おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

タッチ決済を活用して快適ショッピングを!特徴とメリットを紹介

緑とタッチ決済
# 非接触型決済

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

今では多くの人がショッピングにクレジットカードを利用していますが、それがさらに進化したのがタッチ決済という支払い方法です。

タッチするだけでクレジットカードを読み取る方法で、コンタクトレス決済ともいいます。

クレジットカードは現金を持つ必要がないので便利ですが、支払いの時にサインをしたり暗証番号を打ち込んだりするのが面倒と思っている人も多いことでしょう。
タッチ決済なら、クレジットカード払いより便利に、スピーディーにしてくれます。

タッチ決済はもはや世界標準になっており、日本でも広く導入されつつあります。

くれじい

今回はクレジットカードによるタッチ決済について取り上げました。

従来型のカードしか持っていない人のために、タッチ決済できるカードを手に入れる方法もご紹介しています。

菊地崇仁
監修者

菊地崇仁 / クレジットカード専門家

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

タッチ決済は非常に便利で、交通系電子マネーやWAON、nanaco等で慣れているように「かざす」だけで支払う事ができます
スマートフォンをかざしたり、カードそのものをかざすなどで支払いが完了し、中にはスマートウォッチタイプやキーホルダータイプなども用意されている場合もあります。

最近では、クレジットカードやデビットカードなどでもタッチ決済が搭載され始めており、少額取引で便利に利用できます。
海外の鉄道などではクレジットカードなどのタッチ決済で利用できる場合もあり、急速に広まっています。

さらに、サインやPIN番号の入力なども必要なく、どこにも触らずに支払える点で、コロナ禍でも安心できる決済手段でしょう。

日本人は○○ペイよりもかざす支払方法に慣れているため、加盟店が増えると日本でも一気に利用者が増えていく決済手段でしょう。

タッチ決済はこんな人におすすめ

タッチ決済は誰でも簡単に利用できる決済方法で、一度使ったら手放せないほど便利です。

自分には必要ないと思っている人もいるかもしれませんので、具体的にどのような人におすすめなのかをお伝えしましょう。

ショッピングの支払いをスマートにしたい

ショッピングを楽しんだあとはスマートに支払いがしたいものです。
特に混雑しているお店では、レジで財布を取り出してお金を数えたりすると他の人に迷惑になります。

タッチ決済ならクレジットカードをタッチするだけなのでとてもスピーディー。支払いをスマートにしたい人はタッチ決済がおすすめです。

現金を持ち歩くと不安

現金主義の人はいつもお財布やポケットにお金を持ち歩く必要があります。
しかし、お金を持ち歩く場合、落としてしまうリスクが常につきまといます。

また、支払う時にお金がなかったり不足していたりしたらどうしようと考える人もいるでしょう。

これらの不安に襲われるのがイヤな人には現金不要のタッチ決済が向いています。

店員にクレジットカードを渡したくない

最近は多くの人がクレジットカードを使っています。
しかし、従来型のカード決済の場合、店員にカードを渡す必要が出てくることも。

大事なカードを店員とはいえ他人に渡してしまうのは不安でしょう。
タッチ決済なら店員に渡さず支払いが完了します。

サインや暗証番号が面倒

クレジットカードが便利なのはわかっているけど、サインしたり暗証番号を覚えたりするのが面倒と思っている人は多いです。
一々サインするのは確かに面倒ですし、暗証番号を忘れてしまうこともあるでしょう。

タッチ決済なら、そのような手間は不要です。タッチするだけサインも暗証番号の入力もいりません

効率的にポイントを貯めたい

クレジットカードが人気なのはその利便性によるところが大きいですが、ポイントが貯めやすいのも理由です。

たくさんあるクレジットカードの中には、タッチ決済でポイント還元率がアップするカードも。
効率的にポイントを貯めたい人にも、タッチ決済はおすすめです。

次はタッチ決済にどのような特徴があるかについてお伝えしましょう。

タッチ決済の特徴

実は、クレジットカード以外にもタッチ決済できるケースがあります。

また、どのようなショップで使用できるのか、タッチ決済できるクレジットカードの見分け方など役立つ情報が色々あります。

ここではタッチ決済をより深く理解できるように、主な特徴についてご紹介します。

接触型と非接触型の違い

クレジットカードには接触型と非接触型があります。
世界標準となっているタッチ決済非接触型のクレジットカードですが、両者の違いについて説明しておきましょう。

接触型とは

接触型のクレジットカードのICチップには接点が内蔵されており、支払いする時読み取りリーダーに接触させる必要があります。

非接触型とは

非接触型のクレジットカードのICチップにはアンテナコイルが内蔵されているので、読み取りリーダーにかざすだけで電波通信により決済ができます。

コロナ化の今の時代は、読み取りリーダーに触れずに済む非接触型のクレジットカードの方が安心感はあります。

タッチ決済の種類

タッチ決済について説明していますが、実はクレジットカード以外にもタッチ決済できるものがいくつかあります。

それぞれの特徴や使い方について解説しましょう。

クレジットカード決済

レジなどの読み取りリーダーにクレジットカードをかざすだけで決済が可能。
クレジットカードは薄くて小さいため、携帯性に優れています

スマホ決済

スマートフォンでもタッチ決済が可能です。
ただし、引き落とし用のクレジットカードを事前に登録しておく必要があります。

スマートフォンを読み取りリーダーにかざすだけで決済ができます。

QRコード決済

スマートフォンに搭載されているQRコードを利用した決済方法です。

お店側がスマホのQRコードをスキャナーで読み取る方式と、ユーザー側がお店のQRコードを読み取る方式があります。

どちらの方式もかざすだけで決済ができます。

交通系ICカード決済

交通系ICカードの代表的なものはSuica」です。
あらかじめカードに現金をチャージしておくのが特徴で、改札口にかざすだけで自動的に料金が引き落とされます。

スマホ用のSuicaアプリもあり、チャージしておけば改札口でスマホをかざすだけで料金決済ができます。

タッチ決済ができるのは?

多くの人が実際にクレジットカードを所有していると思いますが、自分のカードがタッチ決済できるのかどうかを確かめる方法をお伝えしておきます。

  1. 電波マークがついているクレジットカード
  2. 電波マークが表示されているお店

電波マークがついているクレジットカード

タッチ決済できるクレジットカードは、カードの表面に電波マークがついています。
カード表面に電波マークがついていればタッチ決済が可能です。

電波マークが表示されているお店

お店にもタッチ決済可能なところと、そうでないところがあります。
タッチ決済可能なお店にも電波マークが掲示されているので、利用する前にチェックしてください。
ただし、電波マークがあっても利用できないお店もありますので注意してください。

次は、タッチ決済のメリットについて具体的にご紹介します。

タッチ決済の7つのメリット

世界的なコロナ禍の今、かざすだけで支払いができるクレジットカードのタッチ決済が注目されています。

ではタッチ決済にはどのようなメリットがあるのか、7つのポイントに絞ってお伝えします。

支払い(決済)がスピーディー

お店で支払いをする際、現金でのやり取りでは、お金を数えたり、お釣りを支払ったりと時間がかかります。

クレジットカードならその手間が不要です。
ただし暗証番号を入力するなど、別の手間がかかります。

その点タッチ決済なら、かざすだけで支払完了なのでとてもスピーディーです。

セキュリティに優れている

タッチ決済には世界標準のセキュリティ技術が使われているので、安全性が高いです。
非接触型なので、スキミングのように磁気カードの情報を抜き取られる心配もありません。

店員に渡すこともないので、より安全性が高くなっています。

非接触なので衛生的

コロナ禍の世の中では、不特定多数の者が触れたものは避けるのがウィルス感染防止には大切です。

タッチ決済は読み取りリーダーにかざすだけなので、衛生的な使い方ができます。

スマートフォンやウェアラブル端末で使える

今の時代はスマートフォンやスマートウォッチなどのウェアラブル端末が必要不可欠です。

これらの端末にクレジットカードを登録すれば、スマホやスマートウォッチでタッチ決済ができます。

ポイントが貯まりやすい

タッチ決済可能なクレジットカードには、ポイント還元率のよいカードがあります。
ポイントが貯まりやすいというのもメリットです。

サインがいらない

クレジットカード決済は便利ですが、サインをする手間がかかりました。
タッチ決済ならサインやPIN番号の入力も不要です。

現金を持ち歩かなくて済む

日本人は現金主義と言われますが、実際にタッチ決済を経験すると現金を持ち歩かなくて済む気軽さ・安全性を実感することでしょう。

ただ、一方でタッチ決済にはデメリットもありますので、触れておきましょう。

タッチ決済の2つのデメリット

利便性が高く衛生的なタッチ決済ですが、デメリットはあります。
主なポイントは2つですので、タッチ決済を導入する前に知っておいてください。

支払いできる金額に上限がある

クレジットカードでのタッチ決済では、支払える金額に上限があります。
一定の金額以上の支払は、サインや暗証番号が必要になるのです。

カードによって上限金額は異なるので、事前にチェックしておく必要があります

対応していないショップがある

かなり普及してきているタッチ決済ですが、まだまだタッチ決済に対応できていないお店があります。
当然ですが、そのようなお店ではタッチ決済が使えません。

利用したいお店がある場合は、タッチ決済が可能かどうか事前に確かめてください

次は合わせて知っておきたい、タッチ決済ができる国際ブランドについてご紹介しましょう。

タッチ決済が利用できる4つの国際ブランド

タッチ決済に対応している国際ブランドは4つあります。
いずれも世界的に通用するカードブランドです。

タッチ決済が利用できる国際ブランド
  1. American Express
  2. Visa
  3. JCB
  4. Mastercard
  5. Diners Club

American Express

アメックスでおなじみのクレジットカードです。
ゴールド・カード」や「プラチナ・カード」もタッチ決済ができます。

タッチ決済の呼び方

American Expressではタッチ決済を「American Expressコンタクトレス」と呼称しています。

特徴

American Expressは年会費が高いというイメージがありますが、それを上回るステータスがあります。

空港ラウンジの使用や海外旅行保険などの付帯サービスが充実しており、海外出張の多いビジネスパーソンにおすすめの海外ブランドカードです。

Visa

日本でよく知られている国際ブランドがVisaです。Visaカードもタッチ決済に対応しています。

タッチ決済の呼び方

Visaでは「タッチ決済」という言い方をします。

特徴

Visaカードの特徴は使えるエリアが広いという点です。
特に世界においてVisaが使える範囲はとても広く、約200の国や地域で通用します。

日本ではセブンイレブンやローソンなどのコンビニ、マクドナルド、イオンなどでタッチ決済が可能です。

JCB

JCBは日本を代表する国際ブランドです。
海外よりも日本国内での利用に便利なブランドカードで、トラブルなどが起こった時の安心感があります。

タッチ決済の呼び方

JCBにおけるタッチ決済の名称は「JCBコンタクトレス」です。

特徴

特徴は日本で生まれたブランドだけに、国内での使用が便利という点です。もちろん海外でもタッチ決済ができます。

通常のJCBカードと同じようにポイントやマイルが貯まります

Mastercard

日本でのメジャー度はVisaやJCBほどではありませんが、世界第2位のシェアを誇る国際ブランドです。

タッチ決済の呼び方

Mastercardではタッチ決済を「Mastercardコンタクトレス」と呼んでいます。

特徴

ヨーロッパで加盟店が多いのが特徴で、ヨーロッパへ旅行する人には重宝するカードです。

日本でも大手チェーンでタッチ決済できる店が増えています。
ただ念のため、電波マークが掲示されているかどうか確認してから利用してください。

Diners Club

世界的にハイステータスで知られているダイナースクラブもタッチ決済が可能です。

タッチ決済の呼び方

ダイナースクラブではタッチ決済を「ダイナースクラブ コンタクトレス」と呼んでいます。

特徴

「食事をする人」というカード名だけあって、加盟店は飲食店を中心としており、海外はもちろんのこと、日本でもJCBと提携しJCB加盟店で利用することもできます。

また日常的にイトーヨーカドーやセブンイレブンなどでも使うことができ、利用店舗も拡大中です。

SMBC信託銀行との提携カードもタッチ決済の対象で、手持ちのカードにタッチ決済マークが付いていれば利用することができます。

ここまで読んできてタッチ決済できるクレジットカードが欲しくなった人も多いでしょう。

そこで最後に手に入れる方法について、簡単に説明します。

タッチ決済できるクレジットカードを手に入れる2つの方法

所有しているクレジットカードがタッチ決済に対応していない場合は、新規で申し込む必要があります。

またすでにクレジットカードを所持している場合は、タッチ決済ができるカードに変えることもできます。

この2つの方法についてご紹介しましょう。

  1. 新規に申し込む
  2. 手持ちのカードを交換する

新規に申し込む

タッチ決済できるクレジットカードを手に入れたい場合は、カード会社に新規に申し込むパターンが一般的です。

カード会社のサイトからオンラインで申し込むことができる場合がほとんどですので、タッチ決済が可能なことを確認した上で申請を行いましょう。

手持ちのカードを交換する

持っているクレジットカードをタッチ決済可能なものに変更したい場合は、カードの発行会社にカードの作り直しを申し込むことができます

ただし、作り直しの場合は手数料がかかることもあるので、事前にチェックしておきましょう。

まとめ

世界的なコロナ禍の中で、クレジットカードのタッチ決済は衛生的に使用できることから非常に注目されています。
不特定多数が接触した読み取りリーダーにタッチしなくてよいので、安心感のある決済が可能です。

日本でもタッチ決済が加速度的に普及しており、近い将来、ショッピングや飲食の支払はタッチ決済が主流になることでしょう。

まだタッチ決済のクレジットカードを持っていない方は、新たに新規申し込みをするか、作り直しをしてはいかがでしょうか。

くれじい

クレジットカードのタッチ決済なら、スマートで安心感のある支払いができます。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ