おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

丸亀製麺はキャッシュレス決済可能?対応状況とおすすめクレジットカード5選

丼に入ったうどん
# キャッシュレス

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

美味しいうどんの全国チェーン「丸亀製麺」は、テレビCMなどで話題になったり、テレビ番組などで取り上げられる機会が多かったりと、知名度がどんどん高まっています。

「これまで丸亀製麺を利用したことはないけれど、一度は食べてみたい」という方も多いことでしょう。

丸亀製麺のファンにとっても丸亀製麺初心者にとっても気になるのが、お店が利用しやすいかどうかということ。

さまざまなお店でキャッシュレス決済が導入されている中で、丸亀製麺ではどのようなキャッシュレス決済が導入されているのでしょうか。

ここでは、丸亀製麺で使えるキャッシュレス決済の種類やよりお得に利用するためのポイントをご紹介。

丸亀製麺の公式アプリを併用したクーポンの活用法、クレジットカードを使いこなすことでよりお得感を得る方法などについても解説していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

キャッシュレス決済を上手に取り入れ、ますます便利にお得に、美味しいうどんを楽しみましょう。

なびすけ やったーなびすけ

この記事の目次

人気のうどんチェーン丸亀製麺で使えるキャッシュレス決済は4種類

Suicaなどの交通系電子マネー、nanaco、iDといった流通系電子マネー、PayPayなどのQRコード決済、クレジットカードなど、キャッシュレス決済の種類はさまざま。

お金を持ち歩くことなく支払いをスマートかつスムーズに済ませることができ、ポイント還元などのメリットも見込めるキャッシュレス決済が導入されているかどうかで、ユーザーの利便性は大きく変化します。

人気のうどんチェーン「丸亀製麺」では、これらのキャッシュレス決済多く取り入れられています

ここでは、

と項目立てて、丸亀製麺で使えるキャッシュレス決済を紹介していきましょう。

Suicaなどの交通系電子マネー

丸亀製麺で利用できる交通系電子マネーは、

  • Suica
  • PASMO
  • SUGOCA
  • nimoca
  • はやかけん
  • ICOCA
  • toica
  • manaca
  • Kitaca

などです。

全国で人気のうどんチェーンらしく、さまざまな地域の交通系電子マネーに対応しているのが特徴ですが、これらの交通系電子マネーが全て、全店舗で使えるというわけではありません。

店舗を構える土地になじみの深い交通系マネーしか使えないという可能性もありますので、ご注意ください。

iD、nanacoなどの流通系電子マネー

nanacoや楽天Edy、iDといった流通系電子マネーに関しても、丸亀製麺では主要どころを押さえています。

丸亀製麺で使えるのは、

  • QUICPay
  • 楽天Edy
  • iD
  • nanaco

の4種類。

QUICPayは「Quick & Useful IC Payment」を略したもので、最近では、QUICPay対応の自動販売機なども多く登場しています。

楽天Edyは、楽天カードなどをお持ちの方にはおなじみの電子マネーかもしれません。
事前にチャージして利用でき、楽天カードのマイナポイントなども受けることができます。
チャージする際にポイントが還元されることもある、人気の電子マネーです。

nanacoは、セブン&アイ・ホールディングスが運営する電子マネーで、全国のセブン-イレブンなどをはじめ、さまざまな場所で利用されています。
200円使うたびに1ポイント還元されるのは、楽天Edyなどと同様。

iDは、ポストペイ型・プリペイド型・デビット型の3つの支払方法から自分のライフスタイルに合わせて選べる電子マネーで、使える店舗が多いのが特徴。丸亀製麺も、そうしたお店のひとつです。

PayPay、d払い、メルペイなどのQRコード決済

スマホ決済とも呼ばれることがあるQRコード決済は、キャッシュレス決済としてはもっとも新しいものです。

スマホがあれば簡単に支払える手軽さ、気軽さが人気で、

LINE PayやPayPay、楽天ペイ、d払いなどが知られています。

丸亀製麺で利用できるQRコード決済は、

  • PayPayやd払い
  • メルペイ
  • au PAY
  • LINE Pay
  • Alipay
  • Smart Code
  • 銀行Pay

など。

PayPayを運用しているのはソフトバンクとヤフーであり、d払いはNTTドコモ、auPayはKDDIといった具合に、大手通信会社が主体となっているもの、メルカリやLINEなどが運営するもの、銀行が主体となって提供しているもの、中国系の利用者が多いものなどさまざまな種類があり、選択肢が多いのが特徴です。

ただ、こちらのQRコード決済が全て全店舗で利用できるわけではありませんので、ご注意ください。

VISA、AMEXなどのクレジットカード

従来、主なキャッシュレス決済といえばクレジットカードでした。

クレジットカードには、

  • Visa
  • Mastercard
  • American Express
  • JCB

といった国際ブランドがありますが、これらは全て丸亀製麺で利用可能
国内で利用されているクレジットカードの大半が対象となっています。

丸亀製麺全店舗の約半数がクレジットカードに対応しており、クレジットカードを利用することで、各カードのポイントサービスを受けることができます。

続いて、丸亀製麺でキャッシュレス決済する際に知っておきたい2つのポイントを紹介しましょう。

丸亀製麺での決済で注意したい2つのポイント

ここまで、丸亀製麺で利用できるキャッシュレス決済について紹介してきました。

幅広いキャッシュレス決済が導入されていることがわかり、丸亀製麺をより気軽に利用するためにキャッシュレス決済を活用したいとお考えの方も多いでしょう。

丸亀製麺でキャッシュレス決済をする際にはぜひ知っておきたいポイントが2つあります。

以下に挙げていますので、よりお得により便利にお会計をするためにも、ここでチェックしておきましょう。

全国に展開する店舗すべてで全ての決済サービスを使えるわけではない

丸亀製麺の店舗は全国に1,000以上存在します。それぞれの店舗に同じ決済システムが導入されているわけではなく、今現在、丸亀製麺のホームページなどで紹介されているキャッシュレス決済の全てが使えるわけではない点に注意してください。

店舗によっては、限られた電子マネーやクレジットのみ利用可能というところも存在します。

キャッシュレス決済に対応している店舗は約半数ともいわれており、店舗によっては現金のみという可能性も。

キャッシュレス決済がどんどん広がっている今、キャッシュレス決済が可能な店舗が増える可能性は高まってはいますが、普段利用する店舗がある場合は、どのキャッシュレス決済が使えるのかをその店舗に直接確かめたりホームページなどで店舗検索をしてみたりしてください。

丸亀製麺独自のポイントサービスは終了

できるだけお得に美味しいうどんを食したいという方であれば、丸亀製麺独自のポイントサービスがあるかどうかが気になるかもしれません。

残念ながら、丸亀製麺独自のポイントサービスは終了しています。

ただし、丸亀製麺でキャッシュレス決済をすれば、キャッシュレス決済に発生するポイントたまりますのでご安心を。

これはつまり、お得感を重視する場合、できるだけポイント還元率が高いキャッシュレス決済を選ぶのがポイントということ。

支払い方法などによってもポイント還元率が変わる可能性がありますので、よく吟味して選ぶようにしてくださいね。

次の項目では、丸亀製麺の公式アプリの活用法を紹介します。

丸亀製麺でよりおトクを実感したいなら公式アプリがおすすめ

丸亀製麺には、App StoreもしくはGoogle Playで手に入れられる「丸亀製麺公式アプリ」が存在します。

季節限定メニューなどをはじめとする丸亀製麺のメニューを確認できる「お品書き」、店舗名や地名から検索でき、現在地から近い店舗を探せる「店舗検索」、キャンペーン情報や店舗限定のお得情報が見られる「最新情報」などがあり、とても使い勝手のよいアプリですが、アプリをダウンロードすべき理由はそれだけではありません。

この丸亀製麵公式アプリをぜひダウンロードしてもらいたいのは、アプリを使えば非常にお得に丸亀製麵のうどんを楽しめるから。ここでは、丸亀製麺公式アプリの活用法を以下の4つのポイントから解説します。

  1. スペシャルクーポンのプレゼントあり
  2. 来店ポイントをためてクーポンゲット
  3. 毎月届くおトクなクーポン
  4. レシートのQRコード読み込みでクーポンが当たる

スペシャルクーポンのプレゼントあり

丸亀製麺公式アプリをダウンロードした方は、アプリで表示した2次元バーコードを店頭レジに設置された2次元バーコードリーダーにかざしてみてください。

初回限定で、「釜揚げうどん半額」や「天ぷら50円引」、人気メニュー無料といったスペシャルクーポンがプレゼントされます。

公式アプリをダウンロードした方向けの特別なクーポンで、何度も使えるわけではありませんが、丸亀製麺の人気メニューを気軽に試せるチャンスでもあります。

これを機会に、普段とは違うメニューに挑戦してみてくださいね。

来店ポイントをためてクーポンゲット

丸亀製麵公式アプリでクーポンを利用するか、レシートに表示された2次元バーコードを読み取ることでたまるのが、来店スタンプです。

スタンプがアプリに反映されるのは、来店の翌日。また、クーポンの利用とバーコードの読み取りを両方行ってもたまるスタンプ数は1つですので、ご注意を。

このスタンプを10個ためると、かしわ天など、丸亀製麺の人気メニューの無料クーポンと交換できるというのがうれしいポイントです。

スタンプ数を確認するのはとても簡単です。

ただ、交換できるクーポンの種類そのときどきで異なりますので、好きなタイミングで交換しましょう。

毎月届くおトクなクーポン

丸亀製麺公式アプリのクーポンページには、毎月新しいクーポンが配信されます。

クーポンの内容は天ぷらの割引などさまざま。アプリ限定のクーポンです。

クーポンを利用する際は、スペシャルクーポンと同様、「クーポンを使う」ボタンを押して表示した2次元バーコードを店舗レジに設置した2次元バーコードリーダーにかざすだけ。
とても簡単にお得を実感することができます。

毎月更新されるお得なクーポンを活用して、丸亀製麺のメニューを味わい尽くしましょう。

レシートのQRコード読み込みでクーポンが当たる

丸亀製麺のレシートには2次元バーコードが印刷されています。

これをアプリのスキャンで読み取れば、お得なクーポンが当たる可能性も。
来店するたびクーポンが当たるチャンスがあり、お得と美味しさを堪能できるのです。

次に、丸亀製麺でよりお得にポイントを貯めたいという方におすすめのクレジットカードを5つ厳選して紹介しています。

丸亀製麺はもちろん、他のお店でもお得を実感できるクレジットカードばかりですので、ぜひ参考にしてください。

丸亀製麺のキャッシュレス決済:
よりおトクにポイントが貯まるクレジットカード5選

丸亀製麺にはさまざまなキャッシュレス決済の手段が用意されています。

その中で何を選ぶかの基準は、どれだけお得を実感できるかということ。

流通系電子マネーや交通系電子マネー、QRコードなどさまざまな選択肢がある中で、ここでおすすめするのは、よりお得にポイントを貯められるクレジットカードです。

いずれも、丸亀製麺での食事でしっかりポイントを貯められるのみならず、さまざまなシーンで活躍するものばかり。

以下に挙げる5つは、丸亀製麺ファンの皆さんのために厳選したクレジットカードです。

それぞれの特徴をわかりやすく説明していますので、自分のライフスタイルに合わせて選んでくださいね。

おすすめのクレジットカード
  1. 楽天市場でのお買物もしょっちゅうという方は活用範囲が幅広い!
    「楽天カード」
  2. ドコモユーザーならケータイ補償がついてポイントの2重取りも可能!
    「dカード」
  3. ファストフードやコンビニでのお買物が5%ポイント還元!
    「三井住友カード(NLナンバーレス)」
  4. スタバやセブン-イレブンのポイント最大10倍!39歳以下限定の
    「JCB CARD W」
  5. ドコモユーザーならケータイ料金の10%がポイント還元!ポイントがザクザク貯まる
    「dカード GOLD」

楽天市場でのお買物もしょっちゅうという方は活用範囲が幅広い「楽天カード」

丸亀製麺での食事と同時に、楽天市場や楽天トラベル、楽天ブックスなどもよく利用しているという方におすすめなのは、楽天カードです。

会費は、本会員・家族会員ともに無料で、楽天市場、楽天トラベル、楽天ブックスならいつでもポイントは3倍。
VISA、MasterCard、JCB、American Expressの4大国際ブランドから選ぶことが可能です。

ポイント還元率の基本は1%ですが、楽天グループでは最大15%還元され、楽天スーパーセールやお買物マラソンなどと併用すれば10倍以上の超高還元率を実現できるのがうれしいポイントです。

楽天ポイントを楽天EdyやANAマイルと交換したり、nanaco、モバイルSuicaなどの電子マネーにチャージしたりできるので、使い勝手も抜群です。

楽天カードを所持することで、楽天Edyももちろん付帯します。

ドコモユーザーならケータイ補償がついてポイントの2重取りも可能な「dカード」

ドコモユーザーはもちろん、ドコモユーザーでない方にもお得なのが、dカードです。

dカードを利用することで貯まるdポイントの還元率の基本は1%。
エネオス、洋服の青山といった特約店では、還元率がさらにアップします。

また、dカードを所持することで、電子マネーiDも使えるようになります。

iDの支払先をdカードに設定すれば、ポイントの2重取りも可能に。
基本還元率1%+iDの還元率(0.5~1%)と非常にお得にお買物が楽しめます。

年会費は永年無料。それにもかかわらず、ドコモユーザーならdカードケータイ補償という特約がついていて、購入後1年以内の携帯の故障・紛失などに最大1万円が補償されるというのもうれしいポイントです。

ファストフードやコンビニでのお買物が5%ポイント還元!「三井住友カード(NLナンバーレス)」

丸亀製麺に加えて、コンビニやファストフードでのお買物がしょっちゅうという方におすすめなのが、三井住友カード(NL_ナンバーレス)です。

コンビニ大手3社マクドナルドで三井住友カード(NL_ナンバーレス)を使ってタッチ決済をすると、ポイント還元率が5%に。

本会員・家族会員ともに無条件・人数制限なしで永年無料とコスト良。

一方で最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯している安心感や、カード表面・裏面に番号がない安全性もおすすめする理由です。

スタバやセブン-イレブンのポイント最大10倍!39歳以下限定の「JCB CARD W」

JCB CARD Wは、39歳以下限定で入会できるクレジットカードで、入会後3か月間のポイント還元率が5%という点でも非常にお得。
年会費は永年無料で、最低還元率は1%。

スターバックスセブン-イレブンといったよく足を運ぶお店でのポイント最大10倍で、Oki Dokiランドを経由すれば最大20倍にもなります。

ドコモユーザーならケータイ料金の10%がポイント還元!ポイントがザクザクたまる「dカード GOLD」

ここでご紹介するカードの中では唯一年会費110,000円(税込)がかかりますが、その元を十分にとれるお得なクレジットカードがdカード GOLD です。

カード決済をすれば、ポイント還元率は1%。
特約店ではさらに還元率がアップし、マツモトキヨシなどでは4%にもなります。

d払いやiDを併用すれば最高7%のポイント還元も可能。
また、主要空港でのラウンジ利用が無料といった特典も見逃せません。

しかし何といっても注目すべきは、ドコモユーザーならではの特典。
ドコモ携帯・ドコモ光の利用料1,000円あたり100ポイントがたまります。

また、購入から3年間以内であれば携帯の紛失や盗難・故障に最大10万円が補償されるdカードケータイ補償も。

月額10,000円ほどを携帯代金として支払っているなら、ポイント還元だけで十分に会費の元が取れ、ゴールドカードならではの特典が楽しめる計算です。

まとめ

ここでは、丸亀製麺ファンの方や丸亀製麺に行ってみたいという方に向けて、丸亀製麺をよりお得に楽しむための方法をご紹介しました。

丸亀製麺にどのようなキャッシュレス決済が導入されていて、アプリやキャッシュレス決済をどう活用すべきなのかをここで確認し、コシのあるうどんをお楽しみいただきたいと思います。

ここに挙げたクレジットカードはいずれも、さまざまなシーンで活用できるものばかり

なびすけ

丸亀製麵やコンビニ、ファストフードといった普段利用するお店やネットでのお買物に利用し、お得かつ便利にポイントをためていきましょう。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ