おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

ゴールドカードのメリット4つとデメリット2つをわかりやすく解説!あなたにゴールドカードは必要?

ゴールドカードを選ぶ夫婦
# ゴールドカード

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

ゴールドカードは、その名の示す通り金色に輝くデザインが目を引く、プレミアム感にあふれるカードです。

ステータスが一般クレジットカードの上位に位置付けられ、付帯サービスも充実しているため、コスパより質を重視したい方なら高い満足感を得られます。

一方で、一般カードに比べてかかる所持コストが高くなるため、

  • ゴールドカードを持つメリットを正しく知りたい
  • 自分がゴールドカードを持つべきかの判断をつけたい

といったことを思う方も多いでしょう。

実は、ゴールドカードは使い方によっては年会費がかかる分損になってしまう可能性があります。

こちらの記事を最後まで読んでいただくことで、ゴールドカードを持つメリット・デメリットを詳しく知ることができ、自分がゴールドカードを作るべきかの判断ができるようになります。

ゴールドカードを持つ4つのメリット

30代のゴールドカード

ご自身がゴールドカードを選ぶべきか判断する上で、まず知っておきたいのが、一般カードを選んだ場合に対して得られるメリットでしょう。

ゴールドカードを持つことで得られるメリットは、大きく分けて以下の4つが挙げられます。

もちろんカードにより享受できるそれぞれのメリットの度合いは異なりますが、基本的にこれらの点に秀でたものが多いです。

各メリットごとに、詳しい内容を見ていきましょう。

周りの人と差のつくステータスの高さを表現できる

クレジットカードには、年会費に比例する形で、大きく分けて以下の5つのランクに分類出来ます。

ステータスイメージ
存在するクレジットカードのほとんどは、年会費無料カードやごく一般的なランクとされる「普通カード」に当てはまります。

一方、ゴールドカードは普通カードよりも所持する人の数も少なく、見た目のきらびやかさも味方して、一般カードにはない周りと差のつくカードと言えます。

こんな時に活躍!

一緒にいる相手に、きちんとした人だ!という印象を与えたい時

例)部下を食事に連れて行った際
  恋人とのデートの際

【こんな人におすすめ】

  • カードの見栄えにも気を使いたい人
  • 人を食事に連れて行く機会が多い人

また、さらにランクの高い、

  • ブラックカード
  • プラチナカード

を手に入れるための条件としてゴールドカードの利用が設定されている場合も多く、より上のグレードのカードを持つためのステップとして持つ場合もあります。

限度額を高く設定することが出来る

ゴールドカードの大きなメリットのひとつとして、カード発行当初から高めの限度額が設定されることが挙げられます。
ゴールドカードを持つ人は年収も高い傾向にあり、ショッピングに使う金額も多い傾向にあるため高めの限度額となっています。

たとえば一般カードの場合、

カード発行当初は20万円から50万円程度

に限度額が設定されるのに対し、ゴールドカードでは当初から、

50万円~100万円以上の限度額

となるのが普通です。

こんな時に活躍!

急遽大きな金額の買い物が必要になった時

例)長期で旅行に行く際
  引っ越しで家具一式を購入する必要がある際

【こんな人におすすめ】

  • 大きなお金を動かす機会が多い人
  • 日頃のクレジットカード利用額が大きい人

また、ゴールドカードの中でもアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードなら、デポジットのような仕組みで急遽限度額以上の支払いを行うことも可能です。

ゴールドカード独自の特典や優待サービスがある

ゴールドカードでは一般カードには無い優待サービスや、より手厚い保険・補償が付帯している場合が多いです。

たとえば、

  • ゴールドカードを提示するだけで、レストランで特別な割引が受けられる
  • ホテルでスペシャルドリンクが用意されている

など、ゴールドカードならではのプレミアム感を演出するサービスが様々な形で用意されています。

自分に合ったサービスが含まれているかどうかも、ゴールドカード選びの大切なポイントです。

こんな時に活躍!

お得に非日常感を味わいたい時・生活をグレードアップさせたい時

例)いつもより豪華なレストランで食事したい!という際
  安心・快適に旅行をしたいという際

【こんな人におすすめ】

  • カードをただの決済手段にしたくない人
  • 私生活をもっと充実させたい人

また、ゴールド以上のランクのクレジットカードには、

などの旅行にまつわるサービスも多く付帯しています。
それぞれの詳しい内容を見ていきましょう。

空港ラウンジが使える

ゴールドカード会員の場合、一般カードよりもハイクラスなサービス提供を目的として、

一般会員では入れない空港の特別なラウンジ

が用意されています。

実際の利用時には空港ラウンジのカウンターでゴールドカードを提示すればOKです。
空港ラウンジでは、

  • 無料のソフトドリンクが飲める
  • PCの貸し出しがある

などのサービス搭乗前のひと時をゆったりと過ごせます。

空港ラウンジサービスが使えることは、飛行機を良く利用される方には大きなメリットでしょう。

ただし年会費無料のゴールドカードには空港ラウンジサービスが付いていない可能性が高いので注意してください。

旅行保険の内容が充実している

ほとんどのゴールドカードには、

  • 海外・国内旅行保険
  • ショッピング保険

が大きめの補償金額で付帯し、万が一の際にも安心できます。

一般カードでは各種保険が付帯されないことも多く、仮に付帯している場合でも限度額や適用範囲でゴールドカードの保険に差が付けられている場合がほとんどです。

また保険の付帯には、

  • 無条件で適用となる自動付帯
  • カード利用などの条件が付く利用付帯

の2種類がありますが、ゴールドカードではほぼ自動付帯です。

補償金額の上限も大きく違い、例えばJCBカードの場合、以下のように差が付きます。

JCBゴールドカード 一般JCBカード
傷害死亡・後遺障害 最高1億円 最高3,000万円
傷害治療費用 最高300万円 最高100万円
疾病治療費用 最高300万円 最高100万円
携行品補償 最高50万円 最高20万円
賠償責任 最高1億円 最高2,000万円
救援者費用 最高400万円 最高100万円

特に海外旅行では、予期せぬ事件や事故に巻き込まれた際に非常に高額な費用が請求されることがあり、ゴールドカードの手厚い付帯保険があるかないかで運命が変わる可能性もあります。

JCBゴールド

3.26
年会費

初年度: 無料※1

2年目以降: 11,000円(税込)

ポイント還元率

0.3%~1.25%

発行スピード

最短翌日※2

国際ブランド JCB
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Google Pay(グーグルペイ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
\新規入会限定/Amazon.co.jpで利用すると最大20,000円キャッシュバック! 申し込みはこちら

※1 オンライン入会申込限定。資料請求での申込、お切り替えの方は対象外。

※2 平日11:00AMまでのお申し込み、オンライン口座の設定で最短当日発行翌日お届け。オンライン口座設定には所定の条件があります。詳しくはHPをご確認ください

クレジットカードに付帯する旅行保険・ショッピング保険についてより詳しく知りたい方は、以下の記事も読んでみて下さい。

ポイント還元率が高く設定されている

ゴールドカードでは提携サイトでのショッピングなどにおいて、

一般カードよりも高い特別な還元率

が適用される場合があります。

利用額が大きくなりがちなゴールドカード利用者にとって、高い還元率は獲得ポイント数の大きな差となって表れやすいです。

特別な還元率の一例を比較してみると、

ゴールドカード 一般カード
Amazon Mastercard
Amazonでの利用時
2.5%(プライム会員)
1.5%(プライム非会員)
2.0%(プライム会員)
1.5%(プライム非会員)
オリコカードTHE POINT
オリコモールでの利用時
2.0% 1.5%

上記のような還元率の差があるので、例えばAmazonで2万円分のショッピング(Amazonプライム会員)の場合、

  • Amazon Mastercardクラシックでは300ポイントの還元
  • Amazon Mastercardゴールドカードでは500ポイントの還元

です。ゴールドカードなら、一般カードよりも200ポイントも多くポイントが貯まるのです。

オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

3.8
年会費

初年度: 1,986円(税込)

2年目以降: 1,986円(税込)

ポイント還元率

1.0%〜2.5%

発行スピード

最短8日程度

国際ブランド MasterCard JCB
電子マネー iD(アイディ) QUICPay(クイックペイ)

11月1日より新サービススタートに合わせてカードもAmazonプライム会員用「Amazon Prime Mastercard」と、Amazonプライム非会員用「Amazon Mastercard」の2種類のカードにリニューアルされることになりました。なんと年会費が永年無料に!

還元率と他のサービスのメリットを把握すると、自分がゴールドカードを持つべきかが分かりやすいでしょう。

こんな時に活躍!

よく利用するサービスや店舗で大きな買い物をする

例)Amazonで電子機器類を購入する際
  オリコモールで高級時計を購入する際

【こんな人におすすめ】

  • 特定の店舗やサービスで集中的にお買い物をする機会が多い人
  • クレジットカードでポイ活も楽しみたい人

ここまで、

  • ステータス・限度額の高さ
  • 充実したサービス・ポイント制度

などゴールドカードのメリットについて把握することができました。

では一方で、ゴールドカードを選んだ場合のデメリットは何なのでしょう。
続けて詳しく見ていきましょう。

ゴールドカードを選ぶ場合の2つのデメリット

ぱそこんにWARNINGの文字

先述したように、ゴールドカードには一般カードにはないメリットがたくさんありますが、すべての人におすすめというわけでもありません

下記にゴールドカードを所持する場合のデメリットをご紹介しますので、自分にとって、

ゴールドカードは、メリットとデメリットどちらの方が大きいのか?

を、しっかりと見極めてみて下さい。

年会費による負担が大きくなる

ゴールドカードは手厚いサービスを受けられる分、年会費が10,000円程度に設定されていることが多いです。

一般カードだと、手頃なもので年会費完全無料で持つことも出来るので、

クレジットカードを持つのにあまりコストをかけたくない方にはゴールドカードは向かない

でしょう。

ただし、メリットでご紹介した還元率の高さや、付帯特典の豊富さなど、ゴールドカードに付く付加価値の部分で年会費分が相殺される場合もあります。

以下、代表的なゴールドカードの年会費をまとめてみました。

カード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード JCBゴールド JCBゴールド 三井住友カード ゴールド 三井住友カード
ゴールド
楽天ゴールドカード 楽天ゴールドカード オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD オリコカードTHE POINT PREMIUM GOLD
年会費 29,000円 10,000円
(初年度無料*)
10,000円 2,000円 1,805円
ポイント
還元率
0.3~1.0% 0.3%~1.25% 0.5%〜2.5% 1.0%~3.0% 1.0%〜3.0%
国際ブランド アメリカン・エキスプレス JCB VISAMasterCard VISA JCBMasterCard JCBMasterCard
リンク

一方で、上記の表の中にも、

  • 楽天ゴールドカード
  • オリコカード THE POINT PREMIUM GOLD

のように、一般カードとほぼ同水準の年会費で持てるゴールドカードも存在します。初めてのゴールドカードには、そういったコストの低い1枚を選ぶのもいいでしょう。

ただし、年会費の分、ステータス性や特典の充実度がランクダウンするという点のみ気をつけておきましょう。

審査に通過するのが難しい可能性が高い

ゴールドカードは、

  • 年会費が高めに設定されていること
  • 限度額が大きめに確保されていること

などから、そのユーザーとしては大きな額の支払いにおいても、返済を補償出来る人が想定されていることが読み取れます。

つまり、審査基準に置いて、

  • 年収の高さ:300万~500万程度を基準とする
  • 職業の安定性:勤務先・勤続年数などを基準とする

などが加味される可能性が高く、その通過難易度は自ずと一般カードより高くなります。

そのため、

クレジットカードの審査に懸念がある方には、ゴールドカードはあまり向かない

と言えます。特にクレヒスなどに懸念のある方は、まずは一般カードで安定したクレヒスを作ってから、ゴールドカードの入会にトライしてみるのが良いでしょう。

ここまで、

  • ゴールドカードは年会費が高めであること
  • ゴールドカードは審査難易度が高いこと

がデメリットとして挙げられました。

では、ここまで内容を踏まえて、ゴールドカードを持つのに向いている人は一体どんな人なのかを考えてみましょう。

ゴールドカードはコスパより質を重視する人に向いている

ここまでにご紹介したメリット・デメリットを見てお気づきの方も多いかと思いますが、ゴールドカードを所有するのは、

クレジットカードに対してコストパフォーマンスよりも使い勝手や付加価値を重視する人

に向いており、反対にお得さを重視する人には向いていないでしょう。

また、

  • 普段から高額決済の機会が多い人
  • クレジットカードを利用する月額が大きい人

は、限度額や還元率の高さという点で、ゴールドカードを選ぶほうが向いている可能性が高いです。

こちらでご紹介した内容を踏まえ、自分には一般カードが向いているのかもしれない!と思った方は、以下の記事にておすすめの一般カードをご紹介しておりますので、参考にしてみて下さい。

また、ゴールドカードよりもさらにステータスの高さや特典の充実したカードが欲しい!と思った方は、更にランクの高いプラチナカードを選ぶという選択肢もあります。

次からは、ここまでご紹介したゴールドカードのメリットを踏まえて、実際のユーザー満足度の高いおすすめのゴールドカードをピックアップしてご紹介します。

満足度の高い項目別!おすすめのゴールドカード3選

3枚のゴールドカードと鍵

こちらでは、ゴールドカードの中でもユーザー満足度の高いおすすめの3枚をご紹介します。

各評価項目ごとに評価の高かった1枚をご紹介するので、それぞれの特徴をつかむことによって、自分に最適なゴールドカードを選べます。

ステータス性で人気!三井住友カード ゴールド

世界で過半数のシェアを占めるクレジットカード界の巨人であるVISAカードブランドのなかでも、国内で最も高い知名度を持つのが三井住友カードです。

その三井住友カードのブランド力が、今回のステータスに対する満足度の高さに繋がっているのでしょう。

三井住友カード ゴールド

3.29
年会費

初年度: 無料

2年目以降: 11,000円(税込)※

ポイント還元率

0.5%~2.5%

発行スピード

最短翌営業日

国際ブランド VISA MasterCard
電子マネー Visa Touch(ビザタッチ) Apple Pay(アップルペイ) Google Pay(グーグルペイ) iD(アイディ) WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 三井住友カードゴールドがリニューアル!
  • 新規入会で最大5,500円相当プレゼント!
  • Web入会者は初年度年会費無料、翌年度も条件付きで4,400円(税込)に割引!
《入会特典》最大5,500円相当のポイントプレゼント! 申し込みはこちら

※マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで翌年度以降は半額(カードご利用代金WEBサービスご加入でさらに1,000円引)

  • 家族カード:1名無料 (2人目から1名に付き1,100円(税込))
  • 空港ラウンジ:国内主要空港・ホノルル空港のラウンジを無料利用可能
  • 付帯保険:海外・国内最高5,000万円
  • 前年度の利用額に応じてボーナスポイントが加算

三井住友カード ゴールドは、スペック面でも、ステータス性でも申し分ない1枚です。

基本の年会費は少々お高いですが、リボ払いの登録と利用で次年度会費が半額となるのは魅力です。
海外でも使う機会があって、ステータス性も求める方はこちらのゴールドカードを選ぶと良いでしょう。

男性

の口コミ 5.0点 31歳 / 男性 (会社員)

気に入っている点
券面のかっこよさ

女性

の口コミ 5.0点 44歳 / 女性 (会社員)

気に入っている点
空港ラウンジを利用できる点。定期的に送られてくる会員誌の内容が良い。

男性

の口コミ 4.0点 36歳 / 男性 (会社員)

気に入っている点
ヨドバシカメラのポイントが貯まりやすい

《入会特典》最大5,500円相当のポイントプレゼント! 公式サイトへ

保険・補償・特典の充実度で人気!ダイナースクラブカード

国際ブランドの一つでもあるダイナースクラブカードは、その年会費の高さに相当する、ステータス性の高さと特典の充実度を備えたクレジットカードです。

名前にこそ「ゴールド」という言葉は付きませんが、他のカード会社のゴールドカードに十分匹敵するランクの1枚です。

ダイナースクラブカード

2.58
年会費

初年度: 24,200円(税込)

2年目以降: 24,200円(税込)

ポイント還元率

0.3%~0.4%

発行スピード

2~3週間

国際ブランド ダイナースクラブ
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Suica(スイカ) 楽天Edy(エディ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 世界最高級のステータスカード
  • 利用限度額に制限なしの高品質なサービス
  • プラチナクラスのMastercardを無料追加可
\新規入会キャンペーン実施中/新規記事で初年度年会費無料! 申し込みはこちら
  • 家族カード:5,500円(税込)
  • 空港ラウンジ:国内外で約1,000箇所以上のラウンジを無料利用可能
  • 付帯保険:海外・国内最高1億円
  • 24時間対応コールセンター付き

年会費は約2万円とかなりお高めですが、海外旅行保険などの補償金額などが他カードと比較しても頭一つ抜けています。

還元率の面であまりメリットが大きくないことが珠にキズではありますが、それでもなお充実したサービスのメリットは大きく、クレジットカードで少しランクアップした生活を送りたい方におすすめしたい選択肢の一つです。

男性

の口コミ 4.0点 65歳 / 男性 (アルバイト)

気に入っている点
海外旅行傷害保険が充実していて万が一の時に安心できること。

男性

の口コミ 4.0点 30歳 / 男性 (会社員)

気に入っている点
ステータスも他のクレジットカードよりも高く、グルメ・旅行などの優待によってお得に楽しむことができる所です

男性

の口コミ 3.0点 31歳 / 男性 (会社員)

気に入っている点
入会時の還元率の高さ

\新規入会キャンペーン実施中/新規記事で初年度年会費無料! 公式サイトへ

ポイントの貯めやすさで人気!楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードは、今まで紹介したゴールドカードと比較するとステータスでは後れを取りますが、お得さという点ではずば抜けたコストパフォーマンスの高いゴールドカードです。

楽天ゴールドカード

3.4
年会費

初年度: 2,200円(税込)

2年目以降: 2,200円(税込)

ポイント還元率

1.0%~3.0%

発行スピード

最短約1週間

国際ブランド VISA MasterCard JCB
電子マネー 楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 楽天グループ利用でボーナスポイント発生
  • 国内空港ラウンジが年2回無料で利用可能
  • 充実したポイント制度でいつでも3倍
  • 家族会員:5枚まで無料で発行可能
  • 空港ラウンジ:国内28空港とホノルル・仁川ラウンジを無料利用可能
  • 付帯保険:海外最高2,000万円
  • 楽天市場でのポイント還元率が+2.0%

楽天ゴールドカードの特筆すべきは高いポイント還元率で、常時1.0%以上の還元率があります。

また、楽天市場など楽天系のサービスにおいては更にポイントがどんどん貯まるので、楽天ユーザーの方ならぜひ1枚持っておきたいゴールドカードです。

ステータス性よりも、実際に使えば使うほどにお得になる実益重視のゴールドカードが欲しい方におすすめです。

男性

の口コミ 5.0点 31歳 / 男性 (会社員)

気に入っている点
ポイント還元率が高い

女性

の口コミ 5.0点 26歳 / 女性 (会社員)

気に入っている点
ポイントが貯まりやすい

男性

の口コミ 5.0点 25歳 / 男性 (医師)

気に入っている点
年会費が安い点。

まとめ

今回の記事では、ゴールドカードのメリットやデメリット、そしておすすめのゴールドカードについてを解説しました。

おさらいとして、再度ポイントをまとめておきます。

  1. ゴールドカードのメリットは、ステータス・限度額・特典・還元率の4つ
  2. ゴールドカードのデメリットは年会費の高さと審査難易度の高さ
  3. ゴールドカードは、コスパよりも付加価値を重視する人に向いている

以上をご理解いただくことで、普通のカードにはないゴールドカードのメリット・デメリットを把握して、実際にご自身にピッタリのゴールドカードを見つけていただければ幸いです。

ゴールドカードのさらに上をいく、プラチナカードについては下記の記事も参考にしてみてくださいね。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ