おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

楽天カードのオペレーターと話したいときの問い合わせ電話番号

クレジットカードの補償を案内するコールセンター

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

すぐに楽天カードのオペレーターと話したい方は、営業時間内であれば下記の電話番号から問い合わせができます。

コンタクトセンター(9:30-17:30)

ナビダイヤル:0570-66-6910

※ナビダイヤルを使えない場合:092-474-6287(有料)

楽天カードは、会員数も国内トップクラスを誇る人気のカードです。その分コールセンターに問い合わせる人の数も多そうで混雑していそうですよね。

できれば早く楽天カードにまつわる疑問を解決したいものです。下記についてどうすればいいのか疑問に思ってはいませんか?

今回は上記のような楽天カードの問い合わせに関する疑問について解説します。

に分けてご紹介しております。

記事を読むことで、楽天カードについて問い合わせたい人が、電話問い合わせ先や混雑状況や通話料がわかります。

自分が問い合わせるべきか、問い合わせる必要がないのかについて判断ができるようになります。

楽天カードからの乗り換えにおすすめ

年会費無料ポイント還元率も高い上にETCカード年会費無料のハイスペックな「JCB CARD W」がおすすめです!

JCB CARD W

3.5
年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

1.0%~5.5%

発行スピード

最短3営業日(通常1週間程度)※

国際ブランド JCB
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) Google Pay(グーグルペイ) QUICPay(クイックペイ) Suica(スイカ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 【年会費永年無料】ポイントいつでも2倍以上!
  • 【入会特典】Amazon利用でポイント30倍キャンペーン!
  • 【期間限定】お友達紹介で最大5,000円相当のポイント!
\新規入会限定/Amazon.co.jpで利用すると30%キャッシュバック! 申し込みはこちら

※翌日お届け対象外

楽天カードの問い合わせ先

デスクで電話をする女性

この章では、楽天カードの電話での問い合わせ先をご紹介していきます。楽天カードに関するほとんどの手続きは、ウェブの会員サービスである「楽天e-NAVI」を通じて行えます。

ただし、電話でないとできない内容もあるため、問い合わせ先の電話番号や混雑状況などを知っておくと大変便利です。

問い合わせ先電話番号

楽天カードの問い合わせ先は、下記の通りです。

自動音声受付メニュー

  • フリーダイヤル24時間受付 :0120-30-6910 ※携帯電話、PHSでもOK
  • フリーダイヤルを使えない場合(有料):092-474-9255

コンタクトセンター (営業時間9:30-17:30)

  • ナビダイヤル:0570-66-6910 ※PHSやIP電話等で使えない場合あり
  • ナビダイヤルを使えない場合(有料) :092-474-6287

0120または0570で始まる番号は、楽天カードの券面裏側にも記載されています。もしカードをなくしてしまった場合は確認できないため、いざという時のために上記の番号を控えておくことをおすすめします。

問い合わせする内容によってかけるべき番号が異なり、楽天e-NAVIから受付できる内容も多いです。そのため、まずは楽天e-NAVIで手続きできないか確認してみるのがおすすめです。

フリーダイヤルではない!かかる通話料

オペレーターにつなぎたい内容の場合は、フリーダイヤルではないため通話料がかかります。

自動音声メニューで受付できない場合はコンタクトセンターでの受付となるため、ナビダイヤルへの通話料金(全国共通)または市外局番092への通話料金がかかってしまうからです。

固定電話・携帯電話・IP電話など、どの種類の電話回線からかけるかによって、通話料金の負担が異なります。

待ち時間も通話時間に含まれるため、待ち時間が長いと通話料金が高額になってしまう場合もあります。

ナビダイヤルとは

ナビダイヤルとは、全国共通の料金で受付可能な電話番号です。

多くの電話を1つの電話番号で受信してから適切な部署に振り分けたり適切な音声ガイダンスを流したりする機能があるため、コールセンターなどでよく用いられています。

番号は、「0570+6桁」で成り立っています。 ナビダイヤルの通話料金は下記のとおりです。

例)3分通話した時の料金(税込)
    • 固定電話 :9.18円~43.2円
    • ひかりライン回線、一部IP電話 :8.64円
    • スマートフォン、FOMA以外の携帯電話 :86.4円~97.2円

料金の幅は、時間帯や基地局までの距離によるものです。例えば通話時間が10分かかってしまうと、携帯電話の場合約300円もかかってしまいます。

ナビダイヤルは携帯電話会社の無料通話の対象外なので、もし通話料金を安くしたい場合は、092から始まる番号へかけることで通話料金を安くできます。

固定電話からの人はナビダイヤルへかけるほうが割安な場合が多いです。

カード紛失や盗難の場合の問い合わせ先

楽天カードを紛失したり盗難に遭ってしまった場合は、下記の専用電話番号でカード停止の受付を行っています。

  • フリーダイヤル:0120-86-6910
  • フリーダイヤルがつながらない場合:092-474-9256
  • 海外渡航先から (コレクトコール可能、緊急再発行にも対応):81-92-474-9256

この番号に電話することで、楽天カードは直ちに使えなくなります。

24時間365日無休で対応してくれるため、万が一旅行中に紛失してしまったとしてもすぐにカードを停止してもらえるのは助かります。

楽天カードを持っている人は、万が一の時のために控えておきましょう。

楽天カードコールセンターの混雑状況を予想

楽天カードのコールセンターは、毎月の引落日以降数日が特に混雑することが予想されます。

特に、引落日当日は下記のような問い合わせが多い傾向にあります。

主な問い合わせ
    • 引き落としができていなかった
    • カードが使えない

時間帯としては、平日午前中の早めの時間や、会社員のお昼休みにあたる12時前後は混雑していることが多いです。

詳しくは、公式サイトに時間別混雑予測カレンダーが掲載されているため参考にしてみてください。

解決策として、平日の15時以降が比較的つながりやすいことが多いため、混雑時には特におすすめの時間帯です。

電話でなくてはできない問い合わせ内容

楽天カードには、電話でなくてはできない問い合わせがあります。ほとんどの問い合わせ内容は、楽天e-NAVIで受付可能ですが、下記の内容については電話での問い合わせが必要です。

電話での問い合わせが必要な内容
  • 盗難
  • 紛失
  • 退会
  • キャンペーンのエントリー状況
  • ポイントの確認以外のキャンペーン
  • ポイント関連の問い合わせ
  • 楽天e-NAVIで受付できない支払いに関する問い合わせ
  • 利用残高の一括支払い
  • その他の問い合わせ

そのため上記の問い合わせについてはコンタクトセンターへ連絡しましょう。 楽天カードには、楽天e-NAVIで手続きできる内容も多いです。

楽天e-NAVIで手続きすることで、待ち時間や通話料の負担も少なく済みます。問い合わせを考えている人は、まずは、楽天e-NAVIで受付できないかどうか確認してから電話するようにしましょう。

電話での問い合わせが必要な場合も、できるだけ通話料金の負担が少なく済む方法でかけることをおすすめします。

次の章では、楽天カードのよくある問い合わせ内容をご紹介していきます。

楽天カードよくある問い合わせ内容

疑問を持つ女性

楽天カードによくある問い合わせは、既に楽天カードを持っている人からの問い合わせとこれから楽天カードに入会したい人からの問い合わせに分かれます。

中には、電話でなくても解決できるものもあります。それぞれどのような問い合わせがあるのかを詳しく解説していきます。

楽天カードに入会している人

楽天カードを持っている人からの問い合わせでは下記のようなものが多い傾向にあります。

  • 締め日や支払いに関するもの
  • 会員サイトのログインに関するもの
  • 登録情報の変更の仕方
  • 入会ポイントをもらえる時期

退会に関するもの これらのよくある問い合わせ内容をまとめていきますので、参考にしてみてください。

締め日と支払い日が知りたい

楽天カードの締め日支払い日は下記の通りです。

  • カード利用締め日:月末
  • 請求日(支払い日):翌月27日 (金融機関が休業日の場合は翌営業日)

カードを利用したお店が請求処理をする日程によっては、請求が前後する場合もあります。

毎月の請求額は、毎月12日頃にわかります。引き落としする銀行はどの銀行であるかや入会日に限らず一律で、同じ締め日と請求日です。

残高が足りなくなりそうだからどうするべきか知りたい

引落口座の残高不足で利用金額後の支払いができなかった場合も、対象の銀行であれば再振替サービス(自動再引き落とし)を行っています。

再振替サービスの回数が引落口座がどの銀行であるかによって異なります。再振替サービスに対応していない場合や振替期間を過ぎてしまった場合は、指定口座への振り込みが必要です。

振込先の確認や受付は、楽天e-NAVIか自動音声ダイヤルで可能です。

残高が足りなくなってしまうとクレジットヒストリーに悪影響なのはもちろん、本来払う必要がない金利を払わなくてはなりません。

そのようなことがないように支払日までに残高を準備しておきましょう。

支払い日よりも前に支払いたい

楽天カードの利用代金の支払い日の変更を含めた支払い関連の手続きは、楽天e-NAVIまたは電話で可能です。

楽天e-NAVI 電話
利用残高の一括(全額)支払い ×

自動音声受付メニュー
コンタクトセンター

リボ残高の全額支払い

自動音声受付メニュー
コンタクトセンター

自動リボの登録・解除

自動音声受付メニュー
コンタクトセンター

利用残高の一部支払い ×

コンタクトセンター

リボ残高の一部支払い

コンタクトセンター

リボ払い・分割払いへの変更

コンタクトセンター

リボ払いコースの変更

コンタクトセンター

「リボおまとめ払い」の申し込み コンタクトセンター
キャッシングの申し込み

自動音声受付メニュー
(テレフォンキャッシング)

このように、ほとんどの手続きが楽天e-NAVIで完結可能です。

通話料を負担しなくても楽天e-NAVIで手続き可能な場合が多いので、まずは確認してから電話するようにしましょう。 詳しくは、下記ページをご確認ください。

PC公式サイト
スマートフォン公式サイト

会員サイトにログインできない

会員サイトである楽天e-NAVIにログインできない場合は、メール・またはコンタクトセンターで案内しています。

IDやパスワードがわからない場合は、e-NAVIから手続きすると、メールで案内してもらえます。

それ以外のログインに関する質問は電話での対応ですが、コンタクトセンターでの受付です。

営業時間が限られているうえに通話料もかかるため、電話問い合わせは最終手段にしておくのがおすすめです。

登録情報を変更したい

楽天カードへの登録情報の変更は、基本的には楽天e-NAVIまたは自動音声受付メニューで受付可能です。 受付可能な内容には下記のようなものがあります。

  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 氏名の変更

氏名の変更は、受付後郵送されてくる書類を提出する必要がありますが、他のメニューは基本的に楽天e-NAVIまたは自動音声受付メニューで完結します。

待ち時間がなくて済む楽天e-NAVIからの受付がおすすめです。

入会ポイントがいつもらえるか知りたい

楽天カードの入会ポイントがもらえるタイミングは行われているキャンペーンの内容により異なりますが、入会ポイントには下記のような付与方法があります。

  • 楽天e-NAVIから新規入会特典ポイントの受け取り手続きが必要なもの
  • 楽天カードを利用することで付与されるもの
  • 期間限定ポイント

特に、期間限定ポイントは利用できる期間がとても短い場合もあります。自分がもらえるポイントがどの程度なのかは、入会前にしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

どうしてもわからない場合は、コンタクトセンターに問い合わせてみましょう。

退会したい

楽天カードを解約したい場合は、コンタクトセンターで受付でき、ホームページ上での解約はできません。

解約するのにも通話料金がかかってしまう電話番号であるため、できるだけ混雑していない時間帯にかけることをおすすめします。

【退会を検討されている方へ】
退会した後、次に作るカードを悩んでいるという方はぜひ下の記事も読んでみてください。

これから楽天カードに入会したい人

これから楽天カードへの入会を考えている人から多い問い合わせ内容には、 

  • 入会手続き方法
  • 審査に通過するかどうか

上記があります。それぞれの内容を詳しく見ていきましょう。

入会の手続き方法が知りたい

楽天カードの入会はインターネット経由で可能です。電話や郵送などによる入会は受け付けていません。

もともとインターネットショッピングモールである楽天市場が発行しているカードなので、インターネットを利用することが前提になっています。

申込がインターネットなので申込書の郵送などの時間がかからない分、スピーディーに手続きできます。

今すぐ申し込みをしたい方は、下の「公式サイトはこちらから」簡単にお申込みしていただけますよ。

楽天カード

3.48
年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

1.0%~3.0%

発行スピード

7営業日程度

国際ブランド VISA MasterCard JCB アメリカン・エキスプレス
電子マネー 楽天Edy(エディ)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 顧客満足度No.1
  • 楽天ポイントがザクザク貯まる
  • 楽天市場のお買い物はいつでもポイント3倍!

審査に通過するか不安なので確認したい

楽天カードが審査の状況は、ウェブまたは電話で確認可能です。 ウェブからは、カード発行状況の確認ページで下記の事項を入力することで確認できます。

  • カード申し込み受付ID
  • 生年月日
  • 電話番号(下4桁)  

電話の場合は、コンタクトセンターで確認できます。

ウェブからの確認であればすぐに確認できるのでおすすめです。 楽天カードによくある問い合わせ内容をご紹介してきました。

電話からでないと問い合わせできないものは少ないため、まずはウェブで手続きできないのかを確認してから電話するのがいいでしょう。

また、こちらの記事でも楽天カードの審査について知ることが出来ますので、ぜひ読んでみてください!

まとめ

今回の記事では、楽天カードのコールセンターとよくある問い合わせ内容について解説してきました。ポイントをおさらいします。

8つのポイント

      1. 楽天カードのコールセンターには自動音声受付メニューとコンタクトセンター、紛失・盗難の場合の窓口がある
      2. 自動音声受付メニューにはフリーダイヤルもあるが、コンタクトセンターは有料
      3. コンタクトセンターのナビダイヤルへ携帯電話からかけると高額になる
      4. 楽天カードのコールセンターは平日の15時以降が比較的つながりやすい
      5. 登録情報の変更や支払い方法の変更など、ほとんどの手続きは楽天e-NAVIから可能
      6. 楽天e-NAVIからできない手続きは盗難・紛失・退会・利用残高の一括支払いなどごく一部
      7. 楽天カードは月末締め翌27日払い
      8. 入会はウェブからのみ可能で、審査状況はウェブや電話で確認可能

楽天カードはウェブからの手続きや問い合わせ対応が充実しているので、電話でないとできない内容は限られています。

どうしても手続き方法がわからない場合や電話手続きが必須となっている場合を除いてはウェブ手続きを行うことをおすすめします。

今回の記事を「自分がコールセンターへ問い合わせるべきか」「問い合わせる必要がないのか」の判断材料にしてみてください。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ