おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

スシローでキャッシュレス決済を使おう!利用時の注意点と支払いにおすすめのカード2選

スマホでQRコード決済をするイメージ
# キャッシュレス

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

スシローでは電子マネーの決済はできませんが、以下のようなキャッシュレス決済がでの支払いが可能です。

  • VISAかMasterCardのクレジットカード
  • 楽天ペイやPayPayなどのQRコード決済

そこで当記事では、以下の内容について紹介します。

これらを知っておくことで、スシローで利用できるキャッシュレス決済を知ることが可能です。

くれじい

また、スシローでキャッシュレス決済を上手に使いこなすための方法も理解できるようになるでしょう。

2種類に対応!スシローで使えるキャッシュレス決済

スシローで使えるキャッシュレス決済は以下の2種類です。

 こちらでは、それぞれのキャッシュレス決済について詳しくお伝えします。

国際ブランドがVISAとMasterCardのクレジットカード

スシローではクレジットカードを使ったキャッシュレス決済ができますが、国際ブランドVISAもしくMasterCardに限定されます。

JCBアメリカン・エキスプレスダイナースクラブなどの国際ブランドのクレジットカードでは支払いができないので注意しましょう。

「日本国内のクレジットカード加盟店であればJCBを利用できるお店が多い」
と思っている方もいるかもしれませんが、現時点でスシローはJCBのカード決済に対応していません。

スシローのお会計をクレジットカード決済したい場合、来店する前に自分の持っているクレジットカードの国際ブランドを必ず確認してください。

また、クレジットカードだけでなくVISA・MasterCardの付帯するデビットカードでも決済が可能です。

会計金額は後払い方式のクレジットカードとは異なり、決済と同時にカードに紐づけられた預金口座から引き落されます。

QRコード決済

スシローでは、以下のQRコード決済に対応しています。

  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • PayPay
  • au PAY
  • メルペイ
  • Alipay
  • WeChat Pay

スシロー公式サイトから店舗検索をすると、お店の紹介の中に「QRコード決済可と記載されています。

ステラタウン店のみ利用できるQRコード決済が

  • PayPay
  • 楽天ペイ
  • LINE Pay
  • WeChatPay
  • Alipay

の5種類ですが、それ以外の全国すべてのスシローで上記の7種類のQRコード決済を利用できます。

また、JCBやアメリカン・エキスプレスなどのクレジットカード決済はできませんが、QRコード決済の支払い先に設定することは可能です。

一般レジ・セルフレジ共にキャッシュレスに対応

スシローでは、有人で対応する一般レジ以外にセルフレジでもクレジットカードやQRコード決済を利用可能です。

事前に手渡される会計札をセルフレジで読み込ませると会計金額が表示されるので、その後に決済手段をクレジットカードかQRコード決済に指定してください。

操作方法がわからないときは、セルフレジ付近に設置された案内を確認しましょう。

セルフレジでクレジットカードやQRコード決済の使用が不安な方でも、比較的簡単に操作できます。

スシローで利用できるキャッシュレス決済についてお伝えしました。次にスシローでキャッシュレス決済をするときの注意点をお伝えします。

スシローでキャッシュレス決済をするときの3つの注意点

スシローでキャッシュレス決済をするときの注意点は以下の3点です。

スシローでキャッシュレス決済を利用する前に、ぜひチェックしておきましょう。

電子マネーやポイント支払いが使えない

スシローでは、商業系電子マネー交通系電子マネーの決済に対応していません

商業系電子マネー

  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay
  • WAON
  • nanaco

交通系電子マネー

  • Suica
  • Spasmo
  • Kitaca
  • ICOCA
  • TOICA
  • SUGOCA
  • manaca
  • nimoca
  • はやかけん

スシローの公式サイトにも「電子マネーはご利用できません」と記載があります。

そのほかに以下のようなポイントの支払いにも対応していません。

  • dポイントカード
  • Tポイントカード
  • 楽天ポイントカード
  • Pontaポイントカード

さまざまなポイントサービスがあるので使えれば便利でしょう。
しかし、現時点では使用開始の予定はありません。

現金・国際ブランドがVISAとMasterCardのクレジットカード・QRコード決済のいずれかの中から選んで、決済をおこなうようにしてください。

一部店舗では使えないQRコード決済がある

基本的にすべてのスシローの店舗で7種類のQRコード決済を使えますが、ステラタウンのように一部対応していない場合もあります。

また、スシローは年に2回最大10,000円分の株主優待券を発行していますが、そのほかの「ジェフグルメカード」「全国共通寿司券」などのギフト券は使えません

ネットやアプリの持ち帰り注文で利用できる決済方法は限定される

スシローの「お持ち帰りネット注文」で選べる決済方法は、以下のように店舗利用時と異なります。

【お持ち帰りネット注文で利用できる決済方法】
  • 国際ブランドがVISAとMasterCardのクレジットカード

  • PayPay

  • メルペイ

店舗で飲食したときに選べる決済方法よりも選択肢が限定されるので注意しましょう。

スシローでキャッシュレス決済をするときの注意点をお伝えしましたが、前もってチェックしておけば別の方法を選ぶなどの対応ができます。

次にスシローでキャッシュレス決済を賢くお得に利用する方法を紹介します。

スシローでキャッシュレス決済を賢くお得に利用する2つの方法

スシローでキャッシュレス決済を賢くお得に利用したい方は、以下の2つの方法を取り入れてみるといいでしょう。

利用方法しだいでポイントがお得に貯まるなどのメリットがあります。

こちらを参考に、どうすればスシローのキャッシュレス決済がお得になるのかをチェックしてみてください。

クレジットカードとQRコード決済の組み合わせがお得

スシローでキャッシュレス決済をお得に利用したい場合、クレジットカードとQRコード決済を組み合わせて使うのがおすすめです。

ポイントの多重取りが可能

QRコード決済のチャージや支払い先にクレジットカードを登録してQRコード決済を使うと、QRコード決済の還元分、クレジットカード決済の還元分というようにポイントの多重取りやポイント還元率を高くすることが可能です。

利用するQRコード決済と相性の良いクレジットカードをチェックして登録すれば、貯まるポイントもその分だけ増えるでしょう。

たとえばスシローの会計を楽天ペイで支払うときに楽天カードからチャージ支払いでポイント還元率が1.5%になります。

スシローのお会計が5,000円だった場合、楽天ペイを利用してもらえるのは75ポイントです。

1回の会計で大きな金額は貯まらないかもしれません。
しかし、何回も積み重ねて行けばまとまったポイントになるでしょう。

また、スシロー以外のお店でもQRコード決済にクレジットカードを組み合わせて積極的に利用していくのもスムーズにポイントの貯まるコツです。

ポイントの多重取り以外に、後から分割払いやリボ払いへ変更することもできます。

QRコード決済に登録したクレジットカードで決済した場合、その場では分割払いやリボ払いを指定できません。

しかし、クレジットカードで決済したときと同じように、インターネットなどから分割やリボ払いへの変更手続きができます。

スシローの「まいどポイント」も貯めてみよう

スマートフォンからスシローのアプリインストールして利用すると「チェックインするたび得するポイント」の「まいどポイント」が貯まるようになります。

【まいどポイントを貯める方法】
  • アプリでスシロー店舗の来店受付や予約をする:
    店舗の「お客様受付案内台」でチェックインすると1ポイント付与
  • お持ち帰りネット注文を利用する:
    受取り店舗で注文商品を受け取ると会計が500円(税込)以上で1ポイント付与

まいどポイントは、来店日の翌日またはお持ち帰りすしを受け取った翌日に付与されます。

ポイントが貯まるごとにランクアップし、お会計から割引されたりグッズをもらえたりします。

ステージ1 来店2回目 お会計から50円引き
ステージ2 来店4回目 お会計から100円引き
ステージ3 来店8回目 お会計から100円引き
ステージ4 来店12回目 お会計から150円引き
中間特典 来店18回目 だっこずしプレゼント
ステージ5 来店24回目 お会計から300円引き
ステージ6 来店36回目 感謝まいど盛りプレゼント
ステージ7 来店48回目 感謝まいど盛りプレゼント

スシローに2回来店すれば50円割引、4回目と8回目になると100円割引、さらに回数が増えると割引金額が増えます。

36回目と48回目の来店になると無料で大皿のお寿司が食べられて、ステージ7以降は12ポイント貯まるごとに大皿特典のプレゼントがあります。

スシローアプリでは、まいどポイント以外に期間限定メニューやフェアの情報を入手したり、ゲームを楽しんだりすることも可能です。

iPhoneユーザーの方はApp Store、Androidユーザーの方はGoogle Playからインストールをして利用してみましょう。

スシローでキャッシュレス決済を賢くお得に利用する方法をぜひ取り入れてみてください。

次にスシローでキャッシュレス決済に使いたいおすすめカードを紹介します。

使いやすくてお得!スシローでキャッシュレス決済に使いたいおすすめカード2選

スシローでキャッシュレス決済に使いたいおすすめクレジットカードは以下のとおりです。

スシローでキャッシュレス決済に使いたいおすすめカード

上記のクレジットカードの場合、

  • 楽天カードと楽天ペイ
  • ヤフーカードとPayPay

を組み合わせて使うのがおすすめです。

こちらでは、還元率なども含めて詳しく解説します。

ヤフーカード

Yahoo JAPANカード(通称:ヤフーカード)」と「PayPay」を組み合わせて使うのがおすすめです。

  • PayPay残高にチャージできる唯一のクレジットカード
  • PayPay残高決済分の還元と合わせて1.5%のポイント還元
  • オートチャージ機能も利用できる
  • 新規入会と利用でPayPayボーナスがもらえる

上記のように使いやすさとお得さのそろったクレジットカードです。

また、PayPay残高の支払いでポイント還元などのキャンペーンが不定期で実施されています。
その際にヤフーカード以外のクレジットカードは対象外としているケースもあります。

すでにPayPayを利用している方で、ヤフーカードと組み合わせていない方は、この機会にぜひヤフーカードを入手してみてはいかがでしょうか。

年会費は永年無料ですし、月額539円(税込)で、ヤフーカードで購入した商品に関連するトラブルが起きたときに補償金が支払われます。

楽天カード

楽天カード」からのチャージをして「楽天ペイ」で支払う1.5%還元されるのでおすすめです。

たとえば5,000円(税込)の買い物をした場合、もらえるのは75ポイントでクレジットカード単体で支払うよりもお得に楽天ポイントがためられます。

楽天カードは年会費永年無料、新規入会と利用でポイントがもらえるキャンペーンをおこなっています。

そのほかに24時間365日のモニタリングに本人認証サービス、カード利用お知らせメールの送付などのセキュリティ面を強化しています。

まとめ

これまでスシローの会計を現金で済ませていた方も多いのではないでしょうか。

スシローではクレジットカードにQRコード決済というように、さまざまな方法を使ってキャッシュレス決済ができます。

最後に記事の要点を振り返っていきましょう。

記事の要点

  1. スシローの会計で使えるクレジットカードは国際ブランドがVISAとMasterCardの2種類のみ
  2. スシローでは電子マネーの支払いに対応していない
  3. 貯めたポイントを使った支払いはできない
  4. お持ち帰りネット注文で利用できる支払い方法は店舗で飲食したときと異なる
  5. クレジットカードとQRコード決済を組み合わせることでポイントの多重取りが可能
  6. スシロー独自の「まいどポイント」を貯めると料金割引をはじめ、グッズや限定メニューをもらえる

ぜひこの機会にスシローの会計をキャッシュレス決済に切り替えてみませんか?

ポイントが貯まる以外に支払いがスムーズにできる、利用履歴を簡単に確認できるなどのメリットもあります。

使い勝手の良いキャッシュレス決済が何なのかを見極めて、ぜひ申し込み手続きを進めてみましょう。

なびすけ

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ