おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

三井住友カード プラチナプリファードと他プラチナカードを比較!最適の1枚を選ぼう

プラチナカードを持ちながらノートパソコンを操作する女性

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

三井住友カード発行でポイントがどんどんたまると人気の三井住友カード プラチナプリファード。

2020年9月1日に発行開始以来、話題を集めています。

三井住友カードに興味がある方、またプラチナカードを考えている方、三井住友カード プラチナプリファードと他のカードとの違いが気になりませんか。

さらに、どんな人におすすめのカードなのか知りたいと思いませんか。

そこでこの記事では、下記について紹介してきます。

他のカードとの比較を中心に三井住友カード プラチナプリファードの特徴を紹介していきます。

くれじい

ぜひ最後まで読んでいただき、三井住友カード プラチナプリファードと他のカードの違いを知り、その魅力に触れてみてください。 

菊地崇仁
監修者

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

新型コロナウイルスの影響もあり、プラチナカードやブラックカードの特典が使えない事も増えています。
各社特典の見直しをしている中、新しく誕生したのがプラチナプリファードです。
ポイントに特化したプラチナカードとなり、特典は最小限のため、一般的なプラチナカードに付帯するようなサービスを期待していると期待外れになります。

基本還元率は1%、宿泊施設などを利用すると10%還元までアップ
コンビニやスーパーなどでもポイントアップがあり、オールマイティーな1枚と言えます。
年間利用額に応じてのボーナスポイントも優秀です。

ただし、年会費が33,000円(税込)のため、ある程度の利用金額が必要で、最低でも200万円程度は使う人向けカードとなります。
ベストは400万円程度利用する方です。この場合、年会費無料で還元率が1%のカードよりもお得に利用できます。

この記事を執筆・監修している専門家
  • 菊地崇仁
  • 監修者 菊地崇仁
    クレジットカード専門家

    約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

    詳細はこちら

ちょっと知っておくと得をする便利な機能

プラチナカードのアップ

国際ブランドはVISAのみで、タッチ決済に対応している、新しい技術を導入したプラチナカードです。

概要については下記の記事に詳しく書いていますので、ぜひご確認ください。

ここでは上記記事に書かれているカードの特長に加えて、ちょっと知っておくと得をする便利な機能について紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

選べる支払方法と支払日

三井住友カード プラチナプリファードは1回払い以外も利用できます。

利用できるのは1回払いに加えて、2回払い、ボーナス一括払い、リボ払い、分割払いと多彩です。

支払日は15日締め10日払いまたは月末締め翌月26日払いのいずれかから選択することができます。

金額を調節できますし、支払日も給料日などに合わせて選べることから、自分の状況に合わせて無理なく使っていけるカードです。

スタイリッシュでセキュアなデザイン

三井住友カード プラチナプリファードのカードデザインはとてもシンプル。

ブラックまたはプラチナホワイトのシックな2種類のデザインから選択できます。

表面にカード番号が記載されておらず裏面に記載されており、VISAのロゴは偽造しにくいホログラムロゴとなっています。

プラチナカードにふさわしい高級感あるスタイリッシュなデザインであると同時に、セキュリティ対策にも力を入れたデザインとなっており、安心して利用可能です。

旅行時に便利な空港ラウンジサービス

出張などの旅行時にも三井住友カード プラチナプリファードを持っていると、空港ラウンジが利用できとても快適な時間を過ごすことができます。

対象となるのは国内の主要空港、およびハワイ ホノルルの空港内にあるラウンジです。

一般的なプラチナカードのような、プライオリティ・パスの無料特典は付帯していません

海外に行く機会が多い人にとっては少し物足りないですが、社会情勢を考えるとこれで十分な人も多いでしょう。

この章では、三井住友カード プラチナプリファードのちょっと知っておくとお得な機能を紹介しました。

次の章では、三井住友カード プラチナプリファードと、三井住友カードでも人気のあるプラチナとゴールドとの違いについて紹介していきます。

三井住友カード プラチナとゴールドとの違い

クレジットカードとコイン

この章では、三井住友カード プラチナプリファードと、三井住友カード プラチナ、三井住友カード ゴールドとを比較していきます。

自身に合っているのはどのカードなのかを確認することができるでしょう。

三井住友カードプラチナカードとゴールドカードとの比較一覧表

名称 年会費
(税込)
入会
資格(※1)
通常ポイント還元率 旅行傷害保険
最高補償額
三井住友カード
プラチナプリファード
33,000円 満20歳以上

1%

5,000万円
三井住友カード プラチナ 55,000円 満30歳以上

0.5%
【ポイントUPモール(※2)優待有

1億円
三井住友カード
ゴールド

11,000円
ネット申し込みで初年度無料

満30歳以上

0.5%
【ポイントUPモール(※2)優待有

5,000万円

※1各年齢制限に加えて本人に安定継続収入のある方が対象
※2ポイントUPモールを経由して購入するとポイント+0.5~+9.5%還元。さらにプラチナ・ゴールドカード会員限定の優待特典も有。

では、詳しく見ていきましょう。

三井住友カード プラチナとの比較

三井住友カード プラチナは、三井住友カード プラチナプリファードより前から発行されていたプラチナカードで、

  • プライオリティ・パス
  • プラチナオファー(会員限定イベント等)
  • 宿泊・レストラン・舞台などの特別優待

といった三井住友カード プラチナプリファードにはない一般的なプラチナカードらしい付帯サービスが魅力です。

ただし、ポイント還元率は三井住友カード プラチナプリファードに劣るので、

  • ポイントより付帯サービスを重視したいなら三井住友カード プラチナ
  • ポイントを重視したいなら三井住友カード プラチナプリファード

を選ぶといいでしょう。

三井住友カード ゴールドとの比較

三井住友カード ゴールドは、最短翌営業日に発行できるうえ、インターネット入会なら初年度年会費が無料になります。

2年目以降も年会費11,000円(税込)と他プラチナカードに比べてお手頃なうえ、旅行傷害保険最高補償額は三井住友カード プラチナプリファードと同じです。

空港ラウンジサービスもあるなど、充実した付帯サービスで利便性の面でも優れたカードです。

しかし、通常のポイント還元率は、三井住友カード プラチナプリファードに比べて低くなりますので、

  • 年会費を抑えて優待サービスを充実させるなら三井住友カード ゴールド
  • 高ステータス還元率カード所有したい場合は三井住友カード プラチナプリファー

を選ぶといいでしょう。

三井住友カード ゴールド

3.29
年会費

初年度: 無料

2年目以降: 11,000円(税込)※

ポイント還元率

0.5%~2.5%

発行スピード

最短翌営業日

国際ブランド VISA MasterCard
電子マネー Visa Touch(ビザタッチ) Apple Pay(アップルペイ) Google Pay(グーグルペイ) iD(アイディ) WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 三井住友カードゴールドがリニューアル!
  • 新規入会で最大5,500円相当プレゼント!
  • Web入会者は初年度年会費無料、翌年度も条件付きで4,400円(税込)に割引!
《入会特典》最大5,500円相当のポイントプレゼント! 申し込みはこちら

※マイ・ペイすリボ登録+年1回以上のリボ払い手数料のお支払いで翌年度以降は半額(カードご利用代金WEBサービスご加入でさらに1,000円引)

この章では、三井住友カード プラチナプリファードと同じ三井住友カードのプラチナとゴールドの比較を紹介しました

次の章では、他社のプラチナカード三井住友カード プラチナプリファードを比べてみることにしましょう

他社のプラチナカードとの比較

両手を広げるスーツ姿の女性

三井住友カード プラチナプリファードの特筆すべき所は、年会費やポイント付与率、付帯サービスなどが、他のプラチナカードと大きく異なる点です。

この章では、三井住友カード プラチナプリファードと下記プラチナカードとの違いを比較していきます。

詳しく見ていきましょう。

三井住友カード プラチナプリファード主なプラチナカードとの比較一覧表

名称

年会費
(税込)

通常ポイント
還元率
旅行傷害保険最高補償額 プライオリティ・パス コンシェルジュ
三井住友カード プラチナプリファード 33,000円 1% 5,000万円 × 24時間・
年中無休
JCBプラチナ 27,500円 0.5% 1億円 24時間・
365日
ANA VISA プラチナ プレミアムカード 88,000円 0.5%
※マイルレートが良い
1億円 24時間・
年中無休
セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード 22,000円 0.75% 1億円 24時間
365日(※)
TRUST CLUBプラチナマスターカード 3,300円 0.5% 3,000万円 × トラベルデスクのみ

※「カードのご利用に関するお問い合わせ」のみ9:00~21:00の対応となります。

ポイント還元率は高いものの、他社のプラチナカードにあるようなプライオリティ・パスの発行サービスなど、付帯サービスが少ないことがわかります。

それでは、それぞれのカードと比較していきましょう。

JCBプラチナとの比較

JCBプラチナは国内のクレジットカード会社であるJCBが発行するプラチナカード。

年会費が3万円以下と比較的低めなのに、プラチナカードならではの付帯サービスが充実しています。

ただし、ポイント還元率は0.5%と、そう高くありません。

さらに上位のJCBザ・クラスを持ちたいがために、まずJCBプラチナを持つ人も多いです。

クレジットカードにステイタス性の高さやサービスの充実を求めるならJCBプラチナがいいですが、ポイント重視であれば三井住友カード プラチナプリファードを選びましょう。

JCBプラチナ

3.25
年会費

初年度: 27,500円(税込)

2年目以降: 27,500円(税込)

ポイント還元率

0.5%~5.0%

発行スピード

最短3営業日(通常1週間程度)※

国際ブランド JCB
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Google Pay(グーグルペイ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • ETC
注目ポイント
  • JCB最高級のプラチナカードが登場!
  • 専用パスで海外空港ラウンジが利用可能に
  • スターバックスオンライン利用で8%還元!
\新規入会限定/Amazon.co.jpで利用すると最大30,000円キャッシュバック! 申し込みはこちら

※翌日お届け対象外

ANA VISA プラチナ プレミアムカードとの比較

ANA VISAプラチナ プレミアムカードは、三井住友カードがANAと提携して発行しているプラチナカード。

年会費が8万円程度と高額な分、付帯サービスが充実しています。

ポイント還元率は0.5%と平凡なものの、ANAマイルへの交換を考えた場合、下記のような違いがあります。

三井住友カード プラチナプリファード 100円ごとに0.6マイル
ANA VISAプラチナ プレミアムカード 200円ごとに3マイル
(100円あたり1.5マイル)

ポイントをためたいのか、ANAマイルをためたいのかが、三井住友カード プラチナプリファードにするのか、ANA VISA プラチナ プレミアムカードを選ぶのかの判断基準です。

セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カードとの比較

セゾン・プラチナ・アメリカンエキスプレスは、クレディ・セゾンが発行するプラチナカード。

プラチナカードとしては控えめな年会費なのに、プライオリティ・パスや日常生活で活用できる付帯サービスが充実していることで人気があります。

ポイント還元率は0.5%程度と平凡ではあるものの、SAISON MILE CLUBに申し込むと、月末の利用額1,000円ごとにJALのマイルが10マイルたまるのが大きなメリット。

JALのマイルをためたい人や、プライオリティ・パスが欲しい人ならセゾン・プラチナ・アメリカンエキスプレス、ポイントを現金と同じように使いたいなら三井住友カード プラチナプリファードを選ぶといいでしょう。

TRUST CLUBプラチナマスターカードとの比較

TRUST CLUBプラチナマスターカードは、一般カード程度の年会費で持てるプラチナカード。

しかし、付帯サービスは限られていますし、ポイント還元率も一般カード程度です。

何でもいいからプラチナカードを持ちたい人にとっては、TRUST CLUBプラチナマスターカードを持つメリットがあるかもしれませんが、カードで支払う金額が高額になればなるほど、三井住友カード プラチナプリファードを選ぶとメリットが大きいです。

TRUST CLUB プラチナマスターカード

4.5
年会費

初年度: 3,300円(税込)

2年目以降: 3,300円(税込)

ポイント還元率

0.5%

発行スピード

2~3週間(カード到着)

国際ブランド MasterCard
電子マネー
  • 海外旅行保険
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • プラチナクラスの特典が満載!
  • 有名レストランのコース料理が1名無料
  • 有効期限がないポイントプログラム!

この章では、三井住友カード プラチナプリファードと主なプラチナカードとの違いを比較してきました。

次の章では、三井住友カード プラチナプリファードがどんな人におすすめなのかを紹介していきます。

三井住友カード プラチナプリファードはこんな人におすすめ

三井住友カード プラチナプリファードは付帯サービスが限定されていますが、ポイントがつきやすいカードです。

ここまで紹介してきた特徴や他のカードとの違いを踏まえて、三井住友カード プラチナプリファードがどんな人におすすめなのかを紹介していきます。

詳しく見ていきましょう。

ポイントのつきやすさを重視したい人

三井住友カード プラチナプリファードは通常ポイントの還元率でも1%と、他社プラチナカードに比べて高いです。

使う店によっては、さらに1〜9%ポイント加算され、さらにポイント還元率が高くなります。

たとえ付帯サービスが限られていても、ポイントのつきやすさを重視して、目に見えるお得さでカードを選びたい人におすすめです。

セキュリティ対策がしっかりしているカードが欲しい人

クレジットカードは便利な反面、偽造カードなどのリスクが伴ってしまいます。

カード番号やセキュリティコードがもれてしまうと、悪用されてしまうリスクが高いです。

三井住友カード プラチナプリファードはカード番号が表ではなく裏面にあるうえ、偽造しにくいホログラムロゴを使用しているなど、悪用されにくいよう工夫されています。

セキュリティ対策がしっかりされているかどうかを重視してクレジットカードを選びたい人にとって、三井住友カード プラチナプリファードはメリットが大きいです。

まとめ

高額な年会費が発生するプラチナカードは、付帯サービスが充実していてもポイントはいまひとつなことが意外と多いのです。

三井住友カード プラチナプリファードは他社と比較して付帯サービスよりポイントに注力したプラチナカード。

通常でもポイント還元率は1%お店によっては1〜9%加算と、利用額が高額な人ほどメリットが大きいカードです。

旅行のためにクレジットカードを持っていた人は、旅行関連の付帯サービスが社会情勢などの影響で活用できないことも多いので、三井住友カード プラチナプリファードのようなポイント重視のカードに切り替えるのもおすすめです。

くれじい

クレジットカードを使う機会が多い人は、ぜひ検討してみてください。

菊地崇仁
菊地崇仁

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ