おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

ANA JCB ワイドゴールドカードは陸と空でマイルが貯まる充実の1枚

ビル街から見上げる飛行機

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

ANAとJCBが提携して発行しているANA JCBカードのうち、充実した特典に加えてANAのマイルが貯まりやすくなったカードが「ANA JCB ワイドゴールドカード」です。

ANA JCBカードには他にも「ANA JCB ワイドカード」がありますが、そのゴールドカードとして発行されている「ANA JCB ワイドゴールドカード」は、特典やサービスがより充実しているという特長があります。

そんなANA JCB ワイドゴールドカードがどのようなカードなのかを知り、ANA JCB ワイドカードよりどのような点でお得なのかを知りたいと思いませんか?

ANA JCB ワイドゴールドカードの概要やメリットやデメリットをはじめ、どのような方にANA JCB ワイドゴールドカードがおすすめなのかを解説します。

これでANA JCB ワイドゴールドカードの概要やメリットデメリットを知り、自分がANA JCB ワイドゴールドカードを作るべきかどうかの判断がつくようになります。

ANA JCB ワイドゴールドカードの概要をカンタンに解説

空港ラウンジ

ANA JCB ワイドゴールドカードの概要として、

  • 年会費
  • マイル換算率
  • 国際ブランド

上記の3つについてお伝えします。

ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費

ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費は、

  • 本会員:15,400円(税込)
  • 家族会員:4,400円(税込)

となっています。

ANA JCB ワイドカードの年会費と比較してみると、以下のようになります。

ANA JCB ワイドゴールドカード ANA JCB ワイドカード
本会員 15,400円(税込) 7,975円(税込)
家族会員 4,400円(税込) 1,650円(税込)

ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費はANA JCB ワイドカードのおよそ1.9~2.6倍となっていることが分かります。

ANA JCB ワイドゴールドカードのマイル換算率

ANA JCB ワイドゴールドカードのマイル換算率は1.0%です。

ANA JCB ワイドゴールドカードの合計利用金額1,000円ごとにOki Dokiポイントが1ポイント貯まり、Oki Dokiポイント1ポイントが10マイルに移行されます。

Oki Dokiポイントの有効期限は、

  • ANA JCB ワイドゴールドカード:3年
  • ANA JCB ワイドカード:2年

上記の通りです。

またマイルに移行した後の有効期限はマイル移行日を起算月とし、起算月から数えて36ヶ月後の月末までとなっています。

移行手数料はゴールドでないANA JCB ワイドカードだと通常5,500円(税込)/年かかりますが、こちらのワイドゴールドの移行手数料は無料です。

国際ブランドはJCBのみ

ANA JCB ワイドゴールドカードを選んだ場合、国際ブランドはJCBのみとなります。

ANAワイドカードは他にも、VISAやMastercardの国際ブランドにすることができ、年会費やマイル換算率は変わりませんが、移行手数料が以下のように異なります。

  • JCBの移行手数料:5,500円(税込)
  • VISAとMastercardの移行手数料:6,600円(税込)

ANA JCB ワイドゴールドカードは移行手数料無料で移行レートを1ポイント=10マイルにすることができるので特に気にする必要はありませんが、ANA JCB ワイドカードを検討している場合は移行手数料を含めてお得かどうかを判断する必要があります。

詳しい内容は後述する「ポイント→マイルへの移行手数料が無料」でご確認ください。

続いて、ANA JCB ワイドゴールドカードのメリットについてご紹介します。ANA JCB ワイドカードと比較しながら解説していきます。

ANA JCB ワイドゴールドカードのメリット

パスポートとカード

ANA JCB ワイドゴールドカードにはゴールドカードならではのメリットがありますが、実はANA JCB ワイドカードと共通しているメリットがいくつかあります。

ANA JCB ワイドゴールドカードだけのメリットにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

Oki Dokiランド経由でポイント2倍~最大20倍

ANA JCB ワイドゴールドカードがあれば、JCB会員専用のショッピングサイト「Oki Dokiランド」で2倍~最大20倍のポイントを貯めることができます。

Oki Dokiランドでは最低でも2倍のポイントが付くため、普段のオンラインショッピングでOki Dokiポイントをお得に貯めることができます

Oki Dokiランドのポイントアップ特典は、ANA JCB ワイドカードにも適用されます。

ポイント→マイルへの移行手数料が無料

ANA JCB ワイドゴールドカードで貯めたOki Dokiポイントは、移行手数料無料で1ポイント→10マイルになります。

これはANA JCB ワイドゴールドカードのみの特典となっており、ANA JCB ワイドカードで1ポイント→10マイルに移行する場合は年間5,500円(税込)の移行手数料が必要となります。

ANA JCB ワイドカードの年会費は7,975円(税込)ですから、移行手数料5,500円(税込)を加えると13,475円(税込)となります。

ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費15,400円(税込)と比べると、差額は1,925円(税込)しか違いません。

ANA JCB ワイドカード年会費 7,975円(税込)
年間移行手数料 5,500円(税込)
ANA JCB ワイドカード年会費+年間移行手数料 13,475円(税込)
ANA JCB ワイドゴールドカードの年会費 15,400円(税込)
差額 1,925円(税込

この差額を支払うだけの価値があるかどうかは、他のメリットを含めて判断していく必要があると言えるでしょう。

Edyチャージでマイルが貯まる

ANA JCB ワイドゴールドカードでEdyチャージすると、200円で1マイルが貯まります。

これはANA JCB ワイドゴールドカードだけの特典で、ANA JCB ワイドカードにはありません。

Edyチャージ分のカード利用はOki Dokiポイントにはならずに自動でANAマイルになってしまう点で注意が必要です。

ボーナスマイルが付与される

ANA JCB ワイドゴールドカードは、

  • 搭乗ごとに25%のマイル
  • 入会で2,000マイル
  • 継続で2,000マイル

これらのボーナスマイルが付与される仕組みになっています。

そして、ANA JCB ワイドカードも上記と同じボーナスマイルが付与されます。

入会ボーナスマイルと継続ボーナスマイルだけを狙うのであれば、ANA JCB ワイドカードでも十分にお得なカードであると言えます。

搭乗ごとに25%マイルが加算される

フライトのたびに付与されるボーナスマイルは、区間マイルの25%分をボーナスマイルとしてもらうことができます。

たとえば、羽田から新千歳を普通運賃で搭乗した場合、区間マイル510マイルに加えて127マイル(=510マイル×25%)が加算され、合計637マイルが貯まります。

入会で2,000マイル、翌年継続でも2,000マイル加算

入会時に2,000マイルと継続時に2,000マイルが付与される仕組みになっています。毎年2,000マイルを貯めることができるので、持っているだけでお得にマイルが貯まります。

空港で充実したサービスが受けられる

JCB ワイドゴールドカードがあれば、空港で以下のような充実したサービスを受けることができます。

  • ビジネスクラスのチェックインカウンター利用
  • 空港ラウンジ利用

ビジネスクラスのチェックインカウンターが利用可能

エコノミークラスで搭乗する際にもビジネスクラスのチェックインカウンターが利用できますが、ANA JCB ワイドカードにも適用されるサービスです。

空港ラウンジが利用できる

ANA JCB ワイドゴールドカードなら国内28箇所とホノルルの空港ラウンジを無料で利用することができます。

これはJCBのゴールドカードならではの特典となるため、ANA JCB ワイドカードでは空港ラウンジを利用することができません。

ただし、ANA JCB ワイドゴールドカードであったとしてもプライオリティ・パスで利用できる空港ラウンジは利用できない点で注意が必要です。

プライオリティ・パスのサービスを受けたい場合は、年会費77,000円(税込)の「ANA JCBカード プレミアムを申し込む必要があります。

機内販売や免税店が割引になる

機内販売や免税店が割引になるのは、ANA JCB ワイドゴールドカードとANA JCB ワイドカードのどちらにも、同じ特典として適用されます。

  • ANA国内線&国際線機内販売10%OFF
  • ANAのショッピングサイト)「A-Style」で5%OFF
  • 空港内の免税店「ANA FESTA」で5%OFF

各種保険が付帯されている

ANA JCB ワイドゴールドカードの各種保険について、ANA JCB ワイドカードとの比較表で確認していきましょう。

ANA JCB ワイドゴールドカード ANA JCB ワイドカード
海外旅行傷害保険 1億円(利用付帯)
5,000万円(自動付帯)
5,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 5,000万円(自動付帯) なし
ショッピングガード保険 年間最高500万円まで
(国内ショッピングも適用)
年間最高100万円まで
(海外のみ)

両カードで決定的に異なる点として、

  • ANA JCB ワイドゴールドカードは海外旅行傷害保険が利用付帯で補償額が5,000万円→1億円になる
  • ANA JCB ワイドカードには国内旅行傷害保険を付帯させることができない
  • ショッピングガード保険はANA JCB ワイドゴールドカードのほうが年間最高補償額が大きい

という点が挙げられます。

頻繁に国内旅行をする人なら、ANA JCB ワイドゴールドカードで安心して旅行できるようになります。

ANA JCB ワイドゴールドカードにはANA JCB ワイドカードにはない様々なメリットがあることが分かりました。

次にANA JCB ワイドゴールドカードのデメリットについてご紹介します。

先に知っておこう!ANA JCB ワイドゴールドカード のデメリット

クレジットカードを持ちながらへこむ女性

ANA JCB ワイドゴールドカードのデメリットには、

  • 年会費が割高
  • ANA JCB ワイドカードでも利用できる特典がある

の2つがあります。

それぞれのデメリットについて詳しく解説していきます。

年会費が割高

ANA JCB ワイドゴールドカードは、一般的なゴールドカードに比べると年会費が割高というデメリットがあります。

もちろん、

  • 移行手数料無料でマイル移行レートがお得になるメリット
  • 空港ラウンジが無料で利用できるメリット
  • 旅行傷害保険などが手厚くなるメリット

があることを考えるとお得なカードですが、年に数回しか搭乗しない人や空港ラウンジを利用しない人にとっては、年会費が高く感じられることがあるでしょう。

ANA JCB ワイドカードでも利用できる特典がある

ANA JCB ワイドカードだけでも十分にメリットが感じられる特典があることがデメリットとなるでしょう。

ANA JCB ワイドカードと共通しているANA JCB ワイドゴールドカードのメリットには、以下のようなものがあります。

  • Oki Dokiランド経由でポイント2倍~最大20倍
  • エコノミークラス搭乗時もビジネスクラスのチェックインカウンターの利用可能
  • 搭乗ごとに25%のマイル加算
  • 入会、継続で2,000マイル

そして、ANA JCB ワイドゴールドカードにしか適用されないメリットには以下のようなものがあります。

  • 移行手数料無料でマイル移行レートが上がる
  • Edyチャージでマイルが貯まる
  • 空港ラウンジを無料で何度でも利用することができる
  • 付帯保険を充実させることができる

このANA JCB ワイドゴールドカードにしか適用されないメリットに価値があると感じられるなら、それほど大きなデメリットにはならないでしょう。

ここまでANA JCB ワイドゴールドカードとANA JCB ワイドカードを比較しながらメリットやデメリットを解説してきました。

最後にこれまでの内容を踏まえた「こんな人におすすめ」をご紹介します。カード選びの参考としてお役立てください。

ANA JCB ワイドゴールドカードはこんな人におすすめ

買い物中の女性

ANA JCB ワイドゴールドカードをおすすめしたいのは、

  • ゴールドカードならではの充実したサービスを求める人
  • 搭乗によるボーナスマイルがたくさん欲しい人
  • 国内旅行を中心にANAの飛行機に乗る人

です。

それぞれの人へおすすめする理由をご確認ください。

ゴールドカードならではの充実したサービスを求める人

ゴールドカードならではの充実したサービスを求める人にANA JCB ワイドゴールドカードをおすすめします。

ANA JCB ワイドゴールドカードなら、

  • 空港ラウンジの無料利用
  • 充実した付帯保険サービス

というメリットがあるからです。

特に「空港ラウンジ利用」と「海外&国内旅行傷害保険」を重視している人なら、ANA JCB ワイドカードではなくANA JCB ワイドゴールドカードを選ぶようにしましょう。

Edyチャージでマイルを貯めたい人

ANA JCB ワイドゴールドカードはEdyチャージでマイルを貯めたい人にもおすすめです。

Oki Dokiポイントからマイルへ移行する場合は、1ヶ月の合計利用金額が1,000円未満の端数は切り捨てられてしまいます。しかしEdyチャージなら200円で1マイルが自動的に貯まるため、1,000円未満の端数までしっかりマイルにすることが可能となります。

ANA JCB ワイドカードではEdyチャージでマイルを貯めることができませんから、普段の生活でお得にマイルを貯めたい人にぴったりの1枚です。

国内旅行を中心にANAの飛行機に乗る人

国内旅行を中心にANAの飛行機に乗る人は、ANA JCB ワイドゴールドカードがあれば安心してANAの飛行機に乗ることができるようになります。

なぜなら、国内旅行傷害保険が自動付帯されるのはANA JCB ワイドゴールドカードだけだからです。

さらに、国内旅行のフライトで貯めたOki Dokiポイントを移行手数料無料で1ポイント=10マイルにすることができますから、国内旅行を中心にANAの飛行機に乗る人は JCB ワイドゴールドカードが最適です。

まとめ

ANA JCB ワイドゴールドカードをANA JCB ワイドカードと比較しながら解説してきました。

ANA JCB ワイドゴールドカードにしかないメリットに魅力を感じる人なら、ANA JCB ワイドゴールドカードを選ぶことをおすすめします。

これでANA JCB ワイドゴールドカードに興味のある人がANA JCB ワイドゴールドカードの概要やメリット、デメリットを知り、自分がANA JCB ワイドゴールドカードを作るべきかの判断がつくようになります。

ANA JCB ワイドゴールドカードの評判

「ANA JCB ワイドゴールドカード」の評判としては、マイルやポイントが貯まりやすいことが好評です。

一方でユーザーが気になる点としては、利用店舗の拡大や航空関係以外のポイント還元について意見があがっています。

ユーザーから好評な点
  • マイルが貯まりやすい(33歳男性/自営業)
  • マイルが貯まりやすいところ(27歳男性/ 介護職)
  • ポイントがたまりやすい(45歳男性/会社員)
ユーザーが気になっている点
  • 使える店舗が増えてほしい(27歳男性/ 介護職)
  • 陸でもポイントがもっと貯まると完璧(33歳男性/自営業)

ANA JCB ワイドゴールドカードの口コミ (1件)

総合満足度:

3.5

(口コミ1件)

満足度の詳細

ポイントの貯めやすさ

3.0
ポイントの使いやすさ

4.0
付帯特典

4.0
デザイン

4.0
ステータス

3.0
年会費への納得度

4.0
マイルの貯めやすさ

4.0
保険・補償の手厚さ

3.0
会員サイトの使いやすさ

3.0
セキュリティ性の高さ

3.0
回答者データ

月の使用額

100万円以上

0
50~100万円未満

0
30~50万円未満

0
20~30万円未満

0
10~20万円未満

1
3~10万円未満

1
1~3万円未満

1
~1万円

1

年収

1000万円以上

0
700~1000万円未満

2
500~700万円未満

1
400~500万円未満

0
300~400万円未満

0
200~300万円未満

1
200万円未満

0
0円(なし)

0
口コミ一覧 (1件)
男性 45歳 男性 3.50
職業: 会社員 年収: 700~1000万円未満 月の使用額: 1~3万円未満
発行した理由 キャンペーン
主に利用する場面 コンビニ支払い
気に入っている点 ポイントがたまりやすい
より良くして欲しい点 なし
利用している特典 ポイント貯蓄
ポイントの使い道 商品券に交換
その他 なし
総合満足度 :
3.5
ポイントの貯めやすさ :
3
ポイントの使いやすさ :
4
付帯特典 :
4
デザイン :
4
ステータス :
3
年会費への納得度 :
4
マイルの貯めやすさ :
4
保険・補償の手厚さ :
3
会員サイトの使いやすさ :
3
セキュリティ性の高さ :
3
男性 33歳 男性 4.00
職業: 自営業 年収: 700~1000万円未満 月の使用額: 10~20万円未満
発行した理由 飛行機に乗る機会が増えたから
主に利用する場面 飛行機のチケットの支払い
気に入っている点 マイルが貯まりやすい
より良くして欲しい点 陸でもポイントがもっと貯まると完璧
利用している特典 空港ラウンジサービス
ポイントの使い道 ANAマイルに交換
発行スピード 1週間以内
その他 付帯保険も充実
総合満足度 :
4
ポイントの貯めやすさ :
4
ポイントの使いやすさ :
4
付帯特典 :
5
デザイン :
4
ステータス :
4
年会費への納得度 :
4
マイルの貯めやすさ :
4
保険・補償の手厚さ :
5
会員サイトの使いやすさ :
4
セキュリティ性の高さ :
4
男性 27歳 男性 4.00
職業: 介護職 年収: 200~300万円未満 月の使用額: ~1万円
発行した理由 電子決済に興味があったから
主に利用する場面 公共料金の支払い
気に入っている点 マイルが貯まりやすいところ
より良くして欲しい点 使える店舗が増えてほしい
利用している特典 特典は利用しない
ポイントの使い道 コンビニでの支払い
発行スピード 2週間以内
その他 デザインが地味
総合満足度 :
4
ポイントの貯めやすさ :
3
ポイントの使いやすさ :
3
付帯特典 :
3
デザイン :
3
ステータス :
3
年会費への納得度 :
4
マイルの貯めやすさ :
3
保険・補償の手厚さ :
3
会員サイトの使いやすさ :
3
セキュリティ性の高さ :
3
男性 42歳 男性 3.00
職業: 自営業 年収: 500~700万円未満 月の使用額: 3~10万円未満
発行した理由 マイルのポイントが貯まりやすいから
主に利用する場面 飛行機での支払い、ETCでの支払い
気に入っている点 空港関連のサービスが充実している
より良くして欲しい点 小さい空港でのラウンジサービスを充実してほしい
利用している特典 空港免税店での割引サービス
ポイントの使い道 航空券に交換
発行スピード 1週間以内
その他 不正アクセスの対応も早かったので、あらためて安心して利用できるカードだと思いました。
総合満足度 :
3
ポイントの貯めやすさ :
5
ポイントの使いやすさ :
5
付帯特典 :
4
デザイン :
4
ステータス :
4
年会費への納得度 :
3
マイルの貯めやすさ :
5
保険・補償の手厚さ :
4
会員サイトの使いやすさ :
4
セキュリティ性の高さ :
4
編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2021年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ