税込やきでの記載などは特に定められていないため、税込で記入し、少しでも年収を多く見せることも重要なポイントになります。

また、毎月の年収額を細かく提示しなければいけないカード会社も中にはあります。複数の仕事を行っている場合には、全ての年収を合算した金額で、収入が安定的であるような見え方にすることもポイントです。しかし、嘘の所得額の記載は信用を失い審査に通過しませんのでやめましょう。

キャッシング枠を設定希望しない

キャッシングを希望するか否か、の選択が可能です。その場合は「設定希望しないを選択するようにしましょう。キャッシングを利用希望するということは、お金の借り入れを行うという意味になります。お金に困っているとみなされ審査落ちする理由にもなりますので注意しましょう。

個人事業主がクレジットカードの審査に通過するためのコツと合わせて知りたい、審査に落ちないための注意点も見ていきましょう。

再度審査に落ちないための注意点

上記の審査に落ちないためのポイントを守っていたとしても、審査に落ちてしまう可能性もあります。一度審査に落ちてしまったとしても、再度落ちないように対策を行うことは可能です。ここでは、再度審査に落ちないようにするための注意点をご紹介します。

一度審査落ちし再度申し込みする場合は半年後を目安に

クレジットカードの審査に落ちてしまった場合、他のカードを申し込みすれば良いと考える人もいるかもしれません。しかし別カードに申し込みするのは推奨しません。理由は、一度審査に落ちている原因と同じ理由で他のカードも落ちる可能性があるためです。

また、他のカードでも審査落ちしてしまい、何度も繰り返し審査に落ちてしまうと、「他のカードでも発行を見送られた人」といった意味合いで審査に落ちる可能性が出てきてしまうためです。

個人信用機関で、カードの申し込み情報の記録が行われますが、6ヶ月後にはその記録がリセットされます。そのため、再審査を行いたい場合には半年は我慢し、6ヶ月以降に再審査に出すと良いでしょう。

借入れがある場合は延滞をしない

キャッシングを利用し、借入れがある場合には延滞をしないようにしましょう。少しでも遅延した場合には、個人信用機関で記録が残り、信頼度が落ちてしまいます。延滞をしないことも重要ですが、キャッシングを利用することだけでも審査に響きますので、避けることができる場合には、なるべく利用しないようにするのもポイントです。

最後は個人事業主におすすめしたいクレジットカードを3枚、ご紹介いたします。

個人事業主向けおすすめクレジットカード3選

個人事業主の人には、法人の信用力ではなく個人の信用力を審査の対象とするクレジットカードの入会をおすすめします。中には、法人自体の信用力を審査の対象とするカード会社もありますが、その場合は会社の設立年数や継続的な黒字決済が行われているか否か、なども審査条件として加えられるため審査通過が難しくなるためです。

以下にご紹介するクレジットカードは、個人の信用力を審査対象とするため、個人事業主の人でも審査に通りやすいと言われています。カード会社ごとに特徴などをより詳しくご説明していきます。

新井智美
監修者

新井智美 / トータルマネーコンサルタント

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

【専門家の解説】

通常、個人事業主は個人名義のクレジットカードの審査に通りにくいといわれています。
しかし、ご自身の信用情報に問題がなければ、収入について税込額で申請することで、審査に通過する確率は高くなるといわれています。

アメックスの法人カード「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」は、個人事業主でも申し込めるカードで、比較的審査基準も緩やかと言われているので、これからカードを申し込もうと思っている個人事業主の方にはおすすめの1枚です。

アメックス・ビジネス・ゴールド・カード

100年以上の歴史を持ち、世界五大国際ブランドの中でも非常に有名なアメックスビジネスカード。ステータスの種類は、グリーン、ゴールド、プラチナ、とありますが法人クラスではビジネスとしても信頼度の高い、ゴールドカードをおすすめします。

年会費は36,300円(税込)と費用がかかりますが、豊富な付帯特典が付いてくることがメリットです。ファーストクラスやビジネスクラスを対象としたVIPクラスの空港ラウンジを年間2回まで利用することができる特典や、海外・国内旅行に適用される損害保険、ラグジュアリーなホテルやレストランでの割引サービスなど、の特典が豊富です。

最近では、25歳以上の申し込みが可能となり、年齢制限も下がりも緩めになったため、最低限の基準を守っていれば個人事業主の審査落ちも少ないと言われています。

楽天ビジネスカード

国内最大級のECショップ「楽天市場」と同系列企業の楽天カード株式会社が発行する、楽天ビジネスカード。楽天市場でカードを利用した買い物時にはポイントが5倍になる特典があり人気が高いカードです。

年会費は2,200円(税込)かかりますが、楽天市場でのポイント特典の他にも、空港ラウンジを無料で利用できるシステムや、国内や海外での旅行保険が最大5,000万円付与されるサービスなどの特典も付いています。
※ただし、年会費11,000円(税込)の楽天プレミアムカードの申し込みも必要となります。

「楽天市場」「楽天トラベル」「楽天ブックス」など楽天系列のネットショップでの買い物が多い方には特典が多いカードです。

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド

三井住友カードが発行する、「三井住友ビジネスカード for Owners」カード。屋号付きの口座を設定することができるカードとしておすすめです。ゴールドカードの場合は年会費が11,000円(税込)かかります。

海外旅行損害保険や国内旅行損害保険など、付帯保険が充実していること、ゴルフ施設やスポーツクラブなどの国内施設を割引で利用できるサービスなどが豊富です。

一般的なカード会社の場合、審査期間は通常2週間程度かかると言われていますが、三井住友ビジネスカード for Ownersの場合は1週間程度で審査結果が来ると言われており。審査が迅速な点もメリットです。

まとめ

今回は、個人事業主が利用するクレジットカードの名義について、また名義を法人名・個人名にすることのメリット、デメリット、についてご説明しました。カードの名義は、法人名を併記することはできますが、持ち主を示す意味でも個人名義が主となります。

支払い口座は、法人名義、個人名義にすることで、その後の経理の処理や収支の管理方法が異なりますので、名義選択を気をつける必要があります。

また、個人事業主の場合は、カードの審査に通過しにくいという点がありますが、申込書にキャッシング枠を利用しないを選択、自営業の職種を選択するなど選択項目に気をつけて申込書を書きましょう。

ここで記載した情報を参考に、個人事業主の方はクレジットカードを導入してみましょう。

新井智美
新井智美

年間、100本以上の記事執筆や監修を行っていますが、同じタイトルの記事でも、その時の経済情勢や法改正などで、内容は日々変わっていきます。 『かかりつけのお金と人生の相談者』いうスタンスを大切に、最新かつ正確な情報をお届けすると共に、読者にとって「わかりやすい」記事を提供することを心がけています。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

法人カードランキング

ページトップ