おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

三菱UFJニコスが発行する法人カードは主に3種類!特徴や注意点なども解説

高層階のビルを背景にパソコンとクレジットカードを持つ女性

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

現在、日本国内では多くの法人カードが発行されていますが、その中で大手信販会社の三菱UFJニコスでも法人カードを発行しています。

これから法人カードを導入する方、乗り換えを検討されている方の中には三菱UFJニコスが発行する法人カードにはどんなものがあるのか、それぞれのカードの特徴について知りたい方もいるのではないでしょうか。

当記事では、三菱UFJニコスが発行する法人カードについて以下の内容をお伝えします。

記事を最後までチェックすることで、三菱UFJニコスが発行する法人カードについて知ることができます。

くれじい

自分にとって、最適な1枚を見つけることができるでしょう。

菊地崇仁
監修者

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

三菱UFJニコスの法人カードは審査対象が法人のため、申込ハードルが高いです。

最近は代表者個人を審査する法人カードも増えており、それに比べると決算書が必要だったり、2期連続黒字と言う条件はなかなか厳しいでしょう。

つまり、スタートアップでは申し込みしにくいカードのため、既に何年も営業している会社向けの法人カードとなります。

なお、三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの場合は、個人カードと同様に三菱UFJカード・ゴールド プレステージ ビジネスデュアルスタイルとして保有できます。

デュアルスタイルの場合三菱UFJカード・ゴールド プレステージ ビジネス年会費は2,200円(税込)となり、アメックスブランドに加え、VisaブランドかMastercardブランドを追加でき、利用先を広げることができます

三菱UFJニコスが発行する法人カードに共通する7つの特徴

赤いノートパソコンを見て書く女性

三菱UFJニコスが発行する法人カードに共通する主な特徴が以下の7点です。

  1. ETCカードの年会費無料
  2. 海外での日本語サポートを設置
  3. タクシーチケットの発行が可能
  4. Webで利用明細を確認できる
  5. 追加カードの発行枚数が他のカードよりも多い
  6. カードの利用でグローバルポイントが貯まる
  7. ETCカードの発行手数料は1,100円(税込)

いずれもビジネスに役立つ特徴なので、しっかりとチェックしておきましょう。

ETCカードの年会費無料

三菱UFJニコスの法人カードに紐づけられるETCカードの年会費は無料です。

社用車などで高速道路や有料道路を利用する法人の場合、ETCカードは必須でしょう。

通行料金の割引で経費削減ができるほか、料金所で止まることもなくスムーズな支払いができます。

海外での日本語サポートを設置

三菱UFJニコスの法人カードでは、世界各地に設置されたMastercard・Visa会員向けの海外アシスタンスサービスハローデスク」を利用できます。

ハローデスクでは、現地スタッフが各種サービスや会員からの問合せに日本語で対応。

旅先での疑問や困りごとのサポートをおこないます。

詳しいサービス内容は以下のとおりです。

  • 都市情報、交通通機関情報の案内
  • 空港・出入国の案内
  • フライト・航空会社の案内
  • 航空券の予約 ホテルの紹介と予約
  • 現地観光ツアーの案内と予約
  • 観光ガイドの手配 ショッピングの案内
  • レストランの情報提供と予約
  • リムジン送迎の手配
  • スポーツ・イベント・エンターテインメントのチケットの案内と予約

そのほかに、以下のような緊急時のサポートも対応しているので万が一のときに安心です。

  • パスポート、トラベラーズチェックの紛失や盗難時の手続きの案内
  • 事故やトラブル時の連絡取次ぎ(現地の警察、医療機関、保険会社など)
  • 日本語の話せる医師がいる医療施設の紹介
  • 事故やトラブルの際のアドバイス
  • 緊急時のアテンドの手配

ただし、クレジットカードの紛失、盗難時の対応ハローデスクで行っていません

その際は24時間・年中無休で受付をおこなう「MUFGカード海外盗難・紛失専用オートコレクトコール」に電話をしてください。

タクシーチケットの発行が可能

タクシーチケットの発行ができることも、三菱UFJニコスの法人カードに共通する特徴です。

手持ちの現金がないとき、取引先の送迎時などにタクシーチケットがあれば支払いがスムーズに完了します。

タクシーチケットは1冊20枚つづりで名刺大のコンパクトサイズなので、もしものときに備えて携帯しておくことも可能です。

申し込み時に1回あたり304円(税込)の発行手数料がかかりますが、3冊まで申し込みできます(プラチナ・ゴールドプレステージ会員の方は発行手数料無料) 。

全国のタクシーで利用可能となっているので、いざという時のためにいつでも携帯しておけます

Webで利用明細を確認できる

三菱UFJニコスの法人カードをいつ、どこで、どれだけ利用したのかを知りたい場合は「MUFJカードWeb明細」から確認できます。

パソコンもしくは携帯電話があれば利用可能なインターネットサービスで、毎月の利用料金に請求の内訳・ポイント照会や各種変更・手続きも可能です。

そのほかにEメールで請求金額の確定が届くなど、利用明細のペーパーレス化を叶えています。

利用明細では本会員カードをはじめ、追加カードの利用金額の詳細もチェックできます。

そうすることで、不正利用の発生防止、経費管理の簡素化につなげることもできて便利です。

追加カードの発行枚数が他のカードよりも多い

三菱UFJニコスの法人カードの追加カードは、他のカードに比べて発行可能枚数が多いので、必要な枚数を発行して社員にビジネス用決済カードとして持たせることが可能です。

追加カードがあれば、経費を先に立て替えたり後に精算したりする業務がなくなります

また、現金を紛失するリスクを避けられたり、利用明細をチェックして無駄な経費利用がないかを見つけたりもできます。

経費の申請漏れや不正利用も防げることから、追加カードがあるだけで経費管理の負担を大幅に軽減できるでしょう。

カードの利用でグローバルポイントが貯まる

三菱UFJニコスの法人カードの利用金額に応じて、グローバルポイントが貯まります。

グローバルポイントは1,000円の利用ごとに1ポイント付与。

交換先も豊富で、楽天ポイントにTポイントといった提携ポイントをはじめ、AmazonギフトカードにiTunes Cardと交換したり、JALマイルやユナイテッド航空のマイルに移行したりもできます。

そのほかに、MUFGカードのオンラインモール「Point名人.com」を経由して買い物をした場合、最大25倍のポイント獲得も可能です。

法人カードは経費などのビジネスに関する支払いで主に使うため、利用金額も大きくなりがちです。

効率良くポイントが貯まりますし、後で目的に応じたポイント消費ができるので結果的に経費削減を叶えることができます。

ETCカードの発行手数料は1,100円(税込)

ETCカードの年会費は無料とお伝えしましたが、発行手数料は1,100円(税込)発生します。

しかし、何枚も発行するとなると手数料だけで相当な金額を支払わなくてはならないので注意が必要です。

なお、ゴールドプレステージ会員以上であれば発行手数料は無料です。

この後に改めてご紹介しますが、年会費は高額になるものの付帯サービスや特典、補償面の充実度はアップします。

発行枚数が多いのであれば、最初から三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネスに申し込みを検討するなどしてみましょう。

こちらでは三菱UFJニコスの発行する法人カードに共通する特徴をお伝えしましたが、いずれもビジネスの中で役立つ特徴ばかりなのがわかったと思います。

次に、三菱UFJニコスが発行する法人カードの注意点を3つお伝えしますので、後で知って戸惑うことのないようにチェックしておきましょう。

三菱UFJニコスが発行する法人カードの3つのデメリット

パソコン操作する母親にかまってほしい娘

三菱UFJニコスが発行する法人カードのデメリットは以下の3点です。

いずれも理解したうえで申し込みをすれば特に問題点にはなりません。

詳しくお伝えするので見ていきましょう。

業歴3年以上・2期連続黒字決算などが申し込み条件

三菱UFJニコスが発行する法人カードは誰でも申し込めるわけでなく、いくつかの条件をクリアする必要があります。

  • 三菱UFJカード ビジネス:
    原則、黒字決算の法人(個人事業主含む)
  • 三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネス
    原則として業歴3年以上、2期連続黒字決算の法人または個人事業主

「原則として」という前置きがあるため、例外があるかもしれません。

しかし、具体的な例は公表されていないため、起業後間もない場合これから起業する場合赤字決算の法人(個人事業主)の場合、三菱UFJニコスが発行する法人カードは持てない可能性が高いです。

また、上記の条件をクリアしていても審査の結果、持てない可能性もあります。

たとえば申込者となる代表者(個人事業主)自身過去のクレジットカードなどの利用で金融事故を起こしていたりすると発行は難しいでしょう。

Webからの申し込み不可

三菱UFJニコスが発行する法人カードをWebから申し込みしても、それだけでカード発行の手続きは完了しません

別途、本人確認資料などの所定書類を三菱UFJニコスに返送する必要があるからです。

以下が入会申し込みの流れとなります。

STEP.1

会員規約の同意 

.
STEP.2

申し込み情報の入力

.
STEP.3

入力内容が印字された申込書が申込人宛てに送付 

.
STEP.4

申込書に必要事項を記入し、登記簿謄本などの必要書類を添付して返送

.
STEP.5

審査

.
STEP.6

カード発行

.

また、カード発行前に申込人宛てに契約確認書が届きます。

そして、受け取り後約1~2週間でカード発行される仕組みです。

すぐに法人カードが欲しかったり、急いでいたりする方には不向きなので注意してください。

入会特典がない

クレジットカードの多くで入会特典がありますが、三菱UFJニコスが発行する法人カードでは特に入会キャンペーンなどの特典がありません

たとえば、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードでは公式サイトからの申し込みをおこない、入会後1年以内に200万円以上カードを利用すると、ボーナスとして30,000ポイントのプレゼントがあります。

そのほかに三井住友カードが発行する法人カードでも、新規入会と1か月後末までに50,000円を利用すると最大20,000円分のギフトカードがもらえるキャンペーンがおこなわれています。

その点、三菱UFJニコスが発行する法人カードでは入会時の特典が一切ないため、他社法人カードと比べるとお得さの面で劣ってしまうことになります。

最後に三菱UFJニコスの発行する法人カードを4選でご紹介します。

三菱UFJニコスが発行する法人カード3選

赤とゴールドと黒と青の4枚のクレジットカード

三菱UFJニコスが発行する法人カードの中で、おすすめ3選をご紹介します。

  1. 三菱UFJカード ビジネス
  2. 三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネス
  3. 三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス

こちらでは、それぞれの特徴、どんな方におすすめなのかを解説していきましょう。

三菱UFJカード ビジネス

「三菱UFJカード ビジネス」は三菱UFJニコスが発行する、スタンダードランクの法人カードです。

原則黒字決算の法人(個人事業主含む)を対象にしたカードで、国際ブランドはVisa・もしくはMasterCardのどちらか1つの場合は年会費1,375円(税込)、両方の場合は1,650円(税込)となります。

すでにお伝えしたようなビジネスに役立つサービスや特典の付帯はありますが、

  • カード利用枠は40~80万円
  • ETCカードの年会費は無料
    ※発行手数料1,100円(税込)は必要です。

そのため、毎月の決済金額が大きくなく、追加カードやETCカードを発行する社員が少ない法人もしくは個人事業主などにおすすめでしょう。

三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネス

三菱UFJカード ビジネスよりも充実度を求める方におすすめなのが「三菱UFJカード ゴールドプレステージ ビジネス」です。

ゴールドランクならではのきめ細かいサービスの利用が可能なので、ビジネスシーンの中で幅広く活用できるでしょう。

年会費は11,000円(税込)、追加カードは2,200円(税込)、原則として業歴3年以上、2期連続黒字決算の法人または個人事業主でないと申し込み資格はクリアしません

  • 利用可能枠は100~300万円
  • 国内・海外旅行傷害保険は最高5,000万円
  • 国内・海外渡航便遅延保険が最高2万円まで補償
  • ショッピング保険の年間限度額が300万円
  • 空港ラウンジサービスも利用できる

など充実度は高いです。

三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス

世界レベルのホスピタリティを感じたい方におすすめなのが「三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス」です。

プラチナ・コンシェルジュサービスに世界各国の空港ラウンジが利用できる「プラオリティ・バス」の利用、手荷物空港宅配サービスにコート預かりなど、ビジネスを快適にするサービスや特典が豊富にそろっています。

  • 年会費は22,000円(税込)
  • 追加カードは3,300円(税込)
  • 利用可能枠は100~500万円

まとめ

三菱UFJニコスが発行する法人カードにはいくつかのランクがあり、年会費や付帯サービス、特典などが異なります。

くれじい

最後に記事のポイントを振り返ってみましょう。

  • Webからの申し込みだけでカード発行はできない
  • タクシーチケットの発行や海外アシスタンスサービスなどビジネスに役立つサービスがそろっている
  • ランクによって年会費が異なり、支払いの負担にならないカードを選びやすい

三菱UFJニコスが発行する法人カードの場合、入会特典がないというデメリットはありますが、経費管理の簡素化をはじめ、ビジネスの中で活用できる機会は多く存在します。

申し込み条件をクリアすることが必要でもありますが、ぜひビジネスシーンで役立つ1枚として導入を考えてみてください。

菊地崇仁
菊地崇仁

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ