おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

タッチ決済の使える店舗を要チェック!利用する際の注意点やおすすめカードも紹介

ゴールドクレジットカードでタッチ決済

クレジットカードが更新された際、「タッチ決済に対応」との文言があったという人も多いのではないでしょうか。

現在、多くのクレジットカードに搭載されているタッチ決済ですが、実際どこで使えるのかわからない方も多いと思います。

この記事では、ブランドごとに異なるタッチ決済の利用可能店舗について紹介します。

タッチ決済の利用可能店舗各ブランドによって異なるので要チェック!

なびすけ

さらに、タッチ決済の特徴利用する際の注意点、また、対応しているおすすめのクレジットカードについても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

タッチ決済はさまざまシーンで活躍できる

実は、タッチ決済が使えるのはコンビニやスーパーだけではありません。

郵便局の支払いも、タッチ決済に対応しているもののひとつ。
荷物の運賃や郵便料金、切手、はがき、印紙、宝くじなども、タッチ決済で購入可能です。

また、自販機の中にもマルチマネー対応のものがあります。
商品と支払い方法を選んでタッチするだけで、とても気軽に買い物ができるようになっています。

このように、生活の一部と言っても過言ではないほどさまざまなシーン活用できるタッチ決済ですが、クレジットカードブランドによってタッチ決済を利用できる店舗が異なるため、いざ使おうとしたときに断られるということもあります。

次の項目でブランドごとのタッチ決済の名称、タッチ決済が使える店舗の代表格を挙げて紹介しています。

よく利用する店舗がどのブランドの加盟店となっているかを確かめておきましょう。

タッチ決済が利用可能なクレジットカードの4ブランドを紹介

クレジットカードにはさまざまなブランドがあり、それぞれでタッチ決済の名称が異なります。

ここでは、以下のブランドのタッチ決済の名称や利用できる店舗名などを挙げています。

お気に入りの店舗でどのタッチ決済が利用できるかを確かめ、どのブランドを選ぶべきなのかを考える一助としてご利用ください。

Visaのタッチ決済は「Visaタッチ」

Visaのタッチ決済は、「Visaタッチ」という名称です。
Visaタッチが利用できるのは、三井住友カードやVisaブランドの楽天カード・イオンカード、一部JALカードなど。

利用できる加盟店舗としては、

  • イオンやダイエー、エブリイといったスーパーマーケット
  • セブンイレブン、ローソン、ミニストップ、ポプラといったコンビニ
  • 王将、タリーズコーヒー、すき屋、マクドナルド、ほっかほか亭といったファーストフード
  • その他ブックファースト、文教堂、ヒマラヤ、イオンモール、ビブレ、オーパ、丸ビル 

などで利用可能です。

この他、伊丹空港や関西国際空港、神戸空港、ジャパンタクシーなど、出張・旅行時の利用も想定されています。

マスターカードのタッチ決済は「Mastercardコンタクトレス」

マスターカードのタッチ決済は、「Mastercardコンタクトレス」という名称です。
Mastercardコンタクトレスが利用できるのは、ジャックスカードやJAL Global WALLET、Mastercardブランドの楽天カード、オリコカードなど。

利用できる店舗としては、

  • セブンイレブンやローソンなどのコンビニ
  • TSUTAYA、HUBやマクドナルドなどの飲食店
  • その他ブックファースト、文教堂、ZARA、六本木ヒルズ、表参道ヒルズ、京王百貨店

などがありますが、スーパーマーケットやドラッグストアでの加盟店は公開されていません。

また、ぐるなびPay、Uペイなどといったキャッシュレス決済サービスや、伊丹空港、関西国際空港、神戸空港、Airportlimsine、ジャパンタクシーなどでも利用できます。

JCBのタッチ決済は「JCB Contactless」

JCBのタッチ決済は、「JCB Contactless」という名称です。
JCB Contactlessが利用できるのは、JCBカードや一部のANAカードなど。

利用できる店舗は、

  • イオンやダイエー、エブリイ、まいばすけっとなどのスーパーマーケット
  • セブンイレブンやローソンなどのコンビニ
  • HUBやマクドナルド、すき家、華屋与兵衛、カフェミラノなどの飲食店
  • その他文教堂、ブックファースト、郵便局、ビブレ、イオンモール

などがありますが、ドラッグストアでの加盟店は公開されていません。

また、大阪国際空港や関西国際空港、神戸空港、ジャパンタクシーなどでも利用できます。

アメックスのタッチ決済は「American Express Contactless」

アメックスのタッチ決済は、「American Express Contactless」という名称です。
American Express Contactlessが利用できるのは、American Expressのプロパーカード。

利用できる店舗は、

  • イトーヨーカドーなどのスーパーマーケット
  • カワチ薬品などの薬局
  • セブンイレブンやローソンなどのコンビニ
  • マクドナルドやすき家、モスバーガー、ドトールコーヒー、エクセルシオールカフェなどの飲食店
  • その他Apple Store、ZARA、表参道ヒルズ、渋谷ヒカリエ、リンクス梅田

などがあります。

また、成田国際空港や大阪国際空港、関西国際空港、神戸空港、ジャパンタクシーなども加盟店舗です。

各ブランドのタッチ決済対応店は、ここで挙げたものだけではありません。
また、日々加盟店が増えていますので、ぜひチェックしてください。

おさらい!タッチ決済の特徴

クレジットカードの更新によって、カードに何やら見慣れないマークがついたことにお気づきの人もいるでしょう。

クレジットカードについているWi-Fiマークを横に倒したようなマークが「タッチ決済マーク」です。
これは、クレジットカードがタッチ決済に対応しているという目印です。

「クレジットカードを使って支払えば良いのに、なぜ他の方法が必要なのか?」と考えたり、「そもそもタッチ決済って?」という人に向けて、タッチ決済の仕組みや使い方などをわかりやすく解説していきます。

クレジットカードのタッチ決済には暗証番号やサイン不要

キャッシュレス決済の代表格といえば、クレジットカード。
さまざまな付帯サービスがあり、ポイントなどで現金払いよりもお得度が高いとあって、クレジットカードの利用者は年々増加の一途です。

しかし、店頭での利用時サインや暗証番号の入力を求められるケースもあり、少々面倒な思いをしている場合があるのも事実でしょう。

また、コロナ禍にあって、会計時の接触を極力少なくしたいという人も多いはずです。

そこで熱い注目を集めているのが、クレジットカードのタッチ決済です。

タッチ決済を使えば、クレジットカードを専用端末にかざすだけで支払いを終えることができ、サインしたり暗証番号を入力したりする必要がありません。
自分の動作だけで支払いが完了するため、感染予防という点でも効果が期待できます。

タッチ決済の使い方

タッチ決済が使えるのは、店頭やレジに対応マークのついた店舗です。

タッチ決済に必要な動作は実にシンプルで、専用端末のリーダーにクレジットカードを軽くタッチするだけ
支払いはそれで完了です。

ただし、タッチ決済が使える金額は上限が定められており、一定金額を超える場合はクレジットカードを挿して暗証番号を入力したり、サインしたりする必要があります。

要チェック!タッチ決済を使う際はこの3点に注意

使い勝手のよさや決済時の安全性の高さにおいてはクレジットカードの上位互換ともいえるタッチ決済ですが、もちろん何の問題もないわけではありません。

ここでは、タッチ決済を使う上で知っておきたい注意点について解説していきます。

一定額以上はタッチ決済ができない

一定金額(1万円)を超える買い物をする場合は徹底した本人確認をしなければならない決まりとなっています。

決済時にサインもしくは暗証番号の入力が求められるため、タッチ決済を利用することができません。

タッチ決済の利便性は、コンビニやスーパーなどで少額の買い物をする際に小銭を出す必要がなく、スピーディーに決済できる点にあると認識しておきましょう。

紛失時に悪用されやすい

タッチ決済の利便性は、決済時にサインや暗証番号が不要な点にあります。

これは、タッチ決済機能がついたクレジットカードを紛失した際、悪用されやすいというデメリットにもつながります。

クレジットカードの紛失・盗難に際しては、悪用を防ぐため、カード会社に連絡のうえ、利用停止の手続きをとらねばなりません。

次の項目では、タッチ決済が使えるおすすめのクレジットカードを紹介していきます。

タッチ決済が使えるおすすめクレジットカード5選

さまざまなメリットがあり、使い勝手のよいタッチ決済。
ここでは、タッチ決済が使えるおすすめのクレジットカードを5つ紹介していきます。

それぞれの特徴を知ったうえで、自分にぴったりの1枚をお選びください。

タッチ決済が使えるおすすめのクレジットカード
  1. 楽天カード
  2. イオンカードセレクト
  3. オリコカードTHE POINT
  4. JCBカードW
  5. アメックスカード

楽天ユーザー必見!高い還元率も人気な「楽天カード」

楽天カードは、年会費が無料でありながら100円あたり1ポイントポイント還元率の高さが人気です。

楽天市場を使えば、ポイント還元率は常に2倍以上
楽天関連サービスの利用非常にお得にポイントを貯められるのも、楽天カードならでは。

家族カードも無料ながら、最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯・旅行予約サイト「楽天トラベル」が毎月1,000円割引など、旅行好きにうれしいサービスも多く、使い勝手のよいクレジットカードです。

楽天市場で購入した商品に関しては、未着や遅延・損傷などを最高30万円補償する「楽天あんしんショッピングサービス」が付帯するため、楽天市場でよく買い物するという人はぜひ持っておくべき1枚といえるでしょう。

イオンでの買い物にはこのカード!ポイントや割引でもお得感満載の「イオンカードセレクト」

イオンでの買い物が多い人にすすめたいのは、イオンカードセレクト。
年会費が永年無料なだけでなく、イオングループ対象店舗での買い物がお得

イオングループでのポイント還元率は1%となっていて、毎月2回(20日と30日)の「イオンお客様感謝デー」には買い物の5%割引などのメリットが。イオンシネマでのサービスも受けられます。

イオンカードの利用でたまるときめきポイントは、WAONポイントや電子マネーWAONに交換可能。
ポイントの使い勝手のよさでも一押しです。

ポイントの貯めやすさで人気!入会後6ヵ月はポイント2.0%の「オリコカード THE POINT」

通常ポイント還元率が1%と高く、どこでも使いやすいのがオリコカード THE POINTです。

年会費無料
入会後6ヵ月はポイントが2倍になるのも魅力的なサービスで、貯まったオリコポイントはさまざまなポイントサービスに交換できます。

どこのお店でもポイントが貯まりやすく、楽天ポイントやAmazonギフト券、WAONポイントなどのポイントに交換できるとあって人気を集める1枚です。

年会費無料・付帯サービスに注目するならこのカード!高還元率もうれしい「JCBカードW」

JCBカードWは、基本のポイント還元率が1%であるうえに、さまざまな付帯サービスがつく年会費無料のお得なカード。
Oki Dokiランドを経由すれば、最大20倍のポイントを貯めることも可能です。

また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険に加え、最高100万円の海外ショッピングガード保険も付帯しており、海外旅行にぜひ持っていきたいカードのひとつといえるでしょう。

Web限定・39歳以下限定で発行されるため、万人向きとはいえませんが、この年齢で入会すれば解約しない限り自動更新されるため、継続利用が可能です。

ステータス性を求めるならこのカード!海外出張にも強い「アメックスカード」

年会費13,200円(税込)がかかるものの、ステータス性の高さを重視するならぜひ持っておきたいのがアメックスカードです。

ポイント還元率は1%ですが、年会費3,300円(税込)の「メンバーシップ・リワード・プラス」に入会すればポイント有効期限がなくなりマイル移行レートがアップするなどの特典が。

さらに、最高5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯など、手厚い付帯サービスも魅力です。
最高5,000万円の国内旅行傷害保険、オンライン上の不正利用の補償や返品時の補償、ショッピング補償もあり、さまざまな場面で安心して使える1枚といって間違いありません。

まとめ

タッチ決済を使えば、決済はたった数秒で完了。サインや暗証番号の入力など必要ありません。
ただし、タッチ決済の加盟店以外では使えず、一定の金額以上は暗証番号の入力が求められるということも。

タッチ決済でうれしいのは、クレジットカードに自動で付帯するということ。
タッチ決済のための手数料、年会費など不要で、こんなに便利なサービスを利用できるのです。

せっかくなら、ここで紹介したタッチ決済搭載のお得なクレジットカードの中からよりよい1枚を選び、お手元にどうぞ。

なびすけ

この記事を参考に、よりスマートでスピーディーなお買い物を実現してみてください。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

ヒルトン・オナーズ アメリカン・エキスプレス・カード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ