おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カード誕生!経営者にふさわしい1枚

プラチナカラーを背景にカップを持つ経営者の男性

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

2021年5月下旬に「セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カード」が新たに誕生しました。

中小規模企業の経営者に向けた、経費やキャッシュフローをはじめ、これまでにない手厚いサービスが強みプラチナ法人カードです。

この記事では、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの

について解説していきます。

まずは、セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの概要についてみていきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネスプロ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費

初年度: 27,500円(税込)

2年目以降: 27,500円(税込)

ポイント還元率

1.0%

発行スピード

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
注目ポイント
  • 常時1%のキャッシュバック!
  • 最長84日間の支払いサイトサービスも選べる
  • 入会手続きはWebのみで完結!

経営者が活用しやすい機能を備えた法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンが発行するカードの中でも最上位のプラチナランクの法人カードです。

基本スペックは下記の通りです。

入会条件 法人代表者様
(個人事業主・フリーランス、未成年者を除く)
年会費 27,500円(税込)
追加カード3,300円(税込)/枚
申し込み方法 原則Web申込
※用紙による申込も可能
限度額設定 個別に対応
※カードごとに限度額の設定が可能
(代表者個人カードとは別枠管理)
支払回数 1回払いのみ
旅行傷害保険
(追加カードも含む)
・海外:最高1億円(一部利用条件あり)で自動付帯
・国内:最高5,000万円自動付帯
追加カード ・追加カード:99枚
・ETCカード:5枚(無料)
設定可能なサービス・
電子マネー
・Apple Pay
・QUICPay

ここまでは、概要について紹介しました。

次に気になるメリットについてみていきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードプラチナランクの4つのメリット

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの券面は、アメックスのセンチュリオンデザインが採用されてた、見ための格好良さハイスペックな機能を兼ね備えた1枚です。

ではメリットを確認していきましょう。

メリット
  1. 入会手続きのしやすさ
    登記簿・決算書が不要
    Web手続きのみで審査・発行手続きが可能
  2. 経費削減・業務効率化を促進
    キャッシュバックで最大1.0%還元
    99枚まで追加カードが発行できる
    カードごとの利用限度額設定が可能
    最長15ヵ月分の利用明細をWEB上に掲載
  3. キャッシュフローの改善
    手数料無料で最長84日後支払い
  4. 出張時の手厚いサポート
    国内・海外旅行傷害保険:最高1億円が自動付帯
    コンシェルジュサービスによる出張や会食の手配
    プライオリティパスによる国内/海外ラウンジサービス
    国内の主要空港ラウンジを無料利用

入会手続きのしやすさ

入会申し込みの際には、登記簿・決算書の提出が不要で、法人与信型カードでは初のWeb手続きのみで審査・発行手続きが可能です。

スタートアップ企業にも比較的入りやすいプラチナカードといえるでしょう。

経費削減・業務効率化を促進

自動的にキャッシュバック最大1.0%還元されるので、日常の経費をはじめ、広告宣伝費や資材購入費、さらに税金など高額な支払いまでカード決済にすることで経費を削減することができるでしょう。

また、追加カードは99枚発行することが可能で限度額が個別設定できるので、従業員一人一人にカードを配布することが可能です。
全員がカード決済をすることで、仮払いや立替払いが不要になるため、振込手数料の削減と事務処理の手間が軽減します。

さらに、最長15ヵ月分の利用明細をWeb上で確認することができ、会計ソフトに連携することも可能なので決算時などの事務処理の効率化が図れます。

キャッシュフローの改善に役立つ

スキップ払い設定をすることで、基本は10日締/翌月4日払いを、手数料無料で10日締/翌々月4日払いにすることが可能なため、最長で84日間支払猶予ができます。

上手く活用することで、状況に合わせた社用資金の効率的な運用が可能になります。

ただし、スキップ払いにはキャッシュバック適用外になります。

出張時の手厚いサポート

国内・海外旅行傷害保険最高1億円も自動付帯で、追加カード保険対象となるため出張時も安心です。

国内の主要空港ラウンジを追加カード会員も無料で使うことができ、さらに代表者カードには世界中の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス(※)も付帯しているため、出張時間を快適にしてくれるでしょう。

さらに、プラチナカードならではのコンシェルジュサービスにより、出張の手配や会食の設定などを専任スタッフが24時間365日対応してくれます。

ここまではメリットについて説明してきました。

次にデメリットについても確認していきましょう。

セゾンプラチナ・ビジネスプロ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費

初年度: 27,500円(税込)

2年目以降: 27,500円(税込)

ポイント還元率

1.0%

発行スピード

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
注目ポイント
  • 常時1%のキャッシュバック!
  • 最長84日間の支払いサイトサービスも選べる
  • 入会手続きはWebのみで完結!

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードの4つのデメリット

申し込む前に気になるのがデメリットです。
後で後悔しないためにもきちんと確認しておきましょう。

年会費がやや高め

法人カードでは年会費無料のものもある中で、27,500円(税込)(※)というのは高額にみえるかもしれません。

しかしプラチナラインのステータスの高さと、充実した付帯サービスを兼ね備えているので、コスパを重視したい方にはおすすめしたいカードといえるでしょう。

個人事業主やフリーランスは申込不可

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードは、企業経営者限定のカードですので、個人事業主やフリーランスの方は申し込むことができません。

マイルを貯めることができない

最大1.0%のキャッシュバックのみのため、マイルをためることはできません

またセゾン独自の永久不滅ポイントもこのカードでは対応していません

スキップ払いとキャッシュバックは選択が必要

メリットで紹介した「キャッシュバックで最大1.0%還元」と「スキップ払い設定」はどちらか選択する必要があります。

そのため、最長84日間のスキップ払いにするとキャッシュバックを受けることができません

どちらが自社の状況に役立つかを検討して利用しましょう。

セゾンプラチナ・ビジネスプロ・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費

初年度: 27,500円(税込)

2年目以降: 27,500円(税込)

ポイント還元率

1.0%

発行スピード

国際ブランド アメリカン・エキスプレス
電子マネー Apple Pay(アップルペイ) QUICPay(クイックペイ)
  • 国内旅行保険
  • 海外旅行保険
  • ETC
注目ポイント
  • 常時1%のキャッシュバック!
  • 最長84日間の支払いサイトサービスも選べる
  • 入会手続きはWebのみで完結!

まとめ

セゾンプラチナ・ビジネス プロ・アメリカン・エキスプレス・カードは、経費削減やキャッシュフロー、従業員へのサービスなど、企業が必要とする付帯サービスが充実しています。

また、経営者にふさわしい最上位のプラチナラインのカードとしての高ステータスも魅力です。
ぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ