おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

JALカードSuicaは空と陸でマイルが貯まる最強カード

空港の窓から見える飛行機

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

航空会社大手「日本航空(JAL)」が発行する、クレジットカードにJALカードがあります。

JALカードは飛行機への搭乗や日々の買い物で貯めたマイルを、JALの無料航空券と引き換えることができます。

JALの飛行機によく乗る旅行好きの人なら、ぜひ1枚もっておきたいクレジットカードとして知られています。

そんなJALカードには、JRの交通系電子マネー「Suica」と一体になったタイプの「JALカードSuica」があることをご存知でしょうか。

Suicaの利用でもマイルが貯まるので、JRをよく利用していてなおかつ、お得にマイルを貯めたい人にはとても魅力的なクレジットカードです。

この記事を読んでいるあなたは、
JALカードSuicaを使ってよりお得にマイルを貯める方法を知りたい
と思っていたり、
JALカードSuicaは自分に合っているカードなの?
と思っていたりしませんか。

この記事では、JALカードSuicaの特徴はもとより、その魅力やメリット・デメリットを詳しく紹介していきます。

この記事を読めばきっと、自分にとってJALカードSuicaは作るべきクレジットカードかどうかがきっと分かるはずです。

ぜひ最後まで読んであなたの役に立ててください。

この記事を執筆・監修している専門家
  • 伊藤亮太
  • 監修者 伊藤亮太
    ファイナンシャルプランナー

    保有資格 CFP®、証券外務員一種

    皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。

    詳細はこちら

JALカードSuicaの概要

空港を行き交う人たち

まずは、JALカードSuicaがどのような特徴を持ったクレジットカードなのかを見ていきましょう。

この章では、年会費やポイント制度、付帯されている保険などのJALカードSuicaの基本情報を紹介していきます。

JALカードSuicaの年会費

JALカードSuicaには「普通カード」と「CLUB-Aカード」の2種類があります。それぞれの年会費は以下の通りです。

カードの種類 年会費
普通カード 2,200円(税込)
CLUB-Aカード 11,000円(税込)

カードの種類ごとの年会費は上記のようになります。ただし、普通カードは入会後1年間は無料で利用できます。

JALカードSuicaのポイント制度

JALカードSuicaで貯めることができるのは、「マイル」と「ビューサンクスポイント」の2種類です。

以下のように、どこで何に使うかによって貯まるポイントが異なります。

★JALカードSuicaで貯まるポイントの積算対象
マイル ビューサンクスポイント
  • ショッピングや食事などでの利用分
  • JAL飛行機搭乗への利用分
JR東日本窓口での利用分
(JR東日本みどりの窓口、Suica入金、びゅうプラザ、カード券売機など)

また、貯めたポイントの使い方は以下の通りです。

JR東日本窓口での利用分以外は、基本的にはマイルが貯まります。

★JALカードSuicaで貯まるポイントの使い方
マイル ビューサンクスポイント
  • JAL特典航空券
  • 国際線アップグレード特典
  • JAL利用クーポン特典
  • Suica特典
    (Suicaへのチャージ。10,000マイル=10,000円分のSuicaチャージ)
  • マイルへの交換(※)
  • Suicaへのチャージ
    (1ポイント2.5円相当。例:400ポイント=1,000円相当)
  • プレゼントへ交換
  • 商品券への交換
    (びゅう商品券の場合、1ポイント2.5円相当。400ポイントから交換可能)

※ビューサンクスポイントからマイルへの交換レートは下記を参照。

  • 通常600ポイントで500マイル
  • JALカードショッピングマイル・プレミアム会員:600ポイントで1,000マイル
    ※年会費税込3,300円

JALカードショッピングマイル・プレミアム会員は、マイルが2倍になるオプションサービスです。

ビューサンクスポイントが貯まるときには適用されませんが、交換するときに2倍の恩恵が受けられるようになっています。

付帯されている旅行保険など

普通カード、CLUB-AカードともにJALカードSuicaには旅行保険が付帯されています。
それぞれのカードの保障内容は以下の通りです。

カードの種類 保障内容
普通カード
  • 国内旅行傷害保険=傷害死亡(1,000万円)
    傷害後遺障害(30~1,000万円、保険金額の3~100%)
  • 海外旅行保険=傷害死亡(1,000万円)
    傷害後遺障害(30~1,000万円、保険金額の3~100%)
    救護者費用(100万円、年間)
CLUB-Aカード
  • 国内旅行保険=傷害死亡(5,000万円)
    傷害後遺障害(150~5,000万円、保険金額の3~100%)
    傷害入院日額(1日につき10,000円、最高180日)
    手術(手術の種類に応じて10,000円×倍率)
    傷害通院日額(1日につき2,000円、最高90日)
  • 海外旅行保険=傷害死亡(5,000万円)
    傷害後遺障害(150~5,000万円、保険金額の3~100%)
    傷害治療費用(150万円、1事故の限度額)
    疾病治療費用(150万円、1疾病の限度額)
    賠償責任(2,000万円、1事故の限度額)
    携行品損害(1旅行につき50万円、年間累計額100万円限度)
    救護者費用(100万円、年間)
    日本語による24時間救急サービス

上記を見るとわかるように、年会費が高いCLUB-Aカードの保証サービスの方が圧倒的に手厚くなっています。

CLUB-Aカードの海外旅行保険は普通カードと比べると傷害死亡時の補償金額の多さ、多額の治療費用を保障していることもさることながら、日本語による24時間救急サービスもついているのが大きなポイントです。

慣れない海外でもしもの際に頼れるこのサービスがついていることで、より安心して海外旅行を楽しめます。

海外旅行によく行くという人は、年会費は多少高くなりますがCLUB-Aカードに入会することをおすすめします。

ここまで、JALカードSuicaの年会費、ポイント制度、付帯保険の内容といった概要を見ていきました。

だいたいの特徴がつかめたのではないでしょうか。次の章ではJALカードSuicaのメリットやおすすめポイントを紹介していきます。

次の章を読めば、他のカードにはないJALカードSuicaならではの強みが分かるはずです。

伊藤亮太
監修者

伊藤亮太 / ファイナンシャルプランナー

皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。

【専門家の解説】

JALカードSuicaは、空も陸もマイルが貯まるため、新幹線、電車によく乗る方にとっては大変便利なカードです。特にJR東日本沿線沿いの方は、オートチャージも可能であり、イチイチ入金しなくても電車に乗れるのは利便性が高いと言えます。

20代の方の場合、JAL CLUB ESTに同時入会しましょう。年会費はかかりますが、その分eJALポイントがもらえたり、サクララウンジが5回無料で使えたりと特典がもりだくさん。お金を払う価値のあるサービスだと思います。

なお、デメリットとしては、定期券としては利用できないこと、家族カードがないこと、年会費がかかることです。そのため、年会費無料のカードがよいと考える方は、他のカードを選択された方がよいかもしれません。

年会費を払ってでも魅力があるのがJALカードSuicaです。使ってみればその良さがわかることでしょう。特にJALによく乗るという方、マイルをためたい方は効率的効果的なカードですので、クレジットカードを1枚に絞るなどうまく利用していくとよいと思います。通常の2倍マイルがもらえるお店での買い物もうまく活用されるとよいでしょう。

空と陸でマイルが貯まる!JALカードSuicaのメリット

富士山と新幹線

JALカードSuicaの他のクレジットカードにはないメリットは、大きく分けて以下の3つがあります。

メリット
  • Suicaへのチャージでマイルが貯まる
  • JALの飛行機代の決済でマイルが効率よく貯まる
  • JALカード特約店での決済は通常の2倍マイルが貯まる

それぞれ、以下から詳しく紹介していきますので見ていきましょう。

Suicaへのチャージでマイルが貯まる

JALカードSuicaにチャージをするとマイルを貯めることができます。

先ほど、JR東日本の利用分はマイルではなくビューサンクスポイントが貯まるとお話ししましたが、ビューサンクスポイントはマイルに交換することもできるため、結果としてチャージするとマイルが貯まるというわけです。

1,000円のチャージにつき、ビューサンクスポイントが6ポイント付与されます。

通常は、ビューサンクスポイント600ポイントで500マイルに、JALカードショッピングマイル・プレミアム会員なら600ポイントで1,000マイルに変えることが出来ます。

10万円分のチャージで最高で1,000マイルを貯めることができるというわけです。

ちなみにチャージとはICカードに入金することを言い、JR東日本の運賃はもちろん、提携店での買い物代金もワンタッチで支払うことができます。

オートチャージが便利

JALカードSuicaでチャージ機能を使うなら、オートチャージ機能が便利です。
オートチャージとは設定したチャージ残高を下回ると自動的にチャージされるというものです。
残高が少ない状態で自動改札機にタッチするとあらかじめ設定した金額がICカードにチャージされます。

チャージは「残高がいくらになったら」「いくらチャージする」を設定できます。
いずれも下限は1,000円、上限は10,000円で1,000円単位で自由に変更できます。
設定の変更は、JR東日本駅内にあるATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」で行います。なお、チャージ金額の上限は20,000円です。

また、JALカードSuicaではカード利用があった月にはボーナスポイントがもらえる制度があります。
利用があった月にはビューサンクスポイントが20ポイント付与されます。
このボーナスポイントを取り逃がさないためにも、1ヵ月に1回以上はオートチャージされる程度の金額設定にすることをおすすめします。

Suicaの利用で何でもマイルを貯めることができる

1,000円につきビューサンクスポイントが2ポイント付与されます

Suicaは、JR東日本以外でもさまざまな店舗で電子マネーとして使うことができます。

ビューサンクスポイントは先ほどもお話ししたように600ポイントで500マイルに、JALカードショッピングマイル・プレミアム会員なら600ポイントで1,000マイルに変えることができます。

Suicaを電子マネーとして使える店舗の一例は以下の通りです。

Suicaを電子マネーとして使える店舗の一例
コンビニ
  • セブンイレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
スーパー・ショッピングセンター
  • イオン
  • イトーヨーカドー
  • サミット
  • ドンキホーテ
家電量販店
  • コジマ
  • ソフマップ
  • ビックカメラ
  • ヨドバシカメラ
書店
  • 紀伊國屋書店
  • ブックオフグループ
ファッション
  • 紳士服コナカ
  • 洋服の青山
ドラッグストア
  • クスリのアオキ
  • ココカラファイン

上記はあくまで一例で、これ以外にも飲食店やアミューズメント施設、ホテルなどでも使える店舗があります。

詳しく知りたい方は下記からチェックしてみてください。

JR東日本「Suicaが使えるお店」

JALの飛行機代の決済でマイルが効率よく貯まる

ここまでJALカードSuicaの、Suica部分のメリットのみをお話ししてきました。

Suicaがついているとは言え、れっきとしたJALカードでもありますのでJALの飛行機代を決済すると効率よくマイルが貯まります。
こちらはSuica利用時とは違い、直接マイルが貯まります。

JALの航空券代金をJALカードSuicaで決済すると200円につき2マイルが付与されます。往復10万円分の航空券を決済すると、1,000マイルが貯まる計算です。

なお、年会費3,300円(税込)のJALカードショッピングマイル・プレミアム会員はさらに2倍お得になり、10万円分の航空券の利用で2,000マイルが貯まります。

通常の買い物利用だと200円につき1ポイントの換算率ですが、JALの搭乗券は「JALカード特約店」扱いなので通常の2倍マイルを貯めることができるわけです。

JALカード特約店については、次に詳しく紹介していきます。

JALカード特約店での決済は通常の2倍マイルが貯まる

JALカード特約店は、通常の2倍ポイントが貯まる店舗のことです

通常は、200円で1マイルの換算率ですが、特約店での利用は200円につき2マイルが付与されます。

先ほど紹介したJAL航空券をはじめ、買い物や食事、インターネットサービスなど幅広い分野に特約店はあり、全国に約52,000店舗あります。

JALカード特約店の一例は以下の通りです。

JALカード特約店の一例
    • ENEOS
    • 大丸
    • 松坂屋
    • ファミリーマート
    • ウエルシア
    • ハックドラッグ
    • ノジマ
    • ディノス
    • トヨタレンタカー
    • 紀伊國屋書店
    • スポーツオーソリティ
    • ニューバランス
    • 二木ゴルフ
    • 紳士服コナカ
    • 紳士服のフタタ
    • ロイヤルホスト

上記はあくまで一例でこの他にも数多くのJALカード特約店があります。
詳しく知りたい方はこちらをチェックしてください。

JALマイレージバンク「JALカード特約店とは」

また、より効率的にマイルを貯めたい方はJALカードショッピングマイル・プレミアム会員になることをおすすめします。

年会費は3,300円(税込)かかりますが、さらに2倍お得にマイルを貯めることができます。

ここまで、JALカードSuicaの魅力やおすすめポイントについて詳しく見てきました。

自分がJALカードSuicaに向いているかどうか分かってきたのではないでしょうか。

ただし、JALカードSuicaにもデメリットや注意しなければならない点もあります。次の章ではそのあたりを詳しく見ていきましょう。

先に知っておこう!JALカードSuicaのデメリット

クレジットカードの利用を忘れる女性

JALカードSuicaの代表的なデメリットは
  • 年会費がかかる
  • Suica定期券として使えない
  • 家族カードがない

という点です。ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

注意:年会費がかかる

JALカードSuicaには、前述のように「普通カード」と「CLUB-Aカード」がありますが、いずれも下記のように年会費がかかります。

カードの種類 年会費
普通カード 2,200円(税込)
CLUB-Aカード 11,000円(税込)

「クレジットカードに年会費をかけたくない」という人は、年会費無料のクレジットカードは数多くありますので、違うカードを検討することをおすすめします。

注意:Suica定期券として使えない

JALカードSuicaは「Suica定期券」としての機能を付けることはできません

通勤や通学に定期券を作りたい人は、JALカードSuicaとは別にSuica定期券を作らなければなりません。

JALカードSuicaと定期券を紐付けて、オートチャージ設定にすることはできますが、その場合もJR東日本駅内のATM「VIEW ALTTE(ビューアルッテ)」で両カードをリンクさせる一手間が必要です。

家族カードがない

JALカードSuicaには家族カードがありません

家族カード目的でクレジットカードを作ろうとしている人は注意が必要です。

この章では、JALカードSuicaのデメリット、注意しておきたいポイントをお伝えしてきました。

次の章では、メリットとデメリットを踏まえたうえで、「どのような人にJALカードSuicaが向いているか」についてお話ししていきます。

JALカードSuicaはこんな人におすすめ

ショッピングをするカップル

上記にひとつでも当てはまる人は、ぜひ最後まで読んで本当に自分に合っているのかを確かめてください。

JR東日本沿線に住んでいる人

JR東日本沿線に住んでいる人で、普段からよくJR東日本を利用するという人はJALカードSuicaに向いています

発表された当初は首都圏のみでしか利用できなかったSuicaですが、各地域の交通系電子マネーとの相互連携によって、現在では利用できるエリアも全国的に拡大しています。

ただし他エリアで使う際には、オートチャージができないなどの不便な点もあります。
逆に言えば、他エリアに住んでいる人があえてJALカードSuicaを使うだけのメリットが少ないというのが正直なところです。

JR東日本沿線以外の人は、各地域に合ったクレジットカードをまずは検討することをおすすめします

JALのマイルを貯めている人

JALのマイルを貯めていて、なおかつJR東日本の電車に普段から乗るという人には特におすすめです

メリットの項でも紹介したように、JALカードSuicaはJALのマイルが貯まりやすいサービスを多数用意しています。

JRの利用分を効率的にマイルに変えたい人は、まずはJALカードSuicaを考えてみましょう。

20代ならばJAL CLUB ESTに同時入会がおすすめ

もしあなたが20代なら、20代限定のお得なプラン「JAL CLUB EST」への同時入会をおすすめします

JAL CLUB ESTには、20代の旅行を応援するために以下のようなサービスを提供しています。

  • JALの空港ラウンジ「サクララウンジ」を年間5回無料利用
  • マイル有効期限の延長(36ヵ月→60ヵ月)
  • 航空券の支払いやツアー代金に使える「eJALポイント」5,000円分を毎年付与
  • ビジネスクラスチェックインカウンターが利用可能
  • 上級サービスが受けられる「FLY ONポイント」優遇(毎年最初の登場時に2,000ポイント付与)
  • ショッピングマイル2倍(通常200円1マイルが2マイル。JAL特約店では200円で4マイル付与)
  • 100マイル単位で特典交換が可能(通常は10,000マイルから交換可能)

JAL CLUB ESTに入会するにはカード年会費に加えて5,500円(税込)がかかりますが、旅行好きな人なら入っておいて損はないプランです。

電子マネーと一体型のクレジットカードが欲しい人

電子マネー一体型のクレジットカードが欲しい人にJALカードSuicaはおすすめです

電子マネー一体型のクレジットカードはJALカードSuicaをはじめとしたSuica一体型カードのほかに、楽天Edy、WAON、nanaco、auウォレットなどが一体となったクレジットカードがあります。

Suicaは他の電子マネーと比較して、使える店舗がトップクラスに多いのが特徴です。

「電子マネー一体型クレジットカードを1枚は持っておきたい」という人は、まずはJALカードSuicaをはじめとしたSuica一体型クレジットカードを検討してみてはいかがでしょうか。

JALカードSuicaの口コミと満足度

総合満足度

4.4

口コミ5

評価項目 評価平均
満足度

4.4

ポイント還元

4.4

付帯サービス

3.4

デザイン

3.4

ステータス

3.2

会員専用サイト

3.8

申込み手続き

4.0

男性

36歳/男性/公務員

年収:500~700万円未満

  • JALカードSuica
  • 月の使用額:3~10万円未満
満足度

4

ポイント還元

4

付帯サービス

3

デザイン

3

ステータス

3

会員専用サイト

4

申込み手続き

4

発行した理由
JALと鉄道を利用することが多いので1枚にまとめたかったのと、効率よくJALマイルを貯めていきたかったから
主に利用する場面
コンビニ 生活費支払いレストラン 高速道路
気に入ってる点
JALの飛行機を利用すると10%のボーナスマイルが加算される。Suicaへのチャージでもポイントを貯めることができ、これもJALマイルに移行をすることができる。特約店での利用で2倍のマイルを加算してもらうことができる。
こうだったらもっといいのに!と思う点
クレジットカードのブランドがJCBしか選択できないので他のカードブランドも利用できるようにしてほしい。
その他
カードのデザインをもっとカッコ良くしてほしい。
女性

40歳/女性/会社員

年収:500~700万円未満

  • JALカードSuica
  • 月の使用額:1~3万円未満
満足度

5

ポイント還元

5

付帯サービス

3

デザイン

2

ステータス

1

会員専用サイト

3

申込み手続き

3

発行した理由
定期の購入で効率的にポイントを貯めたかったのでsuica系のカードが欲しかった。その中で、空港のフライト待ちでいつもJALカードの営業をされるのが面倒なので、これを持っていれば営業をされないと思って申し込んだ。
主に利用する場面
定期を購入する時オートチャージをする時
気に入ってる点
通勤費という毎日使う固定費に対してポイントがたまることが良い。以前PASMOをもっていたが、PASMOはチャージ時にクレカが使えず、ポイントがたまらなかったのが不満だったが、これはチャージにも使える点が良い。貯まったマイルは、出張や旅行の際にクラスJに交換している。ポイントが無いとこのような贅沢もしなかったので、満足している。
こうだったらもっといいのに!と思う点
ポイントの還元率が高ければもっと良いと思うが、それ以外に改善して欲しい点は思いつかない。長年使っておりクレヒスを貯めているメインカード・ポイント還元率が高いカード・移動交通費でポイント貯めるカード、と目的によって使い分けているので、これ以上はこのカードに求める点はない。
その他
発行したのがかなり昔なので、申し込み手続の満足度は忘れてしまっています。特にトラブルはなかったと思います。
男性

42歳/男性/会社員

年収:1,000~1,500万円未満

  • JALカードSuica
  • 月の使用額:~1万円
満足度

5

ポイント還元

5

付帯サービス

5

デザイン

5

ステータス

5

会員専用サイト

5

申込み手続き

5

発行した理由
もともとJALマイレージクラブに入会していたことと、スイカを利用するケースが多いので両方が使えるこのカードに入会しました。
主に利用する場面
ネットショッピング
気に入ってる点
ボーナスマイルが貯まります。空マイラー向けJALスイカだといえます。_x000D_ 国内や海外旅行保険が自動付帯されます。_x000D_ 疾病・傷害治療も保障されます。_x000D_ Suicaオートチャージが利用可能です。_x000D_ ポイントもマイルもWで貯まります。
こうだったらもっといいのに!と思う点
Tポイントカードが好きなので、Tポイント機能もついていて、同時に付与されれば最強のカードになっていたのに残念です。
その他
特にありません
男性

37歳/男性/会社員

年収:500~700万円未満

  • JALカードSuica
  • 月の使用額:1~3万円未満
満足度

4

ポイント還元

5

付帯サービス

3

デザイン

3

ステータス

3

会員専用サイト

3

申込み手続き

4

発行した理由
カードにSuicaのICチップが内蔵されているのは便利で、ちょうど自分が申し込んだ時には入会キャンペーンもやっていたのでカードの発行を決めました。
主に利用する場面
ショッピンク、改札
気に入ってる点
現金を持たなくてもSuica機能で対応しているお店なら買い物ができるのも便利ですが、ワンタッチで駅の改札も通れるので通勤時は、かなり役に立っています。Suica機能があるクレジットカードがこんなに便利だとは知りませんでした。
こうだったらもっといいのに!と思う点
カードを発行してから気が付いたのですが、こちらのカードはショッピング保険が付帯していなかったので、できればショッピング保険もあれば嬉しかったです。
その他
家族カードはないので家族会員の年会費割引などは受けられません。
男性

43歳/男性/会社員

年収:1,000~1,500万円未満

  • JALカードSuica
  • 月の使用額:~1万円
満足度

4

ポイント還元

3

付帯サービス

3

デザイン

4

ステータス

4

会員専用サイト

4

申込み手続き

4

発行した理由
JALのマイレージ会員だったのですが、スイカの機能がついたJALカードスイカが登場したので、すぐに加入しました。
主に利用する場面
改札
気に入ってる点
年会費は15000円するのですが、ステータスがJGCになっているので、JGCのステータスを維持したくて、そのまま利用しています。 年会費は高いのですが、その分、JGCのステータスの利点のほうが大きいので満足しています。
こうだったらもっといいのに!と思う点
年会費が15000円と非常に高額なので、もうちょっと安くなれば完璧なカードだと思っています。 しかし、現状でも満足です。
その他
特にありません

まとめ

この記事では、JALが発行するクレジットカード「JALカードSuica」を詳しく紹介してきました。

概要や基本情報はもちろん、メリット・デメリット、JALカードSuicaに向いているタイプまで具体的に見てきました。

最後まで読んで頂いた現時点で、あなたがJALカードSuicaに向いているかどうかが分かったのではないでしょうか。

この記事をきっかけにJALカードSuicaを利用することで、あなたの生活の質がより良いものになれば幸いです。

伊藤亮太
伊藤亮太

皆様にとって真に必要なライフプランニングの設計、資産運用相談を承っております。中立的な立場から、ご相談に応じます。砂金取りという趣味も実益をかねて実践中です。詳しくはZIPANNINGで検索を。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ