おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

便利なVisaタッチ決済は使わないと損!お得なキャンペーンにも参加すべし

タッチ決済のVISAカードを持ちしたショッピングバックに囲まれて喜ぶ女性
# タッチ決済

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

皆さんはタッチのみで決済ができる「VISAタッチ決済」というクレジットカードの機能を使ったことがありますか?

「Visaタッチ」という言葉自体は聞いたことがあるが、利用したことがない方も多いのではないでしょうか。

しかし、2020年にはコロナ禍の影響もあって、Visaタッチに対応したカード発行枚数は約2.3倍、利用件数も約15倍超と飛躍的に伸び、更なる拡大も期待されています。

この記事でVisaタッチをマスターし、これまで使用していなかった方はぜひ一度試してみてください。

くれじい
くれじい

一度使えば、そのお手軽さ便利さに間違いなく驚くはずです。

Visaタッチ決済の基礎知識

まずは、「Visaタッチの基礎知識」から触れていきます。

店舗で見かける機会は増えてきているのですが、具体的にどういったものなのか分からない人も多いはず。

そこで今回は押さえておきたいVisaタッチのポイントについて、詳しく見ていきましょう。  

Visaタッチ決済を学ぶ

Visaタッチは、コンビニやスーパーなど、対応している加盟店にてカードをカードリーダーにかざすだけで支払える非接触型の決済手段です。

Suicaのような電子マネーに似ており、基本的にはサインも暗証番号も不要。

通信規格は「NFC Type A」(以下、Type A)、「NFC Type B」(以下、Type B)の通信規格を併用しています「Type A/B」とも称される。

この規格は世界標準で、この点が日本国内限定の規格であるFelica形式(Suicaなど多くの電子マネーがこの形式)との大きな違いでもあります。

日本に登場した初期「Visa payWave」という名称でしたが、現在は「Visaのタッチ決済」という名称に統一。
Wi-Fiのようなマークが目印となっています。

【参考】VISA公式サイト

なお、「Visa payWave」のロゴが付いたカードでも、Visaタッチ決済の加盟店であれば現在も利用可能です。  

決済手段がICチップを読み込むタイプから非接触のタイプに変更されただけですので、ポイント還元率は変わりません

利用するカードに適用されている還元率がそのまま活かされます。  

普及率は世界中で拡大の一途

冒頭で「Type A/B」は世界標準と述べましたが、読み取り用端末の導入費も比較的安価に抑えられている点もあり、世界各国でこの形式は増加傾向にあります。

Visaの公式発表によれば、2020年にはVisaを対面で利用する際にVIsaタッチを選択するケースは43%(2020年9月末時点)まで成長し、オーストラリア、シンガポール、ニュージーランド、ロシア、ハンガリー、スペインなどではその普及率は90%を超えています。  

Felica形式が主流であった日本では、世界に比べると普及までに時間がかかりましたが、近年は爆発的に利用機会を増やしています。

同発表では、Visaタッチに対応したカードの発行枚数は3,230万枚(前年同月比の約2.3倍)、取引件数もスーパーマーケットで約30倍、コンビニエンスストアでは約8倍と、生活に密着した決済手段の一つになりつつあります。

この背景にあるのが、Visaタッチに対応したリーダー(読み取り機)の普及です。

これまでは、店舗の端末側でVisaのタッチ決済かカード(ICもしくは磁気)のいずれかを選択する、いわゆる「2面待ち」が主流でしたが、端末側でクレジットを選択するだけでどちらの決済にも対応できる「3面待ち」の端末が増加。

店側も客側もどちらの決済手段を利用するかのやり取りをする必要がなくなり、使いやすさは段違いにレベルアップしました。

対応端末自体の設置数も、2020年9月末時点で昨年同月比の3.2倍と増えており、Visaタッチは今後より身近な存在に成長していくことでしょう。  

Visaタッチ決済が使えるお店

頭と心の準備が整えば、次は実際に利用する話へと移りましょう。

まず、には以下の2つの条件を達成していないといけません。

Visaタッチを利用するための条件
  1. 自身のカードがVisaタッチに対応している
  2. 店舗の端末がVisaタッチに対応している

対応しているかどうかの見分け方は、①も②も以下のマークの有無で判断しましょう。

対応している店舗の場合は、入口付近や店頭で掲載されているはずです。

対応する店舗一覧

現在、VIsaタッチに対応している主な店舗は以下の通りです。

VIsaタッチに対応している主な店舗
  • スーパーマーケット
    イオン イトーヨーカドー KOHYO マックスバリュ マルエツ マルナカ
  • コンビニエンスストア
    セイコーマート セブン‐イレブン ミニストップ ローソン
  • ドラッグストア
    ウェルシア
  • 飲食
    餃子の王将 タリーズコーヒー ドトールコーヒーショップ ほっかほっか亭 マクドナルド モスバーガー すき家 ココス はま寿司 なか卯 ビッグボーイ ジョリーパスタ

その他にも対応している店舗や業種はあるので、詳しくは下記の公式サイトを参照してください。

【参考】VISA公式サイト

交通系でもVisaタッチの利用が可能に

店舗一覧からでもわかるように、Visaタッチに対応した企業は増加し続けていますが、その利用場所は店舗に止まらず、電車やバスなど公共機関にも進出するようになりました。

2020年7月の茨城交通を皮切りに11月には京都丹後鉄道がVisaタッチの取り組みに参加。

京都丹後鉄道に至っては均一運賃だけではなく、降乗車駅に応じた運賃変化にも対応し、乗客は交通系電子マネーの利用時と比較しても見劣りのない利便性を手にすることが出来ています。

そして、Visaタッチと公共交通機関とのマッチングは、日本国内ではまだまだ発展途上ですが、世界に目を向けるとその可能性は広がります。

既に世界500以上の都市の公共交通機関におけるVisaのタッチ決済導入プロジェクトが進行中で、ニューヨーク、ロンドン、シンガポールやシドニーなど世界的な観光都市では日々利用されています。

日本の主な公共交通機関ではFelica形式の端末が既に普及しているため、ここにVisaタッチのType A/B形式が割り込むためには様々な障壁がありますが、近い将来、Visaタッチ一つで日本全国を駆け回れる日が訪れるかもしれません。  

Visaタッチ決済の使い方

さて、ここからはより実践的な話を進めていきます。

まだVisaタッチを使用していない方向けに、Visaタッチの使い方をレクチャーしましょう。

店頭での対応

Visaタッチに対応した店舗を見つけたら、積極的にVisaタッチを試したいところですが、ここで注意しなくてはならない点が一つだけ存在します。

それは店頭の端末によって、決済時にこちらからお店に伝える言い回しが少し変わるという点です。

「2面待ち」のリーダーを使用している店舗では、店舗側の業務として通常のクレジットカード決済か非接触型のいずれかを選択する必要が発生します。
そのため、購入者側が店頭で「Visaで」と伝えるだけでは情報が不十分であり、「Visaタッチで」もしくは「タッチ決済で」と伝えなくてはなりません。

一方、「3面待ち」を導入している店舗であれば、店舗側は端末でクレジットを選択するだけで、通常のクレジットカード決済でも非接触型でも、購入者側の動きに合わせて自動的に対応することが可能です。

とは言え、購入者側ではその店舗の端末が「2面待ち」か「3面待ち」かは見分けはつきにくいはずです。

どちらの端末にも対応できるよう「Visaタッチで」もしくは「タッチ決済で」と伝えるようにしましょう。

サイン、暗証番号も不要

Visaタッチは、原則的にサインや暗証番号は不要です。

そのため、決済が終了すると、後は商品とレシートと受け取るだけで購入完了となります。

ただし、日本国内においては、セキュリティ面が考慮され、一万円以上の決済ではサインか暗証番号の入力を求められることがあります

当然、暗証番号の入力を求められた場合はVisaタッチでの決済は不可となりますので、頭に入れておきましょう。  

Visaタッチ非対応でもVisaは使える

では、そもそも、Visaタッチに対応していない店舗の場合はどのように対処すればよいでしょうか。

Visaタッチが利用できないことが判明した段階で、戸惑うかもしれませんが、Visaの加盟店であれば決済自体は問題なく行えます

決済直前でVisaタッチに対応していないことが判明しても、落ち着いてICチップを読み込ませる通常のクレジットカードの利用に切り替えましょう、

Visaタッチ決済の4つのメリット

ここまではVisaタッチの特徴や利用方法に焦点を当ててきましたが、メリット面はご理解頂けているでしょうか。

おさらいをかねて、主なメリットを挙げてみることにします。 

決済時間がとにかく早い

真っ先にイメージできるのはスピード感です。

通常のクレジットカードであれば、クレジットカードをリーダーに読み込ませて、(場合によっては)サインや暗証番号入力し、決済完了後にクレジットカードを抜くという一連の動きは求められます。

ですが、Visaタッチを駆使すれば、リーダーにかざすだけで決済が完了するので、いくつかの工程を簡略化できます。  

安心のセキュリティ面

続いてはセキュリティ面です。

カードリーダーにICチップや磁気ストライプを読み込ませる方式を採用する時に心配されるのが、カード情報の抜き取り、いわゆる「スキミング」でしょう。

とりわけ、海外で観光客をターゲットにした犯罪はまだまだ存在し、「どこでカード情報を抜き取られたかは覚えていないが、不正利用されていた」という事例は後を絶ちません。

ですが、Visaタッチであれば、カード自体をお店側に渡す必要はなく、自分の目の前で決済が完了するので、心理的な面も含め、安全性は飛躍的に向上します。  

なお、意外に思われるかもしれませんが、非接触型のVisaタッチのセキュリティ技術は接触型のICチップと同等のレベルです。

このセキュリティ技術はEMVと称され、偽造防止の対策が施されている点も特徴です。

また、通常のクレジットカード利用と同様にすべての取引が複雑なセキュリティ設定で監視されており、万が一、不正利用があった場合でも、カード保持者が責任を負うことはありません。

EMVとは

開発したEuropay、MasterCard、Visaの3社の頭文字を取ったもので、ICチップベースのクレジットおよびデビット取引では世界標準規格とされています。  

接触機会がゼロ

そして、最後に取り上げるのが「接触機会がゼロ」という特長です。

コロナ禍において、人やモノとの接触機会を減らしていく意識は標準になりつつありますが、Visaタッチはこのトレンドとも高い親和性を持っています。

当然、店舗側にカードを手渡す必要もなく、基本的には端末を触れる必要もないので、接触機会は発生しません。

購入者側も店側がお互いに安心して決済できるこの形式は、今後も広がりを見せていくことでしょう。 

Visaタッチ決済だけのお得なキャンペーンがある

Visaタッチ関連のキャンペーンも積極的に展開されています。

過去の実績で、代表的なものを2つあげると

  1. キャッシュレス界が沸騰した、すき家祭り
    大きな話題を巻き起こした一つが、2020年10月に開催されたすき家における「50%還元
  2. 初めての利用月は20%キャッシュバック
    セディナ発行のクレジットカードを対象に、Visaタッチを初めて利用した月は20%を、さらに翌月移行も利用額の3%キャッシュバック

不定期にキャッシュバックなどを受けられるお得なキャンペーンが度々開催されていますので、見逃さないようチェックしておきましょう。

Visaタッチ決済におすすめしたいカード2選

最後に、これからVIsaタッチ対応のクレジットカードの発行を考えている方に、おすすめのクレジットカードとデビットカードを1枚ずつ紹介します。

年会費無料でポイントがザクザク貯まる「三井住友カード ナンバーレス」

日本で初めてVisaブランドのクレジットカードを発行したのは三井住友カード。

どうせなら、Visaと縁も深い三井住友カードの利用を考えたいところですが、三井住友カードは年会費無料のカードが少ないことで知られています。

しかし、2021年2月に登場した「三井住友カード ナンバーレス」は年会費は永年無料家族カードも無料と、これまでの三井住友カードシリーズとは一線を画しています。

さらに、カードの表面と裏面共にカード番号が非記載という、最新鋭の手法である「ナンバーレス」を取り入れており、セキュリティ面は他に類を見ない安全性です。

セブン-イレブン・ローソン・マクドナルドなどでタッチ決済を行うと、最大還元率が5%に上がるなど、Visaタッチ特有の特典もあり、お得度の面でも高評価を与えたい1枚です。

三井住友カード ナンバーレス

3.59
年会費

初年度: 無料

2年目以降: 永年無料

ポイント還元率

0.5%~5.0%

発行スピード

最短即日

国際ブランド VISA MasterCard
電子マネー Visa Touch(ビザタッチ) Apple Pay(アップルペイ) Google Pay(グーグルペイ) iD(アイディ) WAON(ワオン)
  • 海外旅行保険
  • 家族カード
  • 分割払い
  • ETC
注目ポイント
  • 最短5分でカード番号発行!年会費も永年無料!
  • タッチ決済でコンビニ・マクドナルドが最大5%還元
  • 今ならVisaタッチをApplePayで利用すると最大1,000円プレゼント!
《入会特典》最大10,000円相当のポイントプレゼント! 申し込みはこちら

お金の管理が苦手な方必見の「PayPay銀行 Visaデビットカード 」  

利用額が高額にならないように気を付けたい、お手軽に発行したいという方には、デビッドカードがおすすめですが、デビッドカードにもVisaタッチに対応したものはいくつも存在します。

その中でもおすすめしたい1枚は「PayPay銀行 Visaデビットカード 」。

PayPay銀行の口座があれば審査不要で発行できるデビッドカードで、銀行・コンビニATMでの取引手数料月1回いつでも無料3万円以上なら何度でも無料という嬉しいサービスも付いています。

基本還元率は0.2%と少し物足りませんが、銀行・コンビニを問わず、日頃からATMを利用する機会が多い方にはおすすめしたい1枚です。

PayPay銀行 Visaデビットカード

年会費

初年度: 無料

2年目以降: 無料

ポイント還元率

0.2%

発行スピード

5営業日

国際ブランド VISA
電子マネー Visa Touch(ビザタッチ)
注目ポイント
  • キャッシュバックによる還元!
  • 15歳以上から申請可能
  • Visaタッチ搭載!

まとめ

基礎知識から始まり、実践編、そして、おすすめのクレジットカードという流れでVisaタッチを深堀りしましたが、利用する意義を感じて頂けたら幸いです。

今後、「ナンバーレスカード」と共にこれからの世界標準とされていくであろう「タッチ決済」はより生活に密着したものになっていくはずです。

コロナ禍の今だからこそ、自分のために、家族のために、周囲のためにもなる「タッチ決済」の利用を検討してみましょう。

なびすけ
なびすけ
編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

エポスカード

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ