おすすめコンテンツ

目的別クレジットカード

ナビクレについて

PayPayカードのETCカードのメリットとデメリット

車内のスマートフォン

『ナビナビクレジットカード』では、複数の金融機関やキャッシュレス決済の取り扱い機関と提携し、キャッシュレス決済に関する情報を提供しています。いずれかの商品への申し込みがあった場合、各機関から支払いを受け取ることがあります。ただし、『ナビナビクレジットカード』内のランキングや商品の評価に関して、提携の有無や支払いの有無が影響を及ぼすことはございません。また、収益はサイトに訪れる皆様に役立つコンテンツを提供できるよう発信する情報の品質、ランキングの精度向上等に還元しております。 ※提携機関一覧

ワイジェイカード株式会社の発行のクレジットカードであるPayPayカード

PayPayボーナスをよく使う人やYahoo!ショッピング、ヤフオク!をよく利用する人に人気がある年会費無料のクレジットカードとして知られています。

付帯しているETCカードは、PayPayカードETCカードです。

そんなPayPayカードのETCカードの概要や、メリット・デメリットについて興味はありませんか?

【入会特典】新規入会&3回利用で最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる!
  • ヤフーカードに新規入会で2,000円相当のPayPayボーナスをプレゼント!
  • 申込月を含む2カ月目の末日までにカード利用×3回で5,000円相当のPayPayボーナスをプレゼント!
    ※1:PayPay残高チャージ等、一部特典の対象外となる場合があります。
    ※2:出金・譲渡不可。ワイジェイカード公式ストアでも利用可能。

今回の記事では、PayPayカードのETCカードの入手までにかかる期間、メリット・デメリットなどを詳しく説明します。

記事を読むことで、ご自身がPayPayカードのETCカード選ぶべきなのかどうか判断できるようになります。

この記事を執筆・監修している専門家
  • 菊地崇仁
  • 監修者 菊地崇仁
    クレジットカード専門家

    約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

    詳細はこちら

PayPayカードのETCカード概要

一直線の道路

PayPayカードのETCカードは、PayPayカード付帯のETC専用カードです。この章では、PayPayカードのETCカードについて解説していきます。

PayPayカードのETCカードはPayPayカードに付帯するETCカード

PayPayカードのETCカードはPayPayカードに付帯しているETCカードです。

PayPayカードを持っている人だけが発行可能なので、ETCカードだけの発行はできません。

単独で作れるETCカードには、高速道路6会社(東日本高速道路株式会社、首都高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社、本州四国連絡高速道路株式会社)が共同で発行しているETCパーソナルカードがあります。

しかしETCパーソナルカードは手続きが複雑なことや平均利用月額の預託が必要になるため、クレジットカードに付帯しているETCカードを使うのが一般的です。

そのようなデポジットが必要なカードとは異なり、PayPayカードのETCカードはPayPayカードに付帯している一般的なETCカードです。

ETCカードはPayPayカードと一緒に支払請求される

PayPayカードのETCカードで利用した額は、PayPayカードの利用として請求されます。ショッピングでの利用と合算されて請求されるため、ポイントもまとめて効率的に加算されます。

特に口座設定をしたりする必要もないため、手続きも簡単に済むメリットがあります。

年会費は1枚につき550円(税込)

PayPayカードのETCカードは、年会費が1枚当たり550円(税込)です。

他のクレジットカードでは、年会費が有料でも、条件付きで無料になるものもありますが、PayPayカードの ETCカードはどのような利用頻度でも有料です。

例えばdカード付帯のdカード ETCカードは2年目以降の年会費がPayPayカードのETCカードと同じように1枚あたり550円(税込)ですが、前年度に一度でもdカード ETCカードの利用があれば年会費は無料になります。

1枚ごとに年会費が550円(税込)かかってしまいますが、他のカードと比べるとポイントが貯まりやすくポイント還元率が高いので、毎月の利用金額によっては年会費相当分以上の還元を受けられます

クレジットカード1枚につき申し込める枚数

PayPayカードのETCカードは、下記の枚数が申し込み可能です。

本会員 5枚まで
家族会員 発行できません

家族会員にETCカードを発行できない点は、使い勝手がよくないため、少し不便です。

例えばセゾンカードであれば、本人名義のETCカードも家族名義のETCカードも5枚まで持つことができます。

もし家族名義のETCカードを持ちたい場合は、家族カードではなく、本会員としてPayPayカードを作ったうえで、ETCカードを発行するのがおすすめです。

ETCカード発行にかかる日数

PayPayカードのETCカードは、申し込み受け付け後約1週間で発送されます。他のクレジットカード会社のETCカードでは2週間程度を要するものもあります。

他のカードを例にあげると、アメリカン・エキスプレス・カードは申し込みから約2週間で手元に届きます。

申し込みから発行までが短期間で済むので、急いで使いたい人も助かります。

ETCカードの申し込み方法

PayPayカードのETCカードは、PayPayカードの申し込みと同時か、WEBの会員メニューから申し込み可能です。

webで手続きを完了させるため、到着までの期間が他のカードに比べると短くなっています。

インターネットの苦手な人にとっては少しデメリットになりますが、PayPayカード自体が申し込み受付がwebからだけなので、特に問題視すべき点ではありません。

この章では、PayPayカードのETCカードの概要について解説してきました。年会費がかかるのは少し残念ですが、本会員であれば5枚まで持てるのはとても便利です。

次の章では、PayPayカードのETCカードにどのようなメリットがあるのかについて解説していきます。

【入会特典】新規入会&3回利用で最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる!
  • ヤフーカードに新規入会で2,000円相当のPayPayボーナスをプレゼント!
  • 申込月を含む2カ月目の末日までにカード利用×3回で5,000円相当のPayPayボーナスをプレゼント!
    ※1:PayPay残高チャージ等、一部特典の対象外となる場合があります。
    ※2:出金・譲渡不可。ワイジェイカード公式ストアでも利用可能。

PayPayカードのETCカードのメリット

車を運転する女性

PayPayカードのETCカードには、利便性やポイントの付与におけるメリットがあります。どのようなメリットがあるのかを、具体的に解説していきます。

クレジットカード1枚で5枚まで発行可能

PayPayカードのETCカードは本会員であればETCカードを5枚まで発行可能です。

ETCカードは本人が車に同乗している時であれば利用可能なので、家族で遠出する際に本人の車とは別の車を利用する時なども、あらかじめ発行しておいた別のPayPayカードのETCカードを使えばカードを毎回差し替える手間が省略できるので便利です。

PayPayボーナスが貯まる

PayPayカードは、ETCカードでの利用を含めた毎月の利用額に対してPayPayボーナスが貯まります。

100円利用ごとに1PayPayボーナスがつく仕組みで、貯まったポイントは1ポイント1円として

  • 提携店でのショッピング(コンビニエンスストア・スーパー・ドラッグストアなど多数)
  • 商品・商品券との交換
  • 寄付

などの用途で使用可能です。

利用可能な店が大変多く使い勝手がいいPayPayボーナスが1%の高付与率で貯まるのは、PayPayカードのETCカードのメリットです。

ETCマイレージサービスを利用できる

PayPayカードのETCカードを持つことで、、ETCマイレージサービスに登録可能になります。

ETCマイレージサービスに登録したPayPayカードの ETCカードでの支払いで高速道路を利用すると、支払った通行料金ごとにポイントが付きます。

貯まったポイントは、高速道路会社ごとに定められた交換単位に応じて高速道路通行料金への還元額に交換可能です。

例えばNEXCO西日本の場合

ポイント付与 10円につき1ポイント
ポイントの交換単位 1,000ポイント→500円分
3,000ポイント→2,500円分
5,000ポイント→5,000円分(※自動還元サービス対象)

※有効期限はポイントが付いた年度の翌年度末までです。

うまく利用することで10%の還元率になるため、頻繁に高速道路に乗る機会がある人にとっては大きなメリットになります。

このように、PayPayカードのETCカードは、1枚のクレジットカードで5枚まで発行できたり、支払額にポイントが付いたりするメリットがあります。

次の章ではPayPayカードのETCカードのデメリットを解説していきますので、メリットと比較しながら見ていきましょう。

【入会特典】新規入会&3回利用で最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる!
  • ヤフーカードに新規入会で2,000円相当のPayPayボーナスをプレゼント!
  • 申込月を含む2カ月目の末日までにカード利用×3回で5,000円相当のPayPayボーナスをプレゼント!
    ※1:PayPay残高チャージ等、一部特典の対象外となる場合があります。
    ※2:出金・譲渡不可。ワイジェイカード公式ストアでも利用可能。

PayPayカードのETCカードのデメリット

クレジットカードを持ちながらへこむ女性

PayPayカードのETCカードは、費用や利便性においてのデメリットがあります。どのようなデメリットなのか、具体的に解説していきます。

年会費がかかる

PayPayカードのETCカードの年会費は、1枚当たり550円(税込)です。クレジットカード自体の年会費は無料ですが、ETCカードは1枚ごとに年会費がかかります

他のクレジットカードでは、セゾンカードインターナショナルのように、同じように5枚までETCカードを発行できても、クレジットカードもETCカードも年会費無料のものもあります。

年会費がかかってしまう点はデメリットです。

ただしPayPayカードのETCカードの利用頻度が高い人であれば、年会費分のポイント付与を受けられます

例えば、毎月5,000円程度高速道路の通行料金をPayPayカードの ETCカードで支払う人であれば、毎月5PayPayボーナス、年間600PayPayボーナスとなるため、年会費相当分のポイントを得られます。

PayPayカードのETCカードの年会費相当分なので、毎月5,000円以上高速道路の通行料金を支払う人であれば、かえってお得になります。

家族会員はETCカードを使えない

PayPayカードのETCカードは、クレジットカードと同じ扱いなので、本人以外が使用することができません

たとえ家族で複数台所有している車それぞれにPayPayカードのETCカードを設置していたとしても本人が同乗していないと規約違反になるため使ってはいけないのです。

同時に使えないため、少しでも節約したい人にとってはPayPayカードのETCカードをわざわざ複数枚作るメリットは少ないので、1枚だけの発行がおすすめです。

また、家族それぞれの車で使いたいのであれば、家族カードでなく本会員としてPayPayカードを作ったうえで、PayPayカードのETCカードを発行するのがおすすめです。

このように、PayPayカードのETCカードには、年会費がかかってしまったり、複数枚作っても本人しか使えないというデメリットがあります。

監修者

菊地 崇仁/ クレジットカード専門家

一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

【専門家の解説】

高速道路で便利なETCカードですが、ETCカードの年会費が無料のカードも減ってきました

ETCカードの年会費が有料の場合は550円(税込)程度の物が多く、PayPayカードのETCも高額というわけではありません。

ただし、楽天カードや三井住友カードの場合は条件によっては年会費が無料となるため、正直PayPayカードでETCカードを申し込むメリットは少ないでしょう。

PayPayカードしか保有していない場合や他社クレジットカードのETCカードも年会費が有料の場合はPayPayカードのETCカードでも良いと思いますが、年会費無料でETCカードを発行できるクレジットカードを保有しているのであればそちらで申し込んだ方が良いでしょう。

例えば、550円(税込)の元を取るにはPayPayカードのETCカードで年間55,000円を決済しなければなりません。それ以上、高速道路を使うのであれば元を取れますが、旅行でしかETCカードを使わないと言うような場合は、元を取るのは非常に困難です。

利用の頻度や使い方から判断して、自身にとってデメリットが大きいのか小さいのかを判断するといいでしょう。これらのメリット・デメリットを踏まえて、次の章ではPayPayカードの ETCカードがどのような人におすすめなのかを解説していきます。

PayPayカードのETCカードはこんな人におすすめ

車の周りで話す若者たち

PayPayカードのETCカードはこのような人であればメリットが大きいためおすすめです。

PayPayボーナスを貯めている人

PayPayカードのETCカードは、PayPayボーナスを貯めている人に特におすすめです。

支払った乗車料金を含めた毎月の請求額に対してPayPayボーナスが1%付与されるので、PayPayボーナスを貯めている人にとってメリットが大きいからです。

PayPayカードのETCカードは、ETCカードが欲しい人で、PayPayボーナスを貯めている人におすすめのETCカードです。

このように、PayPayカードのETCカードがおすすめの人は、「PayPayボーナスを貯めている人」と、一見とても限定されているように見えます。

しかし、PayPayボーナスは日本全国たくさんのお店で利用できるカードなので、多くの人におすすめしやすいETCカードです。

まとめ

今回の記事では、PayPayカードのETCカードについて解説してきました。

8つのポイントを振り返ります。

    1. PayPayカードのETCカードはPayPayカード付帯のETCカード
    2. 年会費は1枚550円(税込)
    3. PayPayカードの本会員は5枚まで発行できるが家族会員は発行できない
    4. 複数枚ETCカードを発行しても本人以外は使えない
    5. 申し込みから約1週間で発行できる
    6. 申し込みはPayPayカードの発行と同時又はwebの会員メニューから行う
    7. PayPayカードのETCカードの利用額を含めたものが、PayPayカードの毎月の利用額100円に1PayPayボーナスが付く
    8. ETCマイレージサービスにPayPayカードのETCカードを登録すると高速道路料金に還元可能なポイントが貯まる

このように、PayPayカードのETCカードは高速道路の通行料を支払うことでPayPayボーナスを貯められるETCカードです。

今回の記事を参考にして、自身にPayPayカードのETCカードが合っているかどうか判断してみてくださいね。

【入会特典】新規入会&3回利用で最大7,000円相当のPayPayボーナスがもらえる!
  • ヤフーカードに新規入会で2,000円相当のPayPayボーナスをプレゼント!
  • 申込月を含む2カ月目の末日までにカード利用×3回で5,000円相当のPayPayボーナスをプレゼント!
    ※1:PayPay残高チャージ等、一部特典の対象外となる場合があります。
    ※2:出金・譲渡不可。ワイジェイカード公式ストアでも利用可能。

菊地崇仁
菊地崇仁

約100枚のクレジットカードを保有し、約130万円の年会費を支払っている。 一般カードからプラチナカード等のプレミアムカードを実際に保有・利用し、信用できる情報提供を目指している。すべてのカードを利用し、おトクな使い方、おすすめの使い方を日々研究中。

編集者:ナビナビクレジットカード編集部
ナビナビクレジットカード編集部

「自分に合ったクレジットカードを見つけたい!」

そんなあなたの手助けになるようクレジットカードについての情報を発信しています。

クレジットカードを探す
あなたにぴったりの1枚が見つかる!

クレジットカードランキング
(自社ページアクセス・申込・口コミ調査
調査期間:2020年12月)

全ての人気ランキングはこちら

ページトップ