おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

ヒルトンユーザーは持たなきゃ損!ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの特徴や魅力を紹介

タワーホテルの写真

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードを手にして、あのヒルトンホテルを無料で利用してみませんか?」

2021年3月9日に新登場したこのクレジットカードは、この60文字だけでその魅力が十分に伝わるのではないでしょうか。

日本人からも人気のある高級ホテルの一つヒルトンですが、特に最上級ブランドであるコンラッド・ホテルに宿泊することに憧れを抱いている読者も多いはず…。

しかし、1泊2名最低3万円弱の予算を立てなくてはならないハイブランドホテルの利用は、少し勇気がいるものです。

ですが、この記事で紹介するクレジットカードのユーザーとなれば、その迷いは解決されると思います。

ヒルトン好きに幸せをもたらすヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの全容に迫ります。

菊地崇仁
監修者

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

ヒルトンを良く利用する場合はヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードのメリットもあります。

年間200万円以上の利用ダイヤモンド会員となり、ゴールド会員の特典に加えてエグゼクティブラウンジの利用なども付帯します。

家族カードも3枚まで無料ですので、家族でヒルトンを利用するにはメリットがあるでしょう。

年間300万円以上利用した場合は通常のウィークエンド宿泊特典が1泊分増えるため、年に無料で2泊できます。

また、ポイントの有効期限も、カード利用だけで延長できるのもメリットです。

ただし、年会費が6万円を超えるカードでコンシェルジュデスクの利用はできないため、ヒルトン以外での特典は正直微妙です。

SPGアメックスとの併用の場合は、少し年会費は上がりますがプラチナ・カードという選択肢もあります(マリオットとヒルトンの上級会員付帯)。

従って、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カードはヒルトン・オナーズのダイヤモンド会員を目指したいかどうかが申し込みの判断材料となるでしょう。

申し込む価値があるかどうかの判断で、先に本カードのメリット・デメリットについてチェックしたい方はこちら

この記事を執筆・監修している専門家
  • 菊地崇仁
  • 監修者 菊地崇仁
    クレジットカード専門家

    約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

    詳細はこちら

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの基本情報

引用元:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/hilton-card/hub/
引用元:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/hilton-card/hub/

まずはヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの基本スペックや特徴を取り上げていきます。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードより、さらにグレードアップした1枚です。

「よりお得にヒルトングループのサービスを利用したい」

と思う方は、ぜひこの記事を読んでその魅力に触れてみてください。

ヒルトングループを利用する回数がそこそこという方は、ワンランク低い、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードをおすすめします。

カード利用でヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントが貯まる

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ カードと同様に、得られるポイントは、ヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントです。

より多くヒルトン・オナーズ・ボーナスポイントを貯めたい方には、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの方がおすすめです。 

通常還元率は1.5%

気になる還元率ですが、通常は100円につき3ヒルトン・オナーズ・ポイントが得られます。
(ヒルトングループのホテルやリゾートでの利用では100円につき7ポイント)

季節や施設によって価格が変動するホテルでの利用に当てられるポイントであるため1ポイントの価値が明確でないのが難点ですが、1ポイント=約0.5円前後と見ておけば問題ありません。

つまり、3ヒルトン・オナーズ・ポイントが約1.5円分に相当するため、還元率としては約1.5%です。

ポイント還元率の面では決して悪くなく、むしろ平均以上ですが、利用先が限定されるということには注意しましょう。

なお、年会費はポイント還元の対象になりませんが、それ以外にも下記のようにポイント対象外のサービスも存在します。

引用元:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/rewards/membership-rewards/exception.html
引用元:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/rewards/membership-rewards/exception.html

また、200円につき2ヒルトン・オナーズ・ポイント(=還元率約1%)と、通常時よりも還元率が下がるサービスがあることも頭に入れておきましょう。

引用元:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/rewards/membership-rewards/exception.html
引用元:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/rewards/membership-rewards/exception.html

年会費は66,000円(税込)

https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/hilton-premium-card/?linknav=jp-amex-cardshop-details-browse-HiltonPremiumCard
https://www.americanexpress.com/jp/credit-cards/hilton-premium-card/?linknav=jp-amex-cardshop-details-browse-HiltonPremiumCard

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの年会費は66,000円(税込)とアメリカン・エキスプレスのカードの中でもかなり高額な部類にランクします。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、SPGアメリカン・エキスプレス・カードと比較しても2培近くあり、アメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードの次に高額な年会費が課せられています。

ショッピング、旅行に関する保険としては以下のものを備えていますが、内容や補償限度額はアメリカン・エキスプレス・ゴールドカード、SPGアメリカン・エキスプレス・カードと同レベルです。

  • 旅行傷害保険
  • ショッピング・プロテクション
  • オンライン・プロテクション
  • リターン・プロテクション
  • キャンセル・プロテクション
  • スマートフォン・プロテクション
  • 航空便遅延補償

他にも、

  • 国内とホノルル空港で同伴者一名まで無料で利用できるラウンジ
  • (海外旅行から帰国した際に)空港から自宅までカード会員1名につきスーツケース1個の手荷物を無料で配送するサービス

なども、他のクレジットカードにも付帯するものです。

そのため、これらの点では「年会費分に見合っていない」とは言えてしまうかもしれません。

家族カードは3枚目まで無料

家族カードについては、「3枚目まで無料」と枚数に余裕がある点が特徴です。

アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードの無料分は1枚目までで、SPGアメリカン・エキスプレス・カードについては無料分が存在しないため、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの特色とも言えるかもしれません。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの3つのメリット

この章では、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの真価に迫ります。

ここからのメリットを読むだけでも、申し込む価値があるかどうかの判断もできるかもしれません。  

また、ワンランク下のヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードと同様で、以下のような特典もあります。

  • 入会と同時に「ヒルトン・オナーズ・ゴールドステータス」の称号が入手できる
  • 5,000円程度の高級朝食が無料になる

詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてみてください。

 

「ヒルトン・オナーズ・ダイヤモンドステータス」に最短で到達可能

ヒルトン・オナーズ会員の最上級ランクはダイヤモンドですが、この域に到達するのは容易ではありません。

  • 1年間に30回のご滞在、または1年間に60泊のご宿泊
  • 1暦年間に120,000ヒルトン・オナーズ・ベースポイントの獲得

言わずもがな、ゴールドステータスを達成する以上のコストが必要となります。

しかし、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードのユーザーであれば、年間200万円以上のクレジットカード利用でもクリア条件を満たします。

そのため、憧れのダイヤモンドステータス最短での到達も可能です。

合計2泊分の宿泊費がタダになるチャンスも

さらに、年間300万円以上を利用した場合は、「ウィークエンド無料宿泊特典」という、金・土・日限定ホテルの宿泊費合計2泊分まで無料となる特典も手に入ります。

日常利用ではなかなか到達しない利用額かもしれませんが、毎年海外旅行に行かれている方や大きな出費の多い個人事業主などは十分に狙えるでしょう。

ヒルトン系列のホテルは、最低でも1泊約3万円以上のプランが通常であるため、この「ウィークエンド無料宿泊特典」を獲得できれば、年会費は余裕でペイできます。

ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパンの年会費が初年度無料

そして、忘れてならないメリットが、ヒルトン・プレミアムクラブ・ジャパン(以下、HPCJ)の加入特典です。

HPCJは、日本国内17ホテルと韓国の2ホテルで利用できる優待プログラム。

引用元:https://www.hpcj.jp/hotel/
引用元:https://www.hpcj.jp/hotel/

以下の4つの特典が用意されています。

HPCJの4つの特典
  • 宿泊費が25%OFF
  • レストランが最大20%OFF
  • 5,000円の割引券を2枚プレゼント
  • 初年度はヒルトン・オナーズのシルバー会員に

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードのユーザーであれば、自動的にゴールド会員となるので、④は不要ですが、①~③は大きなメリットです。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードであれば、初年度の年会費は発生しないので、年に一度でもヒルトンを利用すれば、宿泊費やレストランの割引分がそのままプラスとなります。

引用元:https://www.hpcj.jp/benefit/
引用元:https://www.hpcj.jp/benefit/

なお、2年目からは10,000円の年会費が発生します。

しかし、2年目以降は毎年更新のタイミングと同時に年会費と同額の割引券がもらえるため、実質的な負担額はゼロです。  

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの3つのデメリット

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの3つのデメリット

5つのメリットに続いて、3つのデメリットについて触れてみたいと思います。

ここまでヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードの良さに焦点を当ててきましたが、当然、考慮しなくてはならない点は存在します。  

年会費がより高額

やはり、避けて通れないのが66,000円(税込)という、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードよりもさらに高額な年会費です。

そのため、頻繁にヒルトンを利用する方や無料宿泊特典を手に出来るほどクレジットカードを利用する方以外では、年会費分の恩恵を受けることが難しいのは事実です。  

ヒルトンホテル以外でのポイント利用は微妙

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードと同様に、貯めたポイントのマイルやギフト券への交換は還元率が急激に低下するため、これは全くおススメできません。

ヒルトン・オナーズ・ポイントはあくまでもヒルトン利用のためのものだという点は必ず念頭に置いておきましょう。  

電子マネー機能は一切なし

また、近年ではクレジットカードに当たり前のように付帯される電子マネーですが、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードには全くありません。

タッチ決済の性能こそ備えていますが、「携帯一つで街に出る」というような方には心許ないクレジットカードと言えるでしょう。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードと通常カードの違い

ここまではヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードが話題の中心でしたが、その下位互換カードである、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードと比較してみましょう。  

その違いを図示すると以下の通りですが、  

引用元:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/hilton-card/hub/
引用元:https://www.americanexpress.com/jp/benefits/hilton-card/hub/

目立つところとしては、やはり、年会費の金額差でしょうか。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードは16,500円(税込)とプレミアムと比較して5万円ほどリーズナブルです。

その反面、

  • 還元率も通常で約1%
  • カード更新時の無料宿泊券も1泊分のみ
  • HPCJの年会費も初年度から発生

と、プレミアムからはグレードダウンします。  

通常カードの方が得するケース

ダイヤモンドステータスを狙わない方であれば、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードで十分と言えるかもしれません。

プレミアムにはHPCJの年会費が無料となる特典がありますが、これは初年度のみですので、2年目以降は同じ立場です。

つまり、HPCJで受けられるお得感は変わりませんので、年会費が安い分、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードのほうが年会費以上のプラスを感じられるタイミングも早くなります。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードとSPGアメックスの違い

引用元:https://www.marriott.co.jp/default.mi
引用元:https://www.marriott.co.jp/default.mi

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードについても、SPGアメックスとの違いを紹介します。

SPGアメックスのほうが得するケース

ヒルトンのカードとは違い、年会費を更新するだけでその権利を得られるため、

「年に一度だけでいいから高級ホテルに泊まってみたい」

という方には、SPGアメックスが打ってつけでしょう。

また、マリオットホテルユーザーであれば、ヒルトンのカードの特典は利用できないので、SPGアメックスを持った方が良いです。

SPGアメックスの2枚持ちもおすすめ

ヒルトンとマリオットの2大グループのホテルを楽しみたい方は、ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードと同様に「2枚持ち」もおすすめです。

2枚分の年会費が必要となりますが、SPGアメックスでは年一回の無料宿泊券で年会費分以上のメリットは受けられるので心配はいりません。

ヒルトン利用時、マリオット利用時とカードを使い分けすることで、どちらのホテルもお得に利用することができます。

まとめ

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードはヒルトン好きより特化したクレジットカードです。

「ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カードでは物足りない!」

という方におすすめです。
よりグレードアップした特典で、いつもの旅行をさらに充実させて楽むことができるでしょう。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・ プレミアム・カードも、確実に年会費分の無料宿泊券を獲得できるSPGアメックスとの2枚持ちがおすすめなので、選択肢に入れてみてください。

菊地崇仁
菊地崇仁

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ