おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

給与デジタル払いを知っている人は約4割!うち約4割はボーナスのデジタル払いに賛成~夏のボーナスの使い道、コロナ禍で最も増加したのは「貯金」~

夏のボーナス×給与デジタル払いについての調査
# コラム

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

株式会社エイチームのグループ会社である株式会社エイチームフィナジー(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:林和樹)が運営する「ナビナビクレジットカード」は、給与のデジタル払いについて政府が検討を進めていることにともない、夏のボーナスがある会社で働いている20歳から60歳以上の男女を対象に「給与デジタル払い」と「コロナ禍でのボーナスの使い道の変化」に関する意識調査を実施しました。

調査の結果、約4割の人が給与デジタル払いを知っていることが判明しました。
さらに給与デジタル払いを知ってる人の中の約4割は、ボーナスのデジタル払いに賛成と思っているということが分かりました。

今後、給与デジタル払いの仕組みが認知されていけば、給与のデジタル払いの普及が進んでいくかもしれません。

調査サマリー
  • 給与デジタル払いを知っている人は約4割
    給与デジタル払いを知っている人のうち約4割は、ボーナスのデジタル払いに賛成
  • ボーナスのデジタル払い賛成派の最も多い賛成理由は「ポイントが貯まる
    反対派の最も多い反対理由は「セキュリティ面の不安
  • 夏のボーナスの使い道、コロナ禍で最も減少したのは「旅行費」最も増加したのは「貯金
  • 約6割の人が給与デジタル払いのセキュリティ面について不安に思っている

【調査概要】

調査方法 インターネットによる調査
調査対象 20代から60代以上の男女
夏のボーナスがある会社で働いている経営者・役員・会社員
調査期間 2021年6月2日~6月4日
調査エリア 全国
サンプル数 771
調査機関 Fastask

給与デジタル払いを知っている人は約4割!
うち約4割は、ボーナスのデジタル払いに賛成

「給与デジタル払い(デジタルペイロール)についてご存知ですか」と質問したところ、

「はい」と回答した人が42.6

という結果になり、半数近くが給与デジタル払いについて知っていることがわかりました。

給与デジタル払い(デジタルペイロール)についてご存知ですか?

さらに、給与デジタル払いを知っている人に対して「夏のボーナスがデジタル払いになるのは賛成ですか」と質問したところ、

「はい」と回答した人が42.1

という結果になりました。

「夏のボーナスがデジタル払いになるのは賛成ですか?

今後、給与デジタル払いの認知が進むにつれて、デジタル払いに賛成派の人は増加するかもしれません。

ボーナスのデジタル払い賛成派の最も多い賛成理由は「ポイントが貯まる」
反対派の最も多い反対理由は「セキュリティ面の不安」

夏のボーナスがデジタル払いになることについて、賛成派の方に給与デジタル払い賛成の理由を質問したところ、

71.9%と最も多かったのは「ポイントが貯まるから」

という回答でした。

「はい」と選んだ理由は何ですか?

また、反対派の方に給与デジタル払い反対の理由について質問したところ、

「セキュリティ面が不安だから」という回答が67.2%

という結果になり、セキュリティ面に対して不安を感じている方が多いことがわかりました。

「いいえ」と選んだ理由は何ですか?

夏のボーナスの使い道、コロナ禍で最も減少したのは「旅行費」最も増加したのは「貯金」

「新型コロナウイルス感染症が流行る前では、夏のボーナスを主に何に使っていましたか」と質問したところ、

「貯金」と回答した人が37.8%

と最も多い結果になりました。

新型コロナウイルス感染症が流行る前では、夏のボーナスを主に何に使っていましたか?

続いて「今年の夏のボーナスは主に何に使う予定ですか」と質問したところ、

42.7%が「貯金」
17.9%「ローンや借金の返済」
13.4%が「特に決めていない」

という結果になりました。

今年の夏のボーナスは主に何に使う予定ですか?

コロナ以前とコロナ後を比較するとやはり大きく変動したのが「旅行費」でした。

海外旅行ができないことや国内旅行の減少もあり、「旅行費」が20.6%から5.4%と大きく減少しました。
貯金」は37.8%から42.7%と増加しており、コロナ禍ということもあり、支出を抑え貯金する人が増えたようです。

約6割の人が給与デジタル払いのセキュリティ面について不安に思っている

給与デジタル払いの懸念点について質問したところ、

「セキュリティ面が不安」という回答が58.3%

と最も多くなりました。
次いで「対応する決済方法に制限がありそう」という回答が44.9%、「メリットがイマイチわからない」という回答が36.4%という結果となりました。

給与デジタル払いの懸念点はありますか?

新しい給与の支払い方法のため、不安に思う人やユーザー側のメリットについてわからないと思っている人が多いことがわかりました。

ユーザー側には、銀行口座を介さずに入金と支払いがスマホひとつで可能となるなどのメリットが認知されるようになれば、今後給与デジタル払いの賛成派が増えてくるかもしれません。

専門家からのワンポイントアドバイス

調査の結果、

約4割の人が給与デジタル払いを知っており
そのうちの約4割の人がその新たな仕組みに賛成

と思っていることがわかりました。

ボーナスのデジタル払いを賛成する理由としては、「ポイントが貯まる」という回答が一番多く、今年の夏のボーナスの使い道として一番多かったのは「貯金」という回答でした。

ここで注意しておきたい点が、

給与が振り込まれる=ポイントが付与される」ではなく、
デジタル払いされ、
そこから「キャッシュレス決済を行うことでポイントが付与される

という点です。
しかし、普段からキャッシュレス決済サービスを利用する人であれば、チャージの手間が省ける分、より手軽にポイントを貯めやすくなるでしょう。

その他にも、銀行口座からお金を引き出す際の手数料の負担がなくなったり、外国籍の人で銀行口座を持っていない人には使い勝手がよくなったりするといったメリットもあります。

デジタル払いでの給与受け取りの流れとして想定されるのは、以下のような流れです。

STEP.1

デジタル払い希望者が振り込んでほしいサービスを選択

.
STEP.2

雇い主側が同じサービスのアカウントから送金する

.

全銀システムが、雇い主側の銀行口座から労働者の希望するアカウントに直接送金できるよう改定されるという話もされています。

この仕組みの部分がより詳細に公表されるようになれば、反対派の一番多かった理由である「セキュリティの不安」が改善され、給与デジタル払いの賛成派もさらに増え、よりキャッシュレス決済の需要も高まってくるのではないでしょうか。

(ナビナビクレジットカード編集部 船戸 朔夜)

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ