おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

イオン銀行キャッシュ+デビットは活用幅の広いカード!メリットや特典を徹底解説

デビットカードを持ち微笑む白い服を着た女性
# デビットカード

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

「イオングループで手軽に使えるデビットカードが欲しい」
「イオン銀行のキャッシュカードと電子マネーWAONが一体になったカードを探している」

このような人におすすめしたいのが、

  1. イオン銀行のキャッシュカード
  2. 電子マネーWAON
  3. JCBデビット

の3つが一体となった「イオン銀行キャッシュ+デビット」です。

年会費は無料で申し込み時に審査はなく、15歳以上なら高校生でも作成することができます。

イオングループの対象店舗で「5%割引」や「還元率アップ」などの特典が受けられるのも魅力です。

この記事では、イオン銀行キャッシュ+デビットの

などについて詳しくご紹介します。

記事を読むことでイオン銀行キャッシュ+デビットに対する理解が深まり、納得してカードを作成できるようになりますので、ぜひ最後までお読みください。

なびすけ
なびすけ

イオン銀行キャッシュ+デビット

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.5%~1.0%

発行スピード

約2週間

国際ブランド JCB
電子マネー WAON(ワオン)
注目ポイント
  • お客さま感謝デーはお買物が5%OFF!
  • イオンシネマがいつでも300円割引

「イオン銀行キャッシュ+デビット」の4つのメリット

「イオン銀行キャッシュ+デビット」には、次のような4つのメリットがあります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。  

感謝デーなどのイオンやWAONの特典が受けられる

毎月20日と30日にイオングループの各店舗で開催される「お客さま感謝デー」でイオン銀行キャッシュ+デビットを利用すると、5%OFFでお買い物が楽しめます。

55歳以上の方は、毎月15日の「G.G感謝デー」でもお買い物代金が5%OFFとなります。

イオンシネマでは、イオン銀行キャッシュ+デビットを提示するだけで、映画一般通常料金が300円OFFになります。

カード会員だけではなく、同伴者1名も割引となるので、2名で映画鑑賞に行けば合計600円引きです。

いつでも割引になるので利用する日を選びません。  

デビットカードの中では還元率が高い

イオン銀行キャッシュ+デビットは、カードショッピング200円(税込)ごとに、WAON POINTが基本1ポイント貯まります。

一般的なデビットカードは還元率が低く、0.2%や0%というカードも少なくありません。

しかし、イオン銀行キャッシュ+デビットは、通常利用でも0.5%という還元率を実現しています。   

イオングループ対象店舗ならポイント還元率1%

イオングループ対象店舗にてデビットでお買い物をすれば、WAON POINTがいつでも2倍還元率1%にアップします。

クレジットカードでも1%という還元率は高い部類になるため、イオン銀行キャッシュ+デビットの還元率は、デビットカードの中で突出していると言えます。   

WAONオートチャージでイオングループ以外でも1%還元

「WAONオートチャージ」でチャージしたWAONを利用すると、還元率が「チャージ時の0.5%+利用時の0.5%」になるため、イオングループ以外のお店で使っても還元率が1%になります。  

デビットカード・キャッシュカード・電子マネーの機能が一枚に

イオン銀行キャッシュ+デビットは、次の3つの機能が1枚に集約されています。

  1. イオン銀行のキャッシュカード
  2. 電子マネーWAON
  3. JCBデビットカード

シーンに合わせて複数枚のカードを使い分ける必要がないので大変便利です。

多くのカードを持ち歩く手間も省けます。  

不正使用や商品破損もしっかり保証

イオン銀行キャッシュ+デビットは、デビットカードでありながらも、不正使用の損害額保障が無料付帯しています。

紛失や盗難などで不正利用された場合は、紛失届が受理された日を含めた61日前までさかのぼって全額補填されます。

また、ショッピング保険が付帯しているのも特徴で、商品の購入日から180日以内に破損や火災といった事故の被害に遭った場合は、年間最大50万円まで購入代金が補償されます。

イオン銀行キャッシュ+デビット

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.5%~1.0%

発行スピード

約2週間

国際ブランド JCB
電子マネー WAON(ワオン)
注目ポイント
  • お客さま感謝デーはお買物が5%OFF!
  • イオンシネマがいつでも300円割引

ここまでイオンデビットカードのメリットについて触れてきました。

ただ、導入の際には、他のイオンクレジットカードと比べてどのように違うのかも気になるところです。

次はその点についてみチェックしましょう。

その他のイオンカード(クレジットカード)との違い

イオン銀行キャッシュ+デビットと、その他のイオンクレジットカードには、どのような違いがあるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

還元率や特典はほとんど同じ

イオン銀行キャッシュ+デビットと「イオンカードセレクト」などのクレジットカードには、還元率や特典の違いがほとんどありません

どちらも通常利用で還元率は0.5%、イオングループの対象店舗で使うと1%にアップします。

「お客さま感謝デー」や「イオンシネマの割引」などの付帯特典も同じです。  

カードに付いている機能の違い

イオン銀行キャッシュ+デビットとその他のイオンクレジットカードの機能には、下記のような違いがあり、イオン銀行キャッシュ+デビットには、クレジット機能とキャッシング機能以外の主な機能は付帯しています。

  イオン銀行
キャッシュ+デビット
イオンカードセレクト イオンカード
(WAON一体型)
その他
イオンカード
クレジット機能
電子マネー
WAON機能
キャッシュカード機能
デビット機能
キャッシング機能

イオンカードセレクト

3.26
年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.5%~1.0%

発行スピード

約1週間

国際ブランド VISA MasterCard JCB
電子マネー WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • WAONのチャージでポイント2重取り
  • イオンシネマの映画料金がいつでも300円割引
  • イオングループならWAON POINTが2倍
新規入会&カード利用で最大10,000WAON POINTプレゼント! 申し込みはこちら

イオンカードの「新規入会・利用特典」に関する注意事項
【ポイント対象外】
・対象カード*の内、30日間で6種類以上のカードを申込みした場合は、6種類目以降の申込みカードはポイント獲得の対象外となります。
・家族カードはポイント獲得の対象外となります。
・カード申込みから3ヶ月以内にカード発行に至らなかった場合。
・イオンカードの別券種から切替申込みされた場合。
・対象カード*以外のカードを申込みされた場合。
・その他、著しく不正と判断される場合。

*対象カード イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ミッキーマウス)、イオンカードセレクト(トイ・ストーリー)、イオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(ミッキーマウス デザイン)、イオンカード(トイ・ストーリー デザイン)、イオンカード(ミニオンズ)、イオンカード(TGCデザイン)、イオンカード(櫻坂46)、イオンカード(SKE48)、イオンJMBカード、イオンSuicaカード、イオンカード Kitaca、イオンSUGOCAカード、イオン首都高カード、イオン E-NEXCO passカード、イオン NEXCO中日本カード、イオンTHRU WAYカード、イオンNEXCO西日本カード、コスモ・ザ・カード・オーパス、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、マルエツカード、ナンバカード、日本点字図書館カード、ツルハドラッグカード、イオンサンデーカード、BE KOBEカード、三菱商事エネルギー・イオンカード、トイザらス・ベビーザらス・カード、JMB JQ SUGOCA、JQ SUGOCA、サンエックスカード(リラックマ)、シマムラ ミュージックカード、やまやカード、ワタミふれあいカード、KASUMIカード、コジマ×ビックカメラカード、ベネッセ・イオンカード、住友不動産ショッピングシティイオンカード、KNTカード、メイクマンカード、TOSHIBA STORE CARD、イオンスマートペイカード

【注意事項】
・お問い合わせの際は、申込み完了メールに記載の識別番号(受付番号) を必ずご用意ください。
・他のポイントサイトからの入会を含め、同一人物による複数入会と判断された場合はポイント対象外となる可能性がございます。
・ポイント付与前にカードを解約されると、ポイント付与されない可能性がございますのでご注意ください。
・すでに同一カードをお持ちの方は、お申込み頂けません。
・すでに家族カードをお持ちの方であっても、ご本人様名義で新たにお申込みされる場合は対象になります。

イオンカード(WAON一体型)

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.5%~1.0%

発行スピード

約3週間

国際ブランド VISA MasterCard JCB
電子マネー WAON(ワオン)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • いつもの買い物がお得になるイオンカード
  • 毎月20・30のお客様感謝デーは5%オフ
  • 買い物でWAON POINTが貯まる
新規入会&カード利用で最大10,000WAON POINTプレゼント! 申し込みはこちら

イオンカードの「新規入会・利用特典」に関する注意事項
【ポイント対象外】
・対象カード*の内、30日間で6種類以上のカードを申込みした場合は、6種類目以降の申込みカードはポイント獲得の対象外となります。
・家族カードはポイント獲得の対象外となります。
・カード申込みから3ヶ月以内にカード発行に至らなかった場合。
・イオンカードの別券種から切替申込みされた場合。
・対象カード*以外のカードを申込みされた場合。
・その他、著しく不正と判断される場合。

*対象カード イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ミッキーマウス)、イオンカードセレクト(トイ・ストーリー)、イオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンカード(WAON一体型)、イオンカード(ミッキーマウス デザイン)、イオンカード(トイ・ストーリー デザイン)、イオンカード(ミニオンズ)、イオンカード(TGCデザイン)、イオンカード(櫻坂46)、イオンカード(SKE48)、イオンJMBカード、イオンSuicaカード、イオンカード Kitaca、イオンSUGOCAカード、イオン首都高カード、イオン E-NEXCO passカード、イオン NEXCO中日本カード、イオンTHRU WAYカード、イオンNEXCO西日本カード、コスモ・ザ・カード・オーパス、コスモ・ザ・カード・オーパス「エコ」、マルエツカード、ナンバカード、日本点字図書館カード、ツルハドラッグカード、イオンサンデーカード、BE KOBEカード、三菱商事エネルギー・イオンカード、トイザらス・ベビーザらス・カード、JMB JQ SUGOCA、JQ SUGOCA、サンエックスカード(リラックマ)、シマムラ ミュージックカード、やまやカード、ワタミふれあいカード、KASUMIカード、コジマ×ビックカメラカード、ベネッセ・イオンカード、住友不動産ショッピングシティイオンカード、KNTカード、メイクマンカード、TOSHIBA STORE CARD、イオンスマートペイカード

【注意事項】
・お問い合わせの際は、申込み完了メールに記載の識別番号(受付番号) を必ずご用意ください。
・他のポイントサイトからの入会を含め、同一人物による複数入会と判断された場合はポイント対象外となる可能性がございます。
・ポイント付与前にカードを解約されると、ポイント付与されない可能性がございますのでご注意ください。
・すでに同一カードをお持ちの方は、お申込み頂けません。
・すでに家族カードをお持ちの方であっても、ご本人様名義で新たにお申込みされる場合は対象になります。

支払い方法の違い

デビットカードは、引き落とし口座から利用分が即時引き落とされるタイプのカードです。

引き落とし口座の残高が不足していると利用できません。
支払い方法は一括払いのみです。

一方、クレジットカードは、毎月決められた支払日にまとめて支払うタイプのカードです。

支払い方法は一括払いのほかに、分割払いやリボ払いなどが選べます。  

使いすぎの心配な方はデビットカードがおすすめ

デビットカードは口座残高以上の支払いができず、後払いにも変更できないため、思わぬ使いすぎを防げます。

クレジットカードは利用枠の範囲内で自由に使えるので「今はお金がないけど、すぐにでも商品が欲しい」というときには役に立ちますが、使い過ぎると支払日に残高不足で支払えなくなるという心配があるため、使い過ぎには注意が必要です。

ついついカードを使い過ぎてしまうという人は、クレジットカードよりもデビットカードの方がおすすめです。  

申し込み条件の違い

イオン銀行キャッシュ+デビットは、イオン銀行の口座開設さえできれば申込むことができます

年齢条件は「満15歳以上」なので、高校生でもカードの作成が可能です。

一方、イオンのクレジットカードはお申込み時点で満18歳以上の方が対象となるうえに申し込みには審査があります。

そのため、年収や信用情報の内容によってはカードの発行ができない場合もあります。

過去に支払いの遅延や滞納などの金融事故を起こしている人は、クレジットカードではなくデビットカードの作成を検討した方がいいでしょう。

便利で他のイオンクレジットカードとも大きな差異のないイオン銀行キャッシュ+デビットですが、気を付けておきたいポイントもありますので、見ていきましょう。

「イオン銀行キャッシュ+デビット」の3つの注意点

イオン銀行キャッシュ+デビットの作成を検討する前に、次の3つの注意点も確認しておきましょう。

 それぞれ詳しく解説していきます。  

ETCカードは追加できない

イオン銀行キャッシュ+デビットは、ETCカードの追加発行に対応していません

イオン銀行キャッシュ+デビットに限らず、デビットカードは原則としてETCカードの発行ができないのです。

ETCカードが必要な場合は、発行に対応しているクレジットカードを利用するか、審査不要の「ETCパーソナルカード」を申込みましょう。  

旅行保険は付帯していない

イオン銀行キャッシュ+デビットは海外ATMで現地通貨引き出しに対応しているため、国内外を問わず活用することができます。

ただし、多くのクレジットカードに付帯している旅行保険は付帯していません

海外への旅行では、旅行保険が付帯しているクレジットカードを別に用意したり、ほかの旅行保険に加入したりするなどの対応をしましょう。  

一部利用できない支払いもある

デビットカードの即時決済に対応していないサービスや、残高不足のトラブルに対応できない店舗は少なからず存在します。

そのため、イオン銀行キャッシュ+デビットは下記の支払いに利用できません。

イオン銀行キャッシュ+デビットで支払えないもの
  • 高速道路の通行料金
  • ガソリンスタンド
  • 一部のタクシー

このほか、カード番号を登録して継続的に料金を支払う「登録型加盟店」にも対応していません。

インターネットサービスプロバイダや、生命保険会社の支払いなどには使えないので注意しましょう。

ただし、NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイルの携帯電話料金引き落としには利用することができます。

利用する場合は、引き落とし日の前日までに口座へ入金しておきましょう。

最後にイオン銀行キャッシュ+デビットがおすすめな人を紹介します。

「イオン銀行キャッシュ+デビット」はこんな人におすすめ

さまざまなメリットがあるイオン銀行キャッシュ+デビットですが、次のような人におすすめです。

それぞれ詳しく見ていきましょう。  

イオングループを利用する機会が多い人

毎月20日と30日に開催される「お客さま感謝デー」でのショッピング5%OFFや、イオングループ対象店舗での還元率アップなどの特典は、イオングループの利用頻度が多いほど、そのメリットを享受できます。

近くにイオングループの店舗がある人や、イオングループを利用する機会が多い人なら、イオン銀行キャッシュ+デビットを作成する価値が十分にあるでしょう。  

しっかりと現金管理したい人

現金をしっかり管理しながら、キャッシュレスでスムーズに決裁をしたいという人にも、イオン銀行キャッシュ+デビットがおすすめです。

即時決済されるデビットカードは、口座残高以上に使い過ぎてしまう心配がありません。

また、イオン銀行キャッシュ+デビットにはキャッシング機能が付いていないので、「お金を借りてまで欲しい物を購入してしまう」という心配も不要です。

このような使いすぎの心配などでクレジットカードに抵抗があるという方には特におすすめです。  

ネット銀行の口座開設を考えている人

イオン銀行キャッシュ+デビットは、イオン銀行に口座を開設するだけで作成することができます。

口座開設と合わせてイオン銀行キャッシュ+デビットが使えるようになるので、ネット銀行の口座開設を考えているなら、イオン銀行の口座を申込むといいでしょう。

イオン銀行キャッシュ+デビット

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.5%~1.0%

発行スピード

約2週間

国際ブランド JCB
電子マネー WAON(ワオン)
注目ポイント
  • お客さま感謝デーはお買物が5%OFF!
  • イオンシネマがいつでも300円割引

まとめ

イオン銀行キャッシュ+デビットは、イオン銀行のキャッシュカード・電子マネーWAON・JCBデビットが一体になった便利なカードです。

満15歳以上なら、イオン銀行に口座を開設するだけでイオン銀行キャッシュ+デビットを作成できます。

年会費無料でありながら、イオングループでの割引や特典が付帯しているのも嬉しいポイントです。

通常利用でも0.5%、イオングループの対象店舗で使えば1%という高い還元率も、イオン銀行キャッシュ+デビットの大きな特徴と言えるでしょう。

また、イオン銀行キャッシュ+デビットのカードデザインは

  1. ディズニー・デザイン
  2. 一般
  3. スイーツ

の3種から選べるのも魅力です。

さまざまなシーンで活用できる利便性の高いカードなので、ぜひこの機会に、
イオン銀行キャッシュ+デビットを作成してみてくださいね。

なびすけ
なびすけ

イオン銀行キャッシュ+デビット

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.5%~1.0%

発行スピード

約2週間

国際ブランド JCB
電子マネー WAON(ワオン)
注目ポイント
  • お客さま感謝デーはお買物が5%OFF!
  • イオンシネマがいつでも300円割引
編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ