おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

【最新版】おすすめプラチナカードの人気ランキング5選!基本スペックから厳選

クレジットカードを持つ髪の長い女性

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

くれじい
くれじい

「プラチナカードを作りたいけれどおすすめのカードがわからない」
「プラチナカードの選び方がよくわからない」
という方もいるのではないでしょうか。

プラチナカードは多くのカード会社で発行していて特徴もさまざまなので、自身に適したカードを判断するのは難しいかと思います。

この記事では、これからプラチナカードに申し込みたい方に向けて、以下の内容をお伝えします。

ぜひ最後まで読んでいただき、プラチナカードに関する知識を得て、賢く活用できるプラチナカード選びの参考にしてみてください。

プラチナカードを選ぶ際の6つのチェック項目

プラチナカードを選ぶ際にチェックしておきたい項目が以下の6点です。

こちらでお伝えする項目を参考にして、使い勝手の良いプラチナカードを探しましょう。

年会費

プラチナカードは、一般カードやゴールドカードのように年会費無料になることがありません。

高額なプラチナカードになると10万円超えの年会費が発生するため、支払いが負担にならないプラチナカードを選ぶ必要があります。

もし高額な年会費の元を取れる使い方ができるか不安な方は、最初は年会費が安いプラチナカードから利用してみるといいでしょう。

ポイント還元率

年会費が高額なプラチナカードですが、通常ポイント還元率が高くなることは基本的にありません

そこで重視したいのが、プラチナカードをどう使えばポイント還元率がアップするかどうかです。

プラチナカードを海外で利用したり、加盟店や特約店で利用したりするなど、ポイント還元率がアップする条件多岐に渡ります

例えば海外に行く機会が少ない方は、加盟店や特約店の利用特典が充実したプラチナカードを選ぶのがおすすめです。

そのほかにネットショッピングの利用機会の多い方は、ポイントサイトを経由して買い物をしたときのポイント倍率が高いものを選ぶようにしましょう。

旅行保険

海外や国内旅行に出掛ける機会が多い場合、旅行保険の補償内容でプラチナカードを選ぶのも方法の一つです。

保有するプラチナカードによって、旅行保険の補償内容は異なります

海外は最高1億円の補償となっていることが多いですが、国内になると最高5,000万円になる場合もあります。

また、旅行にかかる費用をカード決済していないと補償金額が少なくなる(利用付帯)場合があるので、補償条件は必ずチェックしておきたいところです。

国際ブランド

プラチナカードにかぎらず、クレジットカードに申し込みをする際に国際ブランドを重視して選ぶケースも少なくないです。

たとえばVISAは世界シェア第1位で国内はもちろん海外の加盟店数も多いです。海外へよく行かれる方であれば、VISAはおすすめの国際ブランドと言えるでしょう。

それに対し、日本発の国際ブランドのJCBはVISAほどの世界シェアではないものの、日本国内における加盟店数は多いので利用に困ることはありません。

会員向けの特典が豊富で、ハワイなどの観光地でのサービスも充実しています。

そのほかに国際ブランドのステータス性を重視したい場合は、アメリカン・エキスプレスやダイナースクラブが選択肢となりやすいです。

付帯特典

プラチナカードの魅力の1つは、一般カードやゴールドカードには付帯しない特典が多く用意されていることです。

実際にプラチナカードの特典を活用するために、高額な年会費を支払っている方も少なくありません。

プラチナカードならではの特典は以下のとおりですが、すべてが付帯する場合もあれば、いずれかが付帯する場合もあります。

  • プライオリティ・パス
  • コンシェルジュサービス
  • ホテル・レストラン優待
  • 旅行傷害保険

あらかじめどんな付帯特典を希望するのかを明確にすれば、プラチナカード選びもスムーズに進むでしょう。

該当する方は要チェック!家族特約の有無

プラチナカードの旅行保険は家族会員でも本会員と同額補償される場合がありますが、そのほかに家族特約の内容もチェックしておくといいでしょう。

なぜなら、本会員の家族であるだけでは補償対象にならないからです。

たとえば家族特約が付帯しないと、18歳未満の子供などクレジットカードの保有ができない家族に対する補償は一切ありません

次にプラチナカードの人気ランキングをご紹介します。

プラチナカードの人気ランキング5選

多くのカード会社から発行されているプラチナカードですが、その中から人気ランキング5選をご紹介します。

人気ランキング5選は、各プラチナカードの「年会費・ポイント還元率・旅行保険・空港ラウンジ」の4つの観点を点数化して、その合計点で比較した結果からを選定しています。

4つの観点の内訳は以下の通りです。
  • 年会費(3点満点)
    110,001円(税込)~:1点
    55,001円(税込)~ 110,000円(税込):2点
    55,000円(税込)~:3点  
  • ポイント還元率(3点満点)
    0.5%未満:1点
    0.5%~1.0%未満:2点
    1.0%~:3点  
  • 旅行保険(4点満点)
    最高1億円未満:1点
    最高1億円~(一部利用付帯含まれる):2点
    最高1億円~(全て自動付帯):3点  
  • 空港ラウンジ(3点満点)
    会員のみ無料:1点
    家族会員も無料:2点
    同伴者も無料:3点

人気ランキング5選を含む各カードの合計点数を以下にまとめていますので、ご検討の際に役立てていただければ幸いです。

カード名 年会費 ポイント
還元率
旅行保険 空港
ラウンジ
合計
エポスプラチナ 3 3 4 3 13
ラグジュアリーカード(チタン) 3 3 4 3 13
JAL アメリカン・エキスプレス・カードプラチナ 3 3 3 3 12
ミライノカードPLATINUM 3 3 4 2 12
ラグジュアリーカード(ブラック) 2 3 4 3 12
ラグジュアリーカード(ゴールド) 1 3 4 3 11
三井住友プラチナカード 3 2 3 3 11
ANA VISA プラチナプレミアム 1 3 3 3 10
Mileage セゾンプラチナ 3 3 3 1 10
JCBプラチナ 3 2 3 1 9
アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カード 1 2 3 3 9
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 3 2 3 1 9
オリコカード THE PLATINUM 3 3 2 1 9
ジャックスカードプラチナ 3 3 2 1 9
デルタ スカイマイル TRUST CLUB プラチナVISAカード 3 3 2 1 9
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 3 2 2 1 8
楽天プレミアムカード 3 3 1 1 8
TRUST CLUBプラチナマスターカード 3 3 1 1 8
ダイナースクラブカード 3 2 2 1 8

エポスプラチナ

「エポスプラチナ」は、ショッピングビルの丸井が発行するプラチナカードです。

  • 年会費(3点)
  • ポイント還元率(3点)
  • 旅行保険(4点)
  • 空港ラウンジ(3点)

年会費はエポスカードの招待がある方は20,000円(税込)となり、さらに年間利用金額100万円以上の方は翌年度以降20,000円(税込)です。

これらの条件に当てはまらない場合は30,000円(税込)になります。

ポイント還元率は0.5%(マルイでの利用時は1.0%)ですが、年間の利用額に応じてボーナスポイントがもらえるほか、さまざまな還元率アップの機会があります。

旅行保険は最高1億円補償で、空港ラウンジは本会員以外に同伴者1名まで無料で利用できます。

国際ブランドはVISA一択なので、ほかのブランドを検討している方は注意してください。

ラグジュアリーカード(チタン)

「ラグジュアリーカード(チタン)」は金属製のカードが特徴で、国際ブランドはMasterCardが付帯します。

  • 年会費(3点)
  • ポイント還元率(3点)
  • 旅行保険(4点)
  • 空港ラウンジ(3点)

年会費55,000円(税込)ですが、通常1.0%のポイント還元率なため積極的に使うことでお得さがアップするでしょう。

最高1億2千万円の旅行保険が自動付帯するほか、航空機遅延による出費等もサポートしてくれます。

さらに日本国内の主要空港ラウンジは同伴者1名まで無料、 プライオリティ・パス対象の空港ラウンジも無料で利用できます。

JAL アメリカン・エキスプレス・カードプラチナ

国際ブランドに アメリカン・エキスプレスが付帯する「JAL アメリカン・エキスプレス・カードプラチナ」は、年会費34,100円(税込)のプラチナカードです。

  • 年会費(3点)
  • ポイント還元率(3点)
  • 旅行保険(3点)
  • 空港ラウンジ(3点)

最高1億円の旅行保険が付帯するほか、海外航空便遅延お見舞金制度やショッピング保険の年間限度額300万円など、充実しています。

また、ショッピングマイルは100円で1マイル、JALグループ国内線・国際線航空券など、対象商品を購入した際にショッピングマイルに加えて100円で2マイルたまります。

世界1,300ヵ所以上の空港ラウンジを利用できたり、ポイント還元率が高かったりすることも魅力です。

JAL アメリカン・エキスプレス・カード・プラチナ

年会費

初年度: 34,100円(税込)

2年目以降: 34,100円(税込)

ポイント還元率

公式サイト参照

発行スピード

約4週間程度

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 航空券購入は100円=4マイルの付与!
  • 手荷物宅配サービスは往復とも1個無料
  • JALカード唯一のプラチナカード!

ミライノカードPLATINUM

「ミライノカードPLATINUM」は国際ブランドがJCB、さらに通常ポイント1.2%の高還元率が大きな特徴です。

  • 年会費(3点)
  • ポイント還元率(3点)
  • 旅行保険(4点)
  • 空港ラウンジ(2点)

年会費27,500円(税込)で、国内外の旅行中のトラブル時における保険は最高1億円の補償が自動付帯し、家族特約も付いています。

また、プライオリティ・パス対象の空港ラウンジも無料で利用できます。

ラグジュアリーカード(ブラック)

すでに紹介したラグジュアリーカード(チタン)のワンランク上のカードが「ラグジュアリーカード(ブラック)」です。

  • 年会費(2点)
  • ポイント還元率(3点)
  • 旅行保険(4点)
  • 空港ラウンジ(3点)

国際ブランドのMasterCardが付帯し、年会費は110,000円(税込)です。

最高1億2千万円の旅行保険が自動付帯、日本国内の主要空港ラウンジは同伴者1名まで無料、プライオリティ・パスの世界中1,300か所以上の空港ラウンジが無料で利用できます。

次にプラチナカードはどんな人が作れるのかをお伝えします。

プラチナカードはどんな人が作れるの?

プラチナカードは申し込めばどなたでも作れるカードではなく、一般的に以下のような方が保有できる傾向にあります。

上記に当てはまることで、プラチナカードを保有できる可能性は高くなりやすいです。

一般的な審査基準をクリアしている

プラチナカードにかぎった話ではありませんが、一般的な審査基準をクリアすることが保有するための最低限の条件です。

なお、審査基準には申込者自身が

  • 安定収入を継続して得ている
  • 安定した職業に就いている
  • 過去のクレジットカードやローンの利用でトラブルを起こしていない

などが挙げられます。

特に、その中でも金融事故を起こしたことがあると、審査通過の可能性はほとんどないでしょう。

インビテーション条件をクリアしている

一部のプラチナカードでは、カード会社からのインビテーションが届くことを申し込み条件としています。

ただし、インビテーションは誰にでも届くものではありません。

どうすれば届くかの詳しい条件は明確にされていませんが、ワンランク下のゴールドカード保有期間年間利用金額利用状況が良好な方にカード会社がインビテーションを送る、というのが一般的でしょう。

なお、インビテーションが届いた=カード会社に認められた方ですから、プラチナカードを保有できる可能性はかなり高いはずです。

次にプラチナカードの主なメリットをお伝えします。

ここが違う!プラチナカードの主な6つのメリット

手厚い補償やきめ細かなサービスなど、プラチナカードを保有すると以下のようなメリットがあります。

サービス内容はカード会社によって違いはありますが、プラチナカードの多くに共通する6つのメリットをお伝えします。

充実した旅行保険が付帯している

プラチナカードに付帯する保険の補償内容は、ゴールドカード以上に充実度が高くなります。

補償金額の上限もプラチナカードは最高1億円に設定されていることが多く、旅行中の病気やケガ、入院・通院費用や盗難による損害なども補償対象です。

そのほかに、利用する飛行機の乗継遅延や出航遅延が発生した場合、宿泊費や飲食費を補償したり、手荷物紛失時の衣類購入費を補償してくれたりするプラチナカードもあります。

世界中の空港ラウンジを無料で利用できる

飛行機を利用する方に嬉しいサービスとなる「プライオリティ・パス」が無料で付いてきます。

プライオリティ・パスとは、世界1,300ヶ所以上ある空港VIPラウンジを利用できる会員制プログラムです。

ビジネスやエコノミ―など、飛行機の座席クラス関係なく利用可能で、ラウンジではドリンクや軽食の提供を受けたり、インターネットサービスなどを使えたりします。

便利なコンシェルジュサービスを受けられる

コンシェルジュサービスでは、自分専用の秘書がいるかのように代行手配を依頼できます。

24時間365日旅行の手配や予約、レストラン・ゴルフ場の案内をはじめとする会員のさまざまな相談に専任スタッフが対応。

また、入手困難なコンサートや舞台などのチケットを用意してもらえたり、満室のホテルもコンシェルジュ経由であれば予約ができたりするので便利です。

ホテル・レストラン・施設の優待を受けられる

ホテルやレストランをはじめとする施設で優待を受けられることもプラチナカードを保有するメリットです。

予約したホテルの客室のアップグレード、対象レストランで2名以上のコース料理をオーダーすると1名分の料金が無料になるサービスなど、お得感は高まるでしょう。

また、会員限定向けのイベントなどを開催するプラチナカードもあります。

家族も特典を受けられるカードもある

保有するプラチナカードに家族カードを追加することで、家族も本会員と同等のサービスを受けられるようになります。

空港ラウンジの利用はもちろん、海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険なども付帯するので旅行先で万が一のことがおきても安心です。

そのほかに利用金額に応じたポイントが本会員カードと合算して貯まるので、マイルや商品との交換がしやすくなるでしょう。

ステータス性を具現化できる

ゴールドカードよりも上のランクのプラチナカードは、サービス内容の充実度が高い以外にステータス性にも価値があります。

申し込めば誰でも保有できるカードではなく、プラチナカードを持てること自体が大きなステータス性につながるでしょう。

次にプラチナカードのデメリットを2点お伝えします。

申し込む前に要チェック!プラチナカードの2つのデメリット

プラチナカードの申し込み前に、メリットだけでなくデメリットもチェックしておきましょう。

プラチナカードの主なデメリットは以下の2点です。

 詳しい内容についてお伝えします。

年会費が高い

プラチナカードを保有するにあたり、理解しておきたいデメリットは年会費が高額な点です。

発行するプラチナカードによって年会費の金額には大幅な差がありますが、数万円の年会費が必要と考えたほうがいいでしょう。

そのため、ポイント還元やカードの付帯サービス、特典などを活用して年会費以上のお得感につなげる必要がでてきます。

クレジットカードの利用頻度があまりも低い場合、高額な年会費を支払うだけ結果的に損をする可能性があります。

比較的審査基準が高い

プラチナカードに申し込む前に、まずはカード会社の定める審査基準を満たしているかどうかを確認する必要があります。

以下は一般的なプラチナカードの審査基準の一例ですが、比較的高めの傾向になっています。

  • 安定収入を継続的に得ている
  • 社会的な信用がある
  • 申込者本人と連絡が可能

安定収入がなければ支払い能力が低いとカード会社に判断されて、審査基準を満たしていない状態になります。

また、申込者本人に社会的信用があり、電話連絡が取れることも重要です。

一般ランクのカードでは、審査基準を細かく定めていないケースもあります。

しかし、プラチナカードは申込者自身の収入など、さまざまな条件をクリアすることが必要だと理解しておきましょう。

まとめ

プラチナカードは希少性やステータス性に優れているだけでなく、豪華な付帯サービスや特典、安心できる補償内容が用意されています。

高額な年会費に見合うサービス提供があるので、さまざまなシーンで有効活用できるでしょう。

この記事の内容を参考にして、ぜひ自身のライフスタイルに合ったプラチナカードを選びましょう。

プラチナカードを使うことで、快適さ優雅さを感じることができるはずです。

なびすけ
なびすけ

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ