おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

ゴールドカードで空港ラウンジサービスを堪能!おすすめポイントやクレジットカードも紹介

ゴールドカードで利用できる空港のラウンジ

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

今まで空港のラウンジサービスを利用したことはありますか?

もし、一度も利用していないのであれば、空港での過ごし方に「空港ラウンジ」を組み込んでみましょう。

飛行機を利用する際は早めに空港に到着しがちですが、ここでちょっと頭を悩ませるのが時間の潰し方ではないでしょうか。

近年は各空港のショッピングエリア、飲食エリア、娯楽エリアが充実していますが、それでも「あとちょっと時間を潰したい」というシチュエーションに出くわしたことはあるはずです。

その時に活用したいのが空港ラウンジ。

既にゴールドカードを持っているが一度も利用していない方も、まだゴールドカードを所有していない方も、この記事を読めば、空港ラウンジ利用の魅力にハマるはずです。

快適で少しリッチな空間が無料で味わえますよ。

なびすけ
なびすけ

菊地崇仁
監修者

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

空港ラウンジはあまりにも期待するとがっかりする可能性もあります。
特に羽田空港では、手荷物検査後にあるラウンジを利用できるため、搭乗時間まではかなりくつろげます
座席にもコンセントがあり、スマホを充電しながら待つことも可能です。
ビジネスであれば仕事もはかどるでしょう。

しかし、それ以外の空港の場合、ゴールドカードで利用できるラウンジは、手荷物検査前にあることが多く、搭乗直前まで利用するというような使い方は難しいです。
手荷物検査の時間も考慮すると、早めにラウンジを出る必要があります。

それでも、搭乗まで数時間ある場合などは、非常に便利に利用できるため、使えるカードであれば使った方が良いでしょう。

この記事を執筆・監修している専門家
  • 菊地崇仁
  • 監修者 菊地崇仁
    クレジットカード専門家

    約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

    詳細はこちら

カード一枚で堪能できる空港ラウンジの魅力とは

一度も利用したことがない方向けに、まずは空港ラウンジの基礎知識からお伝えしましょう。

その魅力は実際に体感しないとイメージしにくいかとは思いますが、まずは「空港ラウンジ=空港に備えられた休憩施設」と想像して頂ければOKです。  

空港内に設けられた専用休憩施設

空港ラウンジは基本的には有料の施設がほとんどで、本来であれば、通常1名につき約1,000~1,500円の料金が発生します。

ですが、特定のクレジットカード(ゴールドカード以上のステータスが目安)を所有している方であれば、クレジットカードと航空券(電子予約の場合は画面)を見せることで、無料利用できます。

完全無料の施設の場合は、どうしても混雑してしまいがちですが、空港ラウンジは基本有料の施設ですので、そのストレスに悩まされることは少ないでしょう。

人の混雑具合にイライラすることもなく、ゆっくりとフライトの前後を過ごすことが可能です。

なお、無料の特典を受けられるクレジットカードは空港ラウンジ毎に異なります

この条件は、「空港ごと」ではなく「空港ラウンジごと」というのがミソです。
例えば、複数の空港ラウンジを有する大型の空港では、「施設Aは無料利用できたが、施設Bは料金がかかった」ということも十分起こります。

そのため、空港ラウンジを利用する際は、事前に無料利用できるクレジットカードを持っているかどうかを確認しておくのが良いでしょう。  

大人だけではなく赤ちゃんから入室OK

ラウンジというネーミングから大人専用の施設のような印象を抱くかもしれませんが、原則、空港ラウンジの利用に年齢制限はありません

当然赤ちゃんでも入室可能で、「3歳前後までは無料」というところがほとんどです。

ただし、静かに過ごしている方が多いエリアですので、空港ラウンジ内で騒がないように気を付けましょう。
度が過ぎる場合は、退出を促される可能性もあります。  

フリードリンクや軽食サービスがあるところも

空港ラウンジで楽しめる無料サービスは主に以下です。

  • インターネット
  • 雑誌、新聞
  • ドリンク

その他にも、フリードリンク以外にも簡単なおつまみがある那覇空港の「ラウンジ華〜hana〜」や、関西国際空港の「カフェラウンジ NODOKA」のようにアメニティ付きのシャワー(40分660円)コーナーが用意されている所もあり、施設によって特色がある点も空港ラウンジの魅力の一つです。  

航空ラウンジとは異なるので要注意

空港によっては、空港ラウンジ以外にも航空ラウンジが存在するところもありますが、航空ラウンジ空港ラウンジと似て非なるものです。

航空ラウンジは空港ラウンジよりも格式が高く、ANAやJALの一定クラス以上の会員であったり、ビジネスクラス以上の座席を予約している方のみしか利用することができません。

当然、ゴールドカードで利用できるラウンジのようにクレジットカードを提示しても入室できる施設ではないので、間違わないように注意しましょう。

空港ラウンジの有効的な使い方

ここからは実際に空港ラウンジを利用したこともある筆者目線も交えて、空港ラウンジの有効的な使い方をお伝えしましょう。

実際にこれまで筆者が利用した中で感じたこともお伝えするので、何かの参考にして頂けると嬉しいです。 

搭乗前の空き時間を有意義に

最も一般的な使い方は搭乗前の空き時間に充てる方法です。

空港に到着した後は、チケットカウンターでチェックインを完了させ、その後にショッピングや食事を済ませてから手荷物検査を行い、ロビーにて飛行機の搭乗時間まで時間を過ごす流れが一般的かと思います。

ここに「空港ラウンジ」を加える場合は、手荷物検査の前に利用する流れとなるでしょう。

ショッピングや食事で適度に時間を費やせれば問題はないのですが、そう上手く時間が回らないのが“空港あるある”。

ある程度計算した上で行動したとしても、搭乗時間まで中途半端に時間が空いてしまうことは誰しもが経験しているかと思います。

ですが、空港ラウンジを活用できれば、この空き時間が有意義な時間へと変化します。

空港によってはフリードリンクや簡単なおつまみ(有料のところもあり)が用意されている場合もあるので、簡単な食事であれば、空港ラウンジで済ますことも可能です。

ただし、空港ラウンジにある飲食物は外に持ち出すことを禁止しているところがほとんとです。

機内に飲み物や食べ物を持ち込みたい場合は、通常通り、空港内で購入するようにしましょう。  

到着後に少し一休み

空港ラウンジは出発前だけではなく到着後にも利用できます

比較的、到着ロビーよりも出発ロビーに近い場所にあるため利用できる空港は限られていますが、到着ロビーの近くにある場合は、到着後の休憩時間に利用する方法も良いでしょう。

乗り継ぎがある場合は別ですが、到着後は出発前よりも時間にゆとりがあることが多いので、あえて到着後に楽しむのもおススメです。

ただし、神戸空港、大分空港、北九州空港など、手荷物検査(保安検査場)を通過後の制限エリアにしか空港ラウンジが用意されていない空港もあるので注意しましょう。

LCC利用時は余裕を持った行動を

LCCは機内のドリンクは全て有料ですし、搭乗口前のロビーは混雑することが多いので、LCCの利用者であれば、空港ラウンジはよりありがたい存在となるではないしょうか。

庄内、茨城、宮崎、佐賀、奄美大島、石垣島など、LCCが就航しているものの空港ラウンジが用意されていない空港は極一部ですし、LCC利用時であっても大半の空港で空港ラウンジを活用できます。

ただし、成田空港のように多くのLCCが発着するターミナルと、空港ラウンジがあるターミナルとで距離があるところは少し注意が必要。

この場合は、空港ラウンジでゆっくりと時間を過ごすにしても、移動時間は考慮しましょう。

LCCは搭乗時間にシビアなところがほとんどで、少しでも時間が過ぎれば、乗り遅れてしまいます。
余裕を持った行動を心がけたいところです。

一度でいいから利用したい!国内のおススメ空港ラウンジ4選

空港によって様々空港ラウンジがあることは簡単に触れましたが、もう少し深掘りしていきましょう。

国内で人気の高い空港ラウンジを4つに絞り、その特徴を紹介します。

  1. ビュッフェも楽しめる羽田空港
  2. 成田空港
  3. 関西国際空港には芝生エリアも
  4. アルコール無料のセントレア空港

ビュッフェも楽しめる羽田空港

羽田空港には、第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナルを合わせて、合計10ヵ所の空港ラウンジがありますが、中でもパワーラウンジ プレミアム(POWER LOUNGE PREMIUM)がおススメです。

一般的な空港ラウンジと大きく異なる特徴としては、食事がビュッフェ形式(当面の間セットメニュー)でありながら無料で用意され、それだけではなくアルコール提供シャワー室まで無料と、他を圧倒するサービスのクオリティを誇ります。

無料利用できるクレジットカードは下記の通りに限定されるものの、利用できる場合は欠かさずに訪れたい空港ラウンジと言えるでしょう。

  • <アメリカン・エキスプレス>
    センチュリオン・カード
    プラチナ・カード
    ビジネス・プラチナ・カード など
  • <トヨタファイナンス>
    TS CUBIC CARD ゴールド
    レクサスカード
  • <新生銀行・アプラス>
    ラグジュアリーカード
    ポルシェカード
    MANCHESTER UNITED CARD GOLD
  • <三越伊勢丹グループ>
    エムアイカード プラス ゴールド
    エムアイカード プラス プラチナ 

成田空港

国際線も離発着する成田空港には、乗り継ぎ予定の方が無料で利用できる空港ラウンジもありますが。
特定のクレジットカード所有者のみが利用できる空港ラウンジは2か所。

第1ターミナル中央ビル4階と第2ターミナル本館4階にある「IASS Executive Lounge」です。

共にサービス内容は一般的な空港ラウンジと遜色ありませんが、「缶ビールとウイスキーが1杯目まで無料」というサービスは目を引くはずです。

「IASS Executive Lounge」はほとんどのカードに対応していますが、イオンカード所有者は、第2ターミナル側の空港ラウンジしか無料利用できないのでその点は留意しましょう。  

関西国際空港には芝生エリアも

関西国際空港は、出国審査完了後の制限エリアに3ヵ所(新型コロナウイルスの影響でその内の2ヵ所は休業中)、通常エリアに1ヵ所の計4ヵ所に空港ラウンジを有しています。

前者は一般的な空港ラウンジに近いですが、エアロプラザの2階にある後者はユニークな特徴があり、なんと

  • 芝生エリア
  • カフェタイプ
  • マット席
  • リクライニング席

など、バリエーション豊かな空間が広がっています。

また、飲食物の持ち込みも可能で、男女別シャワー室も7ヵ所あるなど、長時間を過ごすこともできる施設です。

ゴールドカードラウンジ関西空港

画像引用元:関西国際空港公式サイト

下記のカードの場合は2時間まで無料ですので、フルに活用していきましょう。  

  • クレジットカード会員
    (VJAグループ、ダイナースプラ部、JCB、NICOS、DC、UFJ、ティーエスキュービック、オリコ、楽天、アプラスのゴールドカード以上の会員)

アルコール無料のセントレア空港

中部国際空港セントレアの名物とも言えるのが、「プレミアムラウンジセントレア」。

この空港ラウンジは出発時と到着時の両方で利用可能であり、「アルコール飲み放題」という太っ腹なサービスを提供しています。

ゴールドカードラウンジセントレア空港

画像引用元:セントレア空港公式サイト

さらに、おつまみも多種多様なものが用意され、「しるこサンド」など、空港限定のまめ菓子も楽しめてしまいます。

  • セントレアゴールド(Mastercard、VISA)
  • MUFG、DC、NICOS、VISA、JCB、UC、ダイナース、アメリカンエキスプレス、楽天カードのゴールドカード以上

であれば、利用できるので、セントレア空港を訪れた際は忘れずに立ち寄りたいところです。  

空港ラウンジ利用におススメのゴールドクレジットカード3選

ここまでの内容で、空港ラウンジの魅力は十分に伝わったはずですので、空港ラウンジの利用にもおススメのゴールドクレジットカードを3種類取り上げて締めることにします。

それぞれの特徴も簡単に触れているので、是非、自分に相応しい一枚を検討してみてください。  

  1. JCBゴールドカード
  2. アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード
  3. 楽天プレミアムカード

旅行保険も充実させるならJCBゴールドカード

ゴールドカードの類は、ゴールドと言われるだけであって、旅行保険が充実しているものが多いですが、JCBゴールドのコストパフォーマンスは特筆に値します。

死亡時は海外旅行で1億円、国内で5000万円と補償金額が手厚く、海外での治療費用も1回の事故につき300万円(本会員の家族は200万円)までが補償。

さらに、天災地変などで飛行機が遅延した場合、ショッピングした商品が盗難や破損した時などにも保険が適用されます。

11,000円(税込)の年会費でここまでカバーできるのであれば、別途旅行保険を考える必要もなくなりますし、自分以外にも、家族カードの所有者家族カードを持っていない家族にもそれぞれ補償が適用される点も嬉しい限り。

国内外で飛行機を度々利用する方は持っておいて損はない1枚と言えるでしょう。 

JCBゴールド

3.26
年会費

初年度: 無料※1

2年目以降: 11,000円(税込)

ポイント還元率

0.3%~1.25%

発行スピード

最短翌日※2

国際ブランド JCB
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Google Pay(グーグルペイ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • JCB最高峰のカードを目指すための登竜門!
  • Web新規入会でもれなく5,000円キャッシュバック!
  • ゴールドカードなのに翌日発行可能!
新規入会&利用とMyJCBアプリログインで最大5,000円キャッシュバック! 申し込みはこちら

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

4人家族はAMEXゴールドを推奨

4人家族が空港ラウンジを無料で楽しみたい場合は、アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードがおススメです。

アメリカン・エキスプレスが発行しているクレジットカードの多くは、「同伴者も1名まで無料」という特典が付いているため、家族のうち2名がアメリカン・エキスプレスのカード会員であれば、4人家族であっても全員無料で利用できてしまいます。

アメリカン・エキスプレスのクレジットカードの中には、ゴールドカードクラスのものでもこの無料特典が付いていないものもありますが、アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードならばその心配も無用です。

ブランド力のあるアメリカン・エキスプレスのゴールドカードということもあって、年会費31,900円(税込)と決して安くはありません。

ですが、家族カードは1枚目まで無料、さらに年会費更新時にホテル割引券やスターバックス特典など29,000円分のボーナスも受けられるので、実質コストそこまで気にする必要はないと言えるでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード

2.88
年会費

初年度: 31,900円(税込)

2年目以降: 31,900円(税込)

ポイント還元率

0.3~1.0%

発行スピード

2週間程度

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Suica(スイカ) Pasmo(パスモ) 楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 新規入会者は最大50,000ポイントの獲得が可能!
  • ゴールドカードならではの安心・充実サービス!
  • 最高1億円の海外旅行傷害保険!
【入会特典】ご入会後3ヶ月はポイント10倍!最大50,000ポイントプレゼント! 申し込みはこちら

プライオリティパスなら楽天プレミアムカード

プライオリティパス」は世界中にある1,300の空港ラウンジを利用できるサービスで、年会費によってランクが分かれています。

利用回数が無制限のプレステージになると、年間で429ドル(1ドル110円換算で約47,190円)もかかるため、限られた方のみが利用できる高級サービスと言えるかもしれません。

しかし、楽天プレミアムカードならば、別途申し込みをするだけで、この「プライオリティパス」のプレステージ会員の資格無料で得られます。

「プライオリティパス」のアプリと連携することは出来ませんが、専用カードを携帯すれば世界中の空港ラウンジを利用できるので、特に海外旅行好きの方にはおススメです。

年会費は11,000円(税込)と楽天カードの中では高級な部類にランクされますが、上記のプライオリティパスのメリットを考えると、いかにお得かはわかるはずです。 

楽天プレミアムカード

3.47
年会費

初年度: 11,000円(税込)

2年目以降: 11,000円(税込)

ポイント還元率

1.0%~5.0%

発行スピード

7営業日程度

国際ブランド VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス
電子マネー 楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 顧客満足度No.1
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場では楽天カードご利用でポイント5倍!

菊地崇仁
監修者

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

なお、格安ゴールドカードの場合、利用できるラウンジが少なかったり、回数制限があったりします。
事前に保有しているカードの利用できる条件を確認しておきましょう。

なお、1回あたり1000円程度と考えた場合、夫婦で利用しても往復4000円です。
年間1回程度利用する場合は、空港ラウンジのためだけに年会費1万円以上のゴールドカードにする必要はありません。

まとめ

過去に一度も空港ラウンジを利用したことがない方は、この記事を読むことで、「今度利用してみよう」と思ったのではないでしょうか。

無料対象となっているゴールドカードを持っているにもかかわらず、まだ使っていない方は是非、この機会に空港での過ごし方を変えてみてください。

また、これから旅行を計画している、空港ラウンジを利用できるクレジットカードを探しているという方は、この記事をヒントに自分に相応しい一枚を申し込んでみてはいかがでしょうか。

ここで紹介したクレジットカードは空港ラウンジ以外にも特典が満載でカードとしてのステータスも高いので、いずれも持っていて損がない一枚です。

なびすけ
なびすけ

菊地崇仁
菊地崇仁

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ