おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

イオンカード(WAON一体型)はイオン銀行口座開設が不要なお得なカード

監修者:M&M企画 北村滋郎
スーパーで買い物する家族

イオンクレジットサービス株式会社が発行しているクレジットカードで、WAONも搭載されているのがイオンカード(WAON一体型)です。

イオンクレジットサービス株式会社が発行しているのですが、このイオンカード(WAON一体型)はイオン銀行の口座開設する必要がありません。イオンでお得にポイントが貯まるシンプルなカードで電子マネーWAONも利用することができます。

イオンカード(WAON一体型)のメリットやデメリット、ポイント還元率を知って、自分がイオンカードWAON一体型)を作るべきかを知りたいと思いませんか?

この記事ではイオンカード(WAON一体型)の概要やメリット、デメリットについてご紹介し、どのような人にイオンカード(WAON一体型)が向いているのかについても合わせてお伝えしていきます。

これでイオンカード(WAON一体型)に興味のある人がイオンカード(WAON一体型)の概要やメリット、デメリットを知り、自分がイオンカード(WAON一体型)を作るべきか、持ち続けるべきかを判断できるようになります。

監修者:M&M企画 北村滋郎 監修者

監修者:M&M企画 北村滋郎

知らなかったばっかりに人生で大きな損失を被むることがないように、金融機関では教えてくれないお金と心のホントの話をお伝えし、皆様に安心を提供できれば幸いです。

【専門家の解説】

カードづくりの基本は、自分の消費行動の特徴・考え方とカードの特徴(メリット)が近ければ近いほど、そのカードはあなたの生活にとって役に立つパートナーになるということです。

イオンカードを作るかどうかの最大の基準は、「イオングループ」で買い物をすることが多いということです。家の近くにイオンモールやイオン系のドラッグストア(ウェルシア等)やスーパー(マックスバリューや山陽マルナカ等)があり、毎月数回買い物をするのであれば、迷うことなくカードを作るべきだと思います。

問題は、引き落とし口座をどこにするかです。今のメインバンク(給与振込口座等)がイオン銀行以外で、その銀行から引き落としたい、またはわざわざイオン銀行に毎月振り込むのは手数料もかかって面倒、という方であれば「WAON一体型のイオンカード」がお勧めという訳です。これを機会に金利や手数料が有利なイオン銀行をメインバンクにしようという方であれば「イオンカードセレクト」を作ればさらにおトクとなっているのです。

イオンカードは2段階の構造になっているということでご理解いただけるといいのではないでしょうか。これから現金で支払うよりも便利でおトクな決済方法がドンドン出てきます。研究を怠ることなく、生活防衛していきたいですね。

イオンカード(WAON一体型)の概要とメリット

スーパーで買い物する人

イオンカード(WAON一体型)の概要とメリット
  • 年会費
  • 国際ブランド
  • WAON搭載機能
  • ポイント還元率
  • カード特典
  • イオン銀行の口座開設不要

これらについてお伝えしていきます。

年会費は家族カードとイオンETCカードも無料

イオンカード(WAON一体型)は、年会費無料で持つことができます。

追加できる家族カードやイオンETCカードも、発行手数料と年会費ともに無料で作ることができます。

イオンETCカードはイオンカード1枚につき発行することができますから、家族カードそれぞれにイオンETCカードを追加することもできます。

もちろんETC通行料金の支払いでもポイントを貯めることができるので、維持費負担をまったくかけずにお得にポイントを貯めることができます。

選べる3つの国際ブランド

イオンカード(WAON一体型)は、VISA、Mastercard、JCBの3つの国際ブランドの中から選ぶことができます。

どの国際ブランドを選んでも、カードの機能や特典に違いはありません。

年会費無料で維持費負担をかけずに持つことができるカードですから、まだ持っていない国際ブランドを選択すれば便利なサブカードとして活用することができるようになります。

WAON搭載のイオンカード

イオンカード(WAON一体型)には電子マネーWAONが搭載されているので、クレジットカードだけでなく電子マネーとして使うこともできます。

またクレジットカードとWAONを1枚で持つことができるので、カード枚数を増やさずに便利な機能だけを増やすことができるようになります。

チャージ方法には、

  1. 現金チャージ
  2. クレジットカードチャージ
  3. オートチャージ

上記3つの方法があります。

いずれも1,000円単位でのチャージとなり、5万円までチャージすることができます。

WAONの利用でもポイントを貯めることができるので、クレジットカードが使えない自動販売機や宅急便の代引き手数料などでも使えるメリットがあります。

ポイントについては、次にご説明する「ときめきポイント」で詳しくお伝えしていきます。

ときめきポイントが貯まる

イオンカード(WAON一体型)を使うことで、200円でときめきポイント1ポイント(1円相当)が貯まります。

イオンカード(WAON一体型)の基本ポイント還元率は0.5%ですが、イオングループ対象店舗を利用すると、ときめきポイントが2倍(200円で2ポイント)になる特典があります。

ときめきポイントが2倍になるイオングループ対象店舗には、下記の33店舗があります。

ときめきポイントが2倍になる店舗一覧
    • イオン
    • イオンスタイル
    • ダイエー
    • グルメシティ
    • マックスバリュ
    • イオンスーパーセンター
    • ザ・ビック
    • アコレ
    • ピーコックストア
    • サンデー
    • KASUMI
    • KOHYO
    • マルナカ
    • ホームワイド
    • まいばすけっと
    • ミニストップ
    • イオンモール
    • イオンタウン
    • イオンリカー
    • イオンバイク
    • R.O.U
    • スポーツオーソリティ
    • 未来屋書店
    • イオンコンパス
    • 四六時中
    • イオンシネマ
    • イオンペット
    • saQwa
    • タルボット
    • ikka
    • イオンボディ
    • ハックドラッグ
    • ウエルシア薬局

上記の店舗をイオンカード(WAON一体型)で支払えば、ポイント還元率1.0%のクレジットカードとして使うことができるようになります。

一方、一体型となっている電子マネーWAONを使ったときは、200円につき1WAONポイントが貯まります。

一体型となっていますが、クレジットカードとWAONを使ったときのポイントは別々のポイントとなる点で注意が必要です。

そしてときめきポイントもWAONポイントも、電子マネーWAONに交換することができます。ただし、電子マネーWAONへはWAONポイントからしか交換することができないため、ときめきポイントは一度WAONポイントへ交換する必要があります。

クレジットカード利用で貯めたポイントを電子マネーWAONにする場合
  • イオンカード(WAON一体型)に貯まっているときめきポイントをWAONポイントへ交換する(1,000ポイント以上500ポイント単位)
  • イオンカード(WAON一体型)に貯まっているWAONポイントを電子マネーWAONへ交換する(1ポイント以上1ポイント単位)
電子マネーWAON利用で貯めたWAONポイントを電子マネーWAONにする場合
  • イオンカード(WAON一体型)に貯まっているWAONポイントを電子マネーWAONへ交換する(1ポイント以上1ポイント単位)

ときめきポイントからWAONポイントへの交換はオンラインだけでなく、自動音声応答サービスや郵送で手続きすることができます。

WAONポイントから電子マネーWAONへの交換は、

  • WAONステーション
  • イオン銀行ATM
  • Famiポート
  • WAONネットステーション(※ICカードが必要)

などで行うことができます。

それぞれのポイントの有効期限は、

  • ときめきポイント:ポイント獲得期間開始日から翌々年の誕生月末日まで
  • WAONポイント:最大2年間

となっています。

例えばイオンで10万円のお買い物をすればときめきポイントを1,000ポイント貯めることができるので、年会費無料で1,000円分の電子マネーを利用できることになります。

20日&30日で5%オフとなる

イオンカード(WAON一体型)があれば、毎月20日と30日のお客さま感謝デーで5%オフが適用されます。

お客さま感謝デーを実施している店舗でクレジットカードかWAONのどちらかで支払えば、その場で5%オフになります。

イオンカード(WAON一体型)があればカード引き落とし時ではなくレジで5%オフになるので、お買い物をする度にお得感を感じることができるようになります。

イオン銀行の口座開設が必要ない

イオンカード(WAON一体型)はイオン銀行の口座開設が不要となるメリットがあります。

イオンカードには、イオンカードセレクトというイオン銀行の口座開設が必要な別のカードがあります。そしてイオンカードセレクトの引き落とし口座には、イオン銀行しか選べないというデメリットがあります。

その点、イオンカード(WAON一体型)はイオン銀行の口座開設が不要となるため、新たに口座開設することなく、スムーズにクレジットカードを作ることが可能となります。

これだけ魅力的なメリットがたくさんあるイオンカード(WAON一体型)ですが、一般的なクレジットカードと比べるとデメリットとなる部分もあります。イオンカード(WAON一体型)を作る前に、どのようなデメリットがあるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

先に知っておこう!イオンカード(WAON一体型)のデメリット

口を手で塞いで驚く女性

イオンカード(WAON一体型)は
    • WAONへのチャージでポイントが貯まらない
    • 旅行保険が付帯されていない

これらのデメリットがあります。

それぞれのデメリットについて詳しく解説し、どのような方法でデメリットを解消することができるのかをご紹介します。

WAONへのチャージでポイントが貯まらない

イオンカード(WAON一体型)は、WAONへのチャージでときめきポイントが貯まらないというデメリットがあります。

クレジットカードからのチャージだけでなく、オートチャージでもときめきポイントを貯めることができません。

しかしイオンカードセレクトであればWAONへのオートチャージ200円につき1WAONポイントを貯めることができるので、WAONへのチャージを頻繁に行いたいと考えている人はイオンカードセレクトを作ったほうがお得です。

旅行傷害保険が付帯されていない

イオンカード(WAON一体型)には、海外と国内のどちらも旅行傷害保険が付帯されていません

旅行傷害保険が付帯されていないデメリットは、イオンカード(WAON一体型)とは別にもう1枚クレジットカードを持つことで解決することができます。

年会費無料でも海外旅行傷害保険の自動付帯が付いているカードには、以下のようなものがあります。

  • JCB W
  • エポスカード
  • セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード



上記のクレジットカードと2枚持ちになったとしても、維持費をかけずにイオンカード(WAON一体型)のデメリットを解消することができるようになります。

それでは最後に、イオンカード(WAON一体型)をおすすめしたい人をご紹介します。これで、自分がイオンカード(WAON一体型)を作るべきかを判断しやすくなります。

イオンカード(WAON一体型) はこんな人におすすめ

スーパーマーケットのレジで支払う女性

イオンカード(WAON一体型)は、

  • イオンへよく行く人
  • わざわざイオン銀行を開設するのが面倒な人

これらの方々へおすすめするクレジットカードです。

おすすめする理由を読めば、納得した上でイオンカード(WAON一体型)の申し込みができるようになります。

イオンへよく行く人

イオンへよく行く人は、イオンカード(WAON一体型)を持たない理由が見つかりません。

特にイオンモールによく行く人はすべての専門店のお買い物でときめきポイントが2倍になるので、イオンカード(WAON一体型)を持っていないと損をすることになります。

またイオンシネマでもときめきポイントが2倍になるので、ハッピーファーストやハッピーマンデー、お客さま感謝デーで上映料金が1,100円になる日を狙えば、さらにお得に映画を楽しむことができます。

ときめきポイントが2倍になる対象店舗をよく利用する人は、イオンカード(WAON一体型)でもっとお得にお買い物を楽しめるようになります。

わざわざイオン銀行を開設するのが面倒な人

わざわざイオン銀行を開設するのが面倒な人にも、イオンカード(WAON一体型)はぴったりです。

たしかにイオン銀行の口座開設が必要な「イオンカードセレクト」は、

WAONのオートチャージでWAONポイントが貯まる

というメリットがあります。

しかし、新たに銀行口座を開設することなく今すぐ年会費無料のイオンカードを作りたいと思っている人はイオンカード(WAON一体型)を作りましょう。

イオンカード(WAON一体型)は、入会後にイオンカードセレクトに切り替えることができ、獲得していたときめきポイントとWAONポイントはそのままイオンカードセレクトへ引き継ぐことができるからです。

面倒な手続きをすることなく今すぐイオンカードを作りたいと思っている人に、イオンカード(WAON一体型)はおすすめの1枚です。

まとめ

イオンカード(WAON一体型)の最大のメリットは、イオン銀行の口座開設不要で、すぐにイオンでの利用がお得になるというところです。

WAONへのチャージでポイントが貯まらないことや旅行傷害保険が付帯されていないというデメリットがありますが、イオンカードセレクトへの切り替えや旅行傷害保険が自動付帯されているカードとの2枚持ちでデメリットを解消することができます。

これでイオンカード(WAON一体型)に興味のある人がイオンカード(WAON一体型)とはどのようなカードなのかを知ることができ、自分がイオンカード(WAON一体型)を作るべきか、持ち続けるべきかどうかの判断がつくようになります。

最近、近くにイオンモールが出来てよく利用するようになったという人は、是非イオンカード(WAON一体型)でお得にお買い物を楽しんでいただきたいと思います!

監修者:M&M企画 北村滋郎
監修者:M&M企画 北村滋郎

知らなかったばっかりに人生で大きな損失を被むることがないように、金融機関では教えてくれないお金と心のホントの話をお伝えし、皆様に安心を提供できれば幸いです。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ